アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/03/23 【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~自動昇格争いに絡んでくるのはどのクラブか?~
 2017/03/23 【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~プレーオフ争いに絡んでくるのはどのクラブか?~
 2017/03/24 【投票受付中】 vs UAEで「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか? → 2354票
 2017/03/24 【アジア最終予選:UAE×日本】 日本最高峰のボランチであることを証明したMF今野泰幸
 2017/03/24 【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~残留争いに絡んでくるのはどのクラブか?~
 2017/03/25 【日本代表】 ハリルJAPANが最速(=2017年6月13日)でW杯出場を決めるための条件を整理してみた。
 2017/03/25 「韓国代表がW杯の出場権を逃す可能性は決して低くはない。」という話
 2017/03/26 【日本代表】 UAE戦(Away)のMF今野泰幸(ガンバ大阪)をどう評価するべきか?
 2017/03/26 【日本代表】 ハリルホジッチ体制での出場時間のベスト10を調べてみた。~6位は本田圭佑、5位は山口蛍、4位は西川周作、3位は長谷部誠、1位と2位は・・・~
 2017/03/27 【日本代表】 ハリルホジッチ体制での「ゴールに絡んだ回数のベスト10」を調べてみた。~5位はMF原口元気とMF宇佐美貴史、4位はFW岡崎慎司、3位はMF香川真司、1位と2位は・・・・~

 2017/03/28 【投票受付中】 vs タイで「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか? → 809票
 2017/03/29 【アジア最終予選:日本×タイ】 フル代表の主役に躍り出たのは23歳のMF久保裕也
 2017/03/29 【日本代表】 ボランチのDF酒井高徳はフル代表レベルとは言えず。
 2017/03/30 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

 2017/03/30 全記事一覧(2005年-2017年)


【日本×サウジアラビア】 見えたザックジャパンの進化形 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 最終節

グループBの最終節。1勝1分けの日本と、2敗のサウジアラビアの対戦。サウジアラビアは2連敗ですでにグループリーグ敗退が決定している。日本は引き分け以上で自力でのグループ突破が決定。敗れてもヨルダンがシリアに勝利するとグループ2位で勝ち抜けとなる。グループAはウズベキスタンが1位、地元カタールが2位になったので、日本は1位通過の場合はカタール、2位通過の場合はウズベキスタンと対戦することになる。

日本は<4-2-3-1>。GK西川。DF内田、吉田、今野、長友。MF遠藤、長谷部、岡崎、柏木、香川。FW前田。シリア戦でレッドカードを受けたGK川島が出場停止でGK西川がスタメン。MF松井、MF本田圭が怪我のためスタメンを外れて、MF柏木とMF岡崎がスタメン出場。MF松井は肉離れのため、チームから離れることになった。

■ 日本が完勝

引き分け以上で突破の決まる日本は前半8分に左サイドでボールを回して時間を作ると、MF遠藤の縦パスからうまく裏に飛び出したMF岡崎が飛び出してきたGKの頭上を越えるシュート。これで完全にゴール前でフリーになると、難なくゴールに流し込んで日本が先制する。さらに前半13分にも左サイドでタメを作って切り替えしたMF香川の右足のクロスをファーサイドのMF岡崎がヘディングで決めて2点目。序盤で2点リードを奪う。

止まらない日本は前半19分にもMF柏木のパスから左サイドを駆け上がったDF長友のニアへのクロス。FW前田がうまく右足のアウトサイドで決めて3点目。早々と試合を決定付ける。FW前田はアジアカップでは初ゴール。代表では3ゴール目となった。その後、ややペースダウンした日本は4点目こそ奪えなかったが、3対0と大量リードで前半を折り返した。

後半も日本が攻め込む。後半6分にはDF内田に代わって出場したDF伊野波の右からのクロスをFW前田が頭で合わせて4点目を挙げると、後半35分にはFW前田のパスからMF岡崎がうまいターンからシュートを決めて5点目を挙げる。MF岡崎はハットトリックを達成。FW前田は2ゴール1アシスト。

結局、5対0でサウジアラビアを下した日本が2勝1分けでグループ首位通過を決めて、準々決勝で地元のカタールと対戦することになった。一方のサウジアラビアはまさかの3連敗。グループ最下位でアジアカップを終えることになった。

■ 理想的な展開

すでにグループリーグでの敗退が決定しているサウジアラビアを相手に日本が5対0というかつてないほどのスコアで大勝。引き分け以上でOKというシチュエーションだったが、序盤に3点を奪ったことで非常に楽な展開となった。

3対0とリードした後半は準々決勝で出場停止となるDF内田を下げてDF伊野波を右サイドで試し、さらにシリア戦でイエローカードをもらっていてこの試合でイエローカードを受けると準々決勝の試合が出場停止になってしまうDF吉田を温存することも可能となった。

3点を奪った段階でサウジアラビアは戦意を喪失しており、ラフプレーが怖い展開となったが、ラフプレーもなく淡々と試合は進んだ。シリア戦と比べると、日本の出来も今一つであったが、シビアな戦いが続く決勝トーナメントを考えると、理想的な展開で試合を進めることが出来た。

■ 柏木がスタメン

タフな試合となったシリア戦で負傷したMF松井、MF本田圭がスタメンから外れて、MF柏木、MF岡崎がスタメン。<4-2-3-1>はそのままで、MF岡崎が右サイド、MF柏木がトップ下に入った。

特にシリア戦で負傷した大黒柱のMF本田圭がスタメンから外れたことで試合前は不安視されたが、初先発のMF柏木がトップ下でいい動きを見せてリズムを作った。キープ力のあるMF本田圭、MF松井が入っているときよりも、ワンタッチでボールを動かそうとする意識が高まって、サウジアラビアの守備陣はついてこれなくなった。

トップ下の位置に入ったので、もう少し積極的にシュートを狙ったり、ラストパスを狙ったりしても良かったと思うが、味方をうまく使ってプレーしており、MF本田圭のトップ下とは違ったカラーでチームに貢献した。今回、23人枠にMF柏木が入っており、攻撃の流れを変える存在として期待されてはいたが、Aマッチの出場が1試合のみであり、どういう使い方で起用してやればいいのか?という部分がはっきりしていなかったが、いいタイミングで90分間、使うことが出来て、イメージがつかめたのは良かった。

■ ザックジャパンの進化形

「MF柏木がトップ下に入ったこと」、「雨のためでボールが走りやすいピッチ状態であったこと」、「序盤に3点リードを奪う楽な展開だったこと」などなど、いくつかの要素が重なって、この試合の日本は、これまでの2試合と比べると、明らかに「パススピード」が早く、意識レベルが「一段上」のような印象を受けた。前半途中から中盤でのミスが目立ったように見えたのも、高いレベルを求めていたからこそではないか、と感じられた。

日本の中盤のレベルであれば、ボールを回そうと思えば回すことが出来るが、リズムが変わらないとなかなか相手を崩せないということは初戦のヨルダン戦でも明らかになったことであり、2試合目のシリア戦でかなり改善されていたが、サウジアラビア戦はさらに一歩進んだパス回しとなっていた。

「奪われるとリスクのあるエリア」に選手が入っていって、そこでボールを受けて、ダイレクトでボールをはたいたり、展開するという形は、ビッグチャンスにつながる可能性は高くなるが、ボールを失うと相手のカウンターの餌食になってしまうので、さらに高いレベルでの「技術」と「判断力」が求められる。よって、簡単なプレーではないが、余裕のある展開になったことで、MF香川、MF柏木、FW前田あたりが、難しいエリアでボールを受けて起点を作ろうとする動きが多かった。

「パスの出し手の精度」と、「パスの受け手の精度」が低いとミスになってしまうので紙一重のプレーであり、パスがずれたり、トラップが上手くいかないことが何度もあったが、日本代表がもっと上のレベルを目指すには、チャレンジしなければならない部分でもある。せっかく、中盤や最終ラインにいいパスの出せる選手を置いているのであるから、安全にボールを回しているだけでは「もったいない」のは自明である。この試合は、楽な展開になったこともあって、日本代表の「進化形」の芽生えが見られる試合となった。

■ 前田遼一が2ゴール1アシスト

3試合連続で1トップでスタメンとなったFW前田が待望の初ゴール。左サイドからのクロスに対してうまく中に入り込んで、右足でうまく合わせたファインゴールとなった。その前にも何度かシュートを放っていたことで気持ちの落ち着きもあったので、難易度の高いシュートであったが、彼らしい得点力の高さを示す見事なゴールだった。さらに後半には右からのクロスを頭で合わせて追加点。5点目のゴールにも絡むなど、2ゴール1アシストの活躍を見せた。
 
初戦のヨルダン戦は前半のみの交代となったが、シリア戦でまずまずの働きを見せており、「あとはゴールだけ。」という状態だったが、本人にとっても、チームにとっても、大きなゴールとなった。今大会は、フォワード登録が3人のみであり、FW岡崎はサイドで起用されていることもあって、FW李忠成か、FW前田かのどちらかが1トップに入ることになるが、信頼して起用し続けたザッケローニ監督の期待に応えたといえる。

2点目のMF岡崎のゴールにも囮の動きでうまく絡んだが、3点目のゴールと4点目のゴールは自分で飛び込むスペースを作ってから中に入ってクロスに合わせるという得意の形であり、FW前田の代表キャリアを考えても大きな試合となるはずである。

■ 岡崎がハットトリック

一方、右サイドでスタメンとなったMF岡崎がハットトリックの活躍。1点目の飛び出し、2点目のヘディングとらしいゴールでチームに流れを呼び込むと、3点目はゴール前の混戦からうまいターンで決めるというらしくないゴールで3ゴールを奪った。ここ2試合は途中出場にとどまっていたが、流れを変える大きな役割をはたしており調子は良かったが、MF松井が怪我をしたという事情もあって、今大会初スタメン。早速、結果を残した。

MF松井と比べると、MF岡崎にはゲームメイクやキープは期待できないが、ゴール前に飛び出すタイミングの良さがシュートの上手さがある。チームとしてもうまくMF岡崎のストロングポイントをうまく使うことが出来ており、2点目のヘディングシュートなどは「ストライカー」らしい動きからのゴールだった。

タイプが異なるので単純に比較はできないが、左サイドがベースポジションのMF香川が、まだ中に入り込むタイミングをつかみ切れていないのに対して、MF岡崎はいい具合に中に入ってきて、シュートまで持っていくことが出来る。この試合の5ゴールは、結局、FW前田とMF岡崎の二人で挙げたが、左サイドで作って中央や右サイドから決めるというパターンも悪くない。

■ 伊野波の右サイド

決勝トーナメントの1回戦でカタールと対戦するが、不安要素になりうるのがDF内田が出場停止であるということであり、前半の早い時間にDF内田がイエローカードを受けて早々に出場停止が決まって、どこかのタイミングでDF伊野波か、DF森脇を試すことは十分に考えられたが、ザッケローニ監督は後半開始からDF伊野波を投入してきた。楽な展開になったからこその起用であったが、DF伊野波も4点目のFW前田のゴールをアシストするなど、いいプレーを見せた。

前回のアジアカップのメンバーにも入っていたDF伊野波であるが、意外にもAマッチは初出場。これでカタール戦でスタメン出場することが確実になったが、カタール戦がデビューとなったらプレッシャーもかかってしまう状況になったが、リードしていた余裕の展開がDF伊野波にも経験を積ませることが可能となった。

鹿島ではセンターバックでプレーしているが、FC東京時代からサイドバックでもプレーしており、大きな問題はないはずである。オーバーラップの回数はDF内田と比べると減るかもしれないが、まずはきっちり守備をしてくれればOKである。この日のプレーを見る限り、大丈夫だろう。

■ 先発出場の西川周作

シリア戦でGK川島がレッドカードで退場になったことでGK西川が先発出場。この試合の日本は、ダブルボランチの運動量が少なめであり、サイドで相手を挟み込んだときに突破されるシーンも何度か見られたため、日本の守備自体はそれほど良くなかったが、決定的なチャンスは作らせず。サウジアラビアのシュートはロングシュートが中心で際どいシュートは少なく、GK西川も危なげなかった。

W杯を経験したGK川島が正GKで、二番手がGK西川という序列になっているが、実力的にはそれほど差はなく、どちらがゴールを守っても安心できるが、GK西川にとってはシリア戦に続いて、いいアピールになった。ザッケローニ監督の考え方がどうなのかは分からないが、これまでの選手起用を考えると、カタール戦はGK川島に戻してくるように思うが、GK西川でも全く不安はない。

■ 惨敗のサウジアラビア

「腐ってもサウジ」という感じで警戒していたサウジアラビアだったが、淡白なプレーで覇気もなかった。すでに2連敗を喫していたが、「3連敗は出来ないので危険な相手である。」という報道もあったが、全くもってふがいない戦いだった。日本のサイドからのクロスの精度も高かったが、中のマークも甘くて、サウジアラビアらしさはなかった。

今大会でも初戦のシリアに敗れて監督を交代しているサウジアラビア。2000年のレバノンのアジアカップでも同じように初戦で敗れて監督を交代させた。この時は成功して決勝まで進んだが、さすがに何度も同じ手は通用しない。ここ最近、中東のチームに力をつけており、ヨルダンやシリアも日本と接戦を演じるなど、弱いチームはなくなってきている。90年代から00年代にかけて、アジアの盟主の座を日本や韓国と争ってきたサウジアラビアであるが、考え方を変えないと、真の強化は出来ないだろう。

日本も、DF伊野波、DF岩政、MF柏木、MF本田拓を試しており、いろいろな要因もあってミスもあったので万全の試合ではなかったが、第3者がスコアだけ見ると、「日本強し。」ということと、「サウジの凋落」を感じるものになった。ここから、サウジアラビアが巻き返せるのか。アジアの勢力図が変わりかけていることを印象付ける試合となった。




関連エントリー

 2010/09/04  【日本×パラグアイ】 香川真司のゴールでリベンジ達成
 2010/09/08  【日本×グアテマラ】 森本貴幸が2ゴールの活躍
 2010/10/08  【日本×アルゼンチン】 ザック・ジャパン 歴史的な勝利
 2010/10/12  【韓国×日本】 日韓対決はスコアレスドロー
 2011/01/10  【日本×ヨルダン】 吉田麻也の同点弾でドロースタート
 2011/01/14  【日本×シリア】 レフェリングに悩まされるも勝利をつかむ




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2282-5d3fe1b9
01/17(月)に行われたアジアカップ日本×サウジアラビア戦のサッカーコラムと私見です! ←ブログランキングに参加してます!クリックしてもらったらうれしいです!
2011/01/18(火) 19:49:33 | 院長ブログ
サッカー日本代表がサウジに楽勝しました。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000000-maiall-socc岡崎がハットトリック。前田も2得点。言うことなしですね。しかしサウジも弱くなったもん ...
2011/01/18(火) 04:55:32 |





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


03月30日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

03月29日
【日本代表】 ボランチのDF酒井高徳はフル代表レベルとは言えず。

03月29日
【アジア最終予選:日本×タイ】 フル代表の主役に躍り出たのは23歳のMF久保裕也

03月28日
【投票受付中】 vs タイで「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか? → 757票

03月27日
【日本代表】 ハリルホジッチ体制での「ゴールに絡んだ回数のベスト10」を調べてみた。~5位はMF原口元気とMF宇佐美貴史、4位はFW岡崎慎司、3位はMF香川真司、1位と2位は・・・・~

03月26日
【日本代表】 ハリルホジッチ体制での出場時間のベスト10を調べてみた。~6位は本田圭佑、5位は山口蛍、4位は西川周作、3位は長谷部誠、1位と2位は・・・~

03月26日
【日本代表】 UAE戦(Away)のMF今野泰幸(ガンバ大阪)をどう評価するべきか?

03月25日
「韓国代表がW杯の出場権を逃す可能性は決して低くはない。」という話

03月25日
【日本代表】 ハリルJAPANが最速(=2017年6月13日)でW杯出場を決めるための条件を整理してみた。

03月24日
【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~残留争いに絡んでくるのはどのクラブか?~

03月24日
【アジア最終予選:UAE×日本】 日本最高峰のボランチであることを証明したMF今野泰幸

03月24日
【投票受付中】 vs UAEで「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

03月23日
【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~プレーオフ争いに絡んでくるのはどのクラブか?~

03月23日
【J2】 2017年シーズンの序盤戦の雑感~自動昇格争いに絡んでくるのはどのクラブか?~

03月22日
【Jリーグ】 全44クラブの中で「サポーターのお小遣いの額が多いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は東京ヴェルディ、3位は横浜FC~

03月21日
【Jリーグ】 全44クラブの中で「チームアイデンティフィケーションの数値が高いクラブはどこなのか?」を調べてみた。~1位は浦和レッズ、2位は大分トリニータ、3位はコンサドーレ札幌~

03月20日
【J1】 2017年のアタリ新外国人プレーヤーは誰だろうか?

03月19日
【Jリーグ】 DAZNのサッカー中継の実況アナウンサーが酷かったという話 (ギラヴァンツ北九州戦、大分トリニータ戦)

03月19日
【Jリーグ】 全54クラブの中で「アタッカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?

03月18日
【Jリーグ】 全54クラブの中で「ストライカーを育てるのが上手いクラブ」はどこだろうか?

03月18日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (フォワード編)

03月17日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (アタッカー編)

03月17日
【長文注意】 ハリルホジッチ監督の日本代表招集メンバー(=25人)への評価をまとめてみた。 (vs UAE、vsタイ)

03月16日
【日本代表】 ハリルホジッチ監督が本田圭佑(ACミラン)を招集した8つの理由

03月16日
【U-20W杯】 本大会の組み合わせが決定!!! ~実績では1:ウルグアイ、2:日本、3:イタリア、4:南アフリカになるが・・・。~

03月16日
【日本代表】 ハリルJAPANに召集したら面白いと思うJリーガー (1位~20位まで)

03月15日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (ボランチ編)

03月15日
【ドイツ杯準々決勝:シュポルトフロインデ・ロッテ×ドルトムント】 キレキレの状態だったMF香川真司

03月15日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (左SB編)

03月14日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (CB編)

03月14日
【5年後の未来】 2022年のカタールW杯の日本代表メンバーを予想する。 (右SB編)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん