アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。
 2017/09/22 【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由
 2017/09/23 【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)
 2017/09/24 【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源、次点はGK中村航輔とMF中村憲剛~
 2017/09/24 【J3】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はFW田中智大、次点はDF尾崎瑛一郎~
 2017/09/24 【J2】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~有力候補はGK秋元陽太とDFアンドレ・バイアの2人~
 2017/09/25 【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/25 【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/26 【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。
 2017/09/26 【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。
 2017/09/26 【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。

 2017/09/26 全記事一覧(2005年-2017年)


【タジキスタン×日本】 DF今野泰幸 ようやくの代表初ゴール | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ アジア3次予選

2014年に開催されるブラジルW杯のアジア3次予選の4試合目。2勝1分けの日本はアウェーでタジキスタンと対戦。グループCは、日本とウズベキスタンが2勝1分けで、北朝鮮が1勝2敗で、タジキスタンが3連敗という成績で、日本とウズベキスタンは、4節終了時点で「グループ2位以内」を決める可能性がある。

このカードは、ちょうど1ヶ月前の10月11日に長居スタジアムで対戦しているが、このときは、日本が「8対0」で圧勝している。ウズベキスタンと北朝鮮の試合は、日本戦の後にキックオフされるので、日本としては勝ち点「3」を獲得し、結果を待ちたいところである。

日本は「4-2-3-1」。GK川島。DF内田、吉田、今野、駒野。MF遠藤、長谷部、岡崎、中村憲、香川。FWハーフナー・マイク。GK西川、GK山本海、DF栗原、DF槙野、DF伊野波、DF安田、MF阿部、MF細貝、MF清武、MF原口、FW前田、FW李忠成がベンチ入り。MF本田圭、DF長友は怪我のため欠場となった。

■ 4対0で快勝

試合は、立ち上がりから日本がボールを支配するが、攻めきれない展開となる。逆に、前半32分には、タジキスタンのロングシュートがポストに当たるシーンを作られてしまう。しかし、前半36分に、DF今野がインターセプトして持ち上がって起点になると、MF中村憲のシュートのこぼれ球を、ゴール前に入っていたDF今野が押し込んでようやく先制ゴールを奪う。DF今野は54試合目野出場で代表初ゴールとなった。前半は「1対0」と日本がリードして折り返す。

後半も日本がペースを握る。目立ったのは左サイドのMF香川で、運動量が豊富でタジキスタンのマークを振り払ってゴール前のシーンに絡んでいく。後半11分には、FWハーフナー・マイクに代えてFW前田を投入し、組み合わせを変えると、後半16分に追加点のゴールが生まれる。左サイドで縦に突破したMF香川が左足でクロスを上げると、ファーサイドのMF岡崎がヘディングで決めて「2対0」とリードを広げる。

さらに、後半37分には、バイタルエリアでボールを受けたFW前田が個人技から強烈なミドルシュートを突き刺して3点目を挙げる。FW前田は代表では15試合目の出場で「6ゴール」となった。そして、終了間際には、MF香川→MF清武→MF香川→MF清武→FW前田→MF清武とダイレクトでつないで、最後は、MF清武のラストパスを受けたMF岡崎が決めてダメ押しの4点目を挙げる。MF岡崎は代表通算で26ゴール目となった。結局「4対0」で日本が勝利し、4試合を終えて3勝1分け。次は、11月15日にアウェーで北朝鮮と対戦する。

■ よくないコンディションにも対応

ホームで「8対0」と勝利している日本は、先制ゴールを奪うまで、少し時間がかかったが、タジキスタンの守備が改善されて、きちんと守れているわけではなかったので、点を取れそうな雰囲気は漂っていた。したがって、選手たちも慌てることなく、落ち着いて攻めることが出来ていたので、不安を覚えることもなかった。

試合前から、「良くない」と言われていた芝の状態は、確かにいいとは思えなかったが、この時期は、日本でもこういう状態になっているスタジアムがいくつかあるので、選手は慣れている。よって、大きな問題にはならなかった。FWハーフナー・マイクをスタメンで起用してきたので、もっとロングボールが増えるのかと思ったが、それほどロングボールも使わず、普段の試合とそれほど変わらなかった。

次はアウェーの北朝鮮戦で、今度は「人工芝のピッチ」になるということで、また、違った環境になるが、選手たちは「経験豊富」なので、どういうシチュエーションになっても、動揺することなく、淡々と試合に入っていくだろう。このあたりは、頼もしく感じるところである。

■ DF今野泰幸 ようやくの代表初ゴール 

大きかったのは、やはり、DF今野の先制ゴールである。「いつか、先制できるだろう。」という感じはあったが、アウェーゲームなので「0対0」で終盤まで進んでいくと、何が起こるか分からないので、嫌な感じになる可能性もあったが、いいディフェンスから攻撃に参加して、貴重なゴールを奪った。

このシーンは、DF今野がインターセプトした後、そのままゴール前まで駆け上がって、こぼれ球を押し込んだが、日本は、MF長谷部とMF遠藤がダブルボランチを組んでいるので、CBが上がっていくと、守備のところが不安になるので、ザッケローニ監督になってからは、こういうシーンはあまり見られず、珍しいパターンのゴールだったが、「切り替えの早さ」と「判断力」が光った。

DF今野は、Jリーグでは、「得点力のある選手」として知られており、過去、いいところでゴールを決めているので、「代表でノーゴールだった。」というのは意外であるが、もともと、ポジショニングに優れた選手なので、セットプレーを中心にDF今野のシュートチャンスが増えていくと、チームの得点力も上がっていく。

■ MF岡崎慎司が2ゴール

この試合は、左サイドのMF遠藤、MF香川、DF駒野のところが、攻撃の中心となったので、右サイドのMF岡崎のところにボールが入るシーンは少なかった。したがって、後半の半ばまでは、消えている時間が長かったが、巡ってきた2つのビッグチャンスを確実に決めて、代表通算で26ゴール目となった。MF岡崎が日本代表に定着したのは2009年なので、3年間で「26ゴール」まで積み上げたことになる。驚異的なペースである。

自身の1点目のゴールも、2点目のゴールも、パスが最高だったので「決めるだけ」というシュートだったが、いいところにポジションを取って、チャンスボールを確実に決められるのは、MF岡崎の強みである。シュツットガルトに移籍してからは、「ドリブル」や「トラップの技術」が向上していて、海外のクラブに移ってからは技術的な部分での進歩を感じるが、「得点力」が最大の武器なので、失わずにいてほしいところである。

ザックジャパンでは、右サイドがMF岡崎で、左サイドがMF香川という配置になっているが、両サイドの選手が、これだけ「運動量豊富」に動き回ってくれると、周りも楽になる。MF中村憲、MF清武が加わってきて、2列目も争いになってきているが、MF岡崎を外すことは考えにくい。

■ MF香川は2点目をアシスト

所属のドルトムントでも調子を上げてきているMF香川は、好調を維持しており、たくさんのチャンスに絡んだ。タジキスタンの守備は、2列目の選手をフリーにする傾向にあるが、その弱点をうまく突いた。ピッチの問題もあったのか、ゴール前のラストのところで「ボールコントロール」が乱れるシーンが何度かあって、自身のゴールは生まれなかったが、周りもよく見えていて、周囲を生かすプレーもできていた。

10月の代表戦のときは、コンディションも悪く、精神的にも落ち着かない状況だったので、MF香川らしいプレーは少なかったが、今はコンディションが良いので、プレッシャーの厳しいエリアでも、落ち着いてボールを受けて、次につなげることができている。

アジアカップの頃は、『左サイドでのプレーに戸惑っている』と報道されていたが、最近では、左サイドでも「違和感」はなくなってきている。相性のいいMF中村憲が「トップ下」に入ったことも好材料で、MF中村憲は、いいタイミングでパスを出してくれるので、いいリズムでプレーできている。

■ 1トップの争いは・・・

ほとんどのポジションで「レギュラー」が決まってきたザックジャパンであるが、1トップのポジションだけは、熾烈なポジション争いが繰り広げられている。アジアカップではFW前田が軸になってタイトルを獲得したが、オーストラリアとの決勝戦でゴールを決めたFW李忠成もポジション争いに加わってきて、さらに、FWハーフナー・マイクも台頭してきた。よって、このポジションだけは、誰がスタメンで起用されるか、全く分からない状況であるが、この試合は、FWハーフナー・マイクが先発で、FW前田が途中出場となった。

先発起用されたFWハーフナー・マイクは、出来としては悪くはなかったが、なかなかシュートチャンスを作ることができなかった。長居での試合で「2ゴール」を決められていることもあって、タジキスタンは相当に警戒していて、相手のマークを引き付ける役割はできたが、その試合と比べると、インパクトは薄かった。2試合連続スタメンとなって「レギュラー獲り」のチャンスだっただけに、やや不完全燃焼だったといえる。

一方、途中出場したFW前田は、ピッチに入ってから、しばらくは乗り切れなかったが、強烈なミドルシュートを決めてアピールに成功すると、その後は、2列目の3人とも、うまく絡んだ。4点目のFW岡崎のゴールにも絡んでいるが、こういう周りの選手を生かすプレーは「得意」としているので、このシーンも大きなアピールとなった。現状では、この3人は、それぞれにいいところがあるものの、抜けているところもないので、「相手の状況」や「コンディション」を見極めて、臨機応変に起用していくのがベターだろう。

■ 集中して守ったCBコンビ

一方、守備陣は、タジキスタンがシュートへの意識が非常に高くて、「ミドルシュート」や「ロングシュート」が多かった。その中で、何本かは、うまくミートできたシュートがあったので、「ヒヤッとするシーン」もあったが、単発の攻撃だったので、それほど「怖さ」は感じなかった。また、パスでつながれると嫌なところで、あっさりとシュートを打って外してくれたので、楽になったシーンも多かった。

攻撃では、MF岡崎、MF香川らが目立ったが、DF吉田とDF今野のセンターバックコンビのパフォーマンスは、非常に良かった。グラウンドが凸凹していたので、センターバックの二人は、気を使ったと思うが、DF吉田も、DF今野も出足が良くて、相手の起点となる選手をうまくつぶすことに成功した。

特に、先制ゴールも決めたDF今野は守備でも貢献し、MOM級の活躍だった。オーストラリアのような高さのあるチームが相手になると、178センチのDF今野では苦しくなるが、このレベルのチームが相手になると、DF今野も余裕をもって対応できるので、「1対1」になっても安心感がある。ザックジャパンになって、唯一、フル出場を続けているが、そろそろ「DF今野の代わり」となる選手も探していく必要がある。

■ パフォーマンスのよくなかったDF内田

アウェーということを考えると、「4対0」というスコアは十分な結果であり、ほとんどの選手が及第点以上のパフォーマンスを見せたが、唯一、右サイドバックのDF内田のパフォーマンスは低かった。試合勘の問題なのか、コンディションの問題なのか、よく分からないが、序盤から「パスミス」が多くて、日本は、右サイドから攻撃するシーンはほとんどなかった。もともと、左サイドにMF遠藤とMF香川がいるので、日本の攻撃は「左」に偏りがちであるが、これだけ、DF内田がよくないと、その傾向に拍車がかかってしまう。

ボランチのところに、相手のプレッシャーがかかっていなかったので、MF遠藤のところにストレートにパスが入ったので、DF内田のところを経由する必要が無かったという事情もあるが、DF内田のビルドアップというのは、日本の武器の1つなので、このようなパフォーマンスでは、強い相手と戦うときは苦しくなる。

先日のホームでのタジキスタン戦は、DF内田が欠場したため、DF駒野が右サイドで出場したが、1ゴール2アシストと活躍した。そのため、その試合のDF駒野のパフォーマンスと比較されるのは仕方がないが、それと比べても、非常に物足りないものだった。このままだと、DF長友が戻ってきたら、DF駒野が右サイドに入って、DF内田が外れるという可能性も十分に考えられる。DF内田としては、次の北朝鮮戦で挽回したいところである。


関連エントリー

 2009/05/29  『見る目』の大切さ
 2011/05/17  コパ・アメリカの辞退 決定に関して
 2011/06/08  日本代表のFWの軸は誰がベストだろうか?
 2011/08/03  アジア3次予選 ウズベク、シリア、北朝鮮と同グループに・・・
 2011/09/29  韓国サッカーとは、どのように付き合っていくべきか?
 2011/10/11  【W杯三次予選:日本×タジキスタン】 MF中村憲剛が1ゴール3アシストの大活躍!!!
 2011/10/12  FWハーフナー・マイクは日本代表のエースストライカーになれるだろうか・・・。
 2011/11/11  vs タジキスタン代表(away) 採点&寸評  → J3+(メルマ)







おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2723-8dbd50a7





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


09月26日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

09月26日
【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。

09月26日
【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月26日
【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」を10人だけ挙げてみた。

09月25日
【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月25日
【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月25日
【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月24日
【J2】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~有力候補はGK秋元陽太(湘南)とDFアンドレ・バイア(同)の2人~

09月24日
【J3】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はFW田中智大(秋田)、次点はDF尾崎瑛一郎(沼津)~

09月24日
【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源(鹿島)、次点はGK中村航輔(柏)とMF中村憲剛(川崎F)~

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)

09月23日
【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?

09月22日
【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)

09月22日
【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月21日
【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月20日
【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件

09月20日
【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。

09月20日
【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月19日
【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?

09月19日
【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月19日
【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月17日
【Jリーグ】 FC東京の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 アビスパ福岡の歴代ベストイレブンを考える。 (1996年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 ロアッソ熊本の歴代ベストイレブンを考える。 (2008年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 湘南ベルマーレの歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 レノファ山口の歴代ベストイレブンを考える。 (2015年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 横浜Fマリノスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 愛媛FCの歴代ベストイレブンを考える。 (2006年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 清水エスパルスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 松本山雅の歴代ベストイレブンを考える。 (2012年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 浦和レッズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 鹿島アントラーズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 ジェフ千葉の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 名古屋グランパスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ガンバ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ファジアーノ岡山の歴代ベストイレブンを考える。 (2009年-2017年)


09月09日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: