アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/15 【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。
 2017/11/15 【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。
 2017/11/16 【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)
 2017/11/16 【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について
 2017/11/16 【J1】 残留を果たすのは清水か?甲府か?広島か?大宮か?
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)
 2017/11/17 鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。
 2017/11/18 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)
 2017/11/18 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)
 2017/11/18 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)
 2017/11/19 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)
 2017/11/19 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)
 2017/11/19 【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)

 2017/11/19 全記事一覧(2005年-2017年)


【アジアカップ:準決勝】 日韓戦の大展望 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 準々決勝

アジアカップの準決勝は韓国と対戦することになった。前回の2007年大会では3位決定戦で対戦しており、日本がボールを支配していたが、延長戦を含めて0対0で終了。結局、PK戦の末に韓国が勝利し、日本は4位と終わったという苦い思い出がある。

ただ、この試合は3位決定戦であり、近年、東アジア選手権で対戦したことはあるが、アジアカップやワールドカップ予選で、世界大会や上位進出をかけて日韓が激突したことはなくて、リアルファイトは、1997年のワールドカップ予選以来といえる。両チームともにチームを作り始めたところであり、まだチーム作りの途中ではあるが、プライドにかけても負けるわけにはいかない。

■ 韓国の守備陣

韓国チームは、ここまでは4試合で3失点とまずまずの成績であるが、盤石とは言えない。もともと、攻撃的なスタイルのチームで、先の南アフリカW杯でも、日本が4試合で2失点だったのに対して、韓国は4試合で8失点。(得点は日本が4試合で4得点、韓国が4試合で6得点。)両サイドバックが果敢に上がっていくが、その裏を取られてあっさり失点するケースも少なくない。

正GKはチョン・ソンリョン。Kリーグの城南一和に所属しており、12月末に行われたクラブW杯にも出場した日本でもお馴染みのキーパーである。190㎝と大柄な割に俊敏性もある非常にレベルの高いキーパーであるが、ポジショニング等の軽率なミスからゴールを許すシーンも見られる。グループリーグ2試合目のオーストラリア戦の失点も飛び出すタイミングが遅れて同点ゴールを許してしまった。

センターバックは、2010年途中まで鹿島アントラーズでプレーしたDFイ・ジョンスが警告累積で出場停止のため、京都サンガのDFカク・テヒの先発が濃厚。DFファン・ジェウォンとコンビを組むことになりそうだ。

まず、南アフリカW杯でも2ゴールを奪っているDFイ・ジョンスがいないのは日本にとってはありがたい。DFカク・テヒは2010年シーズンは京都サンガでプレーしたがミスも多くJ2降格の原因の一人となった選手で、安定しているとは言い難い。DFイ・ジョンスはフィードも正確で、攻撃のスタート地点になることもあったので、韓国としては痛手である。

とはいっても、伝統的に韓国のセンターバックはハイボールには強くて、サイドから単純にクロスを上げただけでは競り勝つことは難しい。DFカク・テヒも空中戦には非常に強い選手である。日本は機動力を生かして攻め込みたいが、韓国のセンターバックはラフなところもあるので、いい位置でセットプレーをもらえれば得点チャンスは膨らむだろう。

サイドバックは右がDFチャ・ドゥリ、左がDFイ・ヨンピョという2002年の代表戦士が入っている。スコットランドリーグのセルティックでプレーするDFチャ・ドゥリの父親はアジアサッカー史上最高の選手とも言われる車範根(チャ・ボングン)氏。ブンデスリーガで通算95ゴールを記録している名選手である。このDFチャ・ドゥリのスピードとパワーは圧倒的で、果敢なオーバーラップは迫力十分で脅威を与えるだろう。マッチアップするDF長友との体格差が心配であるが、クロスの精度はそれほど高くはなくて、本職がフォワードなので守備で危なっかしいところもある。身体能力は脅威であるが、狙い目ではある。

一方、左サイドのDFイ・ヨンピョはテクニックのある選手で、シザーズ・フェイントからクロスを上げるのが得意。パス出しも出来るが、176㎝と韓国の最終ラインの中では小さい選手なので、最終ラインからロングボールを蹴るときは彼のスペースに蹴って勝負したいところである。

■ 韓国の中盤①

キーとなる中盤は、MFパク・チソン、MFク・ジャチョル、MFイ・チョンヨンが攻撃的な位置に入る。右にMFイ・チョンヨン、中央にMFパク・チソン、左がMFク・ジャチョルとなることが多いが、MFパク・チソンとMFク・ジャチョルはポジションチェンジも多く、ポジションにとらわれない動きを見せる。

マンチェスター・ユナイテッドでプレーするMFパク・チソンは、現時点でアジア最高の選手であり、マンチェスター・ユナイテッドでは、常にスタメンというわけではないが、貴重な戦力となっておりファーガソン監督にも重宝されている。

武器は世界最高レベルといえる「運動量の多さ」であり、攻守ともに献身的である。近年は、攻撃的なセンスも備えるようになってきており、バイタルエリアでボールをもらうのがうまくて体の使い方も巧み。いい位置でファールをゲットすることも多い。MFパク・チソンがバイタルエリアでボールを持つと、韓国の選手は次々と上がってくるので攻撃に厚みが出るので要注意である。ただ、「パスセンス」や「決定力」は最上級という訳ではないので、MFパク・チソンだけを警戒しすぎるのも危険である。

一方、MFク・ジャチョルは今大会で4ゴールを挙げている選手で、乗っている選手である。今大会で韓国が挙げた8ゴールのうちの4ゴールを記録しており、フィニッシュに絡む動きを警戒したい。プレミアリーグのボルトンでプレーするMFイ・チョンヨンは典型的なサイドアタッカーで、ボルトンでもレギュラーポジションを確保している。身体能力が高く、ドリブル、パス、シュートとどれもハイレベルである。右サイドにポジションを取ることが多いが、左サイドからのクロスに対して中に入ってきてシュートを狙うことも多い。ヘディングも強いので怖い選手の一人である。

■ 韓国の中盤②

ダブルボランチはMFキ・ソンヨンが下がり目で、レフティのMFイ・ヨンレが前目に位置する。スコットランドのセルティックでプレーするMFキ・ソンヨンはスケールの大きなセンターハーフで、186㎝の長身。ロンドン世代でもある。武器は右足のキックの精度の高さで、韓国の攻撃はMFキ・ソンヨンを経由することが多い。

警戒したいのはセットプレー。ほとんどの場合、MFキ・ソンヨンがキッカーとなるが、高確率で精度の高いボールが入ってくる。南アフリカでもMFキ・ソンヨンのセットプレーからゴールが生まれているので、セットプレーはもっとも注意したい。

一方で、運動量はそれほど多いわけではなく、クイックネスに優れているわけでもない。コンビを組むMFイ・ヨンレが積極的に攻撃に参加するため、MFキ・ソンヨンが中盤で一人で残っていることが多いが、相手のカウンターのときに、枚数が足りなくなってピンチになるケースは多い。日本は「カウンター」になったときは大きなチャンスとなる。

■ 韓国の前線

フォワードは1トップ。南アフリカ大会ではFWパク・チュヨンが入っていたが、モナコでの試合中に負傷。アジアカップは当初の23人のメンバーには入っていたが、欠場することになった。

代わって起用されているのは19歳のFWチ・ドンウォン。186㎝と大きな選手であるが運動量もあって、フォワードの軸として起用されている。ただ、ストライカーとしてのセンスは、それほど高いとは感じない。サイドに流れたり、中盤まで下がってきて、起点となる動きをしてくるが、日本としては確実につぶしたいところ。DF岩政とマッチアップすることになるだろうが、特に、高さ勝負になったときは確実に跳ね返したい。

準々決勝のイラン戦では、FWチ・ドンウォンを目掛けてロングボールを蹴ることが多かった。日本のプレスに対して韓国がどういう対処をしてくるかは分からないが、FWチ・ドンウォンのところをつぶしてしまえば、それほど怖い攻撃にはならない。FWチ・ドンウォンのところでキープされて、MFパク・チソンあたりに前を向いてボールが渡ると大ピンチになるので、DF岩政の役割は重要である。

■ 試合展開

試合展開としては、これまでの試合と同様に、韓国は立ち上がりからフルパワーで入ってくるだろう。韓国のプレスは強烈なので、このプレスを日本がどう対応できるかが最初のポイントになる。MF遠藤やDF内田らを中心に落ち着いてボールを回せるか?リスクを避けるために最終ラインからロングボールを蹴ってプレッシャーが弱まるのを待つのも1つのアイディアである。不用意に中盤で奪われると、開始早々に韓国に先制ゴールを許す最悪の展開になるかもしれない。

安全策として、ロングボールを多用する場合、前線のFW前田やMF本田圭がどれだけのマイボールに出来るかも、勝負の分かれ目になる。ロングボールを蹴ってもすぐに跳ね返されると、相手のペースになってしまうので、前線の二人の出来も試合の行方を左右するだろう。

日本としては最初の30分は「0対0」でもOKである。序盤は韓国が押し気味になることが予想されるが、韓国というチームは「得点力」が高いわけではないので、先制ゴールを狙って押し込んできても、結果的にゴールが奪えずにリズムを失っていくケースが多い。また、必ずと言っていいほど、後半途中になると足が止まってくるので、日本がボールを支配できる時間がやって来るはずである。

日本が有利な点は、

 ・中3日という日程
 ・攻撃のバリエーションの多さと決定力
 ・中盤のボール回し

である。

韓国にはMF遠藤のようなボールを落ち着かせることの出来る選手はいないので、とにかく一本調子で来るだろう。序盤は韓国の勢いを殺すようなプレーをして、出来れば試合を落ち着かせたい。韓国はMFユン・ピッカラムがイラン戦で途中出場して決勝ゴールを挙げたが、他に目立った交代カードはなくて、行き詰ったときに流れを変えられるカードは持っていないので、日本のペースに持っていくことができれば、自然と得点チャンスは生まれてくるはずである。

日本も国際経験の乏しい選手が何人かいるが、韓国も同様であり、日本のキーマンはDF内田、DF岩政、MF本田圭、FW前田の名前を挙げておきたい。10月のアウェーの日韓戦を見る限り、勝機は十分にあるだろう。大勝利を期待したいところである。


関連エントリー

 2010/02/07  【東アジア選手権:日本×中国】 寒い中でのお寒い試合 (生観戦記 #2)
 2010/02/11  【東アジア選手権:日本×香港】 日本代表チームに関する幻想
 2010/02/14  【東アジア選手権:日本×韓国】 アジアレベルから世界基準へ・・・
 2010/05/24  【日本×韓国】 グッドバイ 中村俊輔
 2010/10/11  【U-19日本×U-19韓国】 布ジャパンの歴史的な惨敗
 2010/10/12  【韓国×日本】 日韓対決はスコアレスドロー
 2010/10/25  【サッカー書評①】 『日本サッカー現場検証 あの0トップを読み解く』 (杉山茂樹氏)



おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2294-29700720





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月19日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)

11月18日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)

11月18日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿島アントラーズ編)

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC東京編)

11月01日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (GK編) ~3位:GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)、2位:GKカミンスキー(ジュビロ磐田)、1位は・・・。~

10月31日
【J1】 クルピ監督(元セレッソ大阪→ガンバ大阪)が成功するための2つの条件

10月31日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (フォワード編)

10月31日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (下) (アタッカー編)

10月30日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (アタッカー編)

10月30日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (京都サンガ編)

10月29日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (ボランチ編)


10月29日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: