アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/04/22 【J2】 「名古屋グランパスの被シュート数がとにかく多すぎる。」という話
 2017/04/23 【J2】 DF田中マルクス闘莉王(京都サンガ)は化け物か?
 2017/04/23 【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)
 2017/04/24 『次に欧州リーグで活躍しそうな日本人選手は誰か?』を考える。FW鈴木優磨、MF中島翔哉、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF昌子源などが有力候補か!?
 2017/04/24 【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)
 2017/04/25 【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)
 2017/04/25 【Jリーグ】 「ミドルシュートが凄いJリーガー」というと誰になるだろうか?
 2017/04/25 【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)
 2017/04/25 【Jリーグ】 「ポジション別の歴代最高のプレーヤーは誰か?」を考える。 (GK編) (1993年-2017年)
 2017/04/26 【J2】 ジェフ千葉のエスナイデル監督は続投すべきか?解任すべきか?
 2017/04/26 【J2】 ザスパクサツ群馬の森下仁志監督は続投すべきか?解任すべきか?
 2017/04/26 【J2】 22クラブの中で「ここから浮上していくチーム」はどこだろうか?
 2017/04/27 【ACL】 川崎フロンターレの旭日旗を巡る騒動について
 2017/04/27 【J2】 東京世代の秘密兵器は「坊さん」の仇名を持つスピードスターのFW前田大然(水戸ホーリーホック)

 2017/04/27 全記事一覧(2005年-2017年)


【女子W杯:日本×アメリカ】 なでしこ やったね! 世界一 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ ファイナル

女子W杯の決勝戦。準決勝でスウェーデンを3対1で下して初の決勝進出となったFIFAランキング4位の日本が、世界ランキング1位のアメリカと対戦。日本は、過去、アメリカとは24試合を戦って「0勝21敗3分」と勝利がない。日本サッカーにとっては、FIFA主催の世界大会で決勝まで進むのは4回目で、初の世界チャンピオンを目指す。

日本は「4-2-2-2」。GK海堀。DF近賀、熊谷、岩清水、鮫島。MF阪口、澤、大野、宮間。FW川澄、安藤。スウェーデン戦で2ゴールを挙げたFW川澄が2試合連続スタメンで、FW永里はベンチスタート。ドイツ戦で決勝ゴールを決めたFW丸山、18歳のMF岩渕らがベンチスタートで出番を待つ。

対するアメリカは、181cmのFWワンバックが攻撃の中心で、3試合連続ゴールを決めている要注意の選手で、GKソロもワールドクラスのGKと評価されている。

■ 死闘の末・・・

試合の序盤はアメリカペースとなる。日本はやや動きが重くて、アメリカに中盤を制されてしまう。立ち上がりの20分ほどはアメリカが猛攻を仕掛けて、いつ先制ゴールが決まってもおかしくない展開になる。しかし、この時間帯は日本に運も味方して、FWワンバックのシュートがクロスバーに当たるなどゴールを許さない。ただ、日本も中盤のMF澤のところが狙われて、ボールを失うケースが目立ってリズムをつかめなず、0対0で前半を折り返す。

後半も開始からアメリカがペースを握る。日本は後半21分にMF大野とFW安藤に代えて、FW永里とFW丸山を投入。流れを変えようとするが、逆にアメリカが、後半24分にロングボールから途中出場のMFモーガンが決めて先制する。

ビハインドとなった日本だったが、後半36分にゴール前で途中出場のFW永里とFW丸山が絡んで相手のクリアミスを誘うと、最後はゴール前に入っていたMF宮間がうまく左足のアウトサイドで流して同点に追い付く。MF宮間は大会2ゴール目。試合は1対1のままで15分ハーフの延長戦に突入する。

延長戦は互角の展開となる。日本もリズムよくボールを回すシーンも出てくるが、延長前半終了間際にアメリカが波状攻撃を見せると、最後は左サイドからのクロスを181㎝のFWワンバックが得意のヘッドで決めて2対1と勝ち越しに成功する。FWワンバックは4試合連続ゴールで、MF澤に並んで得点ランキングでトップタイとなる。

追い詰められた日本だったが、ここから「なでしこ魂」を発揮する。終了3分前の延長後半12分に左サイドのコーナーキックを得ると、MF宮間の蹴ったボールをニアサイドでMF澤がボレーで決めて、再び、同点に追いつく。MF澤は2試合連続ゴールで,、今大会5ゴール目。FWワンバックを突き離して得点ランキングでも単独トップに立つ。

日本は、最後の交代カードでMF岩渕を投入。勝負に出るが、逆に終了間際にFWモーガンに抜けられて大ピンチを招く。このプレーでDF岩清水がレッドカードを受けて退場。ゴールやや右寄りの絶好の位置でアメリカがフリーキックを得る。「決まればアメリカの優勝」となるラストプレーだったが、なんとか守り切って、延長戦も2対2で終了し、PK戦に突入する。

そのPK戦では、日本の守護神のGK海堀が奮闘。アメリカの1人目、3人目をファインセーブし、アメリカは最初の3人が連続で失敗してしまう。対する日本は、2人目のFW永里が失敗するが、1人目のMF宮間、3人目のMF阪口、そして、4人目のDF熊谷が決めて3対1でPK戦を制し、日本は初のW杯制覇を成し遂げた。

■ 劇的な勝利

延長戦で警戒していたはずのFWワンバックに決められて1対2となって、残り時間が数分となったときは、「もはやこれまでか・・・。」と思ったが、日本にはMF澤というスーパーな選手がいて、2対2の同点に追いついた。

PK戦は運次第の要素が強いが、こういう展開になると、追いついた日本の方が心理的にも優位に立てるもので、PK戦の前の日本の選手達のリラックスしているかのような「いい表情」を観たときに、勝利の可能性が高いのでは?と感じた。

試合前は、互角の展開になるかと思っていたが、実際に試合が始まってみるとアメリカが優勢で、アメリカの方が決定機ははるかに多くて、日本らしさが発揮されたシーンは多くなかった。アメリカはさすがにFIFAランキング1位のチームで、現時点では、10試合対戦すればアメリカが日本を上回るのは間違いないところであるが、なでしこの勝負強さと執念が勝利をもたらした。

■ 佐々木監督の選手起用

今大会はグループリーグで3戦目のイングランドに敗れた影響もあって、決勝トーナメントでは、ドイツ、スウェーデン、アメリカと対戦することになった。FIFAランキングでは、2位、5位、1位のチームなので、厳しい戦いが続いたが、見事に3連勝。誰も文句の付けようのない展開で、世界チャンピオンとなった。

決勝戦は劣勢で、日本は疲れもあったのか、この試合は序盤から動きが重かった。立ち上がりに何度も決定機を作られたので、この時間帯でアメリカが確実にチャンスをものにしていたら、大差での敗戦もあり得たが、日本はGK海堀のファインセーブと少しの運に救われた。出来の良くなかった前半を0対0で終えることができたのは大きかったといえる。

ドイツ戦、スウェーデン戦と冴えを見せた佐々木監督の采配はこの日もヒットし、MF宮間の同点ゴールは途中出場のFW永里とFW丸山のコンビがチャンスメークしたが、0対1とビハインドとなってからも、無理して攻撃的な選手を投入しなかったことも、延長戦を落ち着いて戦えた要因である。試合後は、必ず、「選手たちが頑張ってくれた。」というコメントを残す佐々木監督だが、大会を通して辛抱強い采配を見せた。

■ MF澤のための大会

勝利の立役者となった選手は、何人も挙げられるので「チーム全体でつかんだ勝利」といえるが、もっとも大きかったのは、延長戦の後半12分のMF澤の同点ゴールで、「優勝カップ」だけでなく、「得点王」と「大会MVP」も受賞し、今大会は、「MF澤のためのW杯」となった。残り時間はわずかで、1点ビハインドの状況。アメリカの選手も「MF澤は要警戒」とマークしていた中、それでも決めてしまうあたりは「凄い」としか言いようがない。

ニアサイドに入り込んでボレーというのは、かなり難易度の高いシュートだったが、あらかじめ、そういうシナリオが用意されていたかのように、「最高の選手」が「最高のシチュエーション」で「最高シュート」を決めて、日本中に歓喜をもたらした。

MF澤が自由に攻撃的にプレーできる背景には、FW安藤、MF宮間、MF阪口といった周りの選手の協力があってこそで、MF澤の得点王も、チームみんなでつかんだものでもあるが、少ないチャンスでこれだけ確実に決められるというのは普通では考えられに。ドイツ戦は決勝アシスト、スウェーデン戦は決勝ゴール、アメリカ戦では終了間際の同点ゴールと、今大会のMF澤は神がかっていたといえる。

■ MF宮間が1ゴール1アシスト

MF澤と並んで「なでしこの顔」といえるMF宮間も決勝戦で1ゴール1アシストの活躍。世界屈指のプレイスキッカーと言われているが、今大会も期待通りのキック精度を見せて、世界制覇に大きく貢献した。

MF澤のゴールをアシストしたシーンも見事だったが、この試合は、後半36分の同点ゴールが大きかった。ボランチのMF澤が積極的にゴール前に入っていくので、MF宮間は逆にバランスを取って前に出ていかないことが多いので、ゴール前に入っていってシュートというシーンは多くないが、このときは、タイミングよくペナルティエリアに入っていって、簡単ではないシュートを決めた。

■ GK海堀がスーパーセーブ連発

守備的なポジションの選手では、GK海堀が勝利の立役者となった。アメリカが放ったシュートは、日本の倍近い27本で、その中には「決定的なシュート」も少なくなかったが、GK海堀の再三のファインセーブがチームを救った。PK戦でも、最初の3本のシュートを防ぐ活躍で、世界一のGKとなった。

グループリーグでは、GK海堀のプレーが不安定でだったので「ウイークポイント」とも言われていたが、ドイツ戦、スウェーデン戦、アメリカ戦のプレーは素晴らしくて、ほとんどミスもなかった。5ゴールを挙げて、大会のMVPに選ばれたMF澤の活躍は光ったが、決勝トーナメントの3試合に限定すると、GK海堀のパフォーマンスも負けず劣らずで、守護神のプレーが世界一を引き寄せた。

中盤の選手であれば、「身長差」があっても、「技術」や「運動量」や「クイックネス」である程度はカバーできるが、GKやDFとなると「身長差」や「フィジカルの差」が、そのまま選手の「能力差」に現れることが多い。長い間、「GKが日本の弱点」と言われていたが、一転して大殊勲の活躍を見せた。

■ なでしこの勝因

「なでしこの勝因」はとしては、最後まであきらめない精神力であったり、団結する力というものが挙げられるが、今回のチームは、それにプラスにして、「個の強さ」がそれまでのなでしこジャパンと比べて優れていて、攻撃でも、守備でも、1対1で負けない選手が多かった。

一部では、「バルセロナのようなサッカー」という表現もされて称賛もされているが、個人的な印象を述べると、今回のチームは、過去のなでしこジャパンと比べると「パスワーク」や「流動性」という部分では見劣りしていて、前の4人がうまく絡んで崩すシーンはそんなに多くなかったように思う。

したがって、従来のなでしこジャパンと比べると、「崩し」のシーンでは物足りないところも多かったが、FW安藤、MF大野ら攻撃的なポジションの選手は、相手に囲まれてもボールを失わない強さがあって、サポートが少ない中でも、局面を打開できる力を持っていた。FW川澄、FW丸山、MF岩渕というボールが持てる選手が控えにいたことも強みで、個人レベルでも、世界のトップに見劣りはしなかった。

逆に言うと、攻撃に関していうと、もう少し時間をかけてトレーニングできれば、もっと良くなる余地がある。秋にはロンドン五輪の予選も始まるが、まだまだ、このチームはパワーアップすることができる。

■ 女子サッカーの未来

ということで、世界を制したなでしこジャパンは、今後、「追いかける立場」から「追いかけられる立場」となった。当たり前であるが、男女を通じて、日本サッカーがこういう状況になったことはなかったので、どういう感じになるのか、全く想像もつかないが、これからの4年間は「世界王者」として、「王者らしい振る舞い」も必要になってくる。これからは、世界のサッカーを引っ張っていくという使命も与えられたことになる。

期待したいのは、ここ最近の「なでしこフィーバー」が、できるだけ長く続いて、国内のリーグも盛り上がるようになることである。今回の快進撃は「突然の成果」のようにも思えるが、実際には、日本サッカー協会は、10年ほど前から「女子サッカー」の普及に力を注いできて、それが、今回、1つの形として実った証でもある。しっかりとお金をかけて強化したから、ここまで来たわけで、その努力をやめると「急降下」する可能性もある。

したがって、今回のなでしこジャパンの頑張りをみて、「勇気」や「希望」や「元気」をもらった人は、少しでもいいので、彼女たちをサポートしてもらいたいと思う。それが、「1年後のロンドン五輪」や「4年後のW杯」にもつながってくる。

ブームはいつか終わるものであるが、一過性のブームにとどめることなく、多くの人が女子サッカーに興味を持って、サポートしてくれる体制が整うこと、そして、なでしこリーグにも多くのサポーターが訪れて、注目度の高い中で試合のできる環境が整うこと、こういったことは、なでしこの選手は世界タイトルを勝ち取ることと同じくらい切望していることでもある。


関連エントリー

 2009/02/19  サッカーを観る上で気をつけたい8箇条
 2010/06/03  日本サッカーの偏差値を下げてしまっている人
 2011/01/28  「信頼できるライター」と「信頼できないライター」
 2011/06/27  【女子W杯:日本×ニュージーランド】 MF宮間あや 決勝のフリーキック
 2011/07/02  【女子W杯:日本×メキシコ】 MF澤穂希 ハットトリックの大活躍
 2011/07/07  【女子W杯:日本×イングランド】 気になった試合後のインタビュー
 2011/07/10  【女子W杯:ドイツ×日本】 なでしこ 歴史を変えるベスト4入り
 2011/07/14  【女子W杯:日本×スウェーデン】 なでしこ 世界一まであと1つ


      





おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2585-51881124





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


04月27日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

04月27日
【J2】 東京世代の秘密兵器は「坊さん」の仇名を持つスピードスターのFW前田大然(水戸ホーリーホック)

04月27日
【ACL】 川崎フロンターレの旭日旗を巡る騒動について

04月26日
【J2】 ザスパクサツ群馬の森下仁志監督は続投すべきか?解任すべきか?

04月26日
【J2】 ジェフ千葉のエスナイデル監督は続投すべきか?解任すべきか?

04月26日
【Jリーグ】 「ポジション別の歴代最高のプレーヤーは誰か?」を考える。 (GK編) (1993年-2017年)

04月25日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)

04月25日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)

04月24日
【Jリーグ】 「ミドルシュートが凄いJリーガー」というと誰になるだろうか?

04月24日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(左SB/WB編) (2017年版)

04月24日
『次に欧州リーグで活躍しそうな日本人選手は誰か?』を考える。FW鈴木優磨、MF中島翔哉、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF昌子源などが有力候補か!?

04月23日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)

04月23日
【J2】 DF田中マルクス闘莉王(京都サンガ)は化け物か?

04月22日
【J2】 「名古屋グランパスの被シュート数がとにかく多すぎる。」という話

04月22日
【J3限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)

04月22日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(CB編) (2017年版)

04月21日
【J2】 「お粗末だった。」と言える横浜FCのオウンゴールの場面

04月21日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版)

04月20日
【J3限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版)

04月20日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(右SB/WB編) (2017年版)

04月20日
【Jリーグ】 54クラブの中で「ノビシロの大きいクラブ」はどこだろうか?

04月19日
【Jリーグ】 「空中戦に強いCB」というと誰になるだろうか?

04月19日
【J1限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版)

04月18日
【J3限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版)

04月18日
【J2限定】 日本代表チーム23名を考える。(キーパー編) (2017年版)

04月17日
【Jリーグ】 「ビルドアップ能力が高いサイドバック」というと誰になるだろうか?

04月16日
【J3】 17クラブの中で「面白いサッカーをしているクラブ」はどこだろうか?

04月16日
【J2】 残念だった高卒ルーキーのMF高橋壱晟(ジェフ千葉)のダイブ→PKについて

04月15日
「日本屈指のサッカースタジアム」というとどのスタジアムだろうか? (後編)

04月15日
「日本屈指のサッカースタジアム」というとどのスタジアムだろうか? (前編)

04月14日
【J2】 ジェフ千葉の奪オフサイド数がいくら何でも多すぎる件

04月14日
「現代のJリーグを代表するドリブラー」というと誰になるだろうか?

04月13日
【UEFA CL:ドルトムント×モナコ】 爆弾事件にも負けず!!MF香川真司は1ゴール1アシストの活躍。


04月07日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん