アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/09/20 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)
 2018/09/21 【ファジアーノ岡山×京都サンガ】 価値あるドロー。FWカイオの「ひょっとこシュート」は衝撃的。
 2018/09/21 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)
 2018/09/22 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)
 2018/09/22 【清水エスパルス×ガンバ大阪】 やっと降格圏脱出!!!相手の脅威となるFWファン・ウィジョ。
 2018/09/22 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)
 2018/09/23 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)
 2018/09/23 【柏レイソル×サガン鳥栖】 大一番はドロー。神がかり的な活躍を続けるGK権田修一。
 2018/09/23 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)
 2018/09/24 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)
 2018/09/24 【ジュビロ磐田×横浜マリノス】 DF山中亮輔の左足は新生・日本代表の武器になるか。
 2018/09/24 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜Fマリノス編)
 2018/09/25 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)
 2018/09/25 【V・ファーレン長崎×ベガルタ仙台】 奇跡の逆転残留へ・・・。決勝ゴールを決めたのはMF澤田崇。
 2018/09/25 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ジュビロ磐田編)

J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #2029  2018/09/01  新生・日本代表のメンバー・23名について
 #2030  2018/09/02  U-21日本 vs U-23韓国 採点&寸評 (アジア大会:決勝)
 #2031  2018/09/03  C大阪×広島、横浜FM×柏、長崎×湘南、愛媛FC×新潟
 #2032  2018/09/04  浦和×C大阪、G大阪×川崎F、FC東京×鳥栖、山口×千葉
 #2033  2018/09/06  U-16アジア選手権のメンバー・23名について
 #2034  2018/09/07  C大阪U-23×鹿児島、仙台×清水、日本×中国、FC今治×Ho nda FC
 #2035  2018/09/08  「J1の18クラブの残り9試合 or 10試合の対戦相手の平均順位」を計算してみた。
 #2036  2018/09/09  「J2の22クラブの残り11試合 or 12試合 or 13試合の対戦相手の平均順位」を計算してみた。
 #2037  2018/09/11  【J1】 18クラブの得点パターンについて調べてみた。
 #2038  2018/09/12  【J2】 22クラブの得点パターンについて調べてみた。

 #0000  2018/09/12 全記事一覧(2005年-2018年)


【日本×カタール】 ザックジャパン ベスト4進出  | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 準々決勝

アジアカップの準々決勝。地元のカタールと日本の対戦。準々決勝は、他に、ウズベキスタンとヨルダン、韓国とイラン、オーストラリアとイラクの試合が行われる。日本とカタールの過去の対戦は1勝2敗4分けとカタールが勝ち越している。カタールはグループリーグは2勝1敗の2位で進出してきた。

日本は<4-2-3-1>。GK川島。DF伊野波、吉田、今野、長友。MF遠藤、長谷部、岡崎、本田圭、香川。FW前田。サウジアラビア戦に出場できなかったGK川島、MF本田圭がスタメンに復帰。DF内田は出場停止。右サイドバックはDF伊野波が入った。カタールは帰化した選手が23人のうち5人もメンバーに入っており、特にウルグアイ出身のFWセバスチャンが要注意人物である。

■ 前半は1対1

立ち上がりの日本はやや低調。ミスが目立っていい形を作れない。すると前半12分にカタールのロングボールに対してオフサイドを取れずにFWセバスチャンがフリーで抜け出す。DF吉田が対応するがかわされて左足でシュート。これが決まってカタールが先制する。ロングボールに対してオフサイドトラップをかけたが、手前サイドのDF伊野波が残っていたのでオフサイドではなかった。

リードを許した日本だったが、前半28分に中央でMF本田圭がボールを持って右サイドのMF岡崎へ浮き球のパス。MF岡崎がループでシュートを狙うと、最後は逆サイドのMF香川が頭で押し込んで1対1の同点に追いつく。MF香川はアジアカップは初ゴール。Aマッチでは9月のパラグアイ戦以来の通算4ゴール目となった。前半は1対1で折り返す。

■ 伊野波が逆転ゴール

後半は立ち上がりからカタールがペースを握る。後半16分には日本のパスミスから左サイドに引き出されたDF吉田が相手を倒したとして2枚目のイエローカードを受けて退場。10人になってしまう。日本はすぐにDF岩政を投入する準備を始めたが、直後の右サイドからのフリーキックを直接決められて1対2と再びリードを許す。

10人になった日本はFW前田を下げてDF岩政を投入。MF本田圭の1トップ気味の布陣にする。苦しい展開になったが、後半25分にMF本田圭のパスからMF岡崎が抜け出すと、こぼれ球をMF香川が相手DFをかわしてGKと1対1になると、落ち着いて左足でシュート。これが決まって2対2の同点に追いつく。

さらに、日本は後半44分にもMF長谷部のパスからMF香川が裏に抜け出すと、最後はGKもかわしてシュート体勢に入る。これは相手にブロックされるが、DF伊野波がこぼれたボールを無人のゴールに流し込んで3対2と逆転に成功する。DF伊野波は代表初ゴール。MF香川は3ゴールに絡む活躍。

その後、MF香川に代えてDF永田を投入。5バック気味の布陣に変更してリードを守ろうとする。最後にセットプレーが続いたが、何とか逃げ切って、日本が3対2で劇的な逆転勝利。見事に準決勝進出を決めて、イランと韓国の勝者と決勝進出をかけて対戦することになった。一方のカタールは、地元開催のアジアカップは「ベスト8」という戦績で終えることになった。

■ アウェーに苦しむ

明らかなミスジャッジはなかったが、イーブンのプレーではほとんどがカタール有利となる地元びいきのレフェリングに苦しめられて後半途中で10人になってしまったが、素晴らしい粘りで逆転勝利を飾って最低限のノルマであるベスト4進出を決めた。DF吉田が退場になった直後のフリーキックを決められたときは「ダメか。」と思ったが、後半25分のMF香川の同点ゴールが非常に大きかった。

シリア戦でも感じられたことであるが、中東のチームは勢いに乗ったときはもの凄い力を発揮するが、ちょっと劣勢になると必要以上に落胆する傾向がある。日本が同点に追いついた時点では「2対2」のスコアであり、カタールが数的優位な状況だったにもかからわず、もう一度、モチベーションを上げることが出来ずに、飲まれたままで試合を進めて、DF伊野波に決勝ゴールを決められてしまった。

ジャッジに味方されたとはいえ、カタールは帰化選手も多く、技術的には優れた選手も多い好チームであった。ただ、まだ寄せ集めの感じは否めない。地元で行われるW杯は11年後となるが、2022年までにどれだけまとまりのあるチームを作れるかだろう。もちろん、2022年の前に自力でワールドカップ出場を果たしてから、自国開催を迎えないといけないというプレッシャーもある。今後、カタールにも注目していかなければならない。

■ 失点のシーン

カタールの先制ゴールのシーンはDF伊野波のポジショニングミスがあったことに加えて、DF吉田のFWセバスチャンへの対応も軽くて、防ぐことのできた悔やまれる失点だった。DF伊野波は代表では2試合目であり、連携が十分ではなかったのだろうか。リプレーで見る限りは、明らかにオンサイドであり、副審はよくジャッジしたといえる。

2失点目は10人になった直後で、うまく意思統一がされていないところに、際どいボールが入ってきて防ぐことが出来なかった。壁の枚数は「1枚だけ」だったが、これが妥当だったかも議論の余地はあるが、GK川島のポジションも理解できないものであり、もったいない失点ではあった。

今大会はこれで4失点となったが、すべて複数個のミスが絡んだときの失点であり、イージーなミスが出て試合を苦しくしている点は気になるところである。準決勝では気を付けないと取り返しのつかないことになる。

■ 香川が2ゴール

試合を決めたのは、グループリーグでは不発だったMF香川。これまでは「らしいプレー」があまり見せられていなかったが、大事な試合で2ゴールをマーク。さらに決勝ゴールとなったDF伊野波のゴールもMF香川がお膳立てしたものであり、3つのゴール全てに絡む活躍だった。まだ、中盤のエリアで不用意なミスも多いが、ゴール前で力を発揮できるのは強みであり、ようやく「10番」の仕事を果たしたといえる。

大きかったのはやはり2点目の同点ゴールである。狭いスペースでボールを扱う技術は日本人の中ではずば抜けており、相手をドリブルでかわしてから利き足ではない左足でシュートに持っていけるのも魅力である。10人になったことで、「1トップ+3人」から「1トップ+2人」になって、ポジションが左サイドから中央よりになったこともMF香川が生きた理由だった。

終盤になってリードしているチームは人数をかけてスペースを消して守りきるので、なかなか中央をこじ開けるのは難しいが、2点目のゴールはまさしく「こじ開けたゴール」であり、これまでの日本代表では見られなかった形のゴールである。「点が獲れないこと」が大きく報道されていたが、これで吹っ切れるだろう。「20億円以上」という話も出てきている移籍金の値段分の価値を示したといえるだろう。

■ 好調を維持する岡崎

日本はMF岡崎がサウジアラビア戦に続いて右サイドで先発出場。この日も、前半から裏への飛び出しが抜群で、何度も惜しいシーンを作った。右サイドが基本のポジションであるが、中央や左に進出してくるので、相手にとってはマークがしずらい。MF香川の1点目のゴールはMF岡崎のゴールといっても差し支えないものであり、今大会、多くのゴールに絡んでいる。

MF岡崎の良さは、点を取るだけでなく、「それ以外の仕事もこなしつつシュートシーンに絡むことが出来る点」にある。運動量も豊富なので、MF岡崎が右サイドからポジションを変えていっても、そのMF岡崎のスペースを守備のときに突かれることもほとんどない。非常にいい状態を保っており、アジアカップの後、ドイツのシュツットガルトへの移籍が濃厚になっているが、新天地でもいいパフォーマンスを見せられるのではないだろうか。

■ 前田は起点になれず

一方で、FW前田はこの試合はうまく起点になれなかった。レフェリーがカタールのファールをあまりとらなかったこともあって、カタールのディフェンダーが思い切ってFW前田にアタックできたという理由もあるが、パスの精度を欠いて味方に合わないシーンが多かった。サウジアラビア戦で2ゴールの活躍を見せて波に乗ってきたかと思われたが、この日は持ち味を発揮できなかった。

シリア戦に続いて10人になったことでFW前田がDF岩政と交代になったが、10人になったことでスペースが出来て、MF香川やMF岡崎もMF本田も負担は大きくなったが、動ける範囲が広がるので、やりやすそうにプレーできていた。

ザッケローニ監督の考え次第であるが、次の試合は攻撃力のあるイランか、韓国が相手となる。MF本田拓かMF細貝をアンカーに置いて、<4-1-2-2-1>で、MF本田圭の1トップで、その下にMF岡崎とMF香川を並べるというのも効果的かもしれない。

■ 決勝ゴールは伊野波

決勝ゴールを決めたのはDF伊野波。こぼれたボールに反応して、無人のゴールに流し込んだ。DF内田の代わりに先発で出場したが、攻守にミスが多く、危ないシーンも多かったが、最後の最後で大仕事をしたといえる。

もともと、キックの精度は高い選手であるが、慣れていないサイドバックでのプレーということで、後半は疲れていたのか、クロスの精度が落ちてしまった。このままでは「苦い先発デビュー」になってしまうところであったが、いいところにボールがこぼれてきて、一転して「大ヒーロー」になった。主役のMF香川やMF本田圭らがゴールを決めるとチームは落ち着くが、予期せぬ脇役が大事なところでゴールを決めると、チームは乗っていくことが出来る。

もし延長になっていたら、疲労もたまっており苦しい展開になったことは確実だったので、チームを救う上でも、自身を救う上でも、価値あるゴールとなった。

■ 苦しんだ吉田麻也

一方で、DF吉田はFWセバスチャンへの対応で苦しんだ。後半開始早々にファールでイエローカードを受けたときから「危ない雰囲気」はあったが、後半17分に微妙な判定で2枚目のカードを受けてしまった。

FWセバスチャンは体の使い方もうまくて、接触プレーがあるとすぐに倒れてフリーキックを得ようとしていた。もともとそういうプレースタイルなのか、この試合のレフェリーの傾向を考えたクレバーなプレーだったのかは分からないが、何度かこの二人がもつれるシーンがあって、いつ2枚目のカードが出てもおかしくない雰囲気になっていた。

DF岩政がベンチに控えているので、ザッケローニ監督が選手交代をするかな?と思ったが、さすがに延長も考えるとセンターバックでカードを切るわけにもいかず、そのままDF吉田にプレーさせたが、早い時間帯に2枚目のカードをもらってしまった。DF吉田にとってはいい経験になっただろう。

■ これでベスト4

これでベスト4。シリア戦に続いて苦しい試合となったが、南アフリカW杯で得た自信は大きいのか、退場者が出ても、不利なジャッジが続いても、全く動じない「精神的な強さ」が見られるようになってきた。中心はキャプテンのMF長谷部であり、10人になっても日本が攻めることが出来たのは、ボランチの位置で獅子奮迅の活躍を見せたMF長谷部の活躍による部分も大きかった。

次の試合はDF吉田が出場停止。そのままDF岩政が先発となって、さらにDF伊野波に代わってDF内田がスタメンに戻ってくることだろう。まだザッケローニ監督になってから7試合目ということもあって、チームの完成度は高くはないが、気持ちの入ったプレーを見せており、苦しい試合を勝ちきってきたという流れも非常にいい。イラン、韓国、オーストラリアといったチームは非常に強いが、2004年以来のアジア制覇を期待したいところである。


関連エントリー (アジアカップ)

 2011/01/10  【日本×ヨルダン】 吉田麻也の同点弾でドロースタート
 2011/01/10  ヨルダン戦の採点  (アジアカップ・GL) 
 2011/01/14  【日本×シリア】 レフェリングに悩まされるも勝利をつかむ
 2011/01/14  シリア戦の採点  (アジアカップ・GL 2戦目)
 2011/01/18  【日本×サウジアラビア】 見えたザックジャパンの進化形
 2011/01/18  サウジアラビア戦の採点  (アジアカップ・GL 3戦目)






コメント

本田と岡崎の縦の関係はいいですねー
日本の新たな武器ではないでしょうか

もちろんそこに香川が加わり、本田も積極的なミドルなんかで本来の攻撃センスを活かせれば文句なしですね!!

吉田の守備の軽さは目に付きましたが、やっぱり189cmというのは魅力的。これを苦い経験として次に繋げてほしい!
2011/01/22(土) 11:18:26 | URL | ゆう  [編集]
香川の2ゴールは素晴らしかったです!!
特に2点目のゴールはよかった!!
これで日本代表は準決勝進出なので、
次の試合もがんばってほしいです!
2011/01/22(土) 02:45:55 | URL | furyu1000  [編集]
香川・本田・岡崎の3人は本当に素晴らしかった

優勝目指して頑張れ日本!
2011/01/22(土) 02:28:01 | URL | No Name  [編集]
吉田退場でまじ焦ったけど、
とりあえず勝ててよかった!

今年は優勝してほしい!
2011/01/22(土) 02:10:54 | URL | サッカー小僧 ほった  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2289-64e3c026





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30







最近のエントリー (50記事)


09月25日
全記事一覧(2005年-2018年)

09月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


09月25日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

09月24日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜Fマリノス編)

09月24日
【ジュビロ磐田×横浜マリノス】 DF山中亮輔の左足は新生・日本代表の武器になるか。

09月24日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

09月23日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

09月23日
【柏レイソル×サガン鳥栖】 大一番はドロー。神がかり的な活躍を続けるGK権田修一。

09月23日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

09月22日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)

09月22日
【清水エスパルス×ガンバ大阪】 やっと降格圏脱出!!!相手の脅威となるFWファン・ウィジョ。

09月22日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

09月21日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

09月21日
【ファジアーノ岡山×京都サンガ】 価値あるドロー。FWカイオの「ひょっとこシュート」は衝撃的。

09月21日
【U-16アジア選手権】 日本 vs タイ 各選手の採点&寸評 (10点満点) (GL:1戦目)

09月21日
【U-16アジア選手権:日本 vs タイ】 FW荒木遼太郎(東福岡高)が2ゴール1アシスト。大量5ゴールで白星スタート。

09月20日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月20日
【J2】 残留争いの展望 (33節終了時点) ~4弱の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~

09月19日
【J2】 自動昇格争いの展望 (33節終了時点) ~8強の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~

09月19日
【中学サッカー:青森山田中×日章学園中】 U-15日本代表のMF松木玖生は号泣。5連覇ならず。

09月19日
【高校サッカー】 青森山田高の10番のMF檀崎竜孔のコンサドーレ札幌への内定について

09月18日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その4)

09月18日
【モンテディオ山形×ヴァンフォーレ甲府】 覚醒中のMF小林成豪。今シーズン11ゴール目。

09月18日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その3)

09月17日
【18-19:ストーブリーグ】 DF車屋紳太郎の移籍(川崎フロンターレ)は実現するのか?

09月17日
【事実上の解任】 肯定できないヴィッセル神戸の吉田孝行監督の交代

09月16日
【J2】 2018年のMVPは誰だろうか?~有力候補はMF平戸太貴(町田ゼルビア)、GK守田達弥(松本山雅)など~

09月16日
【サガン鳥栖×サンフレッチェ広島】 充実のGK権田修一。日本代表の定位置確保を期待。

09月16日
【J2】 2018年のMIP賞(最も成長した選手)は誰だろうか?~こちらもほぼ一択の状況~

09月15日
【J2】 2018年のベストヤングプレーヤー賞は誰だろうか?~こちらは迷う必要なく一択~

09月15日
【J1】 2018年のMIP賞(最も成長した選手)は誰だろうか?~最有力候補に挙げられるのは・・・。~

09月15日
【J1】 2018年のMVP賞は誰だろうか?~最有力候補はFWパトリック(サンフレッチェ広島)、次点はGK林卓人(同)~

09月14日
【J1】 2018年のベストヤングプレーヤー賞は誰だろうか?~有力候補は東京五輪世代の4人~

09月14日
【日本代表】 ポイチJAPAN入りが期待されている未招集選手 (21位-30位)

09月13日
【日本代表】 ポイチJAPAN入りが期待されている未招集選手 (11位-20位)

09月13日
【日本代表】 ポイチJAPANに生き残ったのは誰だろうか? (当確と言えるのは・・・。)

09月12日
【日本代表】 日本テレビ系列の実況&解説は、近年、最低レベルだった。 (vs コスタリカ)

09月12日
【日本代表】 FW南野拓実とセレッソ大阪のエースナンバー8番のお話

09月12日
【日本×コスタリカ】 新しい4年間のはじまり。「8番」を背負ったFW南野拓実が躍動。

09月12日
【ポイチJAPAN】 日本 vs コスタリカ 各選手の採点&寸評 (10点満点)

09月11日
【投票】 日本 vs コスタリカで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

09月11日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年・秋)

09月11日
【アルビレックス新潟×FC岐阜】 チームを救ったのは点取り屋のFW河田篤秀。自身初のハットトリック達成。

09月11日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年・秋)

09月10日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年・秋)

09月10日
【徳島ヴォルティス×栃木SC】 J2最強の2トップ。FWピーター・ウタカ and FWバラル。

09月10日
 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年・秋)

09月09日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年・秋)

09月09日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年・秋)

09月08日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その2)

09月08日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その1)

09月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年・秋)

09月07日
【SBS杯:U-18日本×静岡ユース】 ジェフ千葉内定。193センチのGK相澤ピーターコアミ(日本文理高)が大活躍。

09月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年・秋)

09月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年・秋)

09月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年・秋)

09月05日
【JFL:FC今治×Honda FC】 強すぎる門番。37才のFW古橋達弥はまだまだ健在。

09月05日
【愛媛FC×アルビレックス新潟】 新天地で水を得た魚のように躍動するFW藤本佳希

09月05日
【日本代表】 ほぼ初代表の197センチのGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)に期待したい。

09月04日
【V・ファーレン長崎×湘南ベルマーレ】 年代別代表での活躍も期待される19才のMF石原広教

09月04日
【浦和レッズ×セレッソ大阪】 MFソウザはまだまだ過小評価されすぎている。

09月04日
【体操界:暴力&パワハラ騒動】 「本当に100対0で塚原夫妻が悪いのか?」と思った。



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: