アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/03/16 【日本代表】 ハリルホジッチ監督が本田圭佑(ACミラン)を招集した8つの理由
 2017/03/17 【長文注意】 ハリルホジッチ監督の日本代表招集メンバー(=25人)への評価をまとめてみた。 (vs UAE、vsタイ)
 2017/03/17 【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (アタッカー編)
 2017/03/18 【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (フォワード編)
 2017/03/18 【Jリーグ】 全54クラブの中で「ストライカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?
 2017/03/19 【Jリーグ】 全54クラブの中で「アタッカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?
 2017/03/20 【J1】 2017年のアタリ新外国人プレーヤーは誰だろうか?
 2017/03/21 【Jリーグ】 DAZNのサッカー中継の実況アナウンサーが酷かったという話 (ギラヴァンツ北九州戦、大分トリニータ戦)
 2017/03/20 【J1】 2017年のアタリ新外国人プレーヤーは誰だろうか?
 2017/03/21 【Jリーグ】 全44クラブの中で「チームアイデンティフィケーションの数値が高いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は大分トリニータ、3位はコンサドーレ札幌~
 2017/03/22 【Jリーグ】 全44クラブの中で「サポーターのお小遣いの額が多いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は東京ヴェルディ、3位は横浜FC~
 2017/03/23 【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~自動昇格争いに絡んでくるのはどのクラブか?~
 2017/03/23 【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~プレーオフ争いに絡んでくるのはどのクラブか?~
 2017/03/24 【投票受付中】 vs UAEで「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

 2017/03/24 全記事一覧(2005年-2017年)


クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (ジュビロ磐田編) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 歴代ベストイレブン

J2のザスパ草津は、10周年を記念して、サポーターから「歴代ベストイレブン」を募集している。「2002年から2012年まで、ザスパ草津のトップチームに在籍した選手であれば誰でもOK!」ということで、どんな選手が選ばれるのか、楽しみだが、これに習って、サッカーコラム J3 Plus+(さっかーこらむ・ジェースリー・プラスプラス)でも、各クラブの歴代ベストイレブンを考えてきた。

40クラブ全ての歴代ベストイレブンを選ぶのは大変なので、とりあえずとして、「オリジナル10」の10クラブについて、東のチームからベストイレブンを考えてきたが、意外や意外、読者の方からも好評なので、もう少し頑張って、オリジナル10以外のクラブにも範囲を広げて、ベルマーレ・ジュビロ・レイソル・セレッソ・アビスパ・サンガの6チームの歴代ベストイレブンも考えていきたいと思う。なお、これまでと同様で、「主観」や「好み」が、相当に混ざってくることは、ご了承いただきたい。

ちなみに、今回の歴代ベストイレブンは、以下のようなルールを定めて、メンバーを決めている。

 ・スタメン11人を選出する。
 ・スタメン以外にベンチ入りメンバー7人を選出する。
 ・外国人は5人までとする。(スタメンは3人まで、ベンチは2人まで。)

 
最初に、「そのクラブに在籍していたときに、どれだけ活躍・貢献できたかを重視する。」ということを記述しておく。そのため、必ずしも、能力の高い選手や実績のある選手を優先して、選んでいくわけではない、ということである。例えば、FW崔龍洙は、韓国代表として1998年と2002年のW杯に出場した韓国を代表するストライカーであるが、ジュビロ磐田では、期待されたような活躍はできなかったので、ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンの候補には入らない。




ということで、今回が、オリジナル10以外のクラブの第2弾となるが、「ジュビロ磐田編」である。ジュビロ磐田は1993年のJFLで2位となってJリーグに昇格すると、1997年・1999年・2002年と3度も年間王者に輝いている。また、アジアを制覇した経験もある。

FW中山を筆頭に、MF名波、MF藤田、MF福西など、日本サッカー史に残るタレントを次々に輩出していて、黄金時代のジュビロ磐田は、「Jリーグ史上最高のチームである。」と評価する人もいる。豪華メンバーとなることは確実といえるが、これまで通り、ポジション別にベストイレブンを考えていこうと思う。




ゴールキーパー

 → ジュビロのGKというと、森下申一、大神友明、ハーフナー・ディド、ヴァン・ズワム、川口能活といった名前が浮かんでくるが、初期の頃にポジションを争ったのは、GK森下とGK大神である。GK森下は、1980年代後半の日本代表の正GKで、国際Aマッチは28試合に出場している。しかしながら、Jリーグの舞台で、磐田の一員でプレーしたのは、1994年のみで、試合出場も32試合だけなので、スタメンやサブの候補には選出しにくい。

一方のGK大神は、ベテランのGK森下からポジションを奪い取った選手で、安定感がウリだった。1997年に磐田は2ndステージを制して初優勝を飾るが、このシーズンは、Jリーグのベストイレブンに選ばれている。初優勝をきっかけに黄金時代がスタートするが、それに大きく貢献した選手である。

黄金時代に、主に、ゴールを守ったのは、オランダ人のGKヴァン・ズワムである。通算で74試合に出場しているが、66失点だけで、規定に到達しているGKの中では、唯一、平均失点が「1.00」を割っていて、防御率は歴代トップである。「攻められる回数が少なかった。」というのも事実で、他のチームと比べると、ピンチの数も少なかったが、キャッチングが安定していて、2001年にはベストイレブンに輝いている。2000年から2003年までは、GKヴァン・ズワムが正GKで、タイトル獲得に貢献した。

よって、GK大神も、GKヴァン・ズワムも、Jリーグのベストイレブンに輝いて、タイトル獲得に貢献している。しかしながら、存在感が薄かったのも事実である。よって、スタメンは、タイトル獲得数では見劣りするが、2005年にチームに加入して、以後、ずっとレギュラーとしてゴールを守ってきたGK川口能活を選びたい。

意外にも、キャリアの中で、Jリーグのベストイレブンに輝いたのは、2006年だけで、個人タイトルは少ないが、低迷しかけたチームを最後尾から支え続けて、2010年のナビスコカップ優勝の原動力になった。ということで、スタメンには、GK川口を選出し、サブには、外国人枠の問題もあるので、GKヴァン・ズワムではなくて、GK大神をピックアップする。




ディフェンダー

 → 黄金時代の磐田は、3バックで戦うことが多かった。よって、今回も、3バックを採用したいと思うが、2枠はあっさりと決まってしまう。言うまでもなく、DF田中誠とDF鈴木秀人の二人である。共に、アトランタ五輪代表チームでもレギュラーとして活躍し、マイアミの奇跡を演出した。カバーリング能力に長けたDF田中誠と、スピードが武器のDF鈴木秀は、補完性もあって、コンビネーションも良かった。

1994年から2008年まで、15年間、磐田でプレーしたDF田中誠は、1998年と2002年にベストイレブンに選ばれている。アトランタ五輪の後、フル代表にほとんど縁がないままで、ベテランの域に入ったが、ジーコジャパンになってから、フル代表に定着してレギュラーの座をつかんだ。2004年のアジアカップ優勝やドイツW杯予選の突破にも貢献するなど、欠かせない選手となったが、本大会直前に負傷してメンバーから落ちてしまった。安定感のある守備を見せていたので、彼が離脱したことは、チームにとって大きな痛手となった。

ラストの一角は、判断が難しい。候補となるのは、ドーハの悲劇のとき、左サイドバックでレギュラーだった元日本代表の勝矢寿延、後に監督としてもチームに戻ってきたアジウソン、勝者のメンタリティーを持っていた大岩剛、黄金時代に3バックの一角でレギュラーをつかんだ山西尊裕、2000年代後半に活躍した茶野隆行といった選手たちである。いずれの選手もいい選手であるが、やや決め手に欠けている。よって、3人目は保留とする。




ミッドフィールダー

 → 中盤も、自動的にスタメン入りが決まる選手が何人もいる。藤田俊哉、名波浩、福西崇史、服部年宏の4人である。MF藤田が加入したのは1994年で、MF名波が加入したのは翌1995年であるが、この二人が順調に成長してきて攻撃の中心を担った。

MF藤田は、中盤の選手としては、歴代最多となる100ゴールをマークしている。身体能力には恵まれていなかったが、テクニックがあって、戦術眼も優れていて、2001年にはリーグMVPに選ばれている。同じポジションにMF中田英、MF中村俊、MF小野、MF小笠原といった若手の有望選手がいたので、仕方がないところもあるが、彼の力を日本代表で有効に生かせなったことは、今でも悔やまれる点である。

対照的に、MF名波は、日本代表でも主軸となった。1995年のコスタリカ戦で代表デビューを果たすと、その試合で、初ゴールを決めて、日本代表でも地位を確立した。個人で打開できるほどのドリブルワークやスピードはなかったが、味方を使うプレーが絶品で、日本代表では、左サイドバックのDF相馬直樹とホットラインを形成して、日本代表の生命線となった。味方を生かすプレーの巧みさで、彼を上回る日本人選手はこれまで見たことが無い。

MF福西は、身体能力を武器にしたボランチで、ジーコジャパンではボランチでレギュラーを確保した。1999年・2001年・2002年・2003年と、4度もベストイレブンに選ばれており、攻守両面で活躍できる万能型の選手だった。もともとはフォワードの選手で、リベロでプレーすることもあった。2002年と2006年のW杯メンバーで、日本代表として64試合に出場している。

MF服部は、MF藤田やMF名波やMF福西ほど、攻撃的なセンスはなかったが、守備のスペシャリストで、ストッパー、サイドバック、サイドハーフ、ボランチをこなす柔軟性を備えていた。当初は、サイドバックでプレーすることが多かったが、黄金時代の磐田ではボランチとしてチームのバランスを取った。38歳となった今でも、J2のFC岐阜でレギュラーを務めており、攻守の軸となっている。1998年と2002年のW杯メンバーで、1996年のマイアミの奇跡のときは、ブラジル代表のキーマンのMFジュニーニョとマッチアップした。

ということで、4枠が埋まってしまったが、ブラジル代表のキャプテンのMFドゥンガも外せない。1990年・1994年・1998年のW杯に出場している世界レベルのボランチで、統率力は並外れていた。来日したのは1995年だったが、黄金時代の礎を築いた選手であり、MF藤田や名波やFW中山にも大きな影響を与えた。テクニックをウリにする選手ではなかったが、ややレベルの劣る日本でプレーしたことで、余裕を持ってプレーできるようになった。それによって、プレーヤーとしての幅を広げることに成功し、1998年のフランスW杯では、ブラジル代表のプレイスキッカーを務めるまでに技術レベルを向上させた。


よって、中盤は、以上の5名がスタメン候補といえるが、フォワードには、得点王を経験している選手が3人もいるので、フォワードは、3トップにするしかない。よって、中盤を「5枠」にすることもできない。そのため、服部年宏をディフェンダーに下げて、鈴木秀人・田中誠・服部年宏の3バックとして、中盤は、藤田俊哉・名波浩・福西崇史・ドゥンガの4人とする。

タレント軍団の磐田には、彼ら以外にも、オフトジャパンのレギュラーだった吉田光範、オランダ代表でも活躍したファネンブルク、テクニシャンの奥大介、精力的なプレーが魅力の西紀寛、サイドアタッカーの太田吉彰、日本人屈指のサイドプレーヤーで2006年と2010年のW杯メンバーの駒野友一らも候補といえるが、残念ながら、入り込む余地はないので、仕方がない。




フォワード

 → 磐田のベストイレブンは、迷う要素は少ないので、比較的、簡単に話が進んでいく。フォワードも同様で、中山雅史、高原直泰、前田遼一という日本を代表するストライカーが3人もいるので、そのまま、3人をスタメンに選出したい。

他にも、1995年に34試合で31ゴールを挙げたFWスキラッチ、2005年に13ゴールを挙げて新人王に輝いたFWカレン・ロバート、2003年に29試合で21ゴール、2004年に26試合で16ゴールとゴールを量産したFWグラウ、2009年の途中に入団して救世主となったFWイ・グノなど、優秀な選手はたくさんいるが、得点王トリオには適わない。

1993年のアメリカW杯のアジア最終予選で大ブレークしたFW中山はジュビロの顔であり、このチームの象徴である。ゴールへの執着心は人一倍強くて、運動量や守備意識も非常に高い選手だったが、MF藤田、MF名波ら、テクニックのある選手と一緒にプレーすることも、自身もレベルアップして、30歳を超えてもなお、プレーヤーとして進化し続けた。通算157ゴールは、Jリーグではダントツのトップである。

FW高原は、磐田でプレーしたのは、5年だけと短いが、2002年は27試合で26ゴールを挙げて、得点王・MVP・ベストイレブンの3冠に輝いた。残念ながら、エコノミー症候群によって、日韓W杯には出場できなかったが、このシーズンのFW高原のプレーは、圧倒的で、日本人離れしたパフォーマンスを見せた。もし、FW高原がエコノミー症候群にならずに、2002年のW杯に出場できていれば、ベスト16の壁をぶち破ることができたかもしれない。

FW前田は、歴代4位となる117ゴールを挙げている。2009年・2010年と2年連続でJリーグの得点王に輝いており、広島のFW佐藤寿と並んで、この世代では、トップのスコアラーである。早くから注目を集めていたが、本格化したのは、2005年あたりからで、強さとたくましさが増して、ペナルティエリア内で存在感を発揮するようになった。デビュー当初は、ドリブラーの色が濃くて、狭いスペースをドリブルでかわして突き進んでいくアタッカーだったが、経験を積んで、プレースタイルを変化させていった。


スタメンは、文句なしに、FW中山、FW高原、FW前田の3トップとなるが、サブには、FWスキラッチを選出したい。1990年のイタリアW杯の得点王で、技術は高くなかったが、ポジショニングセンスが抜群で、いやらしいストライカーだった。当時、2トップを組んだのは、FW中山で、「ゴン・トト」の2トップは、「Jリーグ史上最高の2トップ」と言われている。もちろん、プレーヤーとしてのピークは過ぎていたが、世界レベルの選手の凄さを感じさせてくれるストライカーだった。


ということで、スタメンとサブは、以下のメンバーとなった。




まとめ

スタメン (11人)

 GK 川口能活
 DF 鈴木秀人
 DF 田中誠
 DF 服部年宏
 MF ドゥンガ
 MF 福西崇史
 MF 名波浩
 MF 藤田俊哉
 FW 前田遼一
 FW 中山雅史
 FW 高原直泰

サブ (7人)

 GK 大神友明
 DF 山西尊裕
 DF 駒野友一
 MF 西紀寛
 MF 奥大介
 FW グラウ
 FW スキラッチ

これで、「ジュビロ磐田編」は終了で、次回は、1995年にJリーグに昇格してきた「柏レイソル編」となります。

関連エントリー

 2008/11/16  名波浩の引退に寄せて・・・
 2009/08/31  トルシエがゴン中山を召集した理由
 2010/01/11  【S・ジュビロ×A・ジャポーネ】 名波浩選手 引退試合 (生観戦記 #1)
 2010/01/19  「Jリーグ史上最強のチームはどこか?」を考える。
 2010/09/15  【磐田×湘南】 11年ぶりの同期生対決 2nd (生観戦記 #10) 
 2010/09/17  セルジオ越後氏のコラムへの違和感
 2011/05/30  残念なジュビロサポーターの横断幕




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/3166-7bd9c704
-
管理人の承認後に表示されます
2012/05/08(火) 17:39:29 |





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


03月24日
【投票受付中】 vs UAEで「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

03月23日
【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~プレーオフ争いに絡んでくるのはどのクラブか?~

03月23日
【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~自動昇格争いに絡んでくるのはどのクラブか?~

03月22日
【Jリーグ】 全44クラブの中で「サポーターのお小遣いの額が多いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は東京ヴェルディ、3位は横浜FC~

03月21日
【Jリーグ】 全44クラブの中で「チームアイデンティフィケーションの数値が高いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は大分トリニータ、3位はコンサドーレ札幌~

03月20日
【J1】 2017年のアタリ新外国人プレーヤーは誰だろうか?

03月19日
【Jリーグ】 DAZNのサッカー中継の実況アナウンサーが酷かったという話 (ギラヴァンツ北九州戦、大分トリニータ戦)

03月19日
【Jリーグ】 全54クラブの中で「アタッカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?

03月18日
【Jリーグ】 全54クラブの中で「ストライカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?

03月18日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (フォワード編)

03月17日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (アタッカー編)

03月17日
【長文注意】 ハリルホジッチ監督の日本代表招集メンバー(=25人)への評価をまとめてみた。 (vs UAE、vsタイ)

03月16日
【日本代表】 ハリルホジッチ監督が本田圭佑(ACミラン)を招集した8つの理由

03月16日
【U-20W杯】 本大会の組み合わせが決定!!! ~実績では1:ウルグアイ、2:日本、3:イタリア、4:南アフリカになるが・・・。~

03月16日
【日本代表】 ハリルJAPANに召集したら面白いと思うJリーガー (1位~20位まで)

03月15日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (ボランチ編)

03月15日
【ドイツ杯準々決勝:シュポルトフロインデ・ロッテ×ドルトムント】 キレキレの状態だったMF香川真司

03月15日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (左SB編)

03月14日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (CB編)W

03月14日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (右SB編)

03月13日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (GK編)

03月13日
【日本代表】 MF本田圭佑(ACミラン)は招集するべきなのか?外すべきなのか?

03月12日
「今のハリルJAPANに召集したら面白いのでは?」と思うJリーガーを10人だけ挙げてみた。

03月12日
【Jリーグ】 全44クラブの中で「ホームタウンで大きな貢献をしているクラブ」はどこだろうか?~1位は松本山雅、2位は川崎フロンターレ、3位はレノファ山口~

03月11日
【川崎F×柏】 「日本代表に選ばれて当然」と言えるプレーを続けているMF中村憲剛

03月11日
【J2】 2017年のアタリ新外国人助っ人は誰だろうか? (後編)

03月10日
「チームメイトから無視をされた。」というアビスパ福岡の選手は誰なのか?を調べてみた。

03月10日
【J2】 2017年のアタリ新外国人助っ人は誰だろうか? (前編)

03月08日
【千葉×山形】 本物感が漂うアルゼンチン出身のFWラリベイ

03月08日
【京都×徳島】 相手の脅威になるだろうベルギー出身のFWケヴィン・オリス


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん