アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/16 【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。
 2017/07/16 【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?
 2017/07/17 【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。
 2017/07/17 【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。
 2017/07/18 【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説
 2017/07/18 【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)
 2017/07/21 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)
 2017/07/21 【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

 2017/07/22 全記事一覧(2005年-2017年)


「2対0」というスコアの微妙な面白さ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ <1-1-4-3>

杉山茂樹氏の<4-2-3-1>という本を読んでいて、「やっぱり、この人は違うなあ。」と感心したのが、フォーメーションに関するくだりである。「サッカーは、野球よりも自由な部分は大きい。」という趣旨の話に関連させて、野球のフォーメーションを<1-1-4-3>と表したことである。

サッカーの試合だけでなく、野球の試合もこれまで、散々、見てきたが、野球のフォーメーション(?)を「1-1-4-3」と表現する人は見たことがなかったので、目からうろこだった。(ここで、最初の「1」がピッチャー、次の「1」がキャッチャー、「4」が内野手、「3」が外野手である。)

確かに、野球は「1-1-4-3」で、それ以外にはなりようがない。広島や楽天の監督をつとめたブラウン監督は、絶体絶命のサヨナラのピンチのときは外野手を内野に持って行って、「内野5人」という奇策を行ったことがあるが、これは、例外中の例外である。そう考えると、やはりサッカーの自由度は大きい。試合中に勝手にポジションを変えるのも自由である。

※ 「内野5人」のときは、外野手登録の選手が内野を守ることになる。2009年の西武-広島の延長戦で、左翼の小窪をセカンドとピッチャーの間に位置させる奇策を用いて、まんまと成功させた。(内野を守っていた小窪がゴロをさばいて7-2-3の併殺を完成させているが、どの位置に守っていても、あくまでも小窪のポジションはレフトであり、7(=レフト)-2(=キャッチャー)-3(=ファースト)のゲッツーとなる。

■ 2対0の危険さ

杉山氏の最新のコラムも興味深いかった。いわく、

『実況アナウンサーは、2-0のスコアになると「実はサッカーでは、2-0というスコアは~」と、お約束のようにぶつ。「リードされている側が1点返せば、リードされている側はお尻に火がついた状態になる。試合はどうなるか分かりません」と、緊迫感を煽る。しかし、2-0のチームが1点を返され、パニックに陥り逆転を許した試合を、僕はもう何年も見ていない。古いノートを探らない限り、特定することはできない。』

というものである。確かに、「2対0」というスコアになったとき、かなりの確率で、解説者やアナウンサーは、「2対0は、一番、危険なスコアです。」と言う。杉山氏の言うとおりで、同じ2対0であっても、ビハインドのチームが逆転できそうな「0対2」と、ノーチャンスの「0対2」がある。決まりごとのように「2対0は危険なスコアです。」というのは、あまりよろしくはないだろう。 (【杉山茂樹コラム】2-0は本当に危険なのか)

■ 0対2からの逆転劇①

とはいっても、0対2からの逆転劇というものが、「もう何年も見ていない。」というほど珍しいものでもない。(「パニック」の程度をどう考えるかにもよるが。)

2対0からの逆転劇というと、まず、思い出されるのは、先日のアジアユースの準々決勝の韓国戦である。布監督に率いられたチームは、FW指宿の2ゴールで前半早々に2点を奪ったが、韓国のパワープレーに屈して、2対3の逆転負けを食らった。世界大会の切符を逃したという事実のほかに、圧倒された試合内容もショッキングでサッカーファンにとっては、忘れたくても忘れられない試合の1つである。2対0から1点を返された後の日本チームのパニックぶりは異常なものであった。

日本代表の関連で言うと、今年のはじめに行われたアジアカップ予選のイエメン戦もそうである。このときは、0対2の状況から3対2と逆転に成功し、勝利をおさめている。実質、B代表というメンバー構成であったが、FC東京のFW平山相太がデビュー戦でハットトリックという離れ業を見せた試合として強く印象に残っている。

近年のJリーグで言うと、2008年のJ1の最終節も同じである。勝つしかないジェフ千葉は0対2とリードされた後半29分から猛反撃を見せる。この11分間で実に4ゴールを奪って4対2の逆転勝ち。「奇跡の残留劇」として、今も語り継がれている。結果、東京Vが降格し、磐田が入れ替え戦に回ることになった。この試合はFC東京がパニックになったというよりは、1点差に追い上げことで、千葉の勢いがMAXまで高まった例といえるだろう。

■ 0対2からの逆転劇②

また、2009年のJ2の最終節では、勝てばJ1昇格が決まる湘南ベルマーレがアウェーで水戸ホーリーホックと対戦した。プレッシャーのためか動きの悪い湘南イレブンは、早々に2点ビハインドとなったが、FW阿部吉朗の2ゴールの活躍もあって、見事に2点ビハインドを跳ね返して3対2で勝利を飾った。昇格が決定した後、MF坂本が流した涙も印象的で、湘南サポーターにとっては忘れられない試合の1つである。

この年の湘南はドラマチックな試合が多かったが、28節のアビスパ福岡戦は、逆に2対0から2対3と逆転負けを喫している。「お茶事件」があった試合とも言われているが、首位の湘南はホームで後半38分まで2対0とリードをしていたが、残り7分で3点を入れて逆転負けを食らった。この敗戦をきっかけに、湘南は4連敗を喫することになる。2点リードを逆転されて敗れると尾を引いてしまう典型的な例といえる。

■ 0対2からの逆転劇③

このあたりの試合は、サッカーファンであれば、覚えている人も多いはずであるが、他に個人的に印象に残っているのは、2008年終盤のヴァンフォーレ甲府とセレッソ大阪の試合である。勝たないと昇格の可能性がなくなる甲府と、勝ち続けて昇格の可能性を広げたいC大阪の試合は、文字通り「死闘」となった。ホームの甲府が前半に2対0とリードを奪うが、後半にC大阪が猛反撃。C大阪のMF香川真司が2ゴールを挙げる活躍を見せて、C大阪が見事に3対2で逆転勝利。昇格の望みをつなぐことになった。

もう一つ、印象的なのは2009年のファジアーノ岡山と東京ヴェルディの試合。試合は早々に東京Vが2点リードを奪って楽勝かと思われたが、ホームの大声援に後押しされた岡山がMF保坂のゴールで3対2で逆転勝利をおさめた。この試合は「1万人チャレンジDAY!」という企画を行っていたが、それにふさわしいドラマチックな勝利となった。

つい最近、見た試合で言うと、J2の最終節のカターレ富山と愛媛FCの試合もそうである。前半に愛媛FCがセットプレーから2ゴールを挙げたが、ホームの富山がFW石田の活躍で3対2と逆転まで持っていった。結局、愛媛が試合終了間際にFW福田のゴールで3対3に追いついてドローだったが、ホームの富山が意地を見せた。なお、今シーズン、異常に逆転負けの多かった富山は、2点リードを逆転された試合が8節の徳島戦と33節の東京Vの2試合あった。

※ ここまで挙げた例は、全てここ2年ほどの試合であるが、それ以外にも、2点差の逆転劇があった試合は日本国内に限定しても少なくはない。今シーズンのJ1に限ってみても、10節の京都と清水戦、14節の磐田と鹿島戦、16節の川崎Fと仙台戦も、同じように0対2から3対2(or 4対2)への逆転劇があった。

■ セーフティーリードは?

プロ野球の場合のセーフティーリードは、個人的には、

 ・(イニングに関係なく)8点リード
 ・最終回で4点リード

でないか?と思う。例えば、5対1でリードをしているホームチームが9回表に抑えのエースを投入して、5対5の同点に追いつかれたり、逆転されたりすることは、まず考えられない。また、プロ野球の長い歴史の中でも、8点リードを逆転されたケースは数試合程度しかなかったはずである。

では、サッカーの場合はどうだろうか?リードした時間帯にもよるが、2点差であれば、まだ危険な感じはする。実際に追いつかれたり、逆転されたチームは少なくない。ただ、3点差になればセーフティーリードだと思う。サッカーの場合、どんなに心配性の人でも、3点差になった時点で、追いつかれたり、ひっくり返されたりすることを心配する必要はないのでは?と思う。

もちろん、ごくたまに3点差を追いつかれたり、逆転される試合もある。今シーズンでいうと、J2の第10節の横浜FCと甲府の試合がそうである。ホームの横浜FCは前半21分までに3ゴールを奪ったが、甲府が4点を奪って大逆転勝ちした。

また、第30節の鳥栖と横浜FC戦は、逆に前半43分までにホームの鳥栖が3点リードを奪ったが、そこから横浜FCが猛反撃を見せて4ゴールをマーク。4対3とリードを奪ったが、試合終了間際に鳥栖がFW豊田のゴールで追いついて4対4の引き分けに終わった。サッカーの世界では、「4対4の試合は面白い。」と言われるが、3点差を追いつかれた鳥栖も、逆転しながら最後に追いつかれた横浜FCも、これほど無力感に襲われるドローも無かっただろう。

■ まとめ

結論としては、当然、2対0のままで終わった試合や、2対0から2対1や3対1になった試合の方が圧倒的に多いものの、2対0から逆転されるケースは、意外に少なくない。もちろん、二つのチームの力関係を考慮すべきではあるが、ここでは、先人の方がおっしゃったことに素直に従って、「2対0は危険なスコア」であり、「セーフティーリードではない。」と考えておいた方が無難ではないかと思う。

結果的に2対1で勝利することになっても、1点差に追い上げられた時に感じるプレッシャーは相当なものであるし、2点リードを追い付かれてドローになったり、2対3で逆転負けを食らったときの喪失感は半端ではない。また、両チームに実力差があったとしても、2対0から2対1に追い上げられると嫌なものであり、むしろ、実力差があればあるほど、2対0とリードしていたチームには「絶対に逃げ切って勝ち点3を取らなければならない。」というプレッシャーがかかる。「2対0」というスコアにまつわるそういった微妙な心理状態は、結構、面白いものである。

使い分ってもいい場合と、使うにふさわしくない試合があって、そこをきちんと考える必要はあるが、誰が言い始めたのか、「2対0は危険なスコアです。」というおなじみのフレーズは、実は、深みのある言葉であるように思える。


関連エントリー

 2007/12/22  いつまで「テレ朝」と「角沢照治」に耐えなければならないのか?
 2008/01/24  世界レベルでないサッカージャーナリストがサポーターや選手にだけ世界レベルを求める不思議
 2008/05/04  カリスマ:山本浩アナの名フレーズを堪能する。
 2008/11/10  【甲府×C大阪】 背番号「8」の後継者
 2008/12/06  【千葉×FC東京】 奇跡のエンディング
 2009/08/09  【岡山×東京V】 ドラマチックな大逆転劇!!!
 2009/12/05  【水戸×湘南】 ベルマーレ 悲願のJ1昇格が決定!!!
 2010/10/11  【U-19日本×U-19韓国】 布ジャパンの歴史的な惨敗




おすすめエントリー (10記事)

コメント

杉山氏のノートにJリーグの試合は
書かれていないだろうからなあ。
彼から言わせれば「レベル低い日本と違って、
欧州のトップリーグでは2点差の逆転は少ない」という事だろう。
2010/12/20(月) 12:05:58 | URL | No Name  [編集]
とても面白かったです。
2010/12/18(土) 07:55:07 | URL | KP  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2243-efa88521





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~

07月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月06日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月05日
【J1】 18クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月05日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

07月05日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

07月04日
【J2】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで)

07月04日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)


07月02日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん