アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/14 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)
 2018/02/14 【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・家長昭博etc.~
 2018/02/14 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)
 2018/02/15 【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)
 2018/02/15 【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)
 2018/02/15 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)
 2018/02/16 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)
 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

 2018/02/19 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:504名)
 2018/02/19 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:208名)
 2018/02/19 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)
 2018/02/19 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:17名)

 2018/02/19 全記事一覧(2005年-2018年)


松田直樹はもういない・・・。 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

ピッチ上にはカズがいた。今年の2月26日に45歳になる選手とは思えないほど、精力的な動きを見せてフレンズの攻撃をリードする。あいさつ代わりのまたぎフェイントで観衆を酔わせた後は、ジャンピングボレーとオーバーヘッドシュートを放って、相手ゴールを脅かす。ゴールこそならなかったが、フィールドを駆け回って、たくさんのシュートを放って、ピッチ上を華やかにした。


ゴンもいた。彼も、まだ現役でプレーしている。アメリカW杯予選、フランスW杯と、日本が困難な状況になったとき、彼は、決まって、ピッチ上に現れて、日本を救うゴールを挙げてきた。決して技術のある選手ではなかったが、魂のこもったプレーでチームに活力を与えることのできる選手は稀であり、ジュビロ黄金時代のメインキャストとなった。カズとゴンを上回る存在感をもつ選手は、当分の間、生まれてこないだろう。それだけ、彼らは偉大な選手であり、特別な存在である。


ヒデもいた。2006年夏に、突如、現役を引退してから、もう5年以上が経過しているが、佇まいは全く変わっていなかった。松田直樹とは同じ学年で、二人は、常に、飛び級で代表チームに加わって、下から強烈な刺激を与えてきた。そして、世界への扉を開け続けてきた。今でも、ヒデがプレーしているところを観ると、「現役復帰してもいけるのでは?」という思ってしまう。ヒデは、いつまで、ヒデのままでいられるのだろうか・・・。


ゾノもいた。1996年のアトランタ五輪の最終予選の準決勝のサウジアラビア戦のパフォーマンスは、いつまでも色あせることはない。ふっくらした体型に変わって、キレのあるドリブルは、もはや失われてしまったが、ボールをもったときに何かしそうな雰囲気だけは、失われていなかった。アトランタ五輪のとき、最強と言われたブラジル代表を破った五輪代表チームは、ゾノがキャプテンであり、ゾノのチームだった。


オグもいた。レフティーモンスターと呼ばれたストライカーは、自らの怪我で世界大会に出場するチャンスを逃してしまった。1996年2月の合宿中の「あの怪我」がなければ、彼は、いったいどんなキャリアを歩むことになったのだろう。アトランタ五輪やフランスW杯や日韓W杯でネットを揺らすことはできたのだろうか・・・。その答えは、誰にも分からないが、ただ、彼のもう一つの未来を、いったいどのくらいの人が想像したことだろう。


城彰二もいた。もはや別人のような体型になってしまったが、ポストプレーの正確さと、ゴール前に入って行くときの躍動感は、城彰二のそれだった。フランスW杯でゴールを決めることができず、バッシングを浴びたが、それを糧にJリーグでゴールを決め続けて、夢のスペイン行きを実現させた。ゴールを決めた後の「バク宙」がトレードマークになっていたが、「久しぶりにバク宙を見たい!!!」を思った残酷なファンも多かっただろう。


石塚啓次もいた。「和製・フリット」と呼ばれた男は、山城高校時代から、何もかもが普通ではなかった。金髪で、アクセサリーを付けたままの状態で、国立競技場の決勝戦のピッチサイドに現れたときの衝撃は、これまでに感じたことのないものだった。プロでは大成できなかったが、規格外の男を、当時の日本サッカーは、受け止めることができなかったのだろう。ただ、もしかしたら、今でも、まだ、彼を受け止めるのは困難なのかもしれない。試合終了間際に放ったダイレクトボレーは、彼の有り余る才能を見せつけるスーパープレーだった。


川口能活もいた。彼も36歳となった。ジャックナイフのような危うさをもった守護神も、年齢を重ねるごとに、落ち着きを増していって、鬼気迫るような表情を見せることは稀になったが、あの頃の日本サッカーは、彼のようなエネルギーに満ち溢れたGKを必要としていたのだろう。アトランタ五輪では、川口能活、鈴木秀人、田中誠、松田直樹の4人が獅子奮迅の活躍を見せて、ベベト、ロナウド、リバウド、ロベルト・カルロスのブラジル代表を完封して歴史を塗り替えて見せた。


楢崎正剛もいた。彼は、ライバルの川口能活とは対照的に「静」のGKと言われる。安定したキャッチングが持ち味で、2002年の日韓W杯では正GKを任されて、決勝トーナメント進出に大きく貢献した。初めて日本代表に選ばれたのは、加茂監督時代の1996年で、あれから15年以上もトップGKの座をキープし、川口能活とともに、4大会連続でW杯メンバーに選ばれている。これは、改めて考えるとすごい話である。


モリシもいた。彼は、相変わらずの運動量でピッチ上を駆け回った。フィールド上に限定すると、休むことを知らない選手である。もう10年近く前の話になるが、2002年6月14日は、彼にとっても、日本サッカー界にとっても、メモリアルな一日となった。W杯という大舞台で、自分のスタジアムでゴールを決めるという芸当は、「もっている」というありきたりな表現では十分に表すことができない偉業であり、彼のキャリアのハイライトシーンでもある。


西澤明訓もいた。ボレーシュートのスペシャリストと呼ばれた彼は、日本代表史上、屈指のポストプレーヤーでもある。アキとモリシの凸凹コンビは、ついにクラブチームでは、タイトルを獲得することはできずに終わったが、トルシエ監督も、凸凹コンビを代表でも重宝し、2000年のハッサン2世カップでは、世界チャンピオンのフランス代表と互角に渡り合った。彼らのホームスタジアムである長居スタジアムには、いつも、右サイドに「20番」、左サイドに「8番」の大きなフラッグが掲げられている。


アツもいた。フリーキックのシーンで、アツがボールをセットして、モーションに入ったとき、誰もが、ブレ球のシュートでネットを揺らすことを期待した。ボールが改良されたこともあって、今では、多くの選手がブレ球のシュートを蹴ることができるようになったが、当時、ブレ球でゴールを狙うことができたのは、ほんのわずかであり、まさしくスペシャリストだった。


名波浩もいた。左足に誰よりもこだわりを持つ男は、この試合でも左足と頭脳でゲームをコントロールした。スピードが衰えても、パワーが衰えても、運動量が衰えても、習得した技術だけは衰え知らずである。強さを武器に世界と戦ったヒデは日本人離れしたゲームメーカーだったが、対照的に、名波浩は、柔らかくて、受け手に優しいパスを送り続ける実に日本人らしいゲームメーカーだった。稀代のゲームメーカーの二人が、日本に初のW杯出場権をもたらしたことは言うまでもない。彼の左足から繰り出されるクロスは、なぜ、あんなにも美しいのだろう・・・。


山口素弘もいた。この試合でも、背筋をピンと伸ばした姿勢から、ショートパスを丹念に前線に送り続けて、攻撃陣を操った。ゴール前に上がっていって、シュートチャンスを迎えたとき、ディフェンダーをかわして、あの芸術的なシュートシーンが目の前のピッチで再現されることを期待した人は多かっただろう。名古屋グランパスやアルビレックス新潟でも中心選手としてプレーしたが、彼の所属クラブは「横浜フリューゲルス」とするのが、適当だろうと思う。


宮本恒靖もいた。2011年限りで現役を引退したクレバーなディフェンダーは、常に、サイズ不足と戦ってきた。しかも、スピードも、強さもなかったので、批判の的になることも多かったが、ディフェンスラインをコントロールする力は一級品で、松田直樹、宮本恒靖、中田浩二の3バックが、2002年に歴史を作って、日本中に歓喜をもたらした。キャプテンの森岡隆三が負傷して、大会に出場することができなくなったとき、彼の背中には、大きなプレッシャーがかかったと想像できるが、バットマンは重圧を跳ね除けて、2つの歴史的な勝利をもたらした。


ドゥトラもいた。左サイドを駆け上がる姿は、あの頃と全く変わらないものだった。日本を離れたのは2006年で、38歳となったが、いまだに、ブラジルで現役選手としてプレーし続けているという。Jリーグ史上屈指の左サイドバックは、今でも、「Jリーグ屈指の左サイドバック」の看板を掲げて、2012年のピッチに立つことができるだけの実力を維持している。スピード溢れるオーバーラップは、色あせていなかった。


井原正巳もいた。アジア屈指のリベロと呼ばれた男は、常に、松田直樹の壁となって立ちはだかった。相変わらずのスマートな体型で、クレバーにボールを奪ってカウンターにつなげて見せるプレーは、井原正巳にしかできないものだった。井原正巳、小村徳男、松田直樹・・・。彼らが組んだ3バックは、強さ、高さ、激しさを兼ね備えた「最強の3バック」と言えた。


安永聡太郎もいた。この試合の発起人となった彼は、松田直樹と同じ年にマリノスに入団して、両名とも、スーパールーキーとして騒がれた。プロの世界では、大きな期待に応えるだけの活躍はできなかったが、スペインでもプレーした経験を持つハートのあるストライカーだった。この試合で生まれた唯一のゴールシーンとなった鮮やかなループシュートは、誰かが乗り移ったとしか思えないほど、彼らしくない綺麗なゴールとなった。



そして、ベンチにはフィリップ・トルシエが座っていた。彼は、「マツダは私の現役時代とよく似ている。」と話していたが、トルシエ選手に、あれだけの身体能力とあれだけの技術があったとは思えない。ただ、負けず嫌いなところや、戦う姿勢や、有り余る闘争心などは、よく似ていたのだろう。おそらく、日本代表監督の時代、もっとも衝突した選手で、もっとも扱いに困った選手で、もっとも期待した選手が、松田直樹という選手だったのだろう。



この日の日産スタジアムは、いつになく、ピッチ上も、ベンチサイドも華やかだった。そこには、Jリーグが誕生してから、歴史を作って来た多くのプレーヤーが集結し、ノスタルジーを生み出していた。ただ、そこにいるべき男の姿を、ついに、日産スタジアムで見つけることはできなかった。

ベンチにはトルシエ監督と山本昌邦コーチが座っていて、ヒデがいて、ツネ様がいて、隆三がいて、中田浩二がいて、イナがいて、ヤナギがいて、モリシがいて、鈴木隆行がいて、ナラがいて、能活がいて、ゴンがいて、時代を切り開いていった役者たちが勢ぞろいしたとき、当然のように、輪の中の中心にいるべきはずの愛すべきプレーヤーは、そこにいなかった。それが現実である。だた、半年近くが経過した今でも、十分には受け止められずにいる。そして、おそらく、これからもずっとそうだろう・・・。


   


関連エントリー

 2008/01/28  城彰二選手 引退試合 (生観戦記 #1)
 2008/05/30  中田英寿のいない日本代表チーム
 2008/10/30  もし、小倉隆史の大怪我がなかったならば・・・。
 2008/11/16  名波浩の引退に寄せて・・・
 2009/08/31  トルシエがゴン中山を召集した理由
 2009/12/18  【書評】 前園真聖のあまり知られていないキャリアの後半戦
 2010/01/11  【S・ジュビロ×A・ジャポーネ】 名波浩選手 引退試合 (生観戦記 #1)
 2011/01/13  キングKAZUを超える選手
 2011/07/01  「アトランタ世代」と「アトランタ五輪」の思い出
 2011/08/02  松田直樹選手のこと




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2767-7e81c125





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月17日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月18日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:504名)

02月18日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:208名)

02月18日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)


02月18日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月02日
【J1】 「いい補強だ。」とは感じなかった今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (21位~30位まで)

01月31日
【J1】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

01月31日
【現役引退】 FW小松塁(元セレッソ大阪など)に対する大いなる誤解を解きたい。

01月31日
【J1】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


01月30日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: