アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:526名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


【Jユースカップ:広島ユース×札幌U-18】 GK阿波加俊太の涙 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 準々決勝

第19回のJユースカップは準々決勝に入っている。今大会は、J1とJ2の36クラブのユースチームと、日本クラブユースサッカー連盟代表の4チーム(横河武蔵野FCユース、FCトリプレッタユース、明倫クラブ、アミーゴス鹿児島U-18)が参加し、合計40チームでユース年代の日本一を争っている。準々決勝に進んだのは、札幌、広島、柏、名古屋、清水、京都、C大阪、鹿島のユースチームで、札幌と広島、柏と名古屋、清水と京都、C大阪と鹿島が準々決勝で対戦した。

その中で、札幌U-18と広島ユースの試合と、名古屋U-18と柏U-18の試合が、愛知県の刈谷市にある「ウエーブスタジアム刈谷」で行われた。普段は、東海社会人リーグに所属するFC刈谷のホームスタジアムで、約4,000人を収容できる運動公園多目的グラウンドである。

FC刈谷は、デンソーサッカー部の休部に伴って2006年に誕生した市民クラブで、デンソー時代からJFLをメインに活動してきた。デンソー時代は、徳島ヴォルティスでプレーするMF徳重隆明らを輩出したが、2009年のJFLで17位となって入替戦に回ると、ツエーゲン金沢に敗れて、地域リーグ降格となった。

  #1 自動販売機 
 ユース①


刈谷市は愛知県の中央部にある。ウエーブスタジアム刈谷の最寄駅は、名鉄名古屋本線の一ツ木駅で、ここから約2キロの距離にスタジアムがある。名古屋駅から一ツ木駅までは約35分程度なので、名古屋駅からスタジアムまでは1時間程度かかることになる。

  #2 ウエーブスタジアム刈谷
 ユース②

■ 両チームのスタメン

決勝トーナメントでG大阪ユースを下して準々決勝に進んだ札幌は「4-2-2-2」。GK阿波加。DF小山内、永井、内山、前。MF荒野、堀米、中原、神田。FW下田、榊。センターバックのDF奈良はトップチームで出場機会を得ているため欠場。GK阿波加も、土曜日に行われた湘南ベルマーレ戦でベンチ入りを果たしている。出場機会はなかったが「連戦」となる。U-17W杯でも活躍したボランチのMF深井はベンチスタートとなった。

タレント軍団の札幌は、DF奈良、DF小山内、DF前、MF荒野、FW榊の5人がトップチーム昇格を決めている。代表歴のある選手も多くて、GK阿波加とMF深井は、7月にメキシコで開催されたU-17W杯の日本代表メンバーで、MF堀米とMF神田の二人は、本大会には出場できなかったが、昨年の秋に行われたアジア予選のメンバーに選ばれている。さらに、FW榊、MF深井、DF小山内の3人がU-18日本代表で、つい先日、タイで開催されたアジアユースの予選に参加している。

一方の広島は「3-6-1」。GK有賀。DF脇本、柳川、藤井。MF川辺、平田、森保、野口、野津田、末廣。FW越智。背番号「7」のMF森保は、元日本代表の森保一氏の次男で、兄も広島のユースでプレーしていた。MF野津田もU-18日本代表メンバーでアジアユースに参加している。監督は元日本代表の右SBの森山佳郎氏である。

  #3 スタジアム内
 ユース④

  #4 試合前
 ユース⑤

■ 広島が激闘を制する!!!

試合は、前半13分に札幌が先制する。MF神田のパスから左サイドの裏に抜け出したFW下田がゴール前に折り返すと、FW榊が押し込んで先制する。その後も、札幌がペースを握って、FW榊やMF神田らが中心となって、決定機を作っていく。前半に目立ったのはMF神田で、3度ほどゴール前で決定機を迎えるがゴールはならず。対する広島は、終了間際に左サイドでフリーキックを獲得すると、MF森保が右足で狙うが、惜しくも左ポスト直撃で同点ならず。前半は「1対0」で札幌がリードして折り返す。

しかし、後半開始早々に広島が同点に追いつく。MF野津田のパスからMF野口が左サイドを駆け上がって左足で高精度のクロスを上げると、ゴール前に入ってきたMF末廣が合わせて同点に追いつく。その後、両チームとも1点ずつを追加し、「2対2」で迎えた後半39分に札幌が勝ち越しに成功する。ゴールを決めたのは途中出場のMF中川で、個人技から鮮やかなミドルシュートを突き刺して「3対2」とリードを奪う。これが決勝点になるかと思われたが、後半43分に広島は相手GKのミスを突いて、MF川辺が無人のゴールに流し込んで「3対3」の同点に追いつく。試合は10分ハーフの延長戦に突入する。

その延長戦の前半9分に広島は右CKを獲得すると、MF野津田のキックを途中出場のFW石坂が豪快なヘディングシュートを決めて「4対3」と逆転に成功する。結局、試合は「4対3」で広島が勝利。12月23日の準決勝で名古屋U-18と対戦することになった。一方、キンチョウスタジアムで行われた試合は、清水ユースとC大阪U-18が勝利し、この4チームが「ベスト4」に進出した。

■ トップチームと似たサッカー

高校生活を締めくくる最後の大会ということで、毎年、ドラマが生まれているJユースカップであるが、この試合も激闘となった。前半は「タレント力」で上回る札幌のペースで進んで、決定機も多かったので、一方的な展開になっても不思議はなかったが、広島のGK有賀が何度もファインセーブを見せて最少失点に抑えた。

後半になると、広島もリズムが出て来て、ボールをキープできるようになった。しかし、常に、札幌が先手を奪う形になっていたので、広島としては苦しい流れだったが、土壇場で追いついて延長戦に持ち込んだ。試合のターニングポイントになったのは、後半43分のMF川辺の同点ゴールで、相手のミスを突いたゴールだったが、追いつかれた札幌イレブンは意気消沈して、立て直すことができなかった。

広島の選手で目立っていたのは、右サイドのMF森保とボランチのMF川辺の二人で、彼らがボールに絡むシーンが多かった。MF森保は父親がボランチだったので、同じようなタイプの選手かと思っていたが、右サイドに張っていて、サイドで起点になっていた。右足のキックの精度が非常に高くて、フリーキックでポスト直撃の惜しいシュートもあった。サイドチェンジのボールに正確で、右足のキックが相手の脅威となっていた。

一方、MF川辺は、まだ1年生で背番号「36」を背負っていたが、センスが光っていた。背格好が似ていて、背番号もよく似ているので、トップチームのMF中島浩司と重なるところがあったが、いいところでボールを受けて、パスをつないで、攻撃の中心となっていた。この選手も、U-16日本代表のメンバーで国際大会にも出場しているが、この試合ではU-18日本代表のMF野津田よりも光っていた。

広島のサッカーは、トップチームでやっているサッカーと本当によく似ている。選手の配置も、パスのスピードも、選手の距離間も、リズムやテンポも、トップチームとそっくりで、トップチームのサッカーを観ているような感覚になる。身近なところに最高のお手本があるので、ユースの選手は恵まれているといえる。トップチームとユースが同じスタイルのサッカーをしているのは非常にいいことであるが、ペトロヴィッチ監督は、今シーズン限りで退団することが決定している。来シーズン以降、ユースのサッカーがどのように変わっていくのか。森山監督がいれば、同じようなスタイルのチームを作っていくことは可能だと思うが、果たしてどうなるだろうか。

  #5 試合終了後

 ユース⑥

■ タレント軍団はベスト4ならず・・・

対する札幌はタレント軍団で、アンダー世代の代表がズラッと並んでいて、GK阿波加、DF前、MF荒野などは、トップチームでベンチ入りや試合出場を果たしている。この試合のメンバーに加えて、DF奈良もいるので、選手の発掘能力や育成能力は素晴らしく、数年後が楽しみなメンバー構成になっている。

今年の3年生は、ユースから5人がトップチーム昇格を決めているが、2年生にも、GK阿波加、MF深井、MF神田、MF堀米と日の丸を背負った選手が何人も控えている。彼らもトップチームに昇格する可能性が高いと考えられるので、近い将来、トップチームの選手の半分程度が「この世代の選手」で構成されそうで、彼らが、期待通りに成長することができたら、「J1昇格」や「J1残留」のみならず、J1で、中位あるいは上位争いに参加してきても不思議ではない。

札幌の中で目立ったのは、FW榊とMF神田の二人で、FW榊のドリブルとスピードには、広島も手を焼いていた。一方、MF神田は積極的にゴール前に飛び出して行って、何度も決定機に絡んだ。MF神田がどこかでシュートを決めていれば、楽勝もありえた展開だったので、悔やまれるところであるが、能力の高さを示したといえる。

1つ残念だったのは、MF深井が出場できなかったことである。MF深井は「飛び級」でアジアユースに参加していて、非常に評価の高いボランチであるが、ここまでボール奪取ができて、つなぎのパスができて、勝負のパスを出せるボランチは、なかなかいない。左足にテーピングを巻いていたので、怪我かと思われるが、彼がいたら、もっとボールが落ち着いて、バリエーション豊かな攻撃ができたように思えるので、残念だった。

札幌は、2年生と3年生にタレントが集まっているが、大学1年生の年齢にも、FW三上、DF櫛引がいる。さらに、もう1つ上の学年にもMF古田がいるので、17歳、18歳、19歳、20歳くらいの年齢で「有望株」が揃っている。切磋琢磨できるいい環境といえるが、「突き抜けた選手」の出現が望まれる。過去の例を見ても、シンボル的な選手が出てくると、その選手に引っ張られるように周囲のレベルも上がっていく。「五輪代表」や「日本代表」に定着して、全国区となる選手が、早い時期に出てくることが期待される。

  #6 がっくりの選手たち

 ユース⑦

■ GK阿波加俊太の涙

前述のように、この試合のターニングポイントとなったのは、後半43分のMF川辺の同点ゴールで、札幌のGK阿波加にとっては、一生、後悔することになるだろう「大チョンボ」になってしまった。試合を観ていたときは、単なるキックミスかと思っていたが、映像で観ると、キックミスではなくて、ボールをキャッチした後、ロングキックを蹴ろうとして、手で真上に上げたボールが、自分の胸に当たって相手の方向にこぼれて、MF川辺にミドルシュートを決められてしまった。

もちろん、技術的なミスも悔やまれるが、判断ミスも悔やまれる。1点リードしている状況で、相手のクロスをキャッチして、攻撃を終わらせることに成功したので、時間をかけて、ロングキックを蹴ればよかった。ただ、なぜか、素早くロングキックを蹴ろうとして大ミスとなった。フリーの味方が見えたのだと思うが、全くあわてる必要のない場面であり、味方も、相手も、所定の位置に戻るまで蹴るのを待つのがセオリーである。考えられないようなミスだった。

GK阿波加も難しい立場で、前日は、J2の試合があって、セカンドキーパーとしてベンチ入りをしていた。試合会場が平塚だったので、刈谷までそれほど遠くなかったのは幸いだったが、2日連続の試合なので、コンディションを整えるのも大変で、直前にユースチームに合流して、Jユースカップに臨むことになった。他の高校スポーツでも同様であるが、下級生にとっては、自分のミスが原因で試合に敗れて、3年生のチャンスを奪う結果になることほど、ツライものはない。

GK阿波加は、試合後に、立ち上がれなくなるほど号泣していたが、この経験をバネにしてほしい。各年代の日本代表を経験し、185センチで、手も長くて、体格にも恵まれている。高校2年生の段階で、GKのポジションでトップチームのベンチ入りを経験できるというのは、めったにないことであり、クラブも期待していることが分かる。彼にとって、この試合は、ずっと忘れられない試合になったと思うが、いつかの日か、この試合を振り返って、「ツライ経験だったが、本当にいい経験だったなぁ。」と思えるくらいの、素晴らしいサッカー人生を送ってほしいと思う。

  #7 先輩のGK今岡亮介も涙・・・

 ユース⑧


関連エントリー

 2007/08/11  【U-16日本×U-16米国】 君は宇佐美貴史を見たか? (生観戦記#12)
 2007/12/22  【サハラカップ:G大阪ユース×柏U-18】 ファイナルを目指して・・・ (生観戦記 #21)
 2008/08/12  【U-16日本×U-16ルーマニア】 天才・宇佐美貴史の未来(生観戦記#12)
 2008/12/23  【C大阪U-18×FC東京U-18】 ユース年代の熱き闘い (生観戦記#21)
 2008/01/10  【G大阪Y×C大阪U-18】 逸材たちの競演
 2009/12/28  【FC東京U-18×広島ユース】 強かったFC東京 (生観戦記#14)
 2010/12/21  Jユースカップにも光を・・・
 2011/07/04  【U-17日本×U-17ブラジル】 日本は猛反撃も1点届かず・・・
 2011/11/10  ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(広島)の退任について   → J3+(メルマ)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2728-b07a254b





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月21日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月21日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月21日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: