アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/04/22 【J2】 「名古屋グランパスの被シュート数がとにかく多すぎる。」という話
 2017/04/23 【J2】 DF田中マルクス闘莉王(京都サンガ)は化け物か?
 2017/04/23 【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)
 2017/04/24 『次に欧州リーグで活躍しそうな日本人選手は誰か?』を考える。FW鈴木優磨、MF中島翔哉、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF昌子源などが有力候補か!?
 2017/04/24 【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)
 2017/04/25 【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)
 2017/04/25 【Jリーグ】 「ミドルシュートが凄いJリーガー」というと誰になるだろうか?
 2017/04/25 【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)
 2017/04/25 【Jリーグ】 「ポジション別の歴代最高のプレーヤーは誰か?」を考える。 (GK編) (1993年-2017年)
 2017/04/26 【J2】 ジェフ千葉のエスナイデル監督は続投すべきか?解任すべきか?
 2017/04/26 【J2】 ザスパクサツ群馬の森下仁志監督は続投すべきか?解任すべきか?
 2017/04/26 【J2】 22クラブの中で「ここから浮上していくチーム」はどこだろうか?
 2017/04/27 【ACL】 川崎フロンターレの旭日旗を巡る騒動について
 2017/04/27 【J2】 東京世代の秘密兵器は「坊さん」の仇名を持つスピードスターのFW前田大然(水戸ホーリーホック)

 2017/04/27 全記事一覧(2005年-2017年)


【日本×韓国】 アジア一強時代の幕開け? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 日韓戦

キリンチャレンジカップ2011で日本と韓国が対戦。両チームの対戦は、ここ1年で3回目となる。最初は、昨年10月にソウルで対戦してスコアレスドロー。2回目は、1月のアジアカップの準決勝で、このときは2対2でPK戦に突入し、GK川島の活躍で日本が勝利し、決勝進出を果たした。ともに9月からブラジルW杯のアジア3次予選がスタートするので、最終チェックの場となる。

ホームの日本は「4-2-3-1」。GK川島。DF内田、吉田、今野、駒野。MF遠藤、長谷部、岡崎、本田圭、香川。FW李忠成。インテルのDF長友、ジュビロ磐田のFW前田は怪我のため欠場。昨年10月の日韓戦以来の代表復帰となるDF駒野が左SBでスタメン。MF香川はアジアカップの韓国戦以来の代表戦となる。セレッソ大阪のMF清武は初代表となる。

対する韓国も「4-2-3-1」。GKチョン・ソンリョン。DFチャ・ドゥリ、イ・ジェソン、イ・ジョンス、キム・ヨングン。MFキ・ソンヨン、イ・ヨンレ、ク・ジャチョル、キム・ジョンウ、イ・グノ。FWパク・チュヨン。プレミアリーグのサンダーランドに移籍したFWチ・ドンウォンは欠場。ボルトン所属のFWイ・チョンヨンは怪我のため今季絶望と言われている。

■ 香川真司!、本田圭佑!、香川真司!

試合は、前半7分に韓国が最初のビッグチャンスを作る。右サイドバックのDFチャ・ドゥリのクロスにMFイ・グノがニアに飛び込んできて、フリーでヘディングシュートを放つが、枠外でゴールならず。しかし、その後は日本のボール支配率が上がっていって、チャンスを作っていく。

先制ゴールが生まれたのは前半35分のこと。MF遠藤が右サイドでMFイ・グノからボールを奪うと、ためてからゴール前のFW李忠成にやさしいパスを送ると、FW李忠成はうまい落としを見せて、絡んできたMF香川にボールを渡る。すると、MF香川は鮮やかなステップからDFを外してゴールネットを揺らす。MF香川の代表通算6ゴール目で日本が先制する。その直後に、日本は負傷したMF岡崎に代えてMF清武を投入。初代表となったMF清武もうまくボールに絡んで、押せ押せのままで前半を終了する。

後半も日本ペースが続く。後半8分には、左サイドでボールを受けたDF駒野がドリブルで仕掛けてペナルティエリアに侵入して左足で強烈なシュートを放つと、このシュートはGKチョン・ソンリョンに防がれるが、MF清武がこぼれ球を拾ってMF本田圭に丁寧に落とし、MF本田圭が得意の左足で決めて2対0とリードを広げる。

さらにその2分後にも、日本はカウンターからビッグチャンスを作る。中盤でMF香川がボールを持って右サイドに展開すると、右サイドに流れたMF清武が中央にクロス。これに飛び込んできたMF香川が決めて3対0とリードを広げる。MF香川は2ゴール目。MF清武は2アシスト目。

その後、ペースを落とした日本に対して、韓国が決定機を作るようになるが、韓国はシュートに正確さを欠いてゴールは奪えず。結局、試合は、そのまま3対0で日本が快勝。W杯予選に向けて最高の形でテストマッチを終えた。

■ 歴史的な快勝劇

「ライバル対決」と言われた日韓戦だったが、終わってみると、3対0の圧勝。日本がホームで韓国に勝利したのは、FW城彰二とFW中山雅史のゴールで2対1と勝利した1998年3月のダイナスティカップ以来で、さらには、韓国相手に3ゴール以上を奪ったのも37年ぶりということで、歴史的な勝利となった。

日本はMF長友とFW前田が欠場で、韓国はFWチ・ドンウォンとFWイ・チョンヨンが欠場となったが、それ以外はほぼベストと言えるメンバーで、親善試合とは思えないほどのガチンコバトルとなったが、「MF朴智星とDFイ・ヨンピョの抜けた穴は大きいな。」と感じさせる試合となった。

それにしても、韓国にとって、この敗戦は屈辱的なものである。「日韓併合以来の屈辱」という得意のフレーズが、明日の韓国の新聞で見られるかもしれない。とにかく、アジアカップに続いて日本に敗れたチョ・グァンレ監督にとっては、これ以上ない厳しい結果となった。W杯のアジア予選前の大事な時期であるが、韓国側のショックの大きさを考えると、解任されても不思議ではない。

■ 最高の試合

一方、日本にとっては、最高の試合となった。後半に3点目を奪ってからは、メンバーも入れ替えてダレてしまったが、3対0にするまでの展開は、ほぼパーフェクトだった。キーになったのはMF香川とMF本田圭の二人で、際どい位置でボールを受けてもほとんどボールを失わないので、バイタルエリアで起点ができて、そのあとは、面白いようにサイドを崩していった。

MF岡崎が負傷して途中交代となったことは心配であるが、MF清武を投入したザッケローニ監督の采配も的中し、MF清武は2アシスト。さらには、3点目を奪った後、後半11分にDF駒野に代えてDF槙野を投入した采配も的確で、前半は、守備のときに、DF駒野の裏のスペースを突かれてピンチを招くシーンがあったが、高さのあるDF槙野が入って改善された。DF駒野は2点目の起点となったが、久々の代表戦となったDF駒野を、比較的、いいイメージのままで下げることができた点も、次につながるはずである。

記憶をさかのぼってみても、韓国相手にこれほどの試合ができたのは、1999年秋の五輪代表の試合くらいである。このときは、MF中田英、MF中村俊らが中心となって、国立で韓国を4対1で撃破したが、フル代表レベルでは記憶にない。いつまでも、レコーダーにとどめて、見直したい試合の1つとなった。

■ MF香川真司 2ゴール

前半の中盤から、日本がボールを持てるようになって、セットプレーを中心に何度もゴール前を脅かすシーンを作ったが、韓国の壁も厚くてゴールを奪えなかった。しかし、前半35分にMF香川が韓国ゴールをこじ開けた。このシーンは高い位置でボールを奪ったMF遠藤のプレーも、ゴール前で正確な落としを見せたFW李忠成も見事だったが、最後を決めきったMF香川も見事だった。

その後もチャンスを作り続けたMF香川は、後半10分にもMF清武のパスからネットを揺らして2ゴールの活躍。これまで、代表の試合では「左サイド」を任されていて、中に入っていくタイミングをつかめずに持ち味を出せない試合が続いたが、この日は、MF本田圭やMF清武との連携もよくて、ストレスなくプレーすることができた。

普段、ドイツでプレーしている選手なので、韓国くらいの相手なら何のプレッシャーも感じないかもしれないが、これだけ落ち着いてプレーできるのはさすがとしか言いようがない。文句なしのワールドクラスのプレーだった。

■ MF本田圭佑 2点目のゴール

MF香川とともに攻撃を引っ張ったMF本田圭は2点目のゴールをマーク。この試合は、かなりシュートチャンスも多くて、ゴールの予感はしていたが、シュートがヒットせずに枠に飛ばないことが多かった。しかし、ゴールシーンは落ち着いて左足を振り抜いた。

リプレーを見ると、MF清武のパスに対して、うまくスペースを作って、シュートコースを作った巧みなゴールだったが、普通の選手では、この体勢で逆サイドの隅に飛ばすことはできない。MF本田圭の強さが十二分に発揮されたゴールとなった。

もちろん、ゴールシーン以外でも存在感抜群で、MF本田圭もワールドクラスのプレーを見せた。アジアカップでは黒子に徹することが多かったが、この試合は、人を使うことが上手いMF清武が入ったこともプラスに影響したのか、自由にプレーしていて、MF本田圭の良さも発揮された。ずっと、議論されてきたMF香川とMF本田圭の共存問題も、これで収束することだろう。

■ 代表デビューのMF清武弘嗣

この二人にうまく絡んでいったのが途中出場のMF清武である。序盤からいい動きを見せていたMF岡崎が前半の早い時間帯で負傷したため、前半36分に投入されたが、これがデビュー戦とは思えないほどの落ち着いたプレーで2アシストをマーク。これ以上ないほどの代表デビュー戦となった。

MF清武は、今回が初のフル代表なので、ほとんどの選手と初めて一緒にプレーしたことになるが、違和感を感じさせなかった。それを全く感じさせなかった。MF香川とも、C大阪ではチームメイトだった時期もあるが、一緒にピッチ上でプレーしたのは、ほんの数分程度である。それでも、これだけの連携ができるのだから、「サッカーセンス」は、代表に入っても図抜けているように思える。

■ FW李忠成も好プレー

攻撃では、MF香川、MF本田圭、MF清武の3人が目立ったが、1トップに入ったFW李忠成も非常に良かった。MF香川の1点目のゴールをアシストしたポストプレーは巧みで、2列目の3人ともうまく絡んでチャンスを作った。何度かあったチャンスに決めきれなかったことは課題であるが、FW前田とのポジション争いでは、少し優位に立ったように感じられる。

また、久々の代表戦となったDF駒野もよかった。前半は、DF駒野のサイドで守備の枚数が不足気味で、守備では苦戦したが、後半のMF本田圭のゴールシーンは、DF駒野のドリブル突破が起点となった。左サイドは本職ではないが、怪我のDF長友にも刺激となったことだろう。

逆サイドのDF内田も悪くなかった。後半のカウンターからの決定機がポストに当たったシーンは決めてほしかったが、時間が経つにつれてパフォーマンスが上がっていった。攻撃にうまく絡んで、なぜ、シャルケでポジションを失っているのだろうか?と思わせるプレーを見せた。

■ 次は北朝鮮戦

最高の形で韓国戦を終えた日本代表の次の相手は、北朝鮮戦となる。北朝鮮は引いて守ってくると思われるので、ずっと日本が攻める展開になると予想される。この試合のように、前半のうちにゴールをこじ開けられると問題ないが、0対0で進んでいくと、精神的につらくなる。前半にあるチャンスを確実に決めたいところである。

ただ、この試合のようなプレーができれば、特に問題もないだろう。北朝鮮はそれほど高さのあるチームではないので、セットプレーも有効になるだろう。大事なホーム初戦となるが、確実に勝利してくれるだろう。それほど、期待感を感じさせる試合だった。

とにかく、この試合は、スコアも、内容も申し分なく、日本代表がアジアの中で抜けてきたような印象すら受ける。韓国も同じように海外組が増えてきているが、MF朴智星を除くと、強烈なインパクトを残している選手はおらず、ワールドクラスのプレーヤーになれそうな選手は出てきていない。本当に韓国は、日本にとって「永遠のライバル」なのか?今後も、ずっと、日本のライバルであり続けることができるのか?

韓国サッカー界は、今、Kリーグの八百長問題があって、国民から厳しい目で見られているという。もともと、そんなにサッカー人気の高い国ではないので、一歩間違うと、没落する可能性は十分に考えられる。これから「アジアは一強」の時代になるのだろうか?




関連エントリー

 2008/01/28  城彰二選手 引退試合 (生観戦記 #1)
 2009/08/31  トルシエがゴン中山を召集した理由
 2010/11/05  日本のサッカー解説者を勝手に評価する (2010年版)
 2011/01/25  歴代の韓国人Jリーガーのあれこれ
 2011/01/26  【日本×韓国】 川島永嗣の活躍で宿敵を下す
 2011/01/26  日本 - 韓国戦 プレーヤー別採点  (日本代表編)
 2011/01/28  「信頼できるライター」と「信頼できないライター」
 2011/01/31  アジアカップ2011 ベストイレブン  (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)
 2011/02/01  アジアカップ2011の大会MVPを考える。




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2620-03227de9





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


04月27日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

04月27日
【J2】 東京世代の秘密兵器は「坊さん」の仇名を持つスピードスターのFW前田大然(水戸ホーリーホック)

04月27日
【ACL】 川崎フロンターレの旭日旗を巡る騒動について

04月26日
【J2】 ザスパクサツ群馬の森下仁志監督は続投すべきか?解任すべきか?

04月26日
【J2】 ジェフ千葉のエスナイデル監督は続投すべきか?解任すべきか?

04月26日
【Jリーグ】 「ポジション別の歴代最高のプレーヤーは誰か?」を考える。 (GK編) (1993年-2017年)

04月25日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)

04月25日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)

04月24日
【Jリーグ】 「ミドルシュートが凄いJリーガー」というと誰になるだろうか?

04月24日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)

04月24日
『次に欧州リーグで活躍しそうな日本人選手は誰か?』を考える。FW鈴木優磨、MF中島翔哉、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF昌子源などが有力候補か!?

04月23日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)

04月23日
【J2】 DF田中マルクス闘莉王(京都サンガ)は化け物か?

04月22日
【J2】 「名古屋グランパスの被シュート数がとにかく多すぎる。」という話

04月22日
【J3限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)

04月22日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)

04月21日
【J2】 「お粗末だった。」と言える横浜FCのオウンゴールの場面

04月21日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版)

04月20日
【J3限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版)

04月20日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版)

04月20日
【Jリーグ】 54クラブの中で「ノビシロの大きいクラブ」はどこだろうか?

04月19日
【Jリーグ】 「空中戦に強いCB」というと誰になるだろうか?

04月19日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版)

04月18日
【J3限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版)

04月18日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版)

04月17日
【Jリーグ】 「ビルドアップ能力が高いサイドバック」というと誰になるだろうか?

04月16日
【J3】 17クラブの中で「面白いサッカーをしているクラブ」はどこだろうか?

04月16日
【J2】 残念だった高卒ルーキーのMF高橋壱晟(ジェフ千葉)のダイブ→PKについて

04月15日
「日本屈指のサッカースタジアム」というとどのスタジアムだろうか? (後編)

04月15日
「日本屈指のサッカースタジアム」というとどのスタジアムだろうか? (前編)

04月14日
【J2】 ジェフ千葉の奪オフサイド数がいくら何でも多すぎる件

04月14日
「現代のJリーグを代表するドリブラー」というと誰になるだろうか?

04月13日
【UEFA CL:ドルトムント×モナコ】 爆弾事件にも負けず!!MF香川真司は1ゴール1アシストの活躍。


04月07日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん