アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/19 【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)
 2017/11/20 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)
 2017/11/20 【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。
 2017/11/20 【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)
 2017/11/21 【Jリーグ】 契約満了になった選手について (金沢・岡山・大分)
 2017/11/21 【J2】 「主力の大量流出」を覚悟せざる得ない徳島ヴォルティス
 2017/11/21 【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (前編)
 2017/11/22 【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (後編)
 2017/11/22 【毎年恒例:J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMVPに選出したのは・・・。
 2017/11/22 【Jリーグ】 契約満了になった選手について (横浜FC・北九州・山口)
 2017/11/23 【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のベストヤングプレーヤーに選出したのは・・・。
 2017/11/23 【J3+アウォーズ】 2017年のJ2の優秀監督に選出したのは・・・。
 2017/11/23 【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMIPに選出したのは・・・。
 2017/11/24 【J2】 「名古屋グランパスフィーバー(鯱ノミクス)」は巻き起こったのか?

 2017/11/24 全記事一覧(2005年-2017年)


【ACL:G大阪×C大阪】 セレッソがダービーを制してベスト8入り | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 大阪ダービー

ACLの決勝トーナメント1回戦。グループEで首位のガンバ大阪と、グループGで2位のセレッソ大阪が対戦。G大阪は2008年にアジアを制したが、2009年、2010年と2年連続でベスト16で敗退している。一方のC大阪は、初のACLでグループリーグ突破を果たした。決勝トーナメントは1発勝負の戦いで、グループ1位のチームとグループ2位のチームが対戦するが、首位通過したチームのホームで試合を行うため、G大阪のホームの万博競技場での試合となった。

ホームのG大阪は<4-2-2-2>。GK藤ヶ谷。DF加地、中澤、内田、武井。MF明神、遠藤、二川、宇佐美。FWイ・グノ、アドリアーノ。DF山口、DF高木が不在のため、ガンバユース出身で19歳のDF内田が初スタメンとなった。FWイ・グノは韓国代表に招集されている。

対するC大阪は<4-2-3-1>。GKキム・ジンヒョン。DF高橋、藤本、上本、丸橋。MFキム・ボギョン、マルチネス、倉田、清武、乾。FWホドリゴ・ピンパォン。スタメン出場も予想されていたMF中後はベンチスタート。DF茂庭は出場停止でDF藤本がスタメン出場。C大阪では、MFキム・ボギョン、GKキム・ジンヒョンが韓国代表に招集されている。

■ 終了間際に決勝ゴール

序盤はアウェーのC大阪ペースとなる。積極的な守備でG大阪の攻撃のリズムを崩して、試合を優位に進めていく。しかし、前半20分あたりからC大阪の3シャドーにミスが出始めて、逆にG大阪がボールを支配する展開になる。しかし、G大阪も最後の精度を欠いて決定機はほとんど作れず。前半は0対0で折り返す。

嫌な流れで前半を終えたC大阪は、後半開始からMF乾とMF倉田に代えて、FW小松とMF中後を投入。MFキム・ボギョンを右サイド、FWホドリゴ・ピンパォンをシャドーにポジションを移動させて、<4-3-2-1>気味の布陣に変更する。これまでの試合ではあまり見られなかったトリプルボランチのような布陣になるが、これが大成功。FW小松も前線でしっかりと起点になって、C大阪が押し込んでいく。

チャンスがありながらも、なかなかゴールネットが揺らせずに、延長戦も見え始めた後半43分にC大阪は高い位置でボールを奪うと、MFキム・ボギョンのキープから右サイドを駆け上がったDF高橋大がオーバーラップしてきて思い切って右足でシュート。これがニアサイドを破って、ついにC大阪が先制する。

その後、G大阪はFW平井を投入。終了間際にはビッグチャンスを作るが、シュートはポストに当たって同点ならず。結局、DF高橋大のゴールが決勝点となって、C大阪が1対0で勝利。見事にベスト8進出を決めた。一方のG大阪は3年連続で決勝トーナメントの1回戦で姿を消すことになった。

■ セレッソがベスト8

前半の半ばまではC大阪ペース、前半の半ばからは終わりまではG大阪ペース、後半はC大阪ペースと、時間帯によって、極端に流れが片方のチームに傾くという面白い展開になったが、アウェーのC大阪が1対0で勝利し、初のベスト8入りを果たした。

戦前の予想は「G大阪有利」というのがほとんどだった。2008年にアジアを制しているG大阪に対して、C大阪はアジアは初挑戦。今シーズンのリーグ戦の成績も、G大阪が4勝1敗であるのに対して、C大阪は0勝1敗5分け。過去の対戦成績もG大阪が圧倒しており、「G大阪はホームでお得意様のC大阪を問題なく下す。」というのが一般的な見方だったが、C大阪のイレブンの気迫が歴史的な勝利を生み出した。

C大阪が大阪ダービーで勝利するのは、モリシの引退試合を兼ねて行われた、2009年2月のプレシーズンマッチ以来であるが、リーグ戦に限定すると、2003年7月以来勝利から遠ざかっている。しかも、ここ10戦で見ると、G大阪が9勝1分けと圧倒している。

G大阪にとっては、C大阪に勝利することは当たり前の出来事になっていたが、C大阪にとっては、何としてでも倒したい大きな壁であり、この試合は、チーム全体にいつもとは違うパワーがみなぎっていた。G大阪に油断があったとは思わないが、勝ちたいという意欲が優っていたのでC大阪の方であり、スコアは僅差となったが、内容的にも、気迫でもC大阪が上回って、妥当な結果となった。

次は準々決勝となる。試合が行われるのは9月中旬なので、かなり先の話であり、相手がどこになるかは分からないが、今度はホーム&アウェーとなるので、ホームのサポーターの歓声を背にプレーすることもできる。戦前、C大阪はグループリーグ突破を目標にしていたので、ベスト8でも十分に成功の部類であるが、ここまで来たら、一つでもう上を目指してほしいところである。

■ ハーフタイムの交代で流れをつかむ

C大阪は後半からFW小松とMF中後を投入して流れを引き寄せた。前半の立ち上がりは悪くなかったが、前半20分過ぎから攻撃陣にミスが増えてきて、なかなかセカンドボールを拾えなくなっていたが、FW小松が入って、しっかり相手DFと競ってくれるようになったので、セカンドボールも拾いやすくなって、C大阪ペースとなった。

MFキム・ボギョンを右サイドに張らせたことも成功し、後半はMFキム・ボギョンのところでボールが落ち着いたので、DF高橋大も攻撃参加しやすくなった。決勝ゴールは、まさに、その二人から生まれたが、西野監督もMFキム・ボギョンのところを警戒しており、FWアドリアーノに戻って左サイドの守備を要求するなど気にしてはいたが、徹底しきれなかった。

延長戦の可能性もあったにもかかわらず、思い切ってハーフタイムに2枚を交代させてきたクルピ監督と、思い切った交代ができなかった西野監督の決断力の差も結果に現れてしまった。

■ DF高橋大輔が決勝ゴール

決勝ゴールはDF高橋大輔だった。今シーズンのDF高橋は不出来が続いており、スタメンから外されることはなかったが、途中交代することも多く、攻守ともに不満の残るプレーが多かったが、すべてを帳消しにするような値千金のゴールとなった。MFキム・ボギョンのパスはクロスを上げることを期待したものだったと思うが、思い切ってシュートを狙ったことがゴールにつながった。

ニアサイドを破ったシュートというと、南アフリカ大会のブラジル代表のDFマイコンの北朝鮮戦のゴールが思い出されるが、同じような感じで、GKのポジションを考えて、思い切って右足を振りぬいたことがゴールに結びついた。これで、DF高橋が吹っ切れて、本来のプレーを取り戻してくれると、C大阪にとっては非常に心強い。

■ DF茂庭の穴を感じさせず

「C大阪が不利」という予想が多かった理由としては、C大阪側がチームリーダーのDF茂庭が出場停止でいないことも影響していたが、代わりに先発で起用されたDF藤本が遜色ないパフォーマンスでG大阪の攻撃を封じて見せた。FWアドリアーノとは、昨シーズンはチームメイトだったので、お互いに手の内は良く知っていたと思うが、FWアドリアーノにスピードに乗らせず、MOM級のプレーを見せた。

逆に不満が残るのはMF乾のパフォーマンスである。前半からミスばかりでハーフタイムに交代させられるのも納得というプレー内容だった。ACLのグループリーグの終盤はコンディションも上がってきており、決定的な仕事を見せていたが、一転して、この日は最低のパフォーマンスだった。

「キレが命」の選手であるが、コンディションが悪かったり、精神状態が不安定だったりすると、極端にパフォーマンスが悪くなってしまう。「いいときは素晴らしいが、悪いときは最悪」という点を改善していかないと、今後、チーム内でも苦しい立場になってくる。後半のメンバーが良かっただけに、MF乾はレギュラー落ちのピンチである。

■ ガンバは3年連続でベスト16で敗退

一方のG大阪も、何度かビッグチャンスを作ったが、効果的な攻撃が多かったのはアウェーのC大阪の方で、内容的にもG大阪はC大阪を下回った。出場停止のDF茂庭を除くと、ほぼベストメンバーのC大阪に対して、G大阪は、DF山口、DF高木、DF下平が不在で、ベストメンバーが揃わなかったのも痛かった。代わりに起用されたDF内田はよく頑張っており、正確なフィードも光ったが、経験の少ない選手が多く、最終ラインは苦しいメンバー構成だった。

これでG大阪はベスト16で敗退となった。C大阪戦は非常に相性がよくて、しかもホームゲーム。ということで、内心は「対戦相手がセレッソに決まってラッキー。」だと思っていたはずであるが、C大阪の気迫に押し切られてしまった。ラウンド16は一発勝負なので運・不運に左右されやすいが、G大阪のような大きなクラブが、3年連続でラウンド16で敗退となると、西野監督に批判の声が出てきても不思議ではない。

■ 安定感を欠いたGK藤ヶ谷

G大阪はGK藤ヶ谷のビッグセーブに助けられるシーンもあったが、飛び出しのミスから2度の超決定機を許すシーンもあって、安定感を欠いて落ち着きがなかった。DF内田に加えて、左サイドバックのDF武井も本職ではないので、経験のあるGK藤ヶ谷がDFラインに安心感をもたらさなといけなかったが、DF内田以上にGK藤ヶ谷が不安要素だった。

最後のシュートの場面は、DF高橋大の決断力が見事で、シュートもうまかったのは間違いないが、あれだけニアサイドを豪快に抜かれてしまうと、GKの責任になってしまう。攻撃陣もあまり出来は良くなかったので、GK藤ヶ谷だけの責任ではないが、GK藤ヶ谷のミスが目立つ試合になってしまった。

■ 「中2日」対「中3日」

勝敗を分けた要因としては、C大阪が中3日での試合だったのに対して、G大阪が中2日だったということも挙げられる。C大阪は先週末に川崎Fとホームゲームを行ったが、通常であれば土曜日(or 日曜日)に日程が組まれるところを、ACLを見越して、金曜日にホームゲームを行ったことで、中3日となって体力的に有利に働いた。

もちろん、リーグ戦の日程が組まれた時点では、C大阪がグループリーグを突破できるかどうかも、決勝トーナメントの相手がどこになるかも分かっていないが、対戦する可能性があるグループEに、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーが入っていて、メルボルンに遠征することを想定して、金曜開催に踏み切ったという。結局、となりのG大阪との対戦となったので、遠征はなくなったが、これが、大きなアドバンテージとなった。

金曜日に試合を行う場合、どうしても、土・日に比べると観客は少なくなるので、営業面を考えると痛手であり、また、アウェーチームのサポーターにとっては生で試合を観ることが困難になる。いろいろと、マイナス面がありながらも、話をまとめたC大阪と川崎Fのフロントは、いい仕事をしたといえる。



関連エントリー

 2007/08/11  【U-16日本×U-16米国】 君は宇佐美貴史を見たか? (生観戦記#12)
 2008/07/04  意外と知られていないJリーグのエピソード集(その1)
 2008/07/07  意外と知られていないJリーグのエピソード集(その2)
 2009/02/23  【PSM:C大阪×G大阪】 Jリーグの季節の到来 (生観戦記#2)
 2009/12/17  意外と知られていないJリーグのエピソード集 (その3)
 2010/11/11  【J1/J2】 BEST PLAYER (1位-5位) 2010年版
 2010/12/05  【J1】 ベストイレブン 2010年版   (J3+ 選定)
 2011/02/08  Jリーガーとその出身地 (2011年版)



おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2505-6bf2680e





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月24日
【J2】 「名古屋グランパスフィーバー(鯱ノミクス)」は巻き起こったのか?

11月23日
【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMIPに選出したのは・・・。

11月23日
【J3+アウォーズ】 2017年のJ2の優秀監督に選出したのは・・・。

11月23日
【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のベストヤングプレーヤーに選出したのは・・・。

11月22日
【Jリーグ】 契約満了になった選手について (横浜FC・北九州・山口)

11月22日
【毎年恒例:J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMVPに選出したのは・・・。

11月22日
【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (後編)

11月21日
【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (前編)

11月21日
【J2】 「主力の大量流出」を覚悟せざる得ない徳島ヴォルティス

11月21日
 2017/11/21  【Jリーグ】 契約満了になった選手について (金沢・岡山・大分)

11月20日
【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)

11月20日
【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。

11月20日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)

11月19日
【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)

11月18日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)

11月18日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?


11月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: