アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/17 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2018/04/18 【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (札幌・仙台・鹿島)
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和・柏・FC東京)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/20 【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/04/21 【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!
 2018/04/21 【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/22 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1912  2018/04/08  山口 vs 大宮、甲府 vs 水戸、清水Y vs 流経大柏、C大阪U-18 vs 福岡U-18
 #1913  2018/04/09  仙台 vs 長崎、群馬 vs 鹿児島、新潟 vs 岡山、金沢 vs 千葉
 #1914  2018/04/11  FC琉球 vs C大阪U-23、盛岡 vs 秋田、長野 vs 沼津、YS横浜 vs 福島
 #1915  2018/04/12  C大阪 vs 湘南、浦和 vs 仙台、湘南 vs 鹿島、磐田 vs 清水
 #1916  2018/04/13  【ACL】 グループリーグの5節終了時点での雑感
 #1917  2018/04/14  C大阪 vs 済州U、札幌 vs 名古屋、長崎 vs FC東京、C大阪 vs 鳥栖
 #1918  2018/04/16  G大阪 vs 神戸、川崎F vs C大阪、長崎 vs G大阪、鹿島 vs 名古屋
 #1919  2018/04/17  C大阪U-23 vs 福島、磐田 vs 鳥栖、仙台 vs 川崎F、柏 vs 札幌
 #1920  2018/04/18  C大阪 vs FC東京、湘南 vs 広島、横浜FM vs 神戸、浦和 vs 清水
 #1921   2018/04/19  ガンバ大阪の問題点はどこにあるのか?

 #0000  2018/04/13 全記事一覧(2005年-2018年)


初昇格 サガン鳥栖に期待したいこと | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 13年目で悲願達成!!!

J2は最終節が終了し、FC東京、鳥栖、札幌の3チームが、来シーズン、J1に昇格することになった。鳥栖は、J2がスタートした初年度の1999年からリーグに参加している「オリジナル10」の1つであるが、10チームのなかで、唯一、J1昇格を経験していないクラブだったが、晴れて、13年目にして悲願の昇格を達成した。

今シーズンは、それほど前評判は高くなかった。京都からレンタル中だったエースのFW豊田がレンタルを延長してチームに残ったのは朗報だったが、即戦力級の補強もなくて、現状維持が精一杯かと思ったが、広島からレンタル移籍のMF岡本がレギュラーに定着し、2年目のMF藤田、MF早坂、MF金民友がJ2の中でも、トップレベルの選手に育って、中盤が厚みを増した。特に、MF藤田の存在は大きく、ゲームをコントロールするだけでなく、ロングスローと精度の高いキックで、たくさんのゴールをアシストした。MF藤田のロングスローは、鳥栖の新しい名物となって、ロングスローから直接、ヘディングでゴールが決まるシーンも多かった。

失点数の少なさも光った。終わってみると、38試合で34失点でリーグ3位の少なさだったが、ベテランのDF木谷を中心に、韓国人のDF呂成海も試合に出続けることで成長を見せた。DFラインは、「層の薄さ」を感じるポジションだったが、DF木谷も、DF磯崎も、ほぼフルシーズン怪我なくプレーし、来シーズンは、夢の舞台に立つことになる。

DF木谷は、2001年に大宮に入団した後、ずっとJ2でプレーしてきたので、33歳にして初のJ1挑戦となる。一方、DF磯崎は、1999年に平塚でプレーしているので、J1でも6試合に出場した経験があるが、2年目以降はずっとJ2でのプレーしているので、13年ぶりのJ1のピッチとなる。ともに、J2時代の仙台を支えた選手であるが、今回の昇格を人一倍、喜んでいることだろう。

■ 「ひたむきさ」と「ストライカー」

一緒にJ1に昇格することになったFC東京、札幌も、タフなシーズンを乗り切って昇格を手にしたが、クラブ規模を考えると、鳥栖の昇格は「快挙」といえる。来シーズン、J1でプレーする18チームの中で、もっとも小さいクラブであるのはもちろんのこと、J2の中でも中位レベルといえる。J1とJ2は合わせて38クラブが存在するが、規模でいうと「30位程度」のクラブであり、そのチームが、18チームの枠の中に入って、J1で戦える権利の得たのだから、鳥栖のフロントや尹晶煥監督は評価されるべきである。

チームの武器の1つは「ひたむきさ」である。過去にも、鳥栖にやって来た選手が「ひたむき」を身に付けて、プレーヤーとしても、人間としても、大きくなっていった例を、何度も見ているが、この街には、そういうものを生み出す「何か」があるのだろう。有名どころを獲得するのは難しいが、無名の選手や、伸び悩み気味の選手を、大きく育てることが得意なクラブで、「ひたむきさ」の無い選手は、今の鳥栖に存在しないといっても過言ではないくらい、チーム全体に浸透している。

もちろん、技術のある選手も多いので、それだけではないが、「みんなで頑張る」という部分は、鳥栖というクラブがずっと大切にしてきた部分であり、よそのクラブのサポーターからも、一目置かれるところである。他チームのサポーターも、鳥栖の苦しかった時代をよく知っていて、さらに、チームのスタイルに好感を持っている人も多いので、今回の鳥栖の昇格を喜んでいる人は、たくさんいると思う。

また、ストライカーが育つことでも知られている。代表的なのは、FW新居辰基、FW藤田祥史、FWハーフナー・マイク、FW豊田陽平の4人で、FW新居は2005年、2006年と2年連続でJ2の日本人得点王になって千葉にステップアップし、そのあとを受けたFW藤田祥も2007年に24ゴールを挙げて、J2の日本人得点王となった。FWハーフナー・マイクは甲府に移籍し、2010年にJ2の得点王になって昇格に大きく貢献したが、ストライカーとして開花したのは2009年の鳥栖時代で、33試合で15ゴールを挙げている。近年、どのチームも、日本人ストライカーを育てるのに苦労しているが、このチームだけは「ストライカー」で困ったことはない。

■ 後押ししたサポーターの盛り上がり

快挙を目前にして、ベストアメニティスタジアムには、たくさんのサポーターが集まるようになった。観客動員数を抜き出してみると、10月23日(日)のFC東京戦は15,489人、11月6日(日)の横浜FC戦は11,372人、11月20日(日)の北九州戦は12,884人で、J1昇格が決まった12月3日(土)の熊本戦は、22,532人を動員した。トータルでも平均で7,731人を記録し、過去最高だった2005年に迫る勢いを見せたが、最終節の2万人オーバーというのは、これまでの鳥栖には考えにくいことであり、スタジアムの雰囲気は凄まじいものがあった。

鳥栖は、松本監督時代の2006年に4位に躍進して以降、毎年のように上位争いに加わっており、シーズンの最終戦を入替戦進出の可能性を残したままで迎えることができたシーズンもあったが、ここまでの雰囲気になることはなかった。街の規模が小さいこともあって、土日の試合でも、5,000人程度しか入らない試合も多くて、観客動員で苦労してきたが、最後になって、これだけのサポーターに集まってもらったら、選手達も下手なプレーはできなくなる。「初昇格」というのが、呼び水になったと思うが、同じようにJ1昇格を目指して戦っていたクラブと比べても、サポーターの盛り上がりは段違いのものがあった。サポーターが昇格を後押ししたのは間違いない。

■ サガン鳥栖に期待したいこと (1)

晴れて「昇格」となったが、ここがスタートラインでもある。地元も盛り上がっていて、初のJ1に向けて期待も高まってくると思われるが、少しひいき目で見ても「J1では厳しい戦いになる。」と予想せざるえない。クラブ規模の大きなチームを相手にして、18チームの中で「15位以内」に入るのは、相当に厳しいチャレンジであり、『1つ勝利するのも大変』という状況になることも十分に考えられる。

それほどお金のないクラブなので、出来ることは限られてくるが、エースのFW豊田を残留させられるかどうかが、オフの注目点となる。幸いにして、『京都との契約は今シーズンで切れる』ということなので「移籍金」はかからないが、G大阪、清水などの大きなクラブも獲得を希望していると報道されており、条件面では、相当に不利となる。FW豊田は2009年にJ1の京都で失敗しているのでクラブ選びは慎重になるだろうが、彼がいるのと、いないのでは大きく違ってくるので、残留してもらわないと困る選手である。

また、広島からレンタル中のMF岡本も大事な選手である。攻撃でも、守備でも、ここまでハイレベルにできる選手はいないので、彼も必要不可欠な選手である。広島も監督が代わっているので、「2年連続で借りる」というのは、かなり難しいと思うが、もし、彼がいなくなるとボランチが大変なことになるので、彼を慰留できるかも、大きなポイントになる。

■ サガン鳥栖に期待したいこと (2)

せっかく、ここまで頑張って「J1昇格」を達成したので、フロントも、監督・コーチ陣も、選手も、サポーターも、頑張りどころで、出来ることをすべて行って「残留」という大目標に向かって一丸になる必要がある。それによって、「J1定着」ができれば、それに越したことはないが、現実的には、鳥栖のような規模のクラブが、ずっとJ1に居続けることは難しい。

これは、J2降格となった甲府、福岡、山形にも当てはまることで、一緒に昇格する札幌にも同じことが言えるが、J1には「18」というチーム数の上限があって、同じように「J1残留」や「J2昇格」を目指しているクラブがたくさんあるので、それらのライバルたちを出し抜いて、ずっとJ1に定着するというのは、やはり不可能に近いことであり、自分たちの頑張りだけで、どうにかなるレベルの話でもない。これらのクラブの場合、最善を尽くしても、降格となってしまう可能性は、低くないと思う。

個人的には、この中では、大都市のクラブということもあって、福岡や札幌には、もう少し上のレベルに到達できるだけのポテンシャルがあると思うので、もう少し頑張って欲しいところであるが、J2の千葉、東京V、京都、徳島、栃木SC、熊本あたりまで含めて、これらのクラブは、J1に上がったり、J2に下がったりしながら、少しずつ前進していくのがクラブとして、今、出来ることであり、J1に定着できる力を蓄えるまでは、しばらく辛抱しながら戦う必要があると思う。

したがって、サポーターも、現状を受け入れて、我慢することも必要になってくる。鳥栖も「J1昇格」を果たしたが、大盤振る舞いはできないと思うので、「なぜ、もっと補強をしないのか?」、「J1に残留する気があるのか?」という無責任な周囲の声に耳を傾ける必要はないと思う。本当に「微妙なところ」で成り立っているクラブなので、無理をして選手を補強しても、返却できなくなる可能性もあって、結果として、クラブ消滅の危機を迎えてしまっては、何をしているのか分からなくなる。

■ サガン鳥栖に期待したいこと (3)

期待したいのは、たとえ、J2に落ちても、クラブが下がり目になっても、サポートし続けてくれる「スポンサー」や「サポーター」をたくさん見つけることであり、そのためには、J1の舞台で、人の心を惹きつける試合を見せることが大切になる。もちろん、勝ち続けることで、周囲の人を引き込むことができるということを、今シーズンの鳥栖が証明しているが、J1では同じようにはいかないだろうし、人を惹きつける要素というのは、サッカーの場合、勝利だけとは限らない。

1つの理想として挙げられるのは、甲府のケースである。甲府も同じように経営難のため、クラブの消滅の危機に陥ったが、それを乗り越えて2006年に初のJ1昇格を果たすと、大木監督のもと、戦力が乏しい中で、J1でも存在感を示した。結局、2007年にJ2に降格することになったが、J2に降格しても、観客動員はあまり減ることもなく、J1昇格を決めた2005年は平均6,931人だったが、J1に昇格した2006年は12213人、2007年は13734人で、J2に降格した後も、2008年が10354人、2009年が11,059人と、大きく落ち込むことなく、2005年以前と比べると、大幅に動員力をアップさせた。

甲府の場合、普通の陸上競技場がホームスタジアムとなるので「ハンディ」もあるが、初のJ1の舞台で、アグレッシブで、かつ、魅力的なサッカーを見せて、地元のサポーターの関心を呼び込むことに成功し、「ヴァンフォーレ」は完全に地元に定着した。甲府も、昇格や降格を繰り返しているクラブであるが、J1を経験したことで、クラブとして、確実ステップアップしているように思える。J1に昇格したシーズンは動員数が増えるが、J2に降格すると元に戻ってしまうクラブが多い中、異例のケースであり、成功をおさめたクラブの1つだと思う。

「勝負の世界」なので、勝てなくなると、人々の関心も薄くなってしまうので、並大抵のことではないが、そういう「スポンサー」や「サポーター」を多く見つけない限り、さらに上を目指すことは難しくなる。これは、簡単なことではないと思うが、「勝利」以外で人を惹きつけられる要素を、サガン鳥栖というクラブは、長い間、J2で戦ってきた中で、いくつか身に付けているようにも感じる。苦しいシーズンになるかもしれないが、期待したいところである。


   


関連エントリー

 2008/06/01  松本育夫(サガン鳥栖GM)のサッカー人生
 2008/11/20  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 10選
 2008/11/21  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 番外編
 2009/12/22  前サガン鳥栖監督 岸野靖之の乱
 2011/11/24  好きなサッカー解説者 ベスト10   → J3+(メルマ)
 2011/12/04  【J1】 ベストイレブン 2011年版 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)
 2011/12/06  【J2】 ベストイレブン 2011年版 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)   → J3+(メルマ)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2736-205d8479





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月22日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月22日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月21日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月21日
【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~

04月21日
【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!

04月20日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月20日
【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~5位:高橋諒、4位:藤田直之、3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~

04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 清水エスパルスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 川崎フロンターレの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 横浜Fマリノスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【逸材揃い】 FC東京の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 セレッソ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 ガンバ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【東京世代】 「和製・レドンド」と呼びたいMF米原秀亮(ロアッソ熊本)


04月02日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: