アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/09/19 【J2】 自動昇格争いの展望 (33節終了時点) ~8強の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~
 2018/09/20 【J2】 残留争いの展望 (33節終了時点) ~4弱の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~
 2018/09/20 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)
 2018/09/21 【U-16アジア選手権:日本 vs タイ】 FW荒木遼太郎(東福岡高)が2ゴール1アシスト。大量5ゴールで白星スタート。
 2018/09/21 【U-16アジア選手権】 日本 vs タイ 各選手の採点&寸評 (10点満点) (GL:1戦目)
 2018/09/21 【ファジアーノ岡山×京都サンガ】 価値あるドロー。FWカイオの「ひょっとこシュート」は衝撃的。
 2018/09/21 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)
 2018/09/22 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)
 2018/09/22 【清水エスパルス×ガンバ大阪】 やっと降格圏脱出!!!相手の脅威となるFWファン・ウィジョ。
 2018/09/22 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)
 2018/09/23 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)
 2018/09/23 【柏レイソル×サガン鳥栖】 大一番はドロー。神がかり的な活躍を続けるGK権田修一。
 2018/09/23 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)
 2018/09/24 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)
 2018/09/24 【ジュビロ磐田×横浜マリノス】 DF山中亮輔の左足は新生・日本代表の武器になるか。

J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #2029  2018/09/01  新生・日本代表のメンバー・23名について
 #2030  2018/09/02  U-21日本 vs U-23韓国 採点&寸評 (アジア大会:決勝)
 #2031  2018/09/03  C大阪×広島、横浜FM×柏、長崎×湘南、愛媛FC×新潟
 #2032  2018/09/04  浦和×C大阪、G大阪×川崎F、FC東京×鳥栖、山口×千葉
 #2033  2018/09/06  U-16アジア選手権のメンバー・23名について
 #2034  2018/09/07  C大阪U-23×鹿児島、仙台×清水、日本×中国、FC今治×Ho nda FC
 #2035  2018/09/08  「J1の18クラブの残り9試合 or 10試合の対戦相手の平均順位」を計算してみた。
 #2036  2018/09/09  「J2の22クラブの残り11試合 or 12試合 or 13試合の対戦相手の平均順位」を計算してみた。
 #2037  2018/09/11  【J1】 18クラブの得点パターンについて調べてみた。
 #2038  2018/09/12  【J2】 22クラブの得点パターンについて調べてみた。

 #0000  2018/09/12 全記事一覧(2005年-2018年)


【日本×韓国】 川島永嗣の活躍で宿敵を下す | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 準決勝

アジアカップの準決勝。MF香川の2ゴールの活躍もあって開催国のカタールを3対2で下して4大会連続でベスト4に進出した日本代表と、イランを延長戦の末に1対0で下した韓国代表の対戦。日本と韓国は2007年大会の3位決定戦で対戦し、このときはPK戦で韓国が勝利している。

日本は<4-2-3-1>。GK川島。DF内田、岩政、今野、長友。MF遠藤、長谷部、岡崎、本田圭、香川。FW前田。カタール戦でレッドカードを受けたDF吉田が出場停止でDF岩政が初スタメン。カタール戦で出場停止だったDF内田が右サイドバックに復帰してきた。

対する韓国も<4-2-3-1>。GKチョン・ソンリョン。DFチャ・ドゥリ、ファン・ジェウォン、チョ・ヨンヒョン、イ・ヨンピョ。MFキ・ソンヨン、イ・ヨンレ、イ・チョンヨン、パク・チソン、ク・ジャチョル。FWチ・ドンウォン。DFイ・ジョンスは出場停止。MFク・ジャチョルはここまで4ゴールを挙げており得点ランキングトップタイと好調。控えのDFカク・テヒは京都サンガ、GKキム・ジンヒョンとMFキム・ボギョンはセレッソ大阪所属のJリーガーである。

■ 1対1で延長戦に

試合の立ち上がりは予想外に日本が攻め込む。サイドから攻めて立て続けにコーナーキックを獲得する。しかし前半10分を過ぎると韓国がいい形を作り始めると、前半22分にロングフィードからDF今野と競り合ったMFパク・チソンがPKを奪う。MFキ・ソンヨンが決めて韓国が先制する。

しかし、日本もあわてずに反撃。前半36分にMF本田圭から左サイドを駆け上がったDF長友に絶妙のスルーパスが通ると、DF長友がゴールに向かってドリブル。相手を引き付けて最後は中央のFW前田にラストパス。FW前田がうまく合わせて1対1の同点に追いつく。日本は前半終了間際にもMF本田圭のパスからFW前田がゴール前でフリーになってシュートを放つが、韓国のGKチョン・ソンリョンにセーブされてしまう(判定はゴールキック)。前半は1対1の同点で折り返す。

後半の立ち上がりは日本がMF香川が前を向いて仕掛けるシーンが出てきてチャンスを作るが、徐々に運動量が減ってきて韓国ペースとなる。レフェリーがファールを取りすぎるため、日本はリズムを作れずに流れを失ってしまう。後半42分にMF香川に代えてMF細貝を投入し、トリプルボランチ気味の布陣に変更。一方の韓国はゴール前で何度かフリーキックのチャンスを得るが決められず。結局、1対1のままで延長戦に入った。

■ 日本がPK戦を制す

延長前半7分に日本はMF本田圭のスルーパスからゴール前に飛び出したMF岡崎が倒されてPKを獲得。キッカーの
MF本田圭のキックはGKの正面に飛んで防がれるが、途中出場のMF細貝が押し込んで2対1と逆転に成功する。MF細貝はAマッチで初ゴール。

勝ち越した日本は守りを重視した布陣で逃げ切りを図るが、試合終了間際に右サイドからセットプレーを与えると、混戦からDFファン・ジェウォンが押し込んで、韓国が土壇場で同点に追いつく。試合は2対2でPK戦に突入する。そのPK戦は日本のGK川島が大活躍。韓国のキックを3連続でストップし、最後はDF今野が決めて3対0という珍しいスコアでPK戦を制して、日本は2004年大会以来の決勝進出を決定させた。

■ GK川島永嗣の活躍

試合終了間際に同点に追いつかれて嫌な流れでPK戦に突入した日本だったが、GK川島の活躍で勝利。オーストラリアとウズベキスタンの勝者と決勝で対戦することになった。

「あと少しで逃げ切り」というところで追いつかれたため、雰囲気は悪かったが、日本の最初のキッカーのMF本田圭が豪快に蹴りこんで勢いをつけると、韓国の最初のキッカーのMFク・ジャチョルのシュートをGK川島がビッグセーブ。さらにMF岡崎が決めた後、韓国の2番手のMFイ・ヨンレのキックをまたしてもGK川島がストップ。これで大勢は決まった。

W杯のパラグアイ戦では5本連続で止められず悔しい思いをしたGK川島であるが、その次の機会で見事にリベンジを果たしたことになる。準々決勝のカタール戦はミスから失点したことで評価を落としており、スタメン落ちの可能性も報じられていたが、不安感を払しょくする活躍だった。

■ 前半はグッドゲーム

微妙な判定で先制点を奪われた日本であったが、前半の出来は素晴らしく、特に攻撃陣はサイドをうまく作ってチャンスを作った。

FW前田の同点ゴール以外にも、MF岡崎のヘディングシュートがポストを叩くシーンや、右サイドを崩してファーサイドのMF本田圭が合わせるシーンなど、流れるようなパスワークからサイドを崩す「日本らしい攻め」が何度も見られた。これまでの試合で問題視されていた前線の4人の関係もスムーズで、MF本田圭が右・左とサイドに流れることで中央にスペースを作って、そのスペースをMF香川らが生かして韓国守備陣を崩していった。

一方の韓国は、前半の攻撃はほとんどロングボール。FWチ・ドンウォンがまずまずの確率で競り勝っていたので、戦法としては間違いではないと思うが、エレガントさに欠けるものであり、グループリーグのオーストラリア戦ではもっと中盤からパスをつなげていたので、意外な戦い方であった。

■ 後半はバッドゲーム

前半は1対1とはいえ、日本が優勢。このままのペースでいければ、逆転ゴールは時間の問題であり、「素晴らしい内容の勝利」となったはずであるが、思うようにはいかなかった。想定外だったのは、日本の足が先に止まってきたことであり、次第に韓国のロングボールのこぼれ球を拾えなくなった。日程的には日本が有利なはずだったので、意外な展開だった。

この時間帯で、韓国がもっと圧力を加えてくれば日本にとっては危険だったが、センターフォワードのFWチ・ドンウォンを下げて、MFホン・ジョンホを投入するという交代に出て、助かった部分はある。FWチ・ドンウォンは前線でうまく競って起点になっていたので、FWチ・ドンウォンが下がったことは日本にとっては大きかった。もちろん、日本もバイタルエリアでボールを持てる回数が増えてきていたので、そこにアンカーを置きたいという韓国の考えもよく分かるが、センターフォワードがいなくなってありがたかった。

■ 韓国の執念

2対1で逃げ切れるかと思ったが、最後の最後で追いつかれてしまった。さすがに韓国の粘りは脅威であり、試合を通してラフプレーも少なくて、敗れたとはいえ韓国代表の戦い方も素晴らしいものがあった。正直、試合前は、韓国代表の力を過小評価していた部分もあって、後半はもっと日本ペースになると思ったが、彼らの動きは落ちなかった。

韓国にとって気の毒だったのは延長戦のPKの判定。前半のPKのお返しのような形になったが、リプレーを見る限り、あのプレーはファールではなかったと思う。試合の行方を大きく左右するものであり、猛抗議したくなるような判定であるが、韓国チームも過度に抗議することなく、その後もフェアに戦ったことについては、称賛したいところである。

プレーヤーではMFク・ジャチョルが危険だった。大会で4ゴールを挙げており「乗っている選手」という認識はしていたが、実際に日本と戦ってみて、フィジカルも強くて、技術もある好プレーヤーだった。後半途中にいったんMFク・ジャチョルを下げようとしたが、韓国としては下げずに正解だった。

他にはハンブルガーSVのFWソン・フンミンが目についた。2対2に追いつかれたシーンで、ペナルティエリア内でシュートチャンスを迎えたがあわてずに時間を作ってからシュートを放った。日本のDFが飛び込んできたのをうまく外してシュートを放ったことが、同点ゴールにつながった。

■ レフェリーのレベル

結果的にPK戦で勝利したが、レフェリーの質という意味ではアジアカップの5試合の中でももっとも低いものであった。日本は延長戦でPKをもらったが、それ以外では日本にとっては不利な判定が多く、アジアの盟主の座をかけて戦う試合は、両チームの選手たちの頑張りで素晴らしいものになったが、一歩、間違えると「レフェリーが試合を壊した」といわれても仕方のないゲームであった。

立ち上がりから日本が押し気味で、韓国が少し盛り返してきたところでPKの判定が下った。ボールに向かっていたのが、MFパク・チソンで、ハイボールの処理がうまいわけではないので、そこまで強くアタックする必要はなかったかもしれないが、DF今野がショルダーチャージをしてPKを取られてしまった。

リプレーで見る限りは正当なチャージに見えたが、レフェリーがPKと判断したのであるから仕方がないとはいえ、せっかく、日本と韓国というライバル国がしっかりと組んで攻め合っていただけに、0対0の状況で、両チームがどのように相手を崩していくという「せめぎあい」を見てみたかった。レフェリーに対して「空気を読んでほしかった」という気持ちは否定できない。いい試合になりかけていたところで、水を差された感じは残った。

また、PKシーン以外にも、接触プレーですぐにファールを取ってしまうので、プレーが流れないのでリズムが出なかった。「韓国びいきの笛」ではなかったが、結果、フィジカルに優る韓国有利になることが多かった。「いいディフェンス」と「ファール」は紙一重であり、手を使ったからファールという訳ではない。うまいフェリーであったならば、もっとエキサイティングな試合になったはずであり、その点では残念だった。

■ 追いつかれたこと

勝ったとはいえ、やはり1点リードで延長戦の終盤を迎えており、2対1で逃げ切らないといけない試合ではあった。韓国は延長戦の前半13分に196㎝のFWシンウクを投入。この時点で、すでに韓国の「高さのある攻撃」に戸惑っていた日本はさらにピンチに陥った。日本はMF伊野波、MF本田拓という守備的なポジションの選手を投入し、守備を固める作戦に出たが、うまく守備が機能しなかった。

この試合は、DF吉田が出場停止のためDF岩政が先発したが、韓国のロングボールに試合を通して苦しめられる結果になってしまった。韓国の攻撃はほとんどがロングボールがスタートになっており、1点目のPKを与えたシーンもロングボールが起点だった。DF岩政は良く頑張っていたが、ディフェンスラインには不満の残る試合であった。

■ 前田の同点ゴール

微妙な判定で先制ゴールを許した日本だったが、前半36分に見事な連携から同点ゴールを奪った。それまでの時間でも、いい連携で両サイドを崩せていたが、サイド攻撃が実った美しいゴールだったといえる。DF長友のスピードとドリブルのコース取りも、FW前田の飛び込みも見事で、文句のつけようのないゴールだった。

FW前田は今大会は3ゴール目。サウジアラビア戦に2ゴールを挙げたが、韓国戦のゴールで本人も自信がついたことだろう。この試合は序盤からうまく前線でタメを作っており、得意のターンで相手を外して前を向くシーンも多く、自身の代表キャリアのなかでは「ベストゲーム」といえる出来だった。  

決勝がオーストラリアになるか、ウズベキスタンになるかはわからないが、エースストライカーのゴールでカップを勝ち取ることが出来たら最高の結果となる。

■ あと1つ

大会前から「3位以内に入る」ということが最低限の目標であったので、これでクリアしたことになる。内容についてはまだまだ課題も多いとはいえ、勝ち進むことで解決した課題もいくつもあって、実りある大会になっている。W杯から続くいい流れを継続できていることも大きい。

残りは1試合。オーストラリアが決勝に進んで来たら、また「ロングボール」を警戒しなければならないが、せっかく、ここまで頑張ってきたのであるから、是非ともタイトルを勝ち取って、コンフェデの出場権を勝ち取りたいところである。苦しい試合が続いているが、流れは非常にいいので、どちらが相手になろうと、タイトル獲得の可能性は十分にあるといえる。


関連エントリー

 2011/01/10  【日本×ヨルダン】 吉田麻也の同点弾でドロースタート
 2011/01/14  【日本×シリア】 レフェリングに悩まされるも勝利をつかむ
 2011/01/18  【日本×サウジアラビア】 見えたザックジャパンの進化形
 2011/01/22  【日本×カタール】 ザックジャパン ベスト4進出

 2011/01/10  日本 - ヨルダン戦の採点  (アジアカップ・GL) 
 2011/01/14  日本 - シリア戦の採点  (アジアカップ・GL 2戦目)
 2011/01/18  日本 - サウジアラビア戦の採点  (アジアカップ・GL 3戦目)
 2011/01/22  日本 - カタール戦の採点  (アジアカップ・準々決勝)







※ ブログ村 (日本代表)に登録しました。本エントリーが「面白かった。」という時だけ、投票(クリック↓)をお願いします。

にほんブログ村 日本代表




コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/26(水) 22:09:10 | |   [編集]
空中戦に強い相手に対抗するのが岩政1人ではきつかったですね。
決勝はオーストラリアになりましたけど、場合によっては
吉田岩政と並べる事もあるかも知れませんね。
今大会日本のCBは泣き所とも言われてましたけど、
ミスしながらも何とか勝ち残っているので
良い経験を積めているのではと思います。
2011/01/26(水) 11:54:12 | URL | s  [編集]
いい試合だっただけにキ・ソンヨンの差別的なゴールパフォーマンスや本田への唾吐き行為は残念でした。
日本のメディアでは問題になってませんが黙認していいとも思えませんが・・・
2011/01/26(水) 11:42:11 | URL | coco  [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/26(水) 05:28:58 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2297-3f9cc0ed
-
管理人の承認後に表示されます
2013/04/16(火) 20:11:01 |
-
管理人の承認後に表示されます
2011/01/26(水) 05:22:40 |





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30







最近のエントリー (50記事)


09月24日
全記事一覧(2005年-2018年)

09月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


09月24日
【ジュビロ磐田×横浜マリノス】 DF山中亮輔の左足は新生・日本代表の武器になるか。

09月24日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

09月23日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

09月23日
【柏レイソル×サガン鳥栖】 大一番はドロー。神がかり的な活躍を続けるGK権田修一。

09月23日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

09月22日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)

09月22日
【清水エスパルス×ガンバ大阪】 やっと降格圏脱出!!!相手の脅威となるFWファン・ウィジョ。

09月22日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

09月21日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

09月21日
【ファジアーノ岡山×京都サンガ】 価値あるドロー。FWカイオの「ひょっとこシュート」は衝撃的。

09月21日
【U-16アジア選手権】 日本 vs タイ 各選手の採点&寸評 (10点満点) (GL:1戦目)

09月21日
【U-16アジア選手権:日本 vs タイ】 FW荒木遼太郎(東福岡高)が2ゴール1アシスト。大量5ゴールで白星スタート。

09月20日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月20日
【J2】 残留争いの展望 (33節終了時点) ~4弱の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~

09月19日
【J2】 自動昇格争いの展望 (33節終了時点) ~8強の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~

09月19日
【中学サッカー:青森山田中×日章学園中】 U-15日本代表のMF松木玖生は号泣。5連覇ならず。

09月19日
【高校サッカー】 青森山田高の10番のMF檀崎竜孔のコンサドーレ札幌への内定について

09月18日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その4)

09月18日
【モンテディオ山形×ヴァンフォーレ甲府】 覚醒中のMF小林成豪。今シーズン11ゴール目。

09月18日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その3)

09月17日
【18-19:ストーブリーグ】 DF車屋紳太郎の移籍(川崎フロンターレ)は実現するのか?

09月17日
【事実上の解任】 肯定できないヴィッセル神戸の吉田孝行監督の交代

09月16日
【J2】 2018年のMVPは誰だろうか?~有力候補はMF平戸太貴(町田ゼルビア)、GK守田達弥(松本山雅)など~

09月16日
【サガン鳥栖×サンフレッチェ広島】 充実のGK権田修一。日本代表の定位置確保を期待。

09月16日
【J2】 2018年のMIP賞(最も成長した選手)は誰だろうか?~こちらもほぼ一択の状況~

09月15日
【J2】 2018年のベストヤングプレーヤー賞は誰だろうか?~こちらは迷う必要なく一択~

09月15日
【J1】 2018年のMIP賞(最も成長した選手)は誰だろうか?~最有力候補に挙げられるのは・・・。~

09月15日
【J1】 2018年のMVP賞は誰だろうか?~最有力候補はFWパトリック(サンフレッチェ広島)、次点はGK林卓人(同)~

09月14日
【J1】 2018年のベストヤングプレーヤー賞は誰だろうか?~有力候補は東京五輪世代の4人~

09月14日
【日本代表】 ポイチJAPAN入りが期待されている未招集選手 (21位-30位)

09月13日
【日本代表】 ポイチJAPAN入りが期待されている未招集選手 (11位-20位)

09月13日
【日本代表】 ポイチJAPANに生き残ったのは誰だろうか? (当確と言えるのは・・・。)

09月12日
【日本代表】 日本テレビ系列の実況&解説は、近年、最低レベルだった。 (vs コスタリカ)

09月12日
【日本代表】 FW南野拓実とセレッソ大阪のエースナンバー8番のお話

09月12日
【日本×コスタリカ】 新しい4年間のはじまり。「8番」を背負ったFW南野拓実が躍動。

09月12日
【ポイチJAPAN】 日本 vs コスタリカ 各選手の採点&寸評 (10点満点)

09月11日
【投票】 日本 vs コスタリカで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

09月11日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年・秋)

09月11日
【アルビレックス新潟×FC岐阜】 チームを救ったのは点取り屋のFW河田篤秀。自身初のハットトリック達成。

09月11日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年・秋)

09月10日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年・秋)

09月10日
【徳島ヴォルティス×栃木SC】 J2最強の2トップ。FWピーター・ウタカ and FWバラル。

09月10日
 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年・秋)

09月09日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年・秋)

09月09日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年・秋)

09月08日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その2)

09月08日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その1)

09月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年・秋)

09月07日
【SBS杯:U-18日本×静岡ユース】 ジェフ千葉内定。193センチのGK相澤ピーターコアミ(日本文理高)が大活躍。

09月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年・秋)

09月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年・秋)

09月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年・秋)

09月05日
【JFL:FC今治×Honda FC】 強すぎる門番。37才のFW古橋達弥はまだまだ健在。

09月05日
【愛媛FC×アルビレックス新潟】 新天地で水を得た魚のように躍動するFW藤本佳希

09月05日
【日本代表】 ほぼ初代表の197センチのGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)に期待したい。

09月04日
【V・ファーレン長崎×湘南ベルマーレ】 年代別代表での活躍も期待される19才のMF石原広教

09月04日
【浦和レッズ×セレッソ大阪】 MFソウザはまだまだ過小評価されすぎている。

09月04日
【体操界:暴力&パワハラ騒動】 「本当に100対0で塚原夫妻が悪いのか?」と思った。

09月03日
【2020年の東京五輪】 森保JAPANのメンバーについて考える。 (フォワード編)

09月03日
【2020年の東京五輪】 森保JAPANのメンバーについて考える。 (アタッカー編)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: