アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/12 【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。
 2017/10/12 【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。
 2017/10/13 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)
 2017/10/13 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)
 2017/10/13 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)
 2017/10/14 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)
 2017/10/14 【投票:U-17W杯】 vs ニューカレドニア戦(3戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)
 2017/10/15 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)
 2017/10/16 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)
 2017/10/16 【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。
 2017/10/16 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)
 2017/10/17 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

 2017/10/17 全記事一覧(2005年-2017年)


【日本×豪州】 ザック アジアを制する | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 決勝戦

1月7日に開幕したアジアカップもついに決勝戦をむかえた。準決勝の韓国戦をPK戦の末に勝利したザッケローニ監督率いる日本代表は2大会ぶりのファイナル。2004年の中国大会以来となる4回目のアジア制覇を目指す。一方のオーストラリアは準決勝でウズベキスタンに6対0で勝利。2度目のアジアカップ参加で初のアジア一を目指す。

日本は韓国戦で負傷したMF香川が欠場。すでにチームを離れているため誰が代わりに起用されるかが注目されたが、ザッケローニ監督はMF藤本を選択。GK川島。DF内田、吉田、今野、長友。MF遠藤、長谷部、藤本、本田圭、岡崎。FW前田。MF藤本は初スタメン出場。さらに韓国戦で出場停止だったDF吉田がスタメンに復帰。DF岩政はベンチスタートとなった。

対するオーストラリアは<4-2-2-2>。GKシュワルツァー。DFウィルクシャー、ニール、オグネノブスキ、カーニー。MFバレリ、ジェディナック、ホルマン、マッカイ。FWキューエル、ケーヒル。

■ 李忠成が決勝ゴール

勝つと2013年にブラジルで開催されるコンフェデレーションズカップの出場権が得られるファイナル。序盤はオーストラリアが高さを生かして日本ゴールに攻め込んでくる。オーストラリアはサイドでうまく2対1の形を作ってサイドを崩してクロスを入れてくる。しかし、日本はDF吉田とDF今野が跳ね返してゴールは許さない。

前半の25分過ぎあたりから、日本も落ち着いてボールを回せるようになって、徐々にリズムが出てくる。前半37分にはショートパスをつないでMF遠藤が前方に走ってダイレクトでFW前田に折り返してFW前田が左足でシュート。しかし、シュートは枠に飛ばない。結局、双方ともゴールは奪えずに0対0で前半を折り返した。

後半も立ち上がりから、徹底して2トップにボールを集めてくるオーストラリア。日本は後半11分にMF藤本に代えてDF岩政を投入。DF今野を左サイドバックに回して、DF長友を左サイドハーフに上げる。すると、後半21分にDF長友がサイドを突破し中央にクロス。MF岡崎がダイビングヘッドで合わせるが惜しくもシュートは枠を逸れる。オーストラリアは後半27分にFWキューエルが抜け出してGKと1対1のチャンスを作るが、GK川島がビッグセーブ。ゴールを許さない。0対0のままで試合は延長戦に突入する。

延長戦の前半9分に日本はFW前田に代えてFW李忠成を投入。すると、延長戦の後半4分にDF長友が左サイドを突破してクロス。これをゴール前でフリーになっていたFW李忠成が得意の左足のボレーで決めてついに日本が先制する。FW李忠成は代表初ゴール。日本はロスタイムの1分を含めて全員で守り切って1対0で勝利。見事にアジア制覇を果たした。

■ 見事なアジア制覇

オーストラリアの「フィジカル」と「空中戦の強さ」に苦しんだ日本だったが、延長戦の後半に途中出場のFW李忠成がゴールを決めて2大会ぶりにアジアを制覇し、アジア一の座を奪回した。

前半から非常に苦しい戦いとなった日本だったが、南アフリカW杯で培った粘りの戦いでオーストラリアにゴールを許さず、FW李忠成が値千金のゴール。カタール戦はDF伊野波、韓国戦はMF細貝がゴールを決めたが、今度は途中出場のFW李忠成がゴール。ザッケローニ監督の采配がズバリと当たって、勝利を引き寄せた。

決勝ゴールとなったFW李忠成のゴールは、チャンピオンズ・リーグのレバークーゼン戦のMFジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)の左足ボレーを思わせる美しさで、左サイドからのクロスに対してうまくフリーになって、得意の左足を振りぬいた。FW李忠成は初戦のカタール戦で45分間プレーしたのみで、その後は出番が回ってこなかったが、最後の最後で大仕事を見せた。大会前から、手駒の少なさが懸念されていたが、控えの選手を含めて23人全員の力を引き出して、全員でつかんだ優勝カップだった。

■ ザック采配が的中

序盤からオーストラリアのロングボール戦法に戸惑った日本は、後半11分という早い段階でMF藤本を下げてDF岩政を投入。DF今野を中央に置く3バックに変更するかと思われたが、変則的な4バックに変更。DF岩政とDF吉田という空中戦に強い選手をセンターバックに並べてオーストラリアの空中戦を封じにかかり、さらにDF長友を1列前に上げるという奇策に出た。

MF松井、MF香川が大会中に失ったことによる苦肉の策であったが、スピードで相手を翻弄できるDF長友を前にしたことで、DF長友の突破力が大いに生きる展開となって、Df長友が期待以上にオーストラリアの右サイドをズタズタに切り裂いた。前半から日本はオーストラリアに脅威を与えられるポイントがなくて、オーストラリアに圧力を与えられていなかったが、DF長友が果敢に攻めこんだことで、次第にオーストラリアはDF長友をケアせざる得なくなって、攻撃もパワーダウンしていった。

韓国戦ではやや消極的な交代で延長戦のラストに1点のリードを追い付かれてしまったが、大一番でだれも予想しなかった交代を見せたザッケローニ監督。さすがにイタリアのビッグクラブを長い間、率いてきた監督だけある。FW李忠成の投入と合わせて2つも采配をヒットさせて、日本に勝利を引き寄せた。選手たちもよく頑張ったが、ザッケローニ監督の選手起用の見事さが際立ったファイナルとなった。

■ 本田圭が大会MVP

決勝戦ではゴールに絡めなかったが、MF本田圭が大会のMVPに選出された。今大会はシリア戦のPKによる1点にとどまったが、チームリーダーとして苦しい展開となったシリア戦や韓国戦で見せたプレーは圧巻で、タフな試合で輝いたことは高く評価されるべきである。決勝戦はMF香川がいなくなってマークが集中し、思うようなプレーができない時間も長かったが、それでも、120分間、戦い続けた。

以前のMF本田圭は「自分が、自分が。」というところが強くて、それがプラスに働くことも、マイナスに働くこともあって、いい意味でも、悪い意味でも、セルフィッシュなところがあったが、今大会はMF香川、FW前田らを懸命に生かそうと奔走し、一皮も、二皮も剥けた印象がある。

同じようなフィジカルの強さを持つオーストラリアのような相手にも自分のプレーを出せるようになると、もうワンランク上の存在になれるが、このアジアカップを経て、名実ともに日本の中心選手となり、アジアサッカーの顔となった。

■ 川島の好セーブ

無失点でおさえられたのは、やはりGK川島の活躍によるところが大きかった。特に大きかったのは後半27分のFWキューエルとの1対1を防いだスーパーセーブで、GK川島が南アフリカ大会に続いてヒーローとなった。オーストラリアの高さに苦しめられたが、GK川島がモードに入っており、簡単には破れられそうもない頼もしさもあった。

ベルギーのリールセでは、失点数も多くて苦しい状況ではあるが、海外の経験は大きく、動じない強さがあった。シリア戦の退場やカタール戦のフリーキックでの失点など、いくつかの苦境もあったが、ファイナルの舞台で見事なプレーを見せた。

■ 初先発の藤本淳吾

素晴らしい結果であったが、いくつかの誤算もあった。

MF香川の代わりにスタメン出場したMF藤本だったが、前半からうまくボールに絡めなかった。MF香川は積極的にバイタルエリアでボールを受けようとするタイプで、MF香川がバイタルエリアでボールを受けて相手DFを寄せてサイドに展開して崩すのが日本の攻撃のパターンだったが、タイプが違うので仕方がないとはいえ、MF藤本は右サイドで待ってボールを受けようとすることが多かったので、なかなかボールが回ってこなかった。

これまではMF香川がいる左サイドで試合を作っており、その間に右サイドのMF岡崎がいつの間にかゴール付近にポジションを取ってシュートを狙うことが多かったが、MF藤本がうまく試合に入れなかったので、必然的に左のMF岡崎のところを起点にして攻め込むことが多くなり、MF岡崎がゴール前で良さを発揮することが出来なくなってしまった。後半11分に交代することになったが、思い切りがなくて残念な出来だった。

■ アジアのサッカー界

5対0と大勝したサウジアラビア戦を除くと、苦しい試合ばかりでどちらに転んでもおかしくない試合ばかりだったが、タフに戦った日本がタイトルを奪取した。DF中澤やDF闘莉王の不在、MF松井やMF香川の離脱など、言い訳はいくらでも出来る状況であったが、いつの間にか日本の選手たちはタフになっていた。

ただ、苦戦した要因は日本側の理由だけでなく、アジア各国がレベルアップしていることも大きい。ヨルダンやシリア、カタールといった国を相手にしても、全く油断はすることはできない。2000年のアジアカップを制したとき、「日本はアジアレベルを超越した。」と思ったが、その後、なかなか思い通りにはいかなかった。それならば、日本も含めて、アジア全体で競いあってレベルアップして、他の地域に負けない競争力をつけていきたい。今大会は、レフェリーの質の問題もあったが、アジアサッカーの可能性を感じさせる素晴らしい大会になったと思う。

■ アジアチャンピオンとして・・・

最後にホスト国のカタールも見事であった。厳かなファイナルの雰囲気を作り上げたスタジアム、華やかなセレモニーだけでなく、表彰式が終わるまで、ほとんどの観衆が席を立とうとせず、日本の、そしてオーストラリアの選手やスタッフをたたえた。これは、なかなか出来ることではない。

今大会でアジア王者の地位を奪回し、コンフェデレーションズカップへの出場も可能になった。南アフリカ大会でベスト16入り、関塚ジャパンはU-21代表で挑んだアジア大会を制し、ザッケローニ監督もアジアを制した。いい流れをいつまでも続けたい。


関連エントリー

 2011/01/10  【日本×ヨルダン】 吉田麻也の同点弾でドロースタート
 2011/01/14  【日本×シリア】 レフェリングに悩まされるも勝利をつかむ
 2011/01/18  【日本×サウジアラビア】 見えたザックジャパンの進化形
 2011/01/22  【日本×カタール】 ザックジャパン ベスト4進出
 2011/01/26  【日本×韓国】 川島永嗣の活躍で宿敵を下す

 2011/01/10  日本 - ヨルダン戦の採点  (アジアカップ・GL) 
 2011/01/14  日本 - シリア戦の採点  (アジアカップ・GL 2戦目)
 2011/01/18  日本 - サウジアラビア戦の採点  (アジアカップ・GL 3戦目)
 2011/01/22  日本 - カタール戦の採点  (アジアカップ・準々決勝)
 2011/01/26  日本 - 韓国戦 プレーヤー別採点  (日本代表編)
 2011/01/26  日本 - 韓国戦 プレーヤー別採点  (韓国代表編)







※ ブログ村 (日本代表)に登録しました。本エントリーが「面白かった。」という時だけ、投票(クリック↓)をお願いします。

にほんブログ村 日本代表





おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2305-6e43e9ff
「またまたやってきましたエセ関西弁」 「でも、ぶっちゃけ筆者はこの試合見直してないぞ」 「まあ、あんだけ労力割いて試合の分析したにも関わらず213円だったからな」 「・・・さよか、アクセスは日に1000件近くあるのに不憫な・・・」 「だから今回はモチ?...
2011/01/30(日) 14:19:28 | 日々勇往、刻々邁進
アジアカップ2011 決勝戦 日本×オーストラリア サッカーコラム読み比べ(速報版)をお届けします! ←ブログランキングに参加してます!クリックしてもらったらうれしいです!
2011/01/30(日) 03:56:41 | 院長ブログ





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月17日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編) 10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【投票:U-17W杯】 vs ニューカレドニア戦(3戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~

10月04日
【J3】 元日本代表の森岡隆三監督(ガイナーレ鳥取)は指導者としては無能なのか?

10月04日
【J3】 元日本代表の宮本恒靖監督(ガンバ大阪U-23)は指導者としては無能なのか?

10月03日
【サッカー】 不人気なサッカー解説者 (1位-10位)~5位:セルジオ越後、4位:北澤豪、3位:清水秀彦、2位:武田修宏、1位は・・・~

10月03日
【サッカー】 人気のあるサッカー解説者 (1位-10位)~5位:岡田武史、4位:福西崇史、3位:戸田和幸、2位:名波浩、1位は・・・~

10月03日
【Jリーグ】 日本を代表するダービーマッチ (1位-10位) ~3位:静岡ダービー、2位:さいたまダービー、1位は・・・。~

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J3】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月02日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手をあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J2】 2017年-2018年のオフで去就が注目される選手を10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

10月01日
【J1】 2017年-2018年の移籍市場で去就が注目されるJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月30日
【Jリーグ】 「攻撃面での貢献度が高いキーパー」というと誰だろうか? (J1編・J2編・J3編)

09月30日
【J1】 残留争いの展望 ~対戦相手が厳しいのは広島と大宮、恵まれているのは清水~

09月29日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬の歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月29日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J1】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーをあと10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J2】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月28日
【J1】 「やっぱり凄かった。」というJリーガーを10人だけ挙げてみた。

09月27日
【J2】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。

09月27日
「セレッソ大阪のばばあサポーター(@キンチョウスタジアム)」が迷惑すぎる件

09月27日
【J2】 「過小評価されがちなJリーガー」を10人だけ挙げてみた。

09月26日
【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」をあと10人だけ挙げてみた。

09月26日
【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月26日
【J1】 「過小評価されがちなJリーガー」を10人だけ挙げてみた。

09月25日
【J3】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。


09月25日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: