アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/22 【J2】 2018年に注目されているJリーガー (1位-10位)
 2018/02/23 大きな転換期を迎える横浜Fマリノスについて~下馬評を覆し続けることができるか?~
 2018/02/23 【ライセンス制度】 5,000人規模のスタジアムでは何故ダメなのか?
 2018/02/23 【J2】 2018年の順位予想の集計結果~1:大宮、2:千葉、3:甲府、4:新潟、5:松本山雅、6:徳島、7:福岡、8:東京V、9:横浜FC、10:大分、11:岡山~
 2018/02/23 【J1】 2018年の順位予想の集計結果~1:鹿島、2:川崎F、3:C大阪、4:浦和、5:柏、6:磐田、7:G大阪、8:横浜FM、9:鳥栖、10:名古屋~
 2018/02/24 【鳥栖×神戸】 バルセロナ流を貫くのか?諦めるのか?
 2018/02/24 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その37)
 2018/02/24 【G大阪×名古屋】 年俸3億5,000万円のFWジョーが鮮烈なデビューを飾る。
 2018/02/25 【J2】 2018年の得点王は誰だろうか?~期待の出来る日本人ストライカーは誰か?~
 2018/02/25 【広島×札幌】 ミシャ式のサッカーに感じた一抹の寂しさ
 2018/02/25 【徳島×岡山】 いかつい18才のDF阿部海大が満点デビューを飾る。

 2018/02/25 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付終了 (参加者:590名)
 2018/02/25 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付終了 (参加者:243名)
 2018/02/25 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:63名) → 受付中

 2018/02/25 全記事一覧(2005年-2018年)


香川真司選手のこと | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 欧州でも屈指のトップ下

ブンデスリーガの32節のボルシアMG戦の後半14分に左足で追加点のゴールを決めたMF香川真司は、今シーズンのゴール数を13ゴールに伸ばした。これで、欧州の主要リーグで日本人選手が記録した最多ゴールの記録をまたしても更新して、ブンデスリーガの得点ランキングでも単独9位に浮上した。

得点ランキングで、彼よりも上にいるのは、FWマリオ・ゴメス(バイエルン)、FWフンテラール(シャルケ)、FWレワンドフスキ(ドルトムント)、FWポドルスキー(ケルン)、FWピサロ(ブレーメン)、FWラウール(シャルケ)といったワールドクラスのストライカーたちで、同じ中盤の選手であるMFリベリ(バイエルン)やMFロッベン(バイエルン)を上回っている。

2011-2012年シーズンのMF香川は、浮き沈みのあるシーズンとなったが、終わってみると、これ以上ないほどのシーズンとなった。底だったのは、昨年の9月・10月の時期で、コンディションが上がらず、スタメン落ちも経験した。最大の目標だったCLも、グループリーグ最下位に終わるなど、チームとしても、個人としても、不本意なものとなった。ただ、ウインターブレーク明けの1月・2月はゴールを量産し、ドルトムントの連覇に大きく貢献した。「欧州でも屈指のトップ下」という評価を得るのも納得できるほど、後半戦のパフォーマンスは際立っていた。

それにしても、ここまでの選手になるとは、想像することはできなかった。「MF香川をもっとも過小評価しているのは日本人である。」という言葉は、大袈裟ではないように思う。日本のサッカーファンが、MFロッベンだったり、MFリベリだったり、FWイブラヒモヴィッチであったり、MFエジルであったり、FWファン・ペルシーであったり、海外のスター選手を羨望のまなざしで見つめるのと同じ気持ちを、海外のサッカーファンは、MF香川に送っているのではないだろうか。

■ ハイブリッドなドリブラー

最初に、MF香川真司という選手のことを認識したのは、2006年の秋のアジアユースのときである。当時は、ボランチやサイドバックで起用されることもあって、「アタッカー」と言うよりは、「ユーティリティーな選手」という印象の方が強かった。そのときは、ただ一人、「飛び級」で、U-19日本代表に選出されていたので、1989年生まれの選手が中心となるワールドユースやロンドン五輪の中心となることを期待したが、予想以上の飛躍を果たした。

この年、C大阪がJ2に降格したので、2007年からの3年間は、J2でプレーすることにあったが、これによって、試合経験を積むことができたことが、何よりも大きかった。クルピ監督との出会いによって、攻撃的MFにコンバートされたことも大きかったが、プロ2年目となる2007年から、J1昇格を目指すC大阪の攻撃の軸となって、大車輪の活躍を見せることになる。

個人的にも、2007年の夏頃に、C大阪でプレーするMF香川真司のプレーを観たときは、かなりの衝撃を受けた。当時は、一学年下のMF柿谷曜一朗の方がクローズアップされることが多くて、MF柿谷に期待する声の方が大きかったが、あらゆる面で、MF香川の方が上回っていた。「こんな選手がいるのか?」というのが、そのときの素直な気持ちである。

その後も、MF香川には、いくつか驚かされることになるが、最初にびっくりしたのは、判断力と技術力の高さである。当時は18歳だったが、その年齢では、考えられないほどのレベルで、「次元が違う。」と表現しても、おかしくないほどだった。当時は、今以上にドリブル突破が武器になっていて、サイドでボールを持って縦に突破することも、カットインして中央に切れ込んでからシュートを放つことも自由自在だったが、打開力があるのはもちろんのこと、何よりも、判断が的確で、ドリブルすべきところなのか、パスすべきところなのか、その選択にほとんど間違いはなかった。

また、運動量の多さにも驚いた。当時のドリブラーというと、ファンタジスタの特性を持った選手が多くて、運動量や守備意識に欠ける選手も多かったが、MF香川は運動量という部分でも、トップクラスだった。明らかに、これまでのドリブラーとは違ったタイプの選手であり、「従来のイメージとはかけ離れたハイブリッドなドリブラーが出現した!!!」ということで、どんな選手になるのだろうと、大きな期待感を抱いた。

■ ストライカーへの変貌

攻撃的な部分に関しては、ほとんど、非の打ちどころのない選手だったが、当時は、「決定力不足」という課題を抱えていた。フィニッシュに至るまでの過程は素晴らしくて、左右両足でゴールを狙うことができたが、ゴール前で慌ててしまうことが多くて、ゴール数は伸びなかった。プロ2年目の2007年シーズンは、35試合に出場して5ゴールを挙げたが、二桁ゴールを記録していてもおかしくないほどチャンスを量産しており、「シュートさえ上手ければ…。」と誰もが感じた。

前述の「MF香川に驚かされたこと」で、2度目に相当するのは、「得点力の無さ」を克服したことである。当時は、『「決定力」に関しては、持って生まれた部分が大きいので、改善するは難しい。』というのが通説だった。また、『ゴール前では、中盤で必要とされる技術とは違ったものが要求される。」というのも、当時、よく言われていたことで、細かいテクニックは、中盤のエリアでは生きるが、ゴール前では、生きないものだという意見も多かった。

そのとき、よく例に出されたのは、MF中田英寿だったり、MF小野伸二であったり、MF中村俊輔であったり、いわゆる、「黄金の中盤」を構成した選手たちである。フランス代表のMFジダンなどもその一人と言えるが、中盤で技術を発揮するタイプの選手でも、決定力に欠ける選手が多かった。ボールコントロールに優れていて、キックの精度も高い選手であれば、ゴール前でも落ち着いてプレーできてもおかしくないが、そうではないケースの方が多かった。

そのため、「得点力に関しては、向上しないもの。」と考えられていたが、MF香川は、日々のトレーニングであったり、試合をこなすことで、得点力を身に付けることに成功した。この過程で大きな転機となったのは、「北京五輪で3連敗を喫するという屈辱を味わったこと」と、「ベストパートナーと言われるMF乾貴士がチームに加入したこと」の二つであるが、北京五輪後は、ミッドフィールダーの選手の得点力としては、考えられないレベルに到達することになった。

今でも、簡単なシュートを外してしまうこともあるので、「決定力がメチャクチャ高い。」という訳ではないが、ブンデスリーガでも、2試合に1ゴールに近い割合でゴールを決めることができている。ボルシアMG戦のゴールが、典型的なMF香川のゴールパターンの1つであるが、ゴール前に入って行っても、全く慌てることがなくなって、常に、ペナルティエリア内では、イニシアティブを取れるようになった。MF香川よりも、テクニックに優れた選手は日本にも何人かいるだろうが、ここまで、ゴールに近いところでテクニックを発揮できる選手はいない。

■ 意志の強さとメンタリティー

最後に、意志の強さも、彼を飛躍させた重要な要素である。C大阪でも、ドルトムントでも、ゴールを期待されるポジションでプレーしているが、フォワードの選手ではないので、ゴールすることに対して、貪欲になることは難しいが、彼は、とことん、貪欲である。172センチの選手なので、ゴール前で相手に競り勝ってゴールを決めることは難しいが、それでも、MF香川は、サイドからのクロスに合わせて、ネットを揺らすことが多い。

J2で、試合に出場し始めた頃は、ドリブルで突破してシュートチャンスをつかむことが多かったが、ゴールに対する貪欲さが増したことで、ゴール前に入っていて、シュートに絡むシーンが増大した。ゴールを奪うためには「嗅覚」が必要とされることが多いが、MF香川の場合、「嗅覚が優れている。」とはあまり感じないが、運動量の多さと敏捷性を生かして、絶えず、ゴール前に絡んでくる。「意志の強さ」や「意識の高さ」は、並外れたものがあるように感じる。

「オフに移籍するのでは?」という話も出ているが、MF香川であれば、どこのクラブでも、活躍することはできるだろう。もちろん、ロングボールをポンポンと蹴り込むようなサッカーをするチームで、生きるタイプではないが、MF香川を獲得できるほどの資金力のクラブは限られてきて、そういったクラブが、ロングボール主体のサッカーをするケースは稀である。

すでに、世界でもトップクラスに近いところまで到達してきているが、ここから、さらに上のレベルに到達するには、メンタル的な部分で、一層の成長が必要かもしれない。MF香川は、J2でプレーしていた頃から、「外国人助っ人」のようなメンタリティーを持っていて、ゴール前では、セルフィッシュになることも多かったが、やはり、根本的なところは日本人なので、譲ってしまうところもある。

今シーズンも、一番いい状態のときは、自分で行くところと、味方を使うところのバランスが良くて、支配全体を支配しているような雰囲気となったが、行くときと、行かないときのバランスが崩れてしまうときが、偶に見受けられる。どちらかに傾くことなく、自然な状態で、適切な判断ができるようになると、もっとプレーに余裕が出てくるだろうし、力むシーンもなくなるだろう。

かつての中田英寿は、「日本人離れしたメンタリティー」を持っていて、そのメンタリティーが、いくつもの壁を乗り越える力となったが、「日本人的な良さ」を感じる部分は、パーセンテージとしては、あまり高くなかった。一方で、香川真司の場合は、「日本人離れした部分」と、「日本人的な良さ」をうまくミックスできている。

18歳のときのプレーを見て、「完成された選手である。」と感じたが、実際には、全くそうではなくて、いくつもの引き出しを持っていた。今、23歳になって、「完成形に近づいている。」と感じられるが、まだ、向上する余地はありそうである。今後の数年間で、「日本人のアタッカーとしての理想の姿」を示してくれるのではないだろうか。大きな話になってしまうが、オーバーな話ではないように思う。


関連エントリー

 2007/08/06  【C大阪×仙台】 センス溢れる香川真司
 2007/09/09  【福岡×C大阪】 新しいタイプのドリブラー
 2008/05/30  中田英寿のいない日本代表チーム
 2008/10/23  【鳥栖×C大阪】 成長を続ける乾貴士と香川真司
 2009/01/19  日本代表MF香川真司を論ずる。
 2010/05/16  【C大阪×神戸】 シンジ 旅立ちの日 (生観戦記 #4)
 2010/09/24  香川真司はドイツでどんな評価をされているのか?
 2012/02/01  独断と偏見で選んだ香川真司のベストゲーム (1位~10位)   → J3+(メルマ)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/3156-b277c01f





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月25日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付終了 (参加者:590名)

02月25日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付終了 (参加者:243名)

02月25日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:63名)


02月25日
【広島×札幌】 ミシャ式のサッカーに感じた一抹の寂しさ

02月25日
【J2】 2018年の得点王は誰だろうか?~期待の出来る日本人ストライカーは誰か?~

02月24日
【G大阪×名古屋】 年俸3億5,000万円のFWジョーが鮮烈なデビューを飾る。

02月24日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その37)

02月24日
【鳥栖×神戸】 バルセロナ流を貫くのか?諦めるのか?

02月23日
【J1】 2018年の順位予想の集計結果~1:鹿島、2:川崎F、3:C大阪、4:浦和、5:柏、6:磐田、7:G大阪、8:横浜FM、9:鳥栖、10:名古屋~

02月23日
【J2】 2018年の順位予想の集計結果~1:大宮、2:千葉、3:甲府、4:新潟、5:松本山雅、6:徳島、7:福岡、8:東京V、9:横浜FC、10:大分、11:岡山~(参加者数:243名)

02月23日
【ライセンス制度】 5,000人規模のスタジアムでは何故ダメなのか?

02月23日
大きな転換期を迎える横浜Fマリノスについて~下馬評を覆し続けることができるか?~

02月22日
【重要なお知らせ】 順位予想バトル(J1編・J2編)の締切日当日になりました。

02月22日
【J2】 2018年に注目されているJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)


02月07日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: