アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/21 【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。
 2017/09/22 【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由
 2017/09/22 【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)
 2017/09/23 【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)
 2017/09/24 【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源、次点はGK中村航輔とMF中村憲剛~
 2017/09/24 【J3】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はFW田中智大、次点はDF尾崎瑛一郎~
 2017/09/24 【J2】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~有力候補はGK秋元陽太とDFアンドレ・バイアの2人~
 2017/09/25 【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/25 【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

 2017/09/25 全記事一覧(2005年-2017年)


【日本×シリア】 レフェリングに悩まされるも勝利をつかむ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ ヨルダン戦

アジアカップのグループリーグの2試合。初戦でヨルダンに1対1で引き分けた日本がシリアと対戦。シリアは初戦でサウジアラビアに2対1で勝利しており、勝ち点「3」でグループ首位に立った。

この試合の前に行われたヨルダンとサウジアラビアの試合は1対0でヨルダンが勝利。これでヨルダンが勝ち点「4」となってサウジアラビアは勝ち点「0」で予選敗退が決定。日本はシリアに勝てば勝ち点「4」となってグループリーグ突破に大きく近づくことになる。

日本は<4-2-3-1>。GK川島。DF内田、吉田、今野、長友。MF遠藤、長谷部、松井、本田圭、香川。FW前田。スタメン11人のうち7人が欧州組。初戦のヨルダン戦と全く同じイレブンとなった。

■ PKで勝ち越し

試合はヨルダン戦とは違って立ち上がりから動きの日本がボールを支配して攻め込む。初戦ではほとんど出なかったMF遠藤からのバイタルエリアへの縦パスが効果的で、MF本田圭、FW前田もいい形でボールに絡む。前半12分には右サイドを崩してDF内田が高精度のクロスを送るがFW前田のヘディングシュートは惜しくも枠外となる。

シリアはカウンター中心。何度かスピードに乗った攻めで日本ゴールを脅かすが、前半35分にカウンターから右サイドをMF本田圭が抜け出して縦にドリブルして中央にグラウンダーのクロス。MF香川がうまく処理してドリブルからシュート。これはGKにはじかれるがMF松井が上手くフォローしてフリーのMF長谷部がミドルシュート。これが決まって日本が先制する。その後も、FW前田の惜しいミドルなど、チャンスを作った日本がリードして前半を1対0で折り返す。

後半は立ち上がりからシリアが前掛かりになって勢いよく攻め込んでくる。日本はカウンターでチャンスが作れそうな展開になったが、後半26分にMF長谷部のバックパスからGK川島が十分にクリアできず。こぼれたボールは相手の足に当たってゴール前のシリアの選手につながったかと思われたがオフサイドなし。この選手を倒したとしてGK川島がレッドカードとなりPKが与えられる。日本はFW前田に代えてGK西川を投入。アル・カティブに決められて追いつかれてしまう。

1対1で10人というと厳しい状況となった日本だったが、後半37分にMF遠藤の縦パスを途中出場のMF岡崎がうまくコントロールしてシュート体制まで持っていくと、相手に倒されたとして日本にPKが与えられる。これをMF本田圭が決めて2対1と勝ち越しに成功する。ロスタイムは6分だったが、GK西川を中心に守って勝利。なんとか勝ち点「3」を奪ってグループ首位になった。 

■ 疑惑のシーン①

MF長谷部のゴールで1対0とリードして前半を折り返した日本は、いい流れの前半で後半は楽な展開になるかと思われたが、ミスから追いつかれて大苦戦となってしまった。

リプレーで見る限りはGK川島のクリアボールは相手の足に当たって、ゴール前にいたシリアの選手にボールが渡ったように見えたが、近くにはDF今野もいて、主審は「DF今野の足だけに当たった。」と判断してオフサイドはないと判断し、PKを宣告したようである。

DF今野の足に当たっているのであればオフサイドではないし、GK川島のプレーはPKに値するものであるので仕方がないが、納得しにくいレフェリングであったことは間違いない。(レッドカードが妥当だったかは微妙であるが・・・。)選手たちも猛抗議していたが、気持ちを切らすことなく戦ったことが、勝ち越しのゴールにもつながった。W杯等でタフな試合を続けていた選手たちの成長を感じられる試合となった。急で投入されたGK西川も踏ん張ったといえる。

■ 疑惑のシーン②

もう1つ、おかしな判定といえたのがMF岡崎にPKが与えられたシーンである。日本にとってはラッキーであったが、これもリプレーで見た限り、(後ろから来た選手がMF岡崎を押しているようにも見えるが、)通常であればPKを取らないシーンのように思える。シリアの選手も抗議していたが、気持ちはよく分かる。

このシーンはMF岡崎のトラップからの流れが見事で、途中出場のMF岡崎のビッグプレーであったが、主審の気持ちとしては、おそらく、その前にシリアに与えたPKとレッドカードの判定について「100%正しかった。」という自信はなくて、迷いがあった故に微妙なシーンで日本有利の判定を下してしまったというのが本当のところだろう。

双方に納得のいかない判定があって、試合を決定付けるものになったが、アジアのレフェリーではあり得る事であり、そういったことに慣れていないザッケローニ監督にとってはいい勉強になったのではないだろうか。

■ ミスからの失点

失点シーンは明らかな誤審という訳でもないが、首をかしげざる得ないシーンであった。ただ、この場面は日本に3つミスがあって、それがPKにつながってしまったので反省する必要はある。

まず相手のパスをカットしたMF長谷部のバックパスも少し中途半端であったし、対応をGK川島に任せようとしたDF長友の判断もミスであり、GK川島のキックもミスだった。ゴールを大きく開けていたので、GK川島は中央に蹴ってはいけないシーンであり、タッチラインに逃れていれば何の問題もなかった。

流れがシリアに向かっている時間帯だったが、この時間帯を乗り切ったら1対0や2対0で逃げ切れそうな雰囲気であったので、日本にとってはいい教訓になる試合であった。

■ リズムを取り戻した前田遼一

ヨルダン戦は、シーズンオフの選手が多く運動量が少なかった日本であるが、この日は立ち上がりからいいペースで攻め込むことが出来た。初戦で問題になった前線のバランスの悪さもかなり解消されていた。特にヨルダン戦ではポスト役をこなせなかったFW前田が相手センターバックとのバトルで優勢でうまく時間を作って、MF本田圭との距離感も良かった。

シュートは4本ほど外してしまったFW前田であるが、動きは非常に良かった。ヨルダン戦はほとんど相手のセンターバックとの攻防に勝てずに起点になれなかったが、この日はイーブンのボールをイーブン以上の確率でマイボールにつなげていて、ポスト役としては十分な働きだった。MF本田圭との距離が近すぎなかったことも大きく、ヨルダン戦では相手のセンターバックとボランチにサンドイッチにされることが多く、ボールがrおさまらなかったが、この日はセンターバックとの1対1になったので、有利に働いた。

足りないのはゴールである。前半11分の決定的なヘディングシュートだけでなく、後半もMF香川からのスルーパスを受けてGKと1対1になりかけたシーンもあった。この時の流れはスムーズで、ボールコントロールも成功していたので決めていれば試合を決定付けるゴールとなっていたが、相手DFに阻まれてしまった。1つのゴールがきっかけになるはずなので、早い内にゴールが欲しいが、周囲との連係が取れてきたのは大きく、本人は「シリア戦がラストチャンス。」と語っていたが、次もチャンスはあるだろう。

■ 理想的な先制ゴール

前半11分のFW前田の決定的なヘディングシュートが決まらないなど、嫌な流れになっていただけに前半35分のMF長谷部のゴールは大きかった。このゴールを決勝点にすることが出来ていればもっとよかったが、形は良かった。

MF本田圭、MF香川、MF松井、MF長谷部と中盤の選手が絡んでの形であり、このゴールで楽になってからは日本らしいリズムのいいパス回しも増えていった。先制ゴールを奪ってからはMF香川、MF本田圭がいいタイミングでバイタルエリアに入っていって相手を混乱させており、ゴールラッシュになりそうな流れになりかけていた。

ヨルダン戦と比べて明らかに良くなったのがMF遠藤であり、MF遠藤からタイミングのいいパスが何度もバイタルエリアに入って、結局、PKシーンもMF遠藤の縦パスが起点になった。嫌な流れからの失点ですっきりしない展開にはなったが、前半のような動きとパス回しが出来ていれば、今後、攻撃に関しては大きな問題はないだろう。

■ 同じスタメン

スタメンはヨルダン戦から変更してくる可能性もあったが、ザッケローニ監督は同じイレブンを先発させた。

確かに初戦の出来は悪くて、FW前田は前半だけで変更となったが、アジアカップは最大で6試合ある。頂点を目指すのであれば、23人全員で戦う必要がある。ここで、FW前田あるいはMF松井をスタメンから外すと「見限った。」というイメージを持たれる可能性もあって、外された本人も窮屈になってしまう。ここでスタメンから外すことによって、この二人を、使いづらくなってしまうのは得策ではないという判断だろう。

結果的に、この考えはうまくいったといえる。

前線の4人のなかでは、MF香川がやや低調。先制ゴールには絡んで、バイタルエリアではボールを受けられるようになったが、裏への飛び出しやゴール前に侵入するタイミングがつかめておらず、ドルトムントで見せているようなプレーが出来ていないのが気になるところ。ただ、1点を奪った後、MF本田圭との連携で中央を崩しかけるシーンなどいくつかチャンスも作っているので、MF香川もFW前田と同じく、早くゴールを奪って落ち着きたいところである。

■ 決勝のPK

一方、MF松井、MF本田圭はコンディションが上がってきている。特に10人になってからのMF本田圭の働きは見事であり、FW前田が外れて1トップを任されたが、しっかりと起点になってチャンスを作った。タフな試合になればなるほど、MF本田圭の強さは効いてくる。

PKはMF遠藤が蹴ると思ったが、MF本田圭がキッカーとなった。意図したものだったのか真正面に飛んでいったが、うまく右に飛んだGKの股の間を通り抜けていった。あのシーンで真ん中に蹴るのは勇気がいるものであるが、その勇気がもたらした決勝ゴールだった。これは日本代表ではAマッチ通算1000ゴール目とメモリアルゴールとなった。

ヨルダン戦ではコンディション不良で動きが重くて途中交代になったMF本田圭であるが、この試合はいい状態であり、先制点もMF本田圭の突破から生まれた。試合前からMF香川との連携がどうなのかと注目されたが、ヨルダン戦に比べるとかなり良くなってきている。MF本田圭あるいはMF遠藤といった選手はMF香川を生きるようなシチュエーションを作ろうとしており、流れは良くなってきている。

■ 守備は合格点

一方の守備陣は前線の選手もしっかりと守備をしていたので大きな問題はなかった。DF吉田、DF今野のセンタバックも安定していたように思う。

失点シーンは3人のミスで生まれたが、逆にいうと、これだけミスが重ならないと失点につながらないというほどのクオリティーは保っており、決定的なシュートシーンはほとんど作られなかった。終盤にロングボールを入れられたときに178㎝のDF今野が対応すると危ない感じもするが、急造コンビとしては非常によくやっている。

サイドバックはDF長友がファールを取られることが多く、セリエAの基準と、アジアの基準の差で惑っているように見せるが、右サイドのDF内田は2度ほどポジショニングでミスがあって危ないシーンを作られたが、ハイボールも競り勝っており、シャルケで見せているプレーは出来ている。

次節のサウジアラビア戦はGK川島が出場停止となる。グループリーグ突破を賭けた大一番となるが、サウジアラビアは2連敗となってすでにグループ敗退が決まっており、モチベーションは高くないはず。しっかり勝って突破を決めたいところである。



関連エントリー

 2008/02/01  こんな選手を岡田ジャパンに・・・
 2008/04/17  こんな選手を岡田ジャパンに・・・(その2)
 2009/02/07  日本のサッカーマスコミに望むこと
 2009/06/28  サッカーサイトの「現状」について考える。
 2009/12/11  日本のサッカー解説者(25名)を勝手に評価する (2009年版)
 2010/11/05  日本のサッカー解説者を勝手に評価する (2010年版)
 2011/01/10  【日本×ヨルダン】 吉田麻也の同点弾でドロースタート
 2011/01/10  ヨルダン戦の採点  (アジアカップ・GL) 




おすすめエントリー (10記事)

コメント

 不可解なジャッジでPKをとられましたが、オシムが監督の時のアジアカップの初戦、カタール戦を思い出しました。試合終了間際に阿部勇樹が不可解なファールをとられてFK、失点。山本昌邦氏が後に「アジアではサッカー以外のところで勝負がつくことがある、とオシムは学んだのでは」とスポーツ紙でコメントしてました。
 今回の2度のPKも、アジアならではのハプニングかと。これでザックが日本、アジアを見捨てなければいいのですが。
 あと、選手や日本人スタッフこそ、中東仕様のサッカーに対して準備しておくべきではないかと改めて思いました。「アジアレベルに対して、日本が向上心を持ってプレーしても中東は理解できない」と思ってないとバカを見る気がしました。

 ザッケローニ監督が「アジアで監督をして良かった」と思って欲しいんですよね。だから、次も、次も勝って欲しいな、と。 
2011/01/14(金) 20:31:55 | URL | ココペリ  [編集]
レフェリングには微妙なものも感じましたが
シリア贔屓とは思いませんでした。
岡崎のPKも、仮に帳尻を合わせて的なものなら
双方偏らないようなジャッジという意識はあったのではと思います。
反則もカードも、質はともかく同じように出ていたかと。

タフな試合での本田の強さは心強いです。
中田もこうやって良く助けてくれていたように思います。
香川とどっちが司令塔かの話も、これだけきちんと
重要な役割の分担があるとあまり必要ないようにも思います。
2011/01/14(金) 11:34:17 | URL | No Name  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2277-f14d2688





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


09月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

09月25日
【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月25日
【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月24日
【J2】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~有力候補はGK秋元陽太(湘南)とDFアンドレ・バイア(同)の2人~

09月24日
【J3】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はFW田中智大(秋田)、次点はDF尾崎瑛一郎(沼津)~

09月24日
【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源(鹿島)、次点はGK中村航輔(柏)とMF中村憲剛(川崎F)~

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)

09月23日
【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?

09月22日
【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)

09月22日
【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月21日
【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月20日
【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件

09月20日
【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。

09月20日
【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月19日
【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?

09月19日
【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月19日
【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月17日
【Jリーグ】 FC東京の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 アビスパ福岡の歴代ベストイレブンを考える。 (1996年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 ロアッソ熊本の歴代ベストイレブンを考える。 (2008年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 湘南ベルマーレの歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 レノファ山口の歴代ベストイレブンを考える。 (2015年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 横浜Fマリノスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 愛媛FCの歴代ベストイレブンを考える。 (2006年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 清水エスパルスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 松本山雅の歴代ベストイレブンを考える。 (2012年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 浦和レッズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 鹿島アントラーズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 ジェフ千葉の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 名古屋グランパスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ガンバ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ファジアーノ岡山の歴代ベストイレブンを考える。 (2009年-2017年)


09月09日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: