アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/13 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)
 2017/11/14 【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)
 2017/11/14 【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?
 2017/11/15 【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?
 2017/11/15 【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。
 2017/11/15 【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。
 2017/11/16 【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)
 2017/11/16 【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について
 2017/11/16 【J1】 残留を果たすのは清水か?甲府か?広島か?大宮か?
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)
 2017/11/17 鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。
 2017/11/18 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)
 2017/11/18 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

 2017/11/18 全記事一覧(2005年-2017年)


【高校サッカー:野洲×水口】 「2-6-2」へのチャレンジ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 準決勝

第90回となる全国高校サッカー選手権の滋賀大会の準決勝で、7年連続で8度目の「全国」を目指す野洲高校と、15年ぶりの「全国」を目指す水口高校が皇子山で対戦した。今年の滋賀大会は「48チーム」が参加し、野洲、水口、守山、守山北の4チームが準決勝に進んでいる。

2005年大会で、FW青木孝、MF乾、MF楠神らを擁して全国制覇を成し遂げた野洲高校は「第一シード」で、2回戦で八幡商に「3対0」、3回戦で八幡に「4対0」、準々決勝で立命館守山に「3対0」で勝利し、順当に「ベスト4」に進んできた。一方、水口はノーシードで、1回戦は愛知に「19対0」、2回戦は瀬田工業に「4対2」、3回戦は水口東に「2対1」、準々決勝は綾羽に「3対2」で勝利して、3年ぶりに「ベスト4」に進出してきた。

野洲は「2-6-2」。GK細川。DF飯田、中村。MF平山、松田、望月、武田、玉置、布施。FW高野、山口。注目は背番号「10」を背負うボランチのMF望月嶺臣で、今年の7月にメキシコで開催されたU-17W杯の日本代表メンバーで、将来を嘱望されているゲームメーカーである。対する水口は「4-4-2」。GK井澤。DF平山、利田、北大路、堀内。MF夏山、清水、白上、安井。FW中嶋、奥川。13ゴールを挙げているエースのFW井原は出場停止でスタンド観戦となった。

■ 野洲が決勝進出

試合は開始早々に水口がビッグチャンスを作る。高い位置でボールを奪ってゴール前にボールを運ぶと、飛び込んできたMF安井が左足でシュートを放つ。このシュートはヒットせず、野洲のGK細川は「枠外」と判断して見送るが、想像以上に際どいコースに飛んでいて、右のポストに直撃。跳ね返ったボールはGK細川が処理するが、野洲にとって「ヒヤッとするシーン」だった。

先制パンチを浴びせることに成功した水口だったが、その後は、ポゼッション力で優る野洲のペースとなる。MF望月を中心にパスを回して相手の守備を崩しにかかると、前半18分に先制ゴールを生まれる。右サイドでボールを持ったMF布施がスピードに乗ったドリブルで二人・三人とDFをかわして、ペナルティエリア内のFW山口にパスを送ると、FW山口もディフェンスをかわしてから左足で決めて先制する。さらに、前半31分にはMF望月の絶妙の裏へのパスを受けたFW高野が左足で豪華に蹴りこんで「2対0」とリードを広げる。前半は「2対0」で野洲がリードして折り返す。

後半になると、水口の運動量が落ちてきて、さらに野洲の支配率が高まって、攻め込む時間が続く。なかなか、追加点は挙げられなかったが、後半35分に左サイドを崩してから、途中出場のFW加藤が決めて3点目を挙げると、後半のロスタイムにも、FW加藤がダメ押しの4点目を挙げる。結局、試合は「4対0」で野洲が勝利。7年連続で決勝進出を決めて、守山北と決勝戦で対戦することになった。

■ 水口は決勝進出ならず・・・

ジーコ監督時代に日本代表のフィジカルコーチだった里内猛氏の母校でもある水口高校は「古豪」として知られており、過去、何度も全国大会に出場している。サッカー部も100年以上の歴史を持つということで、伝統のあるサッカー部であるが、序盤は積極的なディフェンスを見せて、野洲がビルドアップするところを狙って、惜しいシーンを作った。

野洲は、「攻」から「守」への切り替えは見事で、プレスも激しいが、守備に人数をかけないチームなので、高い位置でボールを奪うことができると、ビッグチャンスになることが多い。なので、序盤は、水口のプラン通りだったと思うが、徐々にボールを回されるようになって、後手後手になった。後半は「疲れ」も出て来て、ボールを奪えなくなって、チャンスも作れなくなった。

水口は、キャプテンのDF平山は185センチの長身ということで、背の高い選手の少ない野洲が相手ならば、セットプレーでチャンスを作れそうな雰囲気があったが、なかなか、セットプレーの機会を得ることができず、高さ勝負に持ち込む回数は少なかった。優勝候補の1つと言われた綾羽高校を準々決勝で下すなど、旋風を巻き起こしていたが、ここで敗退となった。

■ プレーメーカーのMF望月嶺臣

2005年に全国制覇した野洲は、あれから、ずっと冬の高校選手権に出場しており、今年も出場権を得るようだと、県大会は「7連覇」となる。滋賀県の高校というと、草津東、守山北、水口、守山と名の知れた学校は多く、11年前の第79回大会で草津東が決勝に進出している。このときは、決勝戦で、MF大久保嘉人率いる国見に敗れたが「準優勝」に輝いて歴史を作ったが、ここ最近は、野洲の独壇場になっている。

注目のMF望月は、2点目のFW高野のゴールをアシストし、1点目、4点目のゴールも起点となった。身長は165センチしかないが、「センスの塊」のような選手で、野洲の攻撃は、MF望月から始まることがほとんどである。野洲の選手は、みんなテクニックがあって、ドリブルも、パスも上手であるが、その中に入っても、MF望月は「ワンランク上」の次元でプレーしており、彼がボールを持つと、攻撃のリズムが良くなって、スムーズになる。

相手にとって難しいのは、ここにプレッシャーをかけないとMF望月に好き放題されてしまうが、プレッシャーをかけても、動じないだけの技術があるので、MF望月に意識を集中しすぎると、フリーになった他の選手をうまく使われて、「逆効果」となることということが、容易に想像できる。フリーにするのはダメであるが、徹底マークするのも効果的ではなく、MF望月のところに、どのくらいのプレッシャーをかけるのが適当なのかは、試合をしながら見つけていくしかない。

プレースタイルは、本当に、バルセロナのシャビに似ている。体の大きさも同じくらいであるが、技術だけでなく、判断の早さも、素晴らしいものがあって、体の小ささも、マイナスになっていない。魅力的なのは、ボールを回すだけでなく、相手に隙があれば、ボランチのポジションからゴール前に「ラストパス」を送ることもできる点で、ラストパスのセンスも備えている。まだ2年生なので「進路」が決まるのは「まだ先」であるが、果たしてどういう道を選ぶのか、興味深い。

■ 「2-6-2」へのチャレンジ①

野洲高校というと、「セクシー・フットボール」というフレーズが代名詞になっている。優勝したときのチームには、FW青木孝(千葉)、MF乾(ボーフム)、MF楠神(川崎F)、MF荒堀(横浜FC)、DF内野(京都)、DF田中雄(川崎F)、MF村田(C大阪)ら、プロ入りした選手がたくさんいたが、「実践的な選手」が多いのが特徴である。「技術」が高いのはもちろんであるが、試合中に使える技術を備えている選手が多いので、どのチームでも重宝されるのだろう。

毎年、選手権に出ているので、『野洲のサッカーを観るのを楽しみにしている』という人は多いと思われるが、今年は「2-6-2」という特異なシステムにチャレンジしている。「2バック」といっても、サイドバックか、ボランチの誰かが「最終ライン」まで下がってきて、実質、4バックになっていたり、3バックになっているケースがほとんどであるが、今年の野洲は、正真正銘の「2バック」で、ほとんど見たこともない「サッカー」になっている。

もちろん、どうしようもないときは、MF松田が下がってきてCBをサポートするが、基本的には、最終ラインを構成するのは、CBの二人だけで、サイドバックも、ウイングバックも、存在しないに等しい。これで勝てるかどうか?は微妙な気もするが、今年の野洲は、今まで以上に特殊なサッカーをしているので、もし、全国大会への出場が決まったら、是非ともチェックして欲しいところである。

■ 「2-6-2」へのチャレンジ②

個人的には、こういう常識から少し外れたようなサッカーは好きなので、全国大会でも結果を出してほしいと思うが、「2-6-2」は、まだ成熟はしていない。右サイドにはMF布施、左サイドにはMF武田という突破力のある選手を置いて、サイド攻撃が武器になっているが、DFラインを2枚にして「超攻撃的なサッカー」をしている割には、ゴール前の人数は少なめで、ゴール前で迫力を欠くシーンが目立つ。「ハイリスク」のサッカーをしているが、「ハイリターン」とまではいかず、現状は、「リターン」よりも、「リスク」の方が大きなサッカーになっていると感じる。

キーになるのは、CBの二人である。野洲らしくテクニックのある選手を前に並べているが、極めてリスクの高いサッカーで、変なところでボールを失うと、「2対2」とか、「3対2」になっていることが多い。どの選手も「守備意識」は高いので、奪われても、すぐに奪い返すだけの力はあるが、数的不利な状況を作られたとき、持ちこたえて時間を稼ぐプレーが必要であり、CBの二人には、「守備力」と「判断力」と「集中力」が高いレベルが要求される。

もちろん、最終ラインからつないでいくサッカーなので、CBには、攻撃の起点になるプレーも期待されている。よって、仕事量の多いポジションになっていて、この試合は、CBが二人とも後半に足を攣ってしまったが、それも仕方がないと思えるほどである。プレーしている選手の立場で考えると、自分のプレーが勝敗に直結する大事な役割を与えてもらっているので、やりがいを感じるだろうが、アンバランスなサッカーになっていて、CBが攻守にわたって「スーパーな活躍」をしないと、全国で勝ち進むのが難しそうなサッカーになっていると感じる。「2バック」という試みは非常に面白いので、もう少し全体のバランスを調整して、モデルチェンジを図ってほしいところである。


関連エントリー

 2010/02/12  杉山サンが酷過ぎる
 2011/02/26  3バックにチャレンジするチーム
 2011/04/04  日本代表 歴代ベストプレーヤーを考える (CB編)
 2011/06/14  MF乾貴士の海外移籍に関して
 2011/06/26  中田英寿のいた18年前のU-17世界選手権
 2011/09/17  レヴィー・クルピ監督の元では、なぜ、若手が育っていくのか?  → J3+(メルマ)
 2011/09/28  【草津×大分】 田坂和昭監督の「3-4-3」とは?
 2011/10/14  【大分×富山】 カターレの3バックとは?



おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2724-1a608b4a
本日、選手権予選準決勝が皇子山陸上競技場で行われました。 第一試合 野洲高校4:0水口高校 前半2:0 後半2:0 第二試合 守山北高校2:1守山高校(延長) 前半1:1 後半0:0 延前0:0 延後1:0 11月19日(土)の決勝戦は 野洲高校vs守山北?..
2011/11/17(木) 22:38:55 | こちょうのゆめ





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月18日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月18日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿島アントラーズ編)

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC東京編)

11月01日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (GK編) ~3位:GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)、2位:GKカミンスキー(ジュビロ磐田)、1位は・・・。~

10月31日
【J1】 クルピ監督(元セレッソ大阪→ガンバ大阪)が成功するための2つの条件

10月31日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (フォワード編)

10月31日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (下) (アタッカー編)

10月30日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (アタッカー編)

10月30日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (京都サンガ編)

10月29日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (ボランチ編)

10月29日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (左SB/WB編)

10月28日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (CB編)

10月28日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (右SB/WB編)


10月27日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: