アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/13 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)
 2017/10/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)
 2017/10/18 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)
 2017/10/18 【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。
 2017/10/18 【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

 2017/10/18 全記事一覧(2005年-2017年)


クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (ベルマーレ平塚・湘南ベルマーレ編) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 歴代ベストイレブン

J2のザスパ草津は、10周年を記念して、サポーターから「歴代ベストイレブン」を募集している。「2002年から2012年まで、ザスパ草津のトップチームに在籍した選手であれば誰でもOK!」ということで、どんな選手が選ばれるのか、楽しみだが、これに習って、サッカーコラム J3 Plus+(さっかーこらむ・ジェースリー・プラスプラス)でも、各クラブの歴代ベストイレブンを考えてきた。

全てのクラブのベストイレブンを選ぶのは大変なので、とりあえずとして、「オリジナル10」の10クラブについて、歴代ベストイレブンを考えてきたが、意外や意外、読者の方からも好評なので、もう少し頑張って、オリジナル10以外のクラブにも範囲を広げて、ベルマーレ・ジュビロ・レイソル・セレッソ・アビスパ・サンガの6チームの歴代ベストイレブンも考えていきたいと思う。なお、これまでと同様で、「主観」や「好み」が、相当に混ざってくることは、ご了承いただきたい。

今回の歴代ベストイレブンは、以下のようなルールを定めて、メンバーを決めている。

 ・スタメン11人を選出する。
 ・スタメン以外にベンチ入りメンバー7人を選出する。
 ・外国人は5人までとする。(スタメンは3人まで、ベンチは2人まで。)

 
最初に、「そのクラブに在籍していたときに、どれだけ活躍・貢献できたかを重視する。」ということを記述しておく。そのため、必ずしも、能力の高い選手や実績のある選手を優先して、選んでいくわけではない、ということである。例えば、京都サンガに所属したMFシーラスは、ブラジル代表として、1990年のW杯のメンバーにも選ばれている大物選手であるが、京都サンガでは、期待されたような活躍はできなかったので、京都サンガの歴代ベストイレブンの候補には入らない。




ということで、今回は、オリジナル10以外のクラブの第1弾で、「ベルマーレ平塚・湘南ベルマーレ編」である。ベルマーレは1993年のJFLを制してJリーグに昇格すると、魅力的な攻撃サッカーを披露して、一世を風靡した。若手中心のメンバーで、両サイドバックも積極的に攻撃に参加するスタイルで、1994年には天皇杯を制している。

1999年にJ1で最下位となってJ2に降格すると、ずっと再昇格できず、J2生活が長くなっていたが、2009年に反町監督が監督に就任すると、甲府とのデットヒートを制して、11年ぶりの昇格を果たした。過去には、MFベッチーニョ、FW野口、MF田坂、DF名良橋、DF岩本など、個性豊かな選手が在籍し、MF中田英もプレーしている。懐かしい名前がたくさん出てきそうで楽しみだが、これまで通り、ポジション別にベストイレブンを考えていこうと思う。




ゴールキーパー

 → ベルマーレのGKと聞いて、思い出されるのは、古島清人、小島伸幸、伊藤裕二、金永基、野澤洋輔といった名前で、創生期のチームでポジションを争ったのは、GK古島とGK小島の二人である。当初は、GK古島の方が評価が高かったが、レギュラーポジションを確保したのは、GK小島で、1998年のフランスW杯のメンバーに選出されるなど、日本を代表するGKとなった。日本代表には、GK川口とGK楢崎がいたので、第3GKという立場だったが、若い二人を精神的にサポートした。安定感のあるGKで、DFラインに安心感を与えることのできる選手だった。

したがって、日本代表まで駆け上がったGK小島をベルマーレの歴代ベストイレブンのスタメンとするのが妥当で、サブには、11年ぶりのJ1昇格に大きく貢献したGK野澤洋輔を選出したい。反町監督とは、新潟でも、湘南でも、松本山雅でもコンビを組んだが、爆発力のあるGKで、ファインセーブの多いGKで、華のあるキーパーである。2007年・2008年と2年連続で全試合出場を果たしたGK金永基が2009年のシーズン開幕前に負傷して、長期離脱することになったが、その穴を補って余りある活躍を見せた。ということで、GKのポジションは、スタメンがGK小島、サブがGK野澤に決定した。




ディフェンダー

 → ベルマーレというと、攻撃型のチームで、「守備の堅いチーム」というイメージは薄い。よって、センターバックの人材に恵まれてきたチームとは言い難いが、それでも、過去、何人か、優秀な選手が在籍している。その中で、スタメン候補といえるのは、名塚善寛、クラウジオ、パラシオス、斉藤俊秀、ジャーン、村松大輔といった選手たちである。DF名塚は、初期のベルマーレのDFラインの要で、1994年にファルカン・ジャパンが誕生すると、ファルカン・ジャパンでもレギュラーに抜擢された。クレバーなセンターバックで、昇格1年目の2ndステージは、2位と大躍進したが、そのチームを支えて1994年のベストイレブンに選出されている。

DFクラウジオは、1997年から1999年までベルマーレでプレーした屈強なディフェンダーで、フリーキックを武器としていた。彼の右足から放たれる弾丸フリーキックは脅威そのもので、1997年と1998年は、ディフェンダーながら、2年連続で6ゴールをマークしている。一方、DFパラシオスは、J2時代のベルマーレを支えた選手の一人で、2001年から2004年の途中まで湘南でプレーした。コロンビア代表として1998年のフランスW杯にも出場している大物で、2001年にはベルマーレのユース出身のDF茂庭とセンターバックでコンビを組んでいる。

J1経験の豊富なDF斉藤とDFジャーンが加入したのは、2007年だったが、この二人が加入したことで、チームの守備力が大幅にアップした。DF斉藤も1998年のフランスW杯のメンバーで、長らく、清水で活躍していたが、湘南でもクレバーな守備を見せた。DF斉藤とコンビを組んだDFジャーンは、2007年から2010年まで湘南でプレーした。彼もブラジル代表経験のあるセンターバックで、高さや強さもあったが、パートナーを生かすプレーも巧みで、得点力も備わっていた。2009年はスピードタイプのDF村松とコンビを組んだが、補完性が抜群で、J1昇格に大きく貢献した。

以上の候補者の中から、センターバック二人を選出する必要があるが、「外国人は3人まで(※ スタメン中)」というルールがあるので、外国人のセンターバック・コンビとするのは難しい。よって、一人目は、日本代表でもプレーしたDF名塚で、二人目は、DFパラシオスか、DFジャーンか、どちらかとなるが、J1昇格に貢献したDFジャーンを選出したい。

次はサイドバックである。Jリーグに昇格した頃のベルマーレというと、サイドバックの攻撃参加が持ち味のチームだったが、そのときにサイドバックを担当したのは、右サイドバックがDF名良橋晃で、左サイドバックがDF岩本輝雄で、この二人を歴代ベストイレブンのスタメンに選出したい。他にも、堅実なプレーが光ったDF公文裕明、悪魔の左足を持つと恐れられたDF尾亦弘友希、MFアジエルと絶妙のコンビネーションを見せて、2009年のJ1昇格に大きく貢献したDF臼井幸平など、面白いタレントはたくさんいたが、ベルマーレの攻撃サッカーを象徴する二人をサイドバックに入れたい。

右SBのDF名良橋は、1998年のフランスW杯の日本代表の右ウイングバックで、国際Aマッチは38試合に出場している。クロスの精度はそれほど高くなかったが、スピードがあって、思い切りのいい攻撃参加を得意としていた。1997年に鹿島に移籍したが、2007年にベルマーレに戻って、リーグ戦にも出場している。一方、左SBのDF岩本は、類希な左足を持っていて、キックの精度とキックの威力が抜群だった。サイドバックでプレーしたのは、最初の頃だけで、その後は、サイドハーフでプレーすることがほとんどだったが、仙台時代の2003年に決めたフリーキックからのゴールは、「Jリーグ史上最高のゴールの1つ」と言われている。DF岩本もファルカン監督によって日本代表に抜擢されると、日本代表の背番号「10」を与えられて、大きな期待を背負った。




ミッドフィールダー

 → 中盤で、外すことができないのは、MFベッチーニョ、MFアジエル、MF坂本紘司の3人で、ベルマーレの歴史を作ってきた選手たちである。ブラジル人のMFベッチーニョは、フジタ時代の1993年に加入すると、チームのJリーグ昇格に貢献し、1996年までベルマーレでプレーした。「Jリーグ史上でも屈指の優良助っ人」で、1994年は37試合で24ゴール、1995年は50試合で25ゴールをマークし、攻撃的なサッカーをするチームを引っ張った。万能型のアタッカーで、ドリブルも、パスも、シュートも一級品で、2列目でプレーすることが多かったが、フォワードの選手以上にゴールを量産した。

2000年から湘南でプレーしているMF坂本は、「ミスター・ベルマーレ」と呼ぶにふさわしい選手である。技巧派のテクニシャンとして鳴らしていたが、近年は、運動量や献身性も増して、総合力の高い選手となった。もっとも、印象的なのは、2009年シーズンのパフォーマンスで、水戸戦でハットトリックを記録するなど、50試合に出場して13ゴールをマークし、久々のJ1昇格の原動力となった。この年は、MF坂本、MF寺川、MF田村で中盤を組んだが、攻守のバランスは絶妙だった。甲府(A)との大一番で決めたロスタイムの勝ち越しゴールと、最終節で昇格を決めた後、号泣した姿が印象的である。

MFアジエルも、2009年の昇格に大きく貢献した選手で、チームの大黒柱として、長くベルマーレを支え続けた。J2レベルを超越したテクニックを持っており、ドリブルのキレも抜群で、打開力もあった。また、味方を使うプレーも上手で、特に、DF臼井とのコンビネーションは抜群で、前述の天下分け目の甲府戦(A)でも、アジエルのアシストからDF臼井がゴールを決めている。人懐っこい性格で、サポーターからも大いに愛された。

ラストは、MF中田英寿である。1994年に新人王を獲得したMF田坂和昭、技巧派のMF反町康治、若さを武器に切り札となったMF西山哲平、2001年に17ゴールを挙げたMF栗原圭介、28歳の若さで現役を引退することになったが、クラッシャーとして2009年の昇格に大きく貢献したMF田村雄三、衰え知らずのテクニシャンのMF加藤望など、多彩な顔ぶれが候補に入ってくるが、やはり、MF中田英を外すことはできない。

1995年にベルマーレに加入して、1998年夏にイタリアのペルージャに移籍したので、在籍期間は短かったが、1996年のアジア・カップウィナーズカップの優勝に貢献するなど、チームに多くのものをもたらした。1年目と2年目は、MFベッチーニョという絶対的なエースがいたので、司令塔役というよりは、セカンドストライカー的な役割を与えられることが多かったが、飛び出しのセンスもあって、シュートも巧みだった。ということで、中盤は、MFベッチーニョ、MF坂本、MFアジエル、MF中田英というメンバーとなった。




フォワード

 → フォワードの一人目は、日本代表でもプレーしたFW野口幸司である。MFベッチーニョが攻撃の中心で、ゴールも量産したが、FW野口がエースストライカーで、1994年は42試合で19ゴール、1995年は49試合で23ゴールを挙げている。スピード、パワー、テクニックなど、特別、際立つものはなかったが、ゴール前のポジショニングに優れていて、ポジショニングで勝負するタイプで、決定力が高かった。固め取りをするタイプで、1試合で5ゴールを挙げたこともある。

2トップの相方は、アウミール、呂比須ワグナー、高田保則、田原豊などが候補となる。FWアウミールは、1994年から1996年までベルマーレでプレーしたアタッカーで、当時は、FW野口と2トップを組むことが多かった。身体能力の高い選手で、ドリブルも得意としていた。

FW呂比須ワグナーは、今シーズン、G大阪のヘッドコーチに就任して、あっさりと解任されてしまったので、日本での評価を著しく下げてしまったが、1997年は27試合で18ゴール、1998年は29試合で18ゴールと、ゴールを量産した。ベルマーレのときに日本への帰化が認められて、日本代表に初招集されて、フランスW杯にも出場している。スピードはなかったが、テクニックがあって、ポストプレーも巧みだった。フランスW杯の予選では、3試合連続ゴールを挙げて、日本の窮地を救っている。

FW高田はベルマーレユースの出身で、1997年から2005年の途中まで、ベルマーレでプレーした。準優勝に輝いた1999年のワールドユースの日本代表メンバーで、苦しい時代を支えた希望の星である。2010年限りで現役を引退しているが、キャリアのほとんどをJ2で過ごしており、J2で記録した76ゴールは、J2史上最多のゴール数で、407試合出場は、歴代4位である。3位がMF坂本で、6位がMF臼井とベルマーレ絡みの選手が上位に並んでいるところも面白い。

ここで、最後の枠を、FW呂比須ワグナーにするのか、FW高田保則にするのか、悩むところであるが、在籍年数も長くて、ゴール数も多いFW高田に軍配を上げたい。よって、スタメンは、FW野口とFW高田の2トップで、FW呂比須ワグナーはサブとする。


以上をまとめると、以下のようになった。サブは、GK野澤、DFパラシオス、FW呂比須ワグナー以外には、DF臼井、MF田坂、MF田村、MF加藤の4人をチョイスした。MF田坂はスタメンに入ってもおかしくない選手で、ボランチとしても、センターバックとしても、能力の高い選手だった。MF加藤は35歳だった2005年にチームに加入したが、2005年から4年連続で40試合以上に出場するなど、攻撃の中心として活躍した。30代後半になって、ここまでパフォーマンスが落ちなかった選手も珍しく、2008年限りで現役を引退することになったが、「もっとできそう。」だと思うほど、若々しいプレーを見せた。




まとめ

スタメン (11人)

 GK 小島伸幸
 DF 名良橋晃
 DF 名塚善寛
 DF ジャーン
 DF 岩本輝雄
 MF 坂本紘司
 MF アジエル
 MF 中田英寿
 MF ベッチーニョ
 FW 野口幸司
 FW 高田保則

サブ (7人)

 GK 野澤洋輔
 DF 臼井幸平
 DF パラシオス
 MF 田坂和昭
 MF 田村雄三
 MF 加藤望
 FW 呂比須ワグナー


以上で、「ベルマーレ編」は終了で、次回は、ベルマーレとは同期生で、1990年代後半から黄金時代を築いた「ジュビロ磐田編」になります。


関連メルマ

 2012/05/03  クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (鹿島アントラーズ編)
 2012/05/04  クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (ジェフ市原・千葉)
 2012/05/06  クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (浦和レッズ編)
 2012/05/07  クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (ヴェルディ川崎・東京ヴェルディ編
 2012/05/08  クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (横浜マリノス・横浜Fマリノス編)
 2012/05/09  クラブ別 歴代ベストイレブンを考える。 (横浜フリューゲルス編)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/3165-1bbe5072
-
管理人の承認後に表示されます
2012/05/05(土) 17:19:23 |





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月18日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編) 10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【投票:U-17W杯】 vs ニューカレドニア戦(3戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~

09月29日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬の歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月29日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J1】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーを10人だけ挙げてみた。


09月28日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: