アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/08/10 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)
 2017/08/10 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)
 2017/08/11 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)
 2017/08/11 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)
 2017/08/11 【J1】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)
 2017/08/12 【J2】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)
 2017/08/12 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2017/08/12 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2017/08/13 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2017/08/13 【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位)
 2017/08/14 【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位)
 2017/08/15 【Jリーグ】 将来が有望な若手のボランチ (1位-10位)
 2017/08/15 【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話
 2017/08/16 【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?
 2017/08/16 【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)

 2017/08/16 全記事一覧(2005年-2017年)


【韓国×豪州】 ニホンとの違い | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ グループC

グループCの韓国とオーストラリアの試合。初戦は韓国がバーレーンに2対1で勝利し、オーストラリアはインドに4対0で勝利している。2強にバーレーンがどう絡んでくるかが見所のグループであるが、最後にバーレーン戦を残しているオーストラリアにとっては、出来れば韓国に勝って連勝してバーレーン戦を迎えたい。インド戦を残している韓国にとっては引き分けでもグループ首位通過が見えてくる。

韓国は<4-2-3-1>。1トップにGKチョン・ソンヨン。DFチャ・ドゥリ、イ・ジョンス、ファン・ジェウォン、イ・ヨンピョ。MFイ・ヨンレ、キ・ソンヨン、イ・チョンヨン、パク・チソン、ク・ジャンチョル。FWチ・ドンウォン。京都サンガのDFカク・テヒは出場停止。

対するオーストラリアはFWケーヒルとFWキューエルの2トップで<4-2-2-2>。元浦和レッズのオジェック氏が監督を務める。名古屋のFWケネディは怪我もあって大会にエントリーされていない。

■ 1対1のドロー

南アフリカW杯の出場国同士の試合は前半24分に韓国がFWチ・ドンウォンのポストプレーからフリーのMFク・ジャンチョルがミドルシュートを決めて先制。MFク・ジャンチョルは2試合連続で今大会3得点目。前半は1対0の韓国リードで折り返す。

後半になるとオーストラリアはフィジカルを生かしたロングボールを中心に韓国ゴールに迫ると、後半17分にコーナーキックの流れからMFジェディナクが頭で押し込んで1対1の同点に追いつく。疲れの見える韓国は3枚の交代カードを使って流れを取り戻そうとするが、交代で入ったメンバーがうまく機能せずに2点目のゴールは奪えず。結局、1対1のドロー。得失点差でオーストラリアが首位を守った。

■ 韓国の突破は濃厚

グループリーグ屈指の好カードとなった1対1のドロー。韓国がインドに取りこぼすことは考えにくいので韓国のグループリーグ突破は確実となって、逆に、オーストラリアは3戦目のバーレーン戦に敗れるとグループ敗退となるシチュエーションとなった。

準々決勝で対戦するグループDの顔ぶれを見る限り、オーストラリアも韓国も首位通過でも、2位通過でもそれほど変わらない気もするが、バーレーンはそれほど簡単な相手ではないのでオーストラリアも苦労するだろう。韓国は相手との実力差を考えるとメンバーを代えて、控え中心で来ることも考えられる。

■ 世代交代の時期

2006年のドイツ大会ではブラジル、日本、クロアチアと同グループになったが見事にグループリーグを突破し、ベスト16に進んだオーストラリア代表であるが過渡期に入っており、30代の選手がスタメンに7人も入っている。FWビドゥカやFWケネディのようなセンターフォワードがいないので、FWケーヒルとFWキューエルの2トップになっているが、「この2人の前にFWケネディがいれば・・・。」と感じるシーンは多く、チーム力は2006年と比べても下降線である。

致命的なのは、FWケーヒル、FWキューエル、FWビドゥカよりも下の世代が育ってきていないことであり、南アフリカ大会でもグループリーグ敗退したこともあって、アジアカップで大きくメンバーを変えてくるかと思われたが、同じようなメンバーで大会に挑んでいる。

W杯からアジアカップまでの間隔が短くて準備に時間がかけられなかったという意味では、日本も、韓国も同じであるが、この2ヶ国は若い選手を積極的に起用してきているのに対して、オーストラリアはほぼ同じ。この部分でのオーストラリアの考え方は疑問であるが、FWケーヒルがいるので、一発の怖さはある。メンバーが大きく変わっていないこともあって、ある程度は戦い方も固まっており、日本にとっては相変わらず嫌な相手ではある。

■ 別格のパク・チソン

対照的に韓国は若手がいい具合に育ってきている。マンチェスター・ユナイテッドのMFパク・チソンが中心になって、その周りを20歳前後の選手が固める布陣である。

システムは日本と同じ<4-2-3-1>。メンバーは少し代わっているが、2010年の南アフリカ大会でも同じ戦い方だったので、成熟度は日本よりもはるかに上であり、若い選手達の「運動量」と「スピード」を生かしたサッカーは従来の韓国の無骨なサッカーとは違った新鮮さを感じさせるものである。

メンバーを見ると、MFパク・チソンのほかに、右DFのDFチャ・ドゥリと左DFのDFイ・ヨンピョが2002年のワールドカップメンバーであり、日本が日韓大会のメンバーがゼロであるのに対して、韓国はこの3人が健在でチームを引き締めている。

右DFのチャ・ドゥリはもともとフォワードの選手であるが、右サイドバックにコンバート。スコットランドリーグのセルティックに所属し、スタメンにも名を連ねている。繊細さは皆無であるが、圧倒的なパワーとスピードは厄介である。

■ 別格のパク・チソン

中心はMFパク・チソン。別格であり、判断のスピードは桁違いに優れている。この試合で、大柄なオーストラリアのディフェンダーは振り回されてばかりで止めようがなかった。

マンチェスター・ユナイテッドでは脇役になってしまうが、韓国代表では大黒柱であり、彼を中心に前線の4人が巧くポジションをチェンジさせて攻め込むスタイルが確立されている。今大会で代表引退か?とも報道されているが、果たしてどうなるだろうか。

■ 日韓の差

日本と比べてみると、成熟度では明らかに韓国が上回っている。日本はMF香川、FW前田がスタメンに入っているが、まだしっくりきていない部分も多い。対して、韓国は戦い方がイレブンに浸透しており、攻守ともにスムーズである。このあたりは、1ランク上の存在のMFパク・チソンがうまく若手の能力を引き出している部分もあって、日本もMF遠藤やMF本田が中心になって、うまく新戦力の力を引き出したいところである。

ただ、韓国も弱点が無いわけでもない。気になるのはゴール前での迫力に欠けることであり、人数をかけて相手DFを崩して攻め込むシーンが多い割には、決定機やゴールに結びつける機会は少なく、本当の意味での怖さは感じさせない。南アフリカ大会でも「ラスト」のところで迫力を欠いたが、同じような傾向はアジアカップのチームにも感じられる。

この監督がどういう考え方をしているのかは分からないが、例えば、ボルトンでプレーするMFイ・チョンヨンなどは悪くないプレーを見せているとはいえ、ボールに絡んでくるシーンは多くなく、メンバー構成にしても、選手の意識レベルにしても、「組み立て」や「崩し」の部分に労力をかけすぎているような印象は受ける。

■ ゴール前の迫力

同じような問題は日本代表も抱えているが、韓国の場合、「ゴール前以外」にかけるエネルギーは日本代表よりも過剰のような気はする。人数をかけている分、チャンスは作れるので、見栄えのいいサッカーにはなるが、実は結ばない確率は高くなってしまう。

MFパク・チソンについては問題ないが、MFイ・チョンヨン、MFク・ジャンチョルあたりは、MFパク・チソンとプラスもう1人で出来そうな仕事を分担してこなしているイメージであり、FWチ・ドンウォンが1トップに入っているが、もう1人、ストライカータイプの選手をピッチに入れた方が効果的な気はする。

一方、守備陣は南アフリカ大会でも見られた「一瞬の隙」を作って失点してしまう悪い流れが続いており、センターバック2人は強さはあるが、無駄なファールも多かった。前からプレッシャーをかけて奪った時は問題ないが、ディフェンスラインに圧力を加えられるともろさを見える点は変わっていないような印象である。攻守ともに、若い選手が多く、「成長待ち」の部分もある。タフなアジアカップを経て、どのくらいの成長を見せられるだろうか?


関連エントリー

 2011/01/07  アジアカップの展望 (グループA)
 2011/01/07  アジアカップの展望 (グループB)
 2011/01/08  アジアカップの展望 (グループC)
 2011/01/08  アジアカップの展望 (グループD)
 2011/01/10  ヨルダン戦の採点  (アジアカップ・GL) 
 2011/01/14  シリア戦の採点  (アジアカップ・GL 2戦目) 




おすすめエントリー (10記事)

コメント

パク・チソンが代表引退か気になる所です。
決勝トーナメントで、松井と勝負して欲しいですね。
2011/01/17(月) 05:57:59 | URL | 慶次  [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/16(日) 13:15:33 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2280-2302d3d6





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


08月16日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

08月16日
【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)

08月16日
【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?

08月15日
【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話

08月15日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のボランチ (1位-10位) ~3位:MF原輝綺(新潟)、2位:MF市丸瑞希(G大阪)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のセンターバック (1位-10位) ~3位:DF野田裕喜(G大阪)、2位:DF杉岡大暉(湘南)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位) ~3位:DF初瀬亮(G大阪)、2位:DF藤谷壮(神戸)、1位は・・・。~

08月13日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位) ~3位:GK廣末陸(FC東京)、2位:GK志村滉(磐田)、1位は・・・。~

08月13日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) ~3位:FW清武功暉(千葉)、2位:FWウェリントン(福岡)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) ~3位:MF島屋八徳(徳島)、2位:MF小塚和季(山口)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) ~3位:MF田口泰士(名古屋)、2位:MF佐藤謙介(横浜FC)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWムルジャ(湘南)、2位:MFガブリエル・シャビエル(名古屋)、1位は・・・。~

08月11日
【J1】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWパトリック(広島)、2位:FWジェイ(札幌)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) ~3位:MFパク・ヒョンジン(岡山)、2位:MF安在和樹(東京V)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) ~3位:DF飯田真輝(松本山雅)、2位:DFヨン・ア・ピン(横浜FC)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) ~3位:MF飯尾竜太朗(長崎)、2位:DF 石櫃洋祐 (京都)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) ~3位:GK佐藤優也(千葉)、2位:GK白井裕人(金沢)、1位は・・・。~

08月10日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (フォワード編) ~3位:FW杉本健勇(C大阪)、2位:FWクリスティアーノ(柏)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (アタッカー編) ~3位:MF小林悠(川崎F)、2位:MF中村憲剛(同)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (ボランチ編) ~3位:MF大島僚太(川崎F)、2位:MFソウザ(C大阪)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (左SB/WB編) ~3位:DF永戸勝也(ベガルタ仙台)、2位:DF吉田豊(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (CB編) ~3位:DF中谷進之介(柏)、2位:DFマテイ・ヨニッチ(C大阪)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (右SB/WB編) ~3位:DF松田陸(C大阪)、2位:MF関根貴大(浦和)、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 次にJ1初昇格を果たすクラブ (1位-10位) ~3位:山口、2位:長崎、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (キーパー編) ~3位:GKカミンスキー(磐田)、、2位:GKチョン・ソンリョン(川崎F)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のアタッカー (1位-10位) ~3位:MF菅大輝(コンサドーレ札幌)、2位:MF高木彰人(ガンバ大阪)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のストライカー (1位-10位) ~3位:FW前田大然(水戸)、2位:FW岩崎悠人(京都)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 ノビシロの大きなクラブ (1位-10位) ~3位:柏レイソル、2位:セレッソ大阪、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 守備力が高いSB (1位-10位) ~3位:DF徳永悠平(FC東京)、2位:DF小林祐三(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 選手補強の上手なクラブ (1位-10位) ~3位:浦和、2位:広島、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 サポーターから信頼されている主審 (1位-10位) ~3位:東城穣さん、2位:家本政明さん、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 新外国人選手の発掘に長けたクラブ (1位-10位) ~3位:コンサドーレ札幌、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 下部組織出身が充実しているクラブ (1位-10位) ~3位:セレッソ大阪、2位:ガンバ大阪、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 フロントが優秀なクラブ (1位-10位) ~3位:サンフレッチェ広島、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ボール奪取力に優れたボランチ (1位-10位) ~3位:MF井手口陽介(ガンバ大阪)、2位:MF今野泰幸(同)、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ビルドアップ能力の高いSB (1位-10位)

08月03日
【Jリーグ】 フィード力に優れたセンターバック (1位-10位)

08月02日
【Jリーグ】 ゴール前での嗅覚に優れた選手 (1位-10位) ~3位はFW興梠慎三(浦和)、2位はFW小林悠(川崎F)、1位は・・・。~

08月02日
【Jリーグ】 クロスの精度が高いサイドバック (1位-10位) ~3位はDF初瀬亮(G大阪)、2位はDF駒野友一(福岡)、1位は・・・。~

08月02日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するミドルシューター (1位-10位) ~3位はFWクリスティアーノ(柏)、2位はMF中村憲剛(川崎F)、1位は・・・。~

08月01日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するプレイスキッカー (1位-10位) ~3位はMF中村憲剛(川崎F)、MF遠藤保仁(G大阪)、1位は・・・。~

08月01日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するドリブラー (1位-10位) ~3位はMF駒井善成(浦和)、2位はMF関根貴大(同)、1位は・・・。~

07月31日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するスピードスター (1位-10位) ~3位はMF藤春廣輝(G大阪)、2位はMF永井謙佑(FC東京)、1位は・・・。

07月31日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するファンタジスタ (1位-10位) ~3位はMF柿谷曜一朗(C大阪)、2位はMF小野伸二(札幌)、1位は・・・。

07月31日
【Jリーグ】 53クラブの中で「地域密着に成功しているクラブ」 (1位-10位) ~3位は札幌、2位は川崎F、1位は・・・。~

07月30日
【Jリーグ】 53クラブの中で「スタジアムグルメが充実しているクラブ」というと・・・。 (1位-10位) ~3位は岡山、2位は鹿島、1位は・・・。~

07月30日
【サッカー】 Jリーガーの不祥事は今後も無くならないだろう。


07月30日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん