アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/17 【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)
 2017/07/21 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)
 2017/07/21 【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)
 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

 2017/07/24 全記事一覧(2005年-2017年)


【ACL:アレマ×C大阪】 イマイチだった松木安太郎氏 & 田畑アナ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ グループG

ACLのグループG。2勝2敗でグループ3位のセレッソ大阪がアウェーでアレマ・インドネシアと対戦。アレマ・インドネシアは1分け3敗ですでにグループリーグ敗退が決定している。長居スタジアムで行われた第1節はC大阪がFWホドリゴ・ピンパォンの2ゴールの活躍で2対1で勝利している。

C大阪は<4-2-3-1>。GKキム・ジンヒョン。DF高橋、茂庭、藤本、丸橋。MF中後、マルチネス、倉田、清武、乾。FWホドリゴ・ピンパォン。MFキム・ボギョン、DF上本は怪我のため欠場。DF藤本、MF倉田がスタメン出場。

■ C大阪が勝利

勝って最終節の山東魯能戦でグループリーグ突破を決めたいC大阪だったが、立ち上がりは低調。暑さの影響もあったのか、全体的に動きが重くて、パスミスが続いてしまう。やや押され気味であったが、前半31分に待望の先制ゴールを奪う。左サイドでボールを持ったMF乾のパスからMF倉田がヒールで落とすと、MF清武がゴール前に侵入。ダブルタッチで鮮やかに相手をかわしてから右足シュート。アウェーで貴重な先制ゴールを奪う。

さらにC大阪は前半43分にもMF乾が中央をドリブルで突破。相手DFを引きつけてから右サイドのFWホドリゴ・ピンパォンにラストパスを送ると、FWホドリゴ・ピンパォンがフリーで持ち込んでシュート。2点目を奪う。前半は2対0とC大阪がリードして折り返す。

後半開始早々にも、C大阪は左サイドを崩すとDF丸橋のクロスを中央のMF乾がボレーで決めて3点目を挙げる。さらに後半16分にもMF中後のスルーパスからMF乾が落ち着いて相手GKのタイミングを外してからシュート。4点目を挙げる。MF乾は2ゴール1アシスト。

その後もC大阪は何度も決定機を作るが、相手DFの奮闘もあって追加点は奪えず。しかしながら、4対0というスコアで圧勝。アウェーで初勝利を挙げた。もう1試合は全北が山東魯能に2対1で勝利したため、全北のグループリーグ突破が決定。C大阪は最終戦で山東魯能に勝つか引き分けると初のグループリーグ突破が決まる。

■ 勝つか、引き分けるかで突破が決定

初めてアジアのステージに挑戦しているC大阪は、今シーズン、アウェーでは4試合で3敗1分け。わずかに1ゴールしか奪えていなかったが、アレマ・インドネシアに4対0で勝利して、アウェーで初勝利。ホームで行われる山東魯能との最終節に負けなければ初のグループ突破が決まることになった。

全北は山東魯能に勝利したので4勝1敗となって2位以内が確定。全北は最終節がホームでのアレマ・インドネシア戦となるが、勝つか、引き分けるかで、グループ首位が決定する。グループリーグを首位で通過すると、決勝トーナメントの1回戦がホームゲームとなるので戦いが有利になるが、C大阪は全北を上回って首位に立つにはC大阪が勝つのはもちろんのこと、全北が負けて、さらに得失点差でも上回らないといけない。

ただ、ここまでは、全北が「+6」で、C大阪が「+3」なので、全北が1点差負け、C大阪が1点差勝ちでは得失点差で届かないことになる。したがって、この試合で、あと1点取れていればよかったが、アウェーの過酷な状況でそこまで求めるのは酷で、警告を受けて山東魯能戦は出場停止となるMFマルチネスを下げてMF山口を試したり、DF茂庭を温存したりと、調整も行った。全北がホームでアレマ・インドネシアに敗れること自体が考えにくいので、首位通過の条件は厳しいが、最終戦は、一応、得失点差のことも考えて、早い時間に先制点を奪って、したたかに追加点を狙っていきたい。

■ MF乾貴士 2ゴール1アシスト①

勝利の立役者となったのは、2ゴール1アシストのMF乾貴士。清武の先制ゴールにも絡んでおり、チームが挙げた4ゴール全てに絡む大活躍だった。

シーズン序盤は低調なパフォーマンスが続いており、ACLの第2節の山東魯能戦では前半のみで交代させられるという屈辱的を味わったが、3月末の本代表合宿に参加した頃から、著しく調子を上げてきており、今年の公式戦は8試合で4ゴール。先日のアルビレックス新潟戦でもゴールを決めており、すでに昨シーズンの公式戦のゴール数の「5」に近づいてきている。

MF乾は、シーズン前の段階から、今夏に海外のクラブに移籍するのでは?という噂があるが、今のパフォーマンスを考えるといいオファーが届くことは十分に考えられる。

■ MF乾貴士 2ゴール1アシスト②

MF乾というと、野洲高校のセクシーフットボールの典型のような選手であり、ドリブル突破とテクニックに定評があるが、運動量や守備力には課題を抱える選手という評価もあるが、実際にはそういうことはなく、昨シーズンは、むしろ、運動量や守備面での貢献が光った。C大阪に移籍してきた当初は、ほとんど守備をしなかったが、数年ですっかりと変わってしまった。

その一方で、持ち味のドリブルで相手を切り裂くようなプレーはほとんど見られなくなって、昨シーズンは、やや物足りないシーズンとなってしまった。現代サッカーでは、ドリブルで中央を突破するプレーは簡単ではないので、そういったプレーができなくなるのも仕方がないことであるが、最近のMF乾は、その得意のドリブルが復活しており、中央を突破するシーンが目立ちに目立っている。この試合の2点目となったFWホドリゴ・ピンパォンのゴールもMF乾の高速ドリブルが起点になった。

このキレキレの状態がいつまで続いくのかは分からないが、プレーヤーとして殻を破りそうな勢いがある。エースとしての自覚も出てきており、ステージが上がったような感じである。

■ DF丸橋がアシスト

MF乾の1点目のアシストしたのは左サイドバックのDF丸橋。昨シーズンの途中に左サイドバックのレギュラーに定着し、アジアカップの予備登録メンバー50人にも選ばれている期待のサイドバックであるが、今シーズンは低調なプレーが続いており、出来がいい試合を探すのが難しいほどであるが、持ち味のクロスでアシストを記録。いいきっかけにしてほしいところである。

C大阪は、両サイドバックを極端に高い位置に上げるチームであるが、MFアマラウに代わってMF中後が入った影響もあって、カウンターのケアが十分に出来ておらず、開幕から両サイドの裏を突かれるシーンが多く、サイドバックにも大きな負担がかかっている。同じようにDF高橋も苦労しているが、C大阪にとっては、サイドバックの攻撃参加は生命線であるので、何とか、周囲との連携を高めて、昨シーズンのようなパフォーマンスを期待したいところである。

■ DF扇原がデビュー

U-22日本代表にも選ばれているDF扇原がこの試合でプロデビューを果たした。昨シーズンは病気もあって戦列を離れる時期が長かったが、シーズン終盤には試合に出場できるコンディションにまで回復し、ベンチ入りも果たしていたが、なかなかデビューのチャンスはなく、公式戦の登場はお預けになっていたが、点差もあいて、DF茂庭を休ませる意味もあって、センターバックでプレーした。

ほとんど攻められるシーンがなかったので、特に目立ったシーンはなかったが、デビューできたというのはめでたいことである。センターバックでもプレーするが、C大阪としてはボランチとして期待しているようで、同じ長身dレフティのMFマルチネスの後継者になることが期待されている。MFマルチネスがいると、同じタイプを中盤に並べることになるので、やや使いづらいところもあるが、アピールを重ねてもらいたいところである。

■ 残念だった松木安太郎氏&田畑アナ

試合前は、難しい環境の中でどうなることかと思われた試合は、案の定、序盤は環境にも戸惑って本来の動きを見せられなかったC大阪であるが、先制ゴールで相手のモチベーションが落ちたこともあって、その後は余裕の展開となった。

ミスも多かったが、C大阪は4ゴールを奪っており、最終節で引き分け以上で突破が決まるというシチュエーションを作ることができたので、ミッションは達成したといえるが、中継をしたBS朝日の松木安太郎氏と田畑祐一アナにやや水を差される形になった。

確かに得失点差を考えると、ゴール数が多いに越したことはないが、ACLでは当該チーム同士の成績が最優先になるので、最終的に、得失点差が絡んでくる可能性はかなり低い。6ゴールを奪うことで暫定で首位に立てたので、意味がないとは言わないが、疲れを残さないことや、山東魯能戦で出場停止の選手が出ないことや、出場機会に恵まれていない若手にチャンスを与えることの方が大事であり、何が何でも「6点差以上」という訳でもなかったが、田畑祐一アナの実況を聞いていると、「6点差以上をつけないと失敗」のような感じを受けてしまう。

視聴者の興味をつなぐために、「6点差以上」を連呼したのかもしれないが、ACLを観ているくらいの人になると、何が優先されるべきかは分かっているので、逆効果のように思える。田畑祐一アナはともかくとして、ACLでは落ち着いた解説で好評の松木安太郎氏までも、「6点差以上」を連呼していたのはちょっと残念であった。有料ではあるが、スカパーにはレベルの高い実況アナと解説者がいるので、どうしても比較されてしまう。今後も、ACLを独占中継するのであれば、レベルアップを期待したいところである。


関連エントリー

 2007/08/11  【U-16日本×U-16米国】 君は宇佐美貴史を見たか? (生観戦記#12)
 2008/01/10  【G大阪Y×C大阪U-18】 逸材たちの競演
 2009/12/06  【J2】 ベストイレブン 2009年版   (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)
 2009/12/06  【J1】 ベストイレブン 2009年版   (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)
 2009/12/11  日本のサッカー解説者(25名)を勝手に評価する (2009年版)
 2010/11/05  日本のサッカー解説者を勝手に評価する (2010年版)
 2011/04/08  日本のサッカー解説者を勝手に評価する (2011年版)




おすすめエントリー (10記事)

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2472-90c4d902





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~

07月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月06日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月05日
【J1】 18クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)


07月05日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん