アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:526名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


【日本×チェコ】 生きないMF内田篤人とMF長友佑都 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ チェコ戦

キリンカップの3戦目。日本対ペルー(新潟)、チェコ対ペルー(松本)の試合が、ともに0対0の引き分けに終わったため、この試合で勝った方が優勝となる。チェコ代表とはジーコジャパン時代の2004年にアウェーで対戦し、1対0で日本が勝利を飾っている。

日本はペルー戦に続いて「3-4-3」。GK川島。DF吉田、今野、伊野波。MF遠藤、長谷部、内田、長友。FW本田圭、李忠成、岡崎。DF吉田、MF内田、MF長友、FW本田圭、FW李忠成がスタメン出場して、DF栗原、MF西、MF安田、FW関口、FW前田はベンチスタート。FW李忠成は日本代表として初スタメンとなった。

■ スコアレスドロー

横浜市の日産スタジアムで行われた試合は、前半から静かな展開となる。日本はペルー戦に続いて「3-4-3」で臨んできたが、チェコの守備も堅くてなかなかチャンスを作れない。前半はゴール前のフリーキックでは得点の可能性を感じさせたが、それ以外では、いい流れで崩すシーンもほとんどなくて、前半は0対0で折り返す。

後半も同じような流れとなるが、後半7分に日本がビッグチャンスを迎える。コーナーキックから、FW本田圭がサイドを崩してクロスを上げると、ファーサイドで受けたFW李忠成が左足のアウトサイドでシュート。これはうまくヒットしなかったが、ゴール前に飛んだボールをフリーのDF吉田がヘディングシュート。しかし、枠外でゴールならず。

日本は後半19分に、MF遠藤とDF伊野波を下げて、MF家長とDF槙野を投入。MF家長にボールが集まって、ここからいい縦パスが出てバイタルエリアを突く攻撃が増えてくる。すると、後半32分には、FW本田圭のクロスからファーサイドのFW岡崎がヘディングシュート。これはGKチェフがはじいて、こぼれ球をFW李忠成が詰めるが、相手DFとGKに防がれて思うようなシュートは打てず。

日本は、終盤になると、何度かいい位置でフリーキックを得るが、FW本田圭のシュートはうまくゴールマウスに飛ばずに、可能性のないシュートになってしまう。結局、試合は0対0で終了。今年のキリンカップは、3試合ともにスコアレスドローで、3チームの同時優勝となった。

■ 「3-4-3」は不発

FW本田圭、MF長友、MF内田、DF吉田ら海外組がスタメンに戻ってきて、またしても「3-4-3」にチャレンジしたザッケローニ監督だったが、またも消化不良の試合となった。ペルー戦と比べると、守備は機能していて、チェコにほとんどチャンスを作らせなかったが、日本も、流れの中では、あまりいい攻撃は見せられなかった。

アジアカップでは「4-2-3-1」を採用してタイトルを獲得しており、ザッケローニ監督も、「4-2-3-1」であれば、どんなチームでもある程度はできるという手ごたえを得ているのだろう。この段階になって、オプションの1つとして、「3-4-3」を持っておくのは悪くない。

W杯を終えて、新監督が決まるまで、時間がかかったことも関係して、これまで、ザッケローニ監督はいつもギリギリのスケジュールでチームを作ってきた。そのため、ベースを作るだけで精いっぱいで、いろいろなことを試す余裕がなかったので、キリンカップという、必ずしも、結果だけを求められる大会ではない試合でチャレンジしておくのは間違いではないのだが、今の段階では、攻守ともにメリットが少ないので、W杯のアジア予選で使うのは厳しいだろう。

■ 生きない両サイド①

3バックのとき、もっとも重要なのが、アウトサイドのプレーヤーで、このポジションの選手がどういう働きをするかで、チームが変わってくる。この試合は、右サイドにMF内田、左サイドにMF長友を起用したが、ともに良さを出せずに終わった。

Jリーグでは、今シーズン、広島、京都、岡山、富山の4チームが3バックを採用している。長い間、3バックに挑戦している広島は別として、他の3チームは、まだ3バックに着手して、1年も経過していない。そのため、試行錯誤の段階であるが、いずれのチームもアウトサイドの選手の人選に苦労している。このポジションにサイドバック系の選手を入れてしまうと、5バックに近い布陣になってしまうし、ボランチ系の選手を入れると、縦への推進力がなくなってしまうし、アタッカータイプを入れると、守備面で不安が出てくる。

よって、かなり難しいポジションであるが、チェコ戦のプレーを見る限り、MF内田も、MF長友も、迷いながらプレーしていて、攻撃で見せ場を作れなかった。縦に突破しようにも、「自分自身」と「前にいるウイング」でスペースを消しているので、生きるエリアがない。結果として、サイドは機能せず、攻撃が前の3人に集中してしまうのため、厚みもなくなってしまった。

■ 生きない両サイド②

現状では、「3-4-3」というシステムを、ザッケローニ監督がどのようなにとらえているのか、まだはっきりしないところがある。得点が欲しいときに使うのか、1点を守るときに使うのか、スタートから使うのか、イマイチ分からないので、何とも言いにくいところもある。

ただ、「4-2-3-1」でスタートし、メンバーを入れ替えて、試合の途中に「3-4-3」に変更して戦うことを想定しているのであれば仕方がないが、スタメンの段階から「3-4-3」を採用するのならば、MF内田、MF長友の両サイドが最適とは言えず、例えば、MF関口であったり、MF西であったり、もっとゴール前に絡める「非サイドバック系」の方が可能性を感じさせるし、DF槙野をサイドで起用する選択肢もある。

もちろん、「4-2-3-1」の場合、DF長友のスタメンは安泰であるが、「3-4-3」となると「絶対的な存在」ではなく、「3-4-3」のアウトサイドでプレーするとなると、今の段階では「普通の選手」になってしまう。これは、非常にもったいない話であり、今のメンバーで「3-4-3」を採用するのは得策ではないように感じてしまう。

■ FW本田圭佑は不発

ペルー戦はコンディションの問題もあって、後半からの登場となったFW本田圭佑は、この試合はスタメン出場。持ち味である高いキープ力から、いくつかのチャンスを演出したが、時間が経つにつれて、自由にポジションを取って、中に入ってくることが多くなった。

もちろん、90分間、ずっとサイドに張っている必要はないが、ウイングの選手がサイドにポジションを取って、スペースを広く取ることができるという点が「3-4-3」のメリットの1つであり、ウイングの選手が、中に入りすぎると「3-4-3」の意味がなくなってしまう。

中に入っていくのを禁止しているわけではないので、焦点は、ザッケローニ監督が、どこまで自由を与えているのかになるが、少なくとも、3月のチャリティーマッチのときは、もっと、FW本田圭が右サイドに張っていて、そこでキープしてチャンスを作っていて、「3-4-3」も、それなりには機能していた。中でプレーすることが悪いわけではないが、メリハリを付けないと、効果的ではない。最後は、とても「3-4-3」とは言えないフォーメーションで、中盤と前線がごちゃごちゃになった。

後半途中からは、FW本田圭が右サイドにいなくなったので、空いたエリアをMF内田が突ければ状況は変わってきただろうが、チームとして意図した動きではなかったので、MF内田がサイドを駆け上がるシーンもなく、結果として、日本の右サイドは機能停止した。FW本田圭をどのポジションで使えばいいのか?というのは、どの監督も苦労しているが、「3-4-3」のシステムで、この日のような感じでプレーするようだと、今後、使いづらくなってくる。

■ FW李忠成とDF槙野はまずまず

一方、初スタメンのMF李忠成は及第点と言える。FW前田がコンディション不良のため出場できなかったので、スタメンが回ってきたが、3トップの中央で、何度かタイミングのいいダイレクトパスを送り、「通ればチャンス」というシーンを作った。パスの精度は課題であるが、簡単にはたいて起点になろうとするプレーは、リズムを生み出す意味でも、悪くはなかった。

途中出場したDF槙野も悪くなかった。スタメンはDF伊野波に譲ったが、左サイドのストッパーでセンスを感じさせるプレーを見せた。持ち味であるゴール前に侵入するプレーはなかったが、広島でも同じようなポジションでプレーしていたので、違和感なくプレーできていた。今後に、可能性を感じさせるプレーだったといえる。

■ MF家長はボランチでプレー

DF槙野と同じタイミングでピッチに入ったMF家長はボランチでプレー。悪くはなかったが、前の方が混沌としていたので、攻め上がるスペースもなくて、何度かいいパスを送ったが、全体としてみると、可もなく、不可もなくというプレーだった。

今のような「3-4-3」の利点としては、最終ラインに3人のDFがいるので、ダブルボランチがサイドプレーヤーの裏のスペースのカバーを気にすることなくプレーできる点にある。ストッパーが攻撃に参加するようになると事情は変わってくるが、今のやり方では、ダブルボランチは攻撃に専念しやすく、MF家長がボランチでも、大きな穴にはならない。

MF家長というと、10代の頃はドリブラーとして名を馳せたが、大分やC大阪では「ドリブルの出来るパサー」として活躍した。とにかくキープ力があるのでボールを失わないし、いいタイミングで出てくる。「4-2-3-1」のダブルボランチとしては不安もあるが、「3-4-3」のダブルボランチであれば、MF家長もボランチとして計算できる。





関連エントリー

 2009/12/11  日本のサッカー解説者(25名)を勝手に評価する (2009年版)
 2010/11/05  日本のサッカー解説者を勝手に評価する (2010年版)
 2011/01/11  本田圭佑のベストポジションはどこか?について考える。
 2011/02/26  3バックにチャレンジするチーム
 2011/03/30  こんな選手をザッケローニ・ジャパンに・・・。 (その2)
 2011/04/14  コパ・アメリカに関する素朴な疑問に答えてみた。
 2011/04/02  日本代表 歴代ベストプレーヤーを考える (右SB/右WB編)
 2011/04/03  日本代表 歴代ベストプレーヤーを考える (左SB/左WB編)
 2011/04/15  内田篤人はドイツでどんな評価をされているのか?
 2011/04/28  長友佑都はイタリアでどんな評価をされているのか?




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2526-e392f72e





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月21日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月21日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月21日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: