アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/09/17 【Jリーグ】 ベガルタ仙台の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)
 2017/09/17 【Jリーグ】 ヴァンフォーレ甲府の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)
 2017/09/18 【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)
 2017/09/18 【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)
 2017/09/18 【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)
 2017/09/19 【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)
 2017/09/19 【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)
 2017/09/19 【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?
 2017/09/20 【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)
 2017/09/20 【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。
 2017/09/20 【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/21 【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

 2017/09/21 全記事一覧(2005年-2017年)


ロンドン五輪代表候補について考える。 (GK、右SB、CB編) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

ゴールキーパー


 → すでにフル代表でも常連となったGK権田修一(FC東京)がいるので、このポジションは「ストロングポイント」となっているが、彼を除くと、所属クラブでレギュラーポジションを獲得した経験ある選手はほとんどいない。よって、「若いGKが出場機会を得られていないこと。」は、日本サッカーの問題点の1つになっているが、解決するのは難しい。現状、J1でも、J2でも、ほとんどのクラブに実績のあるGKがいて、よほどの選手でない限り、19歳、20歳、21歳くらいでポジションを確保するのは困難である。

したがって、五輪代表候補として名前を挙げることのできる選手の数自体が少ない。怪我等が無ければ、GK権田が予選や本大会で日本のゴールを守るのは間違いないが、もし、彼にアクシデントがあったら、GK安藤駿介(川崎F)に出番が回ってくるだろう。2010年11月のアジア大会では正GKを任されて、7試合で1失点のみと金メダルに大きく貢献した。コンビネーションにも不安はないので、GK安藤であれば、比較的、安心して観ることはできる。ただ、彼にしても、所属の川崎Fでは、今シーズンは4試合に出場しただけ。GK川島が移籍して、「ポジション獲り」のチャンスかと思われたが、レギュラーに定着するに至らなかった。

他には、GK大久保択生(千葉)とGK守田達弥(京都)も候補といえる。ともに190センチをオーバーする長身で、所属クラブでレギュラーをつかんだ時期もあったが、今シーズンは、全く出場機会が得られておらず、GK岡本やGK水谷の壁は厚い。フィールドプレーヤーであれば、途中出場の可能性があるので、レギュラー取りのきっかけをつかむこともできるが、GKとなると、よほどの幸運が無いとポジションを奪うのは難しい。

そんな中で、出場機会を得ることに成功したのが、GK川浪吾郎(FC岐阜)で、10月になって、8試合連続でスタメン出場を果たしている。FC岐阜はレギュラーだったGK野田が離脱し、2番手のGK村尾も著しく安定感を欠いていたので、柏で出番に恵まれていなったGK川浪にチャンスが与えられたが、8試合で25失点を許しており、GK川浪も失点に絡むミスが目立っている。GK川浪はユースから昇格して2年目の選手で、ずっと各年代の代表チームに選ばれているGKなので、プロの世界でどのくらいできるかが注目されたが、厳しい結果になっている。




右サイドバック


 → この世代は、「2列目のアタッカー」と「サイドバック」に、極端なほど人材が集中している。「アタッカー」に才能が集まっている理由は、いろいろと考えられるが、「サイドバック」に人材が集まっている理由は浮かんでこない。トルシエ時代に「3バック」を採用したことも影響して、日本では「3バック」がメインだった時期が長かったので、「トルシエの悪影響でサイドバックが育たなくなった。」と主張する人もいたが、実際には、そういうこともなく、次々と優秀な人材が出て来ている。

まず、「右サイドバック」であるが、チーム立ち上げの時は、力の拮抗した選手が多かったので、「ポジション争いは熾烈になる。」と思ったが、今シーズン、DF酒井宏樹(柏)が大ブレークしたので、完全にポジションを確保した。「高速クロス」がクローズアップされることが多いが、どちらかというとフィジカルの強さを生かした「守備」に特徴のある選手で、試合経験を積んできて「攻撃力」も備わってきたという印象である。すでに、フル代表に選ばれた経験もあって、頭一つ抜けた存在になってきている。

個人的に推したいのは、DF岡本拓也(浦和)で、長期離脱から戻ってきたばかりなので、今シーズンの出場はほとんどないが、優れたバランス感覚を持っていて、攻撃でも守備でも質の高いプレーを見せる。2010年の終盤には、高校3年生ながら、浦和で右SBのポジションを確保し、今年3月に行われたウズベキスタン遠征では、U-22日本代表でも右SBでスタメン起用されている。

もっと攻撃的なタイプでは、DF高橋峻希(浦和)がいる。浦和はこの年代のサイドバックが左右とも充実していて、それゆえに、誰もレギュラーに定着しきれていないが、攻撃に関しては、DF高橋峻がもっとも優れていると思われる。彼の場合は、浦和で「サイドハーフ」で起用されることも多いが、「サイドハーフ」でロンドン五輪代表チームに絡んでいくのは相当に厳しいので、右SBでアピールした方が、ロンドンへの近道となるだろう。一方、「守備」に特徴のある選手としては、DF椋原健太(FC東京)の名前が挙げられる。サイズは無いが、1対1に強くて、粘り強い守備を見せる。所属クラブでは、DF徳永がいることので、左SBに入っていることがほとんどであるが、右SBに入った方が「攻撃力」も生きてくる。

後述するように、DF椋原も含めて、左右どちらのサイドでもこなす選手が多くなってきたので、左SBで名前を挙げた選手も、右SBの候補となりうるが、右サイドが専門の選手を考えると、攻撃力のあるDF古林将太(草津)も面白い存在である。テクニックがあって、ドリブルに「キレ」もあるので、深いエリアまでえぐってクロスを送ることができるので、ゴールにつながるプレーが多い。レンタル元の湘南には、アジア大会の金メダルメンバーのDF鎌田翔雅(湘南)もいるが、攻撃に関しては、DF古林の方に魅力を感じる。




センターバック


 → 「CBの人材難」が叫ばれているが、北京世代は、逆にこのポジションの人材が豊富だった。DF水本、DF青山は、20歳そこそこの年齢で、クラブチームでもレギュラーを確保し、2006年の時点でフル代表に選ばれている。その後も、DF森重、DF吉田、DF槙野らが台頭してきて、DF槙野は北京五輪代表に絡むことはなかったが、「真ん中の強さ」が反町ジャパンの強みとなっていた。さらに、下の世代も、2011年のU-17W杯でも活躍したDF植田直通(大津高校)、DF岩波拓也(神戸ユース)らが控えているので、CBの人材は豊富といわれている。よって、世代によって落差が激しいが、とにかく、ロンドン世代はCBの人材が不足している。

そのため、チーム立ち上げ等当初から、もっとも不安視されていたポジションだったが、幸いにも、今シーズンになって、DF鈴木大輔(新潟)、DF濱田水輝(浦和)が所属クラブでポジションを確保し、経験を積んできている。この二人は、五輪代表に選ばれて「日の丸」を付けてプレーする経験を積んだことが「自信」につながったようで、代表で得た自信をクラブでも生かして、Jリーグでもチャンスを得るようになった。

したがって、ようやく「CBコンビ」が不動のものになってきたので、中央の守備も落ち着いてきたが、3番手以下の選手とは「差」が付いて、どちらかが欠けると大ピンチになってしまう。今のところ、3番手といえるのは、DF薗田淳(川崎F)で、アジア大会を制したときはレギュラーでプレーしたので、コンビネーション等には不安は無いが、今シーズンは、決してCBのポジションが厚くない川崎Fで、2試合に出場しただけなので、成長する機会を得られていない。今回は、DF薗田のほかに、大学4年生のDF丸山祐市(明治大学)、DF大岩一貴(中央大学)がベンチ入りしているが、大学生が二人も入っていることからも、苦しい台所事情が見て取れる。

他に、J1で出場機会を得ている選手というと、DF村松大輔(清水)がいる。2009年に湘南がJ1に昇格したときのレギュラーCBで、南アフリカW杯前に岡田前監督が日本代表に招集したこともあった。スピードが武器の「新しいタイプのCB」であるが、176センチの身長なので「高さ」に不安を残す。湘南では、DFジャーンとコンビを組んで補い合っていたが、やはり上のレベルになると、このくらいの身長では厳しくなってきて、移籍先の清水でも右SBやボランチで起用されるケースが多くなっている。ただ、この方針には賛成で、「スピード」があって「守備力」も高いので、右SBに専念した方が「フル代表」を狙えるはずである。


J2で出場機会を得ている選手では、DF菅沼駿哉(熊本)、DF大野和成(愛媛FC)、DF福村貴幸(京都)、DF高橋祥平(東京V)がいる。この中で、常時、4バックの中央で起用されているのはDF菅沼であるが、シーズン途中での移籍だったこともあって、コンビネーションが十分ではなく、期待通りのパフォーマンスは見せられていない。一方、DF大野とDF福村は左利きで、3バックの左ストッパーで起用されることが多いが、左利きのCBは数が少ないので、大きな武器となる。ただ、現状では、両者ともCBとしては経験不足のところは否めない。これからに期待したい選手であるが、DF福村については、4バックの左SBの方に適性があるだろう。

この4人の中では、U-22日本代表に呼ばれた経験のあるDF高橋が、一番、五輪代表に近い存在である。彼も、ここ最近は「ボランチ」でプレーすることが多くなっているが、ボールコントロールに優れているので、ボランチでも違和感なくプレーすることができる。180センチなので、抜群に空中戦に強いタイプではないが、若い頃から試合経験を積んでいるので、この世代のCBの中では「経験値」の多い選手である。当然、関塚監督の構想にも入っていると思われるが、MF山村、MF扇原など、長身選手をボランチで起用することを好むので、DF高橋の場合も、CBよりボランチの方で、チャンスがありそうな雰囲気がする。


ということで、ロンドン世代で出場経験を積んでいる選手が少ないが、1993年1月1日以降に生まれた「リオ世代」は、前述のとおりで、人材は豊富である。中でも、DF奈良竜樹(札幌)、DF櫛引一紀(札幌)、DF遠藤航(湘南)の3人は、J2でも出場機会を得ている。DF奈良が高校3年生で、DF櫛引とDF遠藤は、大学1回生の早生まれと同じであるが、若さに似合わず、成熟したプレーを見せている。

この中では、湘南のDF遠藤は、先日のアジアユースでチームを離れるまで、開幕からずっとフルタイム出場を続けており、DFラインの中心となっている。2010年のアジアユースにも飛び級で参加するなど、試合経験も豊富であるが、176センチと「高さ」が無いので、現状では、関塚監督に呼ばれる可能性は低いと思うが、札幌のDF櫛引やDF奈良については、飛び級での招集の可能性が全くないとは言い切れない。

プロ1年目のDF櫛引は、シーズン途中からレギュラーポジションを確保し、チームの堅守を支えている。彼も178センチなので「大きな選手」ではないが、高さでやられるシーンはほとんどなく、「守備のセンス」を感じさせるディフェンダーである。まだ「体の強さ」は感じないが、コンサドーレ札幌の先輩のDF今野泰幸とイメージが重なるところがある。

一方のDF奈良は、DF櫛引がアジアユースで抜けているときにポジションを奪う形になった。ユース所属となるが、昇格を争う大事な終盤戦でスタメン起用されて、DF櫛引と比べても、遜色ないプレーを続けている。彼も180センチなので、大きな選手ではないが、しっかりと相手のフォワードをつぶすこともできるし、左右両足で正確なフィードを送ることもできる。そして、何よりも「1つも勝ち点を落とせない」という状況でプロデビューしたにも関わらず、プレッシャーなど感じていないかのように、落ち着き払ったプレーができる「精神力」が見事である。


※ 次回は、左SB、ボランチ編です。


関連エントリー

 2010/05/12  本気(マジ)で落選ジャパン23名を考える。
 2010/06/08  Over-34 日本代表チームを考える。
 2010/09/23  【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。  
 2011/04/02  日本代表 歴代ベストプレーヤーを考える (GK編)
 2011/04/02  日本代表 歴代ベストプレーヤーを考える (右SB/右WB編)
 2011/04/03  日本代表 歴代ベストプレーヤーを考える (左SB/左WB編)
 2011/04/04  日本代表 歴代ベストプレーヤーを考える (CB編)
 2011/04/05  日本代表 歴代ベストプレーヤーを考える (ボランチ編)
 2011/04/06  日本代表 歴代ベストプレーヤーを考える (攻撃的MF編)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2732-28c2c2d2





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


09月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

09月21日
【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月20日
【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件

09月20日
【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。

09月20日
【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月19日
【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?

09月19日
【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月19日
【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月17日
【Jリーグ】 FC東京の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 アビスパ福岡の歴代ベストイレブンを考える。 (1996年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 ロアッソ熊本の歴代ベストイレブンを考える。 (2008年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 湘南ベルマーレの歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 レノファ山口の歴代ベストイレブンを考える。 (2015年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 横浜Fマリノスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 愛媛FCの歴代ベストイレブンを考える。 (2006年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 清水エスパルスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 松本山雅の歴代ベストイレブンを考える。 (2012年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 浦和レッズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 鹿島アントラーズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 ジェフ千葉の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 名古屋グランパスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ガンバ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ファジアーノ岡山の歴代ベストイレブンを考える。 (2009年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 川崎フロンターレの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 サガン鳥栖の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 コンサドーレ札幌の歴代ベストイレブンを考える。 (1998年-2017年)

09月10日
【Jリーグ】 セレッソ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月09日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (アタッカー編)~3位:MF南野拓実、2位:MF鎌田大地、1位:FW久保建英~

09月09日
【Jリーグ】 「大宮アルディージャ」というチームのサポーターに関して


09月09日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: