アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |

thumbnail_sports_tips_728x90_4[1]





最近のエントリー (15記事)

 2018/06/14 【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (前編)
 2018/06/15 【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (後編)
 2018/06/15 【W杯:ロシア×サウジアラビア】 最弱開催国と言われたロシアが夢スコで大勝スタート
 2018/06/15 【J1】 V・ファーレン長崎の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)
 2018/06/16 【W杯:ポルトガル×スペイン】 いきなりの神試合。FWクリスティアーノ・ロナウドはハットトリック。
 2018/06/16 【J2】 ツエーゲン金沢の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)
 2018/06/16 【U-16:日本×セネガル】 アフリカンパワーの前に持ち味を消されて完敗を喫する。
 2018/06/17 【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。
 2018/06/17 【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ
 2018/06/17 【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。
 2018/06/17 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)
 2018/06/18 【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)
 2018/06/18 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)
 2018/06/18 【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。
 2018/06/19 【W杯:スウェーデン×韓国】 元・サガン鳥栖のDF金民友が痛恨のPK献上。
 2018/06/19 【移籍市場】 22才のDF中谷進之介の移籍(柏レイソル→名古屋グランパス?)について


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1953  2018/05/29  FC岐阜 vs 新潟、東京V vs 愛媛FC、水戸 vs 福岡、千葉 vs 熊本
 #1954  2018/05/31  U-21日本 vs U-20トルコ 採点&寸評 (トゥーロン国際:1戦目)
 #1955  2018/06/01  徳島 vs 松本山雅、山形 vs 金沢、甲府 vs 大分、山口 vs 讃岐
 #1956  2018/06/02  日本 vs ガーナ 採点&寸評 (キリンチャレンジカップ2018)
 #1957  2018/06/03  U-21日本 vs U-19ポルトガル 採点&寸評 (トゥーロン国際:2戦目)
 #1958  2018/06/04  千葉 vs 山口、金沢 vs 京都、FC岐阜 vs 水戸、C阪U-23 vs G大阪U-23
 #1959  2018/06/06  U-21日本 vs U-21カナダ 採点&寸評 (トゥーロン国際:3戦目)
 #1960  2018/06/07  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (上)
 #1961  2018/06/08  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (中)
 #1962  2018/06/09  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (下)

 #0000  2018/06/09 全記事一覧(2005年-2018年)


Jリーグの舞台で活躍する「マー君世代」の大卒ルーキーたち | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 欧州との違い

欧州のトップリーグとJリーグの違いの1つとして、Jリーグは大学サッカー出身の選手が非常に多い点が挙げられる。インテルに所属するDF長友が明治大学からFC東京に進んで、チェゼーナ、インテルとステップアップしていったことがよく知られているが、キリンカップに選ばれている日本代表で見ても、新潟のGK東口順昭、鹿島のDF伊野波雅彦、川崎FのMF柴崎晃誠の3人が大学を経由してプロに進んだ選手である。

今回の代表から外れている選手でも、川崎FのMF中村憲剛、鹿島のDF岩政大樹、鹿島のMF本田拓也、名古屋のMF藤本淳吾らが大卒選手であり、一大勢力になっている。

Jリーグが生まれる前は、高校から大学に進むのが一般的だったが、Jリーグが誕生してからは、有力な高校生はほとんど、直接プロに進んむようになった。そのため、大学サッカーが廃れた時期もあったが、ここにきて、完全に復活してきた。流通経済大学などはプロも顔負けの選手層を誇り、毎年、即戦力となる選手をプロに送り込んでいる。

■ 大学からプロへ

最新のU-22日本代表にも、流通経済大学から、MF山村和也、DF比嘉祐介、GK増田卓也の3人が選ばれた。プロ選手と比べると、大学生の方が代表合宿等に招集しやすいという事情も絡んできて、U-19日本代表、U-21日本代表などは、毎回、大学生がスタメンに名を連ねているが、プロ選手と比べても、遜色のないプレーを見せている。

この現象については、様々な意見がある。「欧州では考えられない。」として、否定する向きもあるが、欧州の大学と、日本の大学では、かなり事情は異なる。「欧州スタンダードではないからダメ。」というのも、ちょっと違うような気はする。

「クラブのユースからプロに入る」というルートしかないよりも、いろいろなルートがあった方が、多彩な選手が生まれやすい。高校からプロに進めなかった選手が巻き返して、代表まで上り詰めることのできる環境が大学に備わっているということは、日本サッカーの財産であり、誇れる部分でもある。

■ マー君世代

今年のJリーグにも、大学から、たくさんの有望選手が入ってきた。今シーズンは、震災の影響で、開幕戦の後、1ヶ月以上の中断期間があったため、新加入選手が監督にアピールする時間も長かったためか、中断期間にポジションを掴んだ選手も多くいて、例年以上に活躍が目立つ。

今年、大学からプロに進んだ選手は、プロ野球で言うと「マー君世代」に当たる。プロ野球でも、この学年は人材で、楽天の田中将大、巨人の坂本勇人、巨人の澤村拓一 広島の前田健太、西武の大石達也らがおり、人材が豊富であるが、サッカー界も負けず劣らずで、将来を嘱望されている選手が多い。

大学に進学せずに、プロに進んだ選手を見ても、カターニャのFW森本貴幸、ドルトムントのMF香川真司、VVVのDF吉田麻也がいて、さらに、名古屋のFW金崎夢生、C大阪のMF乾貴士、FC東京のGK権田修一、ジュビロ磐田のFW山崎亮平らも同学年となる。

■ 期待通りの活躍を見せる選手

今年の大卒ルーキーの中で、プロ入り前に、もっとも注目を集めたのは福岡大学のFW永井謙佑である。昨年11月に行われたアジア大会で得点王に輝き、日本の金メダル獲得に貢献。進路も注目されていたが、名古屋グランパスに入団が決定した。ACLで2ゴールを挙げるなど、ロンドン五輪を目指すU-22日本代表のエースストライカーとしても期待されている。ただ、これまでの活躍で判断すると、№1大卒ルーキーは、ジュビロ磐田のMF山田、MF小林、湘南ベルマーレのMF永木の3人のいずれかになるだろう。

明治大学からジュビロ磐田に加入したMF山田大記はすでに2ゴールをマーク。元オランダ代表のMFファネンブルク、元日本代表のMF藤田俊哉らが付けたジュビロの10番を受け継いだが、期待以上の活躍を見せている。第12節のアビスパ福岡戦では、福岡に移籍したMF成岡との「新旧10番対決」が注目されたが、多くのチャンスに絡んで4対1の勝利に貢献。攻撃的MFの選手であるが、近年、量産されているアタッカータイプとは少し違うタイプのようである。

そのMF山田に優るとも劣らないのが、チームメイトのMF小林裕紀。同じく明治大学出身のルーキーであるが、攻守ともに能力が高く、オールラウンドな活躍を見せて、ボランチのポジションをつかんでいる。ここまでの8試合はすべて先発フル出場。チームを支えている。

J2では、湘南ベルマーレのMF永木亮太の活躍が光っている。湘南はここまで4勝1敗3分けとまずまずの成績を残しているが、MF永木はすべて先発出場。ボランチの位置からゲームを作るとともに、積極的にゴール前に飛び出していってゴールにも絡んでいる。特別指定選手として、中央大学4年生だった昨シーズンも湘南でプレーし、11試合に出場しているが、正式にプロになって、一段、レベルアップしたプレーを見せている。

■ 大卒中心のクラブ

近年、大学生は、出場機会が得やすいという理由で、J2クラブを選択することが多くなってきているが、大卒選手を積極的に獲得してチームを強化してきた代表といえるのが、水戸ホーリーホックとFC岐阜である。

水戸は、今シーズンも、積極的に大卒ルーキーを獲得しているが、DF塩谷司、MF小幡純平、FW岡本達也の3人がいきなりレギュラーポジションをつかんでいる。注目は、順天堂大学出身のFW岡本達也で、ここまで8試合で2ゴール。フォワードの軸として起用されている。

FC岐阜では、早稲田大学出身のDF野田明弘が右サイドバックでポジションをつかんでいる。この2チームは、大卒出身の選手が多く、年齢の近い選手が多いので、チームとしての経験は不足しているが、大卒ルーキーも溶け込みやすい環境が整っている。下部組織は、まだ充実しておらず、当面は、大卒出身でチームを作っていくと思われるが、これまでのリーグにはあまり見られなかったチームつくりの方法であり、その成果が注目されるところである。

■ 出場機会を得ている選手

昨シーズンはわずかに1勝に終わった北九州は、三浦泰年監督を迎えて新しいスタートを切ったが、ここまで、今シーズン4勝3敗1分けで、8位と誰も予想もしなかった快進撃を見せている。その中で、鹿屋体大学出身のDF多田高行の活躍が光っている。

滝川第二高等学校では名古屋のFW金崎夢生と同期で、2006年の高円宮杯全日本ユース選手権決勝戦を制した優勝メンバーの一人であるが、左サイドバックで高い攻撃力を見せていて、1年目ながらキープレーヤーになっている。同じポジションには、DF冨士祐樹という能力の高い選手がいるが、開幕から7試合連続でスタメン出場を果たした。

同じ左サイドバックでは、愛媛FCのDF前野貴徳もポジションを確保している。こちらも攻撃力のある左利きのサイドバックで、ドリブルで突破する力もある。バルバリッチ監督の下で、どれだけ伸びていくだろうか。同じ愛媛FCでは、FW小笠原侑生も出場機会を得ており、チャンスに絡んでいる。早い時期の初ゴールが期待されるところである。

サガン鳥栖に加入したFW野田隆之介も面白い存在で、183㎝の高さとポストプレーが持ち味である。第14節の水戸戦でプロ初ゴールを記録したが、ここまでスタメンで5試合、途中出場で3試合と全試合に出場している。J1では、ガンバ大阪のFW川西翔太、DF金正也、DF藤春廣輝の3人がトップチームデビューを飾っている。ともに、どちらかというと層の薄いポジションの選手で、早い時期に戦力となることが期待される。

■ 将来性のある選手

当然、大卒選手となると、即戦力となることを期待されるが、近年は、大卒といえども、ポテンシャルを重視した人材確保も多くなっている。

高卒の時点では「完成」しておらず、大学の4年間で才能が開花した例としては、名古屋のFW永井の名前が挙げられるが、大学の4年間でも、まだ十分に才能を開花させられなかった選手を、プロの世界で経験を積ませながら、チームの戦力となるように育成していくパターンである。

近年、この方針で、もっとも成功してきたのがFC岐阜である。数年前から、FW佐藤洸、FW西川、MF染矢、MF永芳ら荒削りでポテンシャルの高そうな選手を積極的に獲得してきて、彼らを我慢して試合で使い続けることで、一定の成果を得てきた。

そのパターンでいうと、ジュビロ磐田のFW金園英学、セレッソ大阪のMF村田和哉の名前が挙がってくる。もちろん、前述のFC岐阜の4人と比べると、ずっとプレーは洗練されているが、ともに、現時点では、プロのレギュラーとしては不足しているものが多いが、出場機会を得て、優れた身体能力を生かせるようになると、上のステージでも十分に活躍できるようになるだろう。FW金園はすでに途中出場で2ゴールをマーク。MF村田もACLでデビューを果たしている。スピード溢れるサイドアタッカーで、途中出場でも威力を発揮しそうな選手である。

■ 韓国の大学出身のルーキー

最後は、韓国出身のプレーヤーである。八百長問題に揺れていて、存亡の危機にあるKリーグを選ばずに、Jリーグを選択する選手が非常に多くなっている。

今シーズンは、アビスパ福岡でプレーする左サイドバックのDFキム・ミンジェの活躍が目立っているが、コンサドーレ札幌のGK李昊乗、京都サンガのMFチャン・ウヨン、ガイナーレ鳥取のMF金善ら光るプレーを見せている。厳密にいうと、GK李昊乗、MFチャン・ウヨン、MF金善といった選手は、大学を卒業する前の在学中に来日しているので、「マー君世代」ではないが、大学経由でJリーグに加入した今シーズンのルーキーである。

新潟のMF曹永哲、C大阪のGKキム・ジンヒョンらが成功したことで、今後、ますまず、韓国の高校や大学からJリーグを目指す選手が増えていくと思われる。かつては、韓国人というプライドが高くて、使いにくくて、コストパフォーマンスのよくない選手が多かったが、若い選手は適応力の高くて、Jリーグでも活躍する選手が増えてきている。


関連エントリー

 2008/03/20  J1の舞台で台頭する若手ディフェンダーたち
 2008/04/06  クラブの未来を託すべき若手アタッカーたち
 2008/07/31  Jリーグを彩るダイナモたち
 2010/02/12  「ミドルシュート」に注目する。
 2010/09/02  こんな選手をザッケローニ・ジャパンに・・・。
 2011/03/30  こんな選手をザッケローニ・ジャパンに・・・。 (その2)
 2011/04/07  【J1/J2】 期待の新戦力チェック (新外国人編)



トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2515-829feeaf





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


06月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


06月19日
【移籍市場】 22才のDF中谷進之介の移籍(柏レイソル→名古屋グランパス?)について

06月19日
【W杯:スウェーデン×韓国】 元・サガン鳥栖のDF金民友が痛恨のPK献上。

06月18日
【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。

06月18日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)

06月18日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)

06月17日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)

06月17日
【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。

06月17日
【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ

06月17日
【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。

06月16日
【U-16:日本×セネガル】 アフリカンパワーの前に持ち味を消されて完敗を喫する。

06月16日
【J2】 ツエーゲン金沢の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月16日
【W杯:ポルトガル×スペイン】 いきなりの神試合。FWクリスティアーノ・ロナウドはハットトリック。

06月15日
【J1】 V・ファーレン長崎の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月15日
【W杯:ロシア×サウジアラビア】 最弱開催国と言われたロシアが夢スコで大勝スタート

06月15日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (後編)

06月14日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (前編)

06月14日
【U-16:日本×パラグアイ】 京都サンガの至宝・MF中野桂太が輝きを放つ。

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (下)

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (上)

06月13日
【壮行試合:日本×パラグアイ】 セレッソ育ちのゴールデンコンビが躍動する。

06月13日
【投票:親善試合】 日本 vs パラグアイで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (中)

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (上)

06月12日
【J2】 水戸ホーリーホックの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J1】 ガンバ大阪の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J2】 京都サンガの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【移籍市場】 FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪)はなぜ泥船に飛び込むのか?

06月10日
【J1】 サガン鳥栖の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【J2】 愛媛FCの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【移籍市場】 「確率は0%」とは言えないFW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍

06月9日
【J1】 名古屋グランパスの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月9日
【J2】 下品なヴァンフォーレ甲府&上野展裕監督にドン引きした件

06月9日
【親善試合:スイス×日本】 それほど悪くはない試合

06月9日
【投票:親善試合】 スイス vs 日本で「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月8日
【J2】 カマタマーレ讃岐の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月8日
【天皇杯:ガンバ大阪×関西学院大】 歴史的な番狂わせ。ヒーローは1年生のFW山見大登

06月8日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J3】 ガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の試合後のインタビューはそこまで酷かったのか? (vs カターレ富山)

06月7日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

06月6日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月6日
【J3】 理解に苦しむガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の解任

06月6日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月5日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【C大阪U-23×G大阪U-23】 アタッカーとして覚醒しつつあるMF山根永遠

06月05日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【FC岐阜×水戸ホーリーホック】 J2屈指のアタッカーに成長したFW古橋亨梧

06月04日
【五輪代表】 「伸び悩み気味」に感じる東京世代のエース候補のFW小川航基(ジュビロ磐田)

06月04日
【千葉×山口】 ストライカーとして覚醒しつつあるFWオナイウ阿道

06月04日
【トゥーロン国際:日本×カナダ】 今大会で森保監督にアピールできたのは誰だろうか?

06月03日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

06月03日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (左SB/WB編)

06月02日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (CB編)



06月02日
全記事一覧(2005年-2018年)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: