アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/21 【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。
 2017/09/22 【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由
 2017/09/22 【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)
 2017/09/23 【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)
 2017/09/24 【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源、次点はGK中村航輔とMF中村憲剛~
 2017/09/24 【J3】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はFW田中智大、次点はDF尾崎瑛一郎~
 2017/09/24 【J2】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~有力候補はGK秋元陽太とDFアンドレ・バイアの2人~
 2017/09/25 【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/25 【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

 2017/09/25 全記事一覧(2005年-2017年)


【五輪予選:日本×バーレーン】 関塚ジャパン 5大会連続の本大会出場決定!!! | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ ロンドン行きなるか?

ロンドン五輪のアジア最終予選の最終節。4勝1敗で勝ち点「12」の日本は、勝つか引き分けると、5大会連続の本大会出場が決定する。2位のシリアと、3位のバーレーンは勝ち点「9」なので、日本はバーレーンに敗れたとしても、ロンドン行きを決める可能性もあるが、すっきりと勝利して、世界大会の切符を勝ち取りたい。

日本は「4-2-3-1」。GK権田。DF酒井宏、鈴木、濱田、比嘉。MF山口螢、扇原、清武、東、原口。FW大津。マレーシア戦でイエローカードを受けたFW大迫は出場停止で、ボルシアMGのFW大津が1トップで起用された。MF清武は、昨年9月のマレーシア戦(H)以来の出場となる。GK安藤、DF大岩、MF高橋、MF山村、MF齋藤学、FW工藤、FW永井がベンチスタートとなった。

■ 5大会連続の五輪出場!!!

序盤はイーブンの展開となる。大差での勝利が必要なバーレーンも、しっかりとブロックを作って守ってきたので、日本はチャンスの糸口をつかめない。それでも、前半20分に、DF酒井宏が右サイドを突破してゴール前でフリーになっていたFW大津にラストパスを送るが、FW大津はトラップをミスしてシュートまで持ち込めない。前半42分にも、MF東が左サイドを突破して折り返してフリーのDF比嘉が左足でシュートを狙うが、GKの正面に飛んでしまう。前半は0対0で終了する。

後半も同じメンバーで入った日本だったが、後半10分にようやく先制に成功する。DF比嘉から左サイドのMF原口のスペースにボールが出ると、MF原口がゴール前に送ったボールをボランチから飛び込んできたMF扇原が右足で決めて先制する。さらに、後半14分にも、MF東が裏に抜け出して中央にグラウンダーのボールを入れたボールを、ファーサイドから走り込んできたMF清武が豪快に右足で決めて2対0とリードを広げる。

その後も、後半19分にMF山口螢のパスから裏に抜け出したMF清武がGKと1対1となって右足でシュートを放つが、左ポスト直撃で追加点ならず。3点目を奪うことはできなかったが、2対0で勝利。5勝1敗で勝ち点「15」となって、見事にロンドン五輪の出場権を獲得した。グループ2位となったシリアがプレーオフに進出し、バーレーンは予選敗退となった。

■ MF扇原が貴重な先制ゴール

日本は、1トップのレギュラーのFW大迫が出場停止のため、FW大津を1トップで起用してきた。FW大津はフォワードでプレーした経験はあるが、1トップは不慣れということもあって、十分なプレーはできなかった。ポストプレーヤーは不在で、FW大津、MF清武、MF東、MF原口というアタッカータイプを併用したので、相乗効果が期待されたが、前半は、MF原口とMF東は試合から消えて、MF清武とFW大津はミスが多かった。そのため、前線におさまりどころが見つからずに、バーレーンの堅い守備を崩せなかった。

ただ、後半になると、MF原口のいる左サイドからチャンスを作るようになった。バーレーンはしっかりと守備を固めていたが、前半からDF比嘉のところだけはマークが甘くなっていたので、そこから打開できそうな雰囲気はあったが、MF原口も絡んでくるようになって、左サイドを完全に崩して先制ゴールが生まれた。2列目の3人は、裏に飛び出す意識が高かったが、2点とも飛び出しがきっかけとなった。

貴重な先制ゴールを決めたのは、MF扇原だったが、かなり難易度の高いシュートだった。MF扇原は左利きで、左サイドから入ってくるグラウンダーのクロスを左足でミートして、ネットを揺らしたリ、惜しいシュートを放つことは多かったが、ゴールシーンは利き足とは逆の右足のシュートだった。レフティのMF扇原は、右足に関しては、それほと精度の高いプレーはできないが、今後、両方の足が使えるようになると幅が広がってくる。

■ MF清武がダメ押しゴール

引き分けでもOKという試合だったので、2点目のMF清武のゴールが、ロンドン行きを確実にするゴールとなった。左サイドに流れたMF東からゴール前にいいボールが入ってきたが、長い距離を走っていて、大きくふかしやすいシチュエーションだったが、うまく右足でミートしてネットに突き刺した。

ただ、MF清武に関しては、トータルで見ると出来は悪かった。怪我上がりとはいえ、J1の開幕戦の鳥栖戦はまずまずのプレーができていたので、コンディションには問題はなかったと思うが、このチームでは半年ぶりの公式戦で、違和感があったのか、周囲との連携が悪くてミスが多かった。本来、ここまでミスをするような選手ではないが、仕掛けのパスがことごとく相手にカットされて、期待された攻撃の起点となる働きはできなかった。

とはいえ、悪いながらもゴールという結果を残した点は、見事だった。こういう大きな試合で、結果を残せるか、残せないかは、プレーヤーとしての評価に大きくかかわってくる。MF清武らしく無いプレーが多かったので、内容的には物足りなかったが、惜しいところで決められない選手と、チャンスを確実にものにする選手では、これからのキャリアも変わってくる。勝負強さは、これからも持ち続けて欲しいところである。

■ 安定感があったディフェンスライン

無失点で抑えることが、最大の目標となる試合だったが、DF濱田とDF鈴木のコンビは安定していた。シリアとの2試合は、ロングボールの対応に苦労することが多かったが、この試合は、守備でのミスはほとんどなくて、相手のチャンスはセットプレーがほとんどだった。チーム発足時から、センターバックが不安視されていたが、予選を通して、二人のコンビネーションは良くなって、個人としてもレベルアップを果たした。

サイドバックでは、DF比嘉は悪くはなかった。もともと、1対1の守備や運動量に特徴がある選手なので、攻撃面で多くを期待することは出来ないが、1点目のシーンはMF原口を生かすパスを出して先制点の起点となった。マレーシアとのアウェーゲームは、自信を失っているのか、ボールを持っても落ち着きがなかったが、この日はパスミスも少なくて、サイドバックとしては及第点以上の働きを見せた。

一方、右サイドのDF酒井宏は、前半から前線で起点ができなかったので、オーバーラップするタイミングをつかめなかった。ただ、独力でサイドを切り裂いてチャンスを作るシーンもあって、まずまずのプレーを見せた。ただ、MF齋藤学がスタメンで起用されたマレーシア戦の方が、サイドハーフとの連携が良かったので、MF清武との連携は、今後、高めていく必要がある。DF酒井宏の攻撃参加は、本大会でも武器となるので、一層のレベルアップを期待したい。

■ 制約の多い中で・・・

アウェーでシリアで敗れたときは、ロンドン行きに黄色信号が灯ったが、バーレーンのアシストもあって、何とか、ロンドン行きを決めることができた。欲を言えばキリがないが、制約の多い中で、ロンドン行きの切符を勝ち取った点は評価できる。

ロンドン五輪代表チームが、過去の五輪代表と大きく違っていたのは、海外組の存在である。世代トップを走っているMF香川は、結局、一度も召集されることなく、五輪代表からは卒業したような扱いとなっている。もし、C大阪に残っていれば、五輪代表でも主力となっていたはずなので、チームはかなりの戦力ダウンを強いられた。

また、他にも、FW指宿、MF大津、MF宇佐美、MF宮市といったアタッカーの有望株が海外でプレーしており、思い通りに招集することは叶わなかった。特に、MF大津に関しては、最終予選で切り札的な存在となったが、アウェーのシリア戦、アウェーのマレーシア戦と最も必要だった試合に招集できず、2列目は駒不足に陥った。幸いにして、MF原口とMF齋藤学がスタメンで出場してゴールという結果も残したので、致命的なダメージにはならなかったが、海外組の招集の難しさを感じることになった。

■ ゼロからのスタート

もう一つ、今回の五輪代表のチーム作りの難易度が高かった理由として、ベースとなるチームが無かった点が挙げられる。通常の五輪代表は、チーム発足当初は、ワールドユースに出場したチームをベースにチームを作っていく。アテネ五輪代表チームは、2001年のワールドユースの代表メンバーが中心となってスタートし、北京五輪代表チームも、2005年のワールドユースのメンバーが中心となってスタートしたが、この世代は、U-20W杯に出場できなかったので、ベースとなるチームが無かった。

関塚ジャパンが発足したのは2010年の秋だったが、1989年・1990年生まれが中心となった牧内ジャパンがアジア予選で敗退して出場権を逃したのは2008年11月で、関塚ジャパンが発足したのは、2010年の秋だったので、その間、ほとんど、この世代が集まってトレーニングする機会は無くて、全くのゼロからのスタートとなった。五輪代表は日本人監督が続いているが、今回の関塚監督がもっとも苦労したのは明らかである。

したがって、予選落ちの可能性も十分に考えられたので、アジア大会の金メダル、ロンドン五輪出場と、2つの大きなことを成し遂げた点は、素直に評価しなくてはならないだろう。五輪代表監督の人選については、他にもいろいろな選択肢があったと思うが、制約が多い中、関塚監督以上の仕事ができた人は、少なかっただろう。内容的には十分とは言えないので、ベストだったとも言えないが、及第点以上の仕事はできている。

■ ロンドン五輪への期待

これで、ロンドン五輪出場が決まったが、本大会まで、この世代の選手が五輪というものを意識して、日々のトレーニングや試合に臨むことができる点が、もっとも大きい。U-20W杯に出場できなかったことで、世界大会に参加するチャンスを失っただけでなく、本大会に向けて強化していく経験ができなかった点は、同じくらいのマイナスで、ここで五輪を逃すと、完全に空白の世代となるところだったので、一安心である。

今後は、オーバーエイジを使うのか、使わないのか、海外組を招集するのか、しないのかなど、いろいろなことを考えていく必要がある。北京五輪のときは、MF遠藤やFW大久保をオーバーエイジで招集しようとしたが、叶わなかった。MF遠藤については体調不良だったので仕方がないが、FW大久保の場合は、早くからチームとコンタクトを取っていれば、本大会に出場させることもできたように思うので、早く方向性を決める必要がある。

今回はなでしこジャパンとのアベック出場となるが、なでしこジャパンは金メダルを狙うことのできるチームなので、その裏で男子だけがグループ敗退に終わるとなると、いい気持ちはしないので、グループリーグ突破が目標となる。現状のメンバーで本大会に臨んだとしても、多くは期待できないが、オールスターのようなメンバーを集めてもチームとして機能しないのは明らかで、さじ加減が重要になる。

実際に、アテネ大会と北京大会は、アジア予選後のチームの組み換えに失敗しており、期待されたような結果を残すことができなかった。したがって、どこまでベースを崩さずに、プラスアルファを加えるか。世界大会なので、ベストを尽くしたとしても結果が出ないことがあるので、成功か、失敗かの判断は難しいが、悔いのないよう強化を進めてほしいところである。





関連エントリー

 2012/02/06  【五輪予選:シリア×日本】 MF山村和也の起用が裏目
 2012/02/06  なぜ、ボランチMF山村にこだわるのか???
 2012/02/07  U-23日本代表 2列目トリオのベストチョイスは???
 2012/02/22  【五輪予選:U-23マレーシア×U-23日本】 ゴールラッシュで望みをつなぐ
 2012/02/23  【採点】 vs U-23マレーシア 日本代表 選手採点 (受付中_17名)
 2012/02/23  ロンドン五輪代表の変化と今後の課題は?
 2012/03/09  最終予選の組み合わせ決定!!! 豪州、イラク、ヨルダン、オマーンと同組に・・・




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/3119-aad51826





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


09月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

09月25日
【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月25日
【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月25日
【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月24日
【J2】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~有力候補はGK秋元陽太(湘南)とDFアンドレ・バイア(同)の2人~

09月24日
【J3】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はFW田中智大(秋田)、次点はDF尾崎瑛一郎(沼津)~

09月24日
【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源(鹿島)、次点はGK中村航輔(柏)とMF中村憲剛(川崎F)~

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)

09月23日
【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?

09月22日
【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)

09月22日
【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月21日
【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月20日
【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件

09月20日
【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。

09月20日
【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月19日
【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?

09月19日
【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月19日
【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月17日
【Jリーグ】 FC東京の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 アビスパ福岡の歴代ベストイレブンを考える。 (1996年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 ロアッソ熊本の歴代ベストイレブンを考える。 (2008年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 湘南ベルマーレの歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 レノファ山口の歴代ベストイレブンを考える。 (2015年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 横浜Fマリノスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 愛媛FCの歴代ベストイレブンを考える。 (2006年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 清水エスパルスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 松本山雅の歴代ベストイレブンを考える。 (2012年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 浦和レッズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 鹿島アントラーズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 ジェフ千葉の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 名古屋グランパスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ガンバ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ファジアーノ岡山の歴代ベストイレブンを考える。 (2009年-2017年)


09月09日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: