アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/14 【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)
 2017/07/14 【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。
 2017/07/15 【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話
 2017/07/16 【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。
 2017/07/16 【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)
 2017/07/16 【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?
 2017/07/17 【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。
 2017/07/17 【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。
 2017/07/18 【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説
 2017/07/18 【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

 2017/07/20 全記事一覧(2005年-2017年)


【バーレーン×日本】 成長を感じた関塚ジャパン | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ ロンドン五輪予選

ロンドン五輪のアジア最終予選の2試合目。初戦でU-22マレーシア代表に「2対0」で勝利したU-22日本代表は、アウェーでU-22バーレーン代表と対戦した。グループCは、日本、シリア、バーレーン、マレーシアの4チームで構成されており、初戦は、日本とシリアがホームで勝利し、勝ち点「3」を獲得している。

日本は「4-2-3-1」。GK権田。DF酒井宏、鈴木、濱田、比嘉。MF山本康、扇原、東、山田直、大津。FW大迫。W杯予選のタジキスタン戦、北朝鮮戦のメンバーに招集されたMF清武、MF原口はメンバー外で、キャプテンのMF山村も怪我のため欠場。磐田のMF山崎も怪我でベンチ外となったので、ボルシアMGのMF大津がスタメンに抜擢された。名古屋のFW永井、新潟のDF酒井高はベンチスタートとなった。

■ 連勝スタート

試合の立ち上がりはバーレーンのペースとなって、日本は劣勢となる。芝の問題もあってボールが回らず、なかなかリズムをつかめなかった日本だったが、前半15分あたりを過ぎると、ようやくパスも回りはじめて、チャンスを作るようになる。バーレーンは「4-1-4-1」の布陣で、MF山本康とMF扇原のところにはプレッシャーがかかっていたが、ボランチのところでボールを失わず、縦にボールを入れることができればチャンスにつながりそうな雰囲気があったので、打開策も見えてきて、日本も攻撃の形を作り始める。

前線は、FW大迫を頂点にして、MF山田直、MF大津、MF東が絡んでくる形で、ほとんど初の組み合わせにしてはコンビネーションもまずまずで、サイド攻撃を行って、コーナーキックを得るシーンが増えていく。しかし、何度もあったコーナーキックを生かせずに、「0対0」で折り返すのかと思われたが、前半終了間際に先制ゴールが生まれる。右サイドのCKを獲得すると、MF扇原が左足でファーに蹴ったボールをMF大津が押し込んで先制。前半は「1対0」と日本がリードして折り返す。

後半の立ち上がりは、またしても、バーレーンが前掛かりとなって、攻め込まれるシーンが続く。流れが悪くなりかけた日本は、後半7分という早い段階で、MF山本康に代えてMF山口蛍を投入。ボランチを入れ替えて修正を図る。ファールも増えてきて、後半はリズムを失いかけていた日本だったが、後半22分に追加点のゴールを挙げる。

左サイドでボールを受けたMF扇原がゴール前にクロスを入れると、MF東とMF山田直が絡んで、MF山田直がシュートを放つ。これはGKがはじくが、こぼれたボールをMF東が押し込んで大きな2点目を挙げる。その後、バーレーンにラフプレーが増えてきて、後半35分にMFアブドアヘリがMF山田直に対するラフプレーで退場。バーレーンは10人となる。楽な展開となった日本は、途中出場のMF永井らが、カウンターからチャンスを迎えるが、3点目は奪えず。しかしながら、「2対0」で逃げ切って勝ち点「3」を獲得。2連勝と好スタートを切った。

■ アウェーで貴重な勝ち点「3」

バーレーン代表というと、2004年に行われたアテネ五輪の最終予選でも対戦したが、このときは、埼玉スタジアムで「0対1」で敗れている。その後も、バーレーンには、苦戦することが多かったので、この試合も同様に、「難しい試合」になるかと思ったが、そこまで苦労はしなかった。

バーレーンのストロングポイントは、「フィジカルの強い選手が多い点」と、「センターバックが強力である点」で、これまでは、日本が攻めながらもゴールに結び付けられず、焦れたところで「カウンター」や「セットプレー」でピンチを招くというパターンが多かった。よって、「セットプレー」が怖かったが、幸いにして、この日のバーレーンの「セットプレー」は、あまり怖さを感じなかった。レフェリーがバーレーン寄りだったので、接触プレーがあると日本のファールを積極的に取っていたので、セットプレーのシーンこそ多かったが、シュートにつながったシーンはほとんどなかった。

バーレーンが、「クイックリスタート」を多用していたことも、日本には「プラス」に働いた。中東のチームと対戦するときは、必要以上に痛がって倒れたり、リスタートのときに時間を使ったり、日本のリズムを崩そうといろいろな手を打ってくるが、この日のバーレーンは「ノーマル」に戦ってきたので、戦いにくさは感じなかった。3月14日にはホームで対戦する予定で、予選のラストゲームとなるが、勝ち点「3」を得るのは難しくないだろう。

■ 成長を感じた関塚ジャパン

U-22日本代表のアウェー戦というと、6月にクウェートと対戦した試合が印象に残っている。この試合は、DF酒井宏のゴールで、前半に日本が先制したが、後半に逆転負けを喫した。H&Aの初戦で「3対1」で勝利していたので、大きなアドバンテージを持っていたが、後半に相手の波に飲み込まれて、全く自分たちのサッカーが出来なかった。このときは、「暑さ」という敵もあったので、条件は全く違うが、6月のクウェート戦の教訓を選手たちも生かしており、落ち着いて戦うことができた。

このチームには、リーダー・タイプの選手がいないこともあって、劣勢になったときに立て直すことができないという弱点がある。しかも、今回は、キャプテンのMF山村も不在で、A代表組もいないということで、「引き分けでもOK」というシチュエーションでの試合だったが、流れが悪くなりかけたときにも、「パニック」にならずに、したたかに戦うことができていた。

センターラインで軸となるべき選手が、所属クラブでポジションをつかんだことも大きいだろう。チームの立ち上げ当初から、「ボランチ」と「センターバック」がウイークポイントと言われてきたが、C大阪のMF扇原と、浦和のDF濱田の二人が、最近になって所属クラブでレギュラーに定着し、新潟のDF鈴木も、クラブでディフェンスラインの中心になってきた。このポジションで試合に出ている選手が少なかったので、試合経験の無さを露呈することがあったが、彼らがクラブでも試合経験を積んで、五輪代表にもフィードバックできているのが大きい。

■ MF大津が先制ゴール

こういう展開になったので、前半終了間際に挙げたMF大津の先制ゴールが大きかった。前半20分過ぎから、コーナーキックの数が増えていたが、キックの精度もイマ一つで、中央の選手に合うシーンが無くて、を生かし切れていなかったが、このシーンでは、キッカーのMF扇原が際どいところにボールを蹴って、相手キーパーを誘き出して、その裏に入ってきたMF大津がうまく合わせてネットを揺らした。

今回のチームは、MF清武とMF原口が不在で、スタメン起用が濃厚と思われたMF山崎も負傷してベンチを外れることになったので、2列目が不足気味だったが、MF大津、MF東、MF山田直の3人が、ともにゴールに絡んで、MF清武やMF原口の不在の影響をあまり感じさせなかった。

MF大津は、合流してから2日しか経っていないということで、他の選手と比べるとハンディもあったが、調子はよさそうで、ドリブルのキレもあった。ボルシアMGでは、なかなか出番が回って来ずに、やや苦労しているが、いい経験を積むことはできているようで、ボールを持っても慌てずにプレーすることができていた。「左サイド」のポジションは、U-22日本代表では「最大の激戦区」になっていて、現状は、MF山崎とMF原口の優先度が高くなっているが、MF大津も違った魅力を持つので、ポジション争いに絡んでくると面白くなる。

■ MF扇原貴宏 2ゴールに絡む

この試合の2つのゴールは、ともに、C大阪のMF扇原の左足が起点となった。ボランチは、FC東京のMF米本が長期離脱中で、不動の存在だったキャプテンのMF山村も欠場となったので、層の薄いポジションとなっているが、ここに来て、MF扇原が台頭してきて「ボランチの軸」になりつつある。序盤こそ、パススピードの出にくい芝の状態だったこともあって、MF扇原のパスが緩くなって「危ない奪われ方」をするシーンもあったが、時間が経つにつれて、対応していった。

MF扇原は、左足の正確なパスが持ち味であるが、確実に味方につなぐだけでなく、適度に「遊びのパス」も使うことができる。「大柄」で、「レフティ」で、「ユーティリティーな選手」ということで、鹿島のDF中田浩とイメージが重なるところが多いが、DF中田浩よりも、攻撃的なセンスを備えているように思う。課題となるのは「守備力」で、まだまだ、フィジカル的な弱さを感じることが多いが、それでも、「身長」があるので、中盤のエリアでは制空権を握ることができる。

■ ダブルボランチの組み合わせ

ボランチを組んだMF山本康とのバランスも、前半45分は、悪くなかった。ダブルボランチの選択肢として、C大阪でもコンビを組んでいるMF山口蛍とMF扇原というのもあったと思うが、関塚監督はMF山本康を起用してきた。MF山村が不在で、難しい決断だったと思うが、前半はMF山本康の出来もまずまずので、中盤でダイナミズムを生み出していた。

ただ、後半開始からMF山本康にミスが続いて、何度か中盤で危ない奪われ方をしたので、バーレーンにカウンターの機会を与えてしまった。前半のダブルボランチのバランスは良かったので、『メンバー交代をするのもリスクが高い。」と思ったが、関塚監督が素早く手を打ってMF山口蛍を投入し、試合が落ち着いた。MF山口蛍は、波が激しい選手なので、C大阪でも、試合に入りきれずに浮遊することも多く、交代で送り出すには勇気のいる選手といえるが、この試合はしっかりと試合に入って穴を作らなかった。

■ MOMはMF東

最後に、この試合のMOMを選ぶと、大宮のMF東がもっともふさわしいように思う。MF清武が不在で、MF山田直がスタメンに入ったので、MF東が右サイドに回ったが、攻撃でも守備でも貢献度が高くて、質の高いプレーを続けた。バーレーンは、それほどカウンターの切れ味がなかったので、脅威になることはなかったが、それでも、中盤で変な奪われ方をすると、嫌な感じになったと思うが、MF東は軽率なミスもなく、安定したプレーを続けた。

他には、DF鈴木とDF濱田のセンターバックコンビも安定していた。セットプレーになっても、DF鈴木とDF濱田とDF酒井宏とMF扇原の4人は「高さ」があるので、確実に跳ね返すこともできていて、危ない感じはあまりしなかった。DF鈴木は、アウェーのクウェート戦では自分のミスからPKを与えて失点するなど、やや精彩を欠いたが、この試合は安定していた。DF鈴木も、昨シーズンまでは、新潟でプレー機会がほとんどなかったが、今シーズンになってレギュラーに定着し、着実に進歩している。

前述のように、センターラインの選手が経験を積んでレベルアップしてきたんで、チーム全体もレベルアップできているように感じる。シリアやバーレーンというのは、厄介な相手なので、この中でグループ首位になるのは、そんなに簡単ではないと思ったが、いい感じになってきた。ロンドンへの道筋が見えた試合となった。


関連エントリー

 2011/06/10  「こんな選手をU-22代表に選んでみたら面白いのでは?」と思う選手を挙げてみました
 2011/06/17  U-22日本代表メンバー 22名をまとめてみました。 (GK、DF編)
 2011/06/18  U-22日本代表メンバー 22名をまとめてみました。 (MF、FW編)
 2011/07/01  「アトランタ世代」と「アトランタ五輪」の思い出
 2011/07/06  MF大津祐樹 ボルシアMGへの移籍が濃厚に・・・
 2011/08/09  【U-22日本×U-22エジプト】 MF山田直輝 中盤で躍動
 2011/08/23  Jリーグとブンデスリーガの違いについて







おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2727-215ae722





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~

07月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月06日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月05日
【J1】 18クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月05日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

07月05日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

07月04日
【J2】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで)

07月04日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)

07月04日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編)

07月03日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)


07月02日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん