アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/21 【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)
 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)
 2017/07/25 【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?
 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)

 2017/07/25 全記事一覧(2005年-2017年)


【C大阪×横浜FM】 17歳の小野裕二の時代へ | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 31節

激しいACL出場権争いが続いているJ1リーグ。ともに3位以内を目指すセレッソ大阪と横浜Fマリノスの対戦。C大阪は13勝7敗10分けで勝ち点「49」、横浜FMは14勝11敗6分けで勝ち点「48」。横浜Mは4位のC大阪を叩いて上位を目指したい大事な試合である。

ホームのC大阪は<4-2-3-1>。GKキム・ジンヒョン。DF酒本、茂庭、上本、丸橋。MFアマラウ、マルチネス、乾、家長、清武。FWアドリアーノ。GKキム・ジンヒョンは復帰して2試合目でキンチョウスタジアムでは初めての試合。右サイドバックはDF高橋が怪我のためDF酒本が先発出場。MF乾は古巣の横浜FMとの対戦となった。

一方の横浜FMは<4-2-3-1>。GK飯倉。DF藤田、波戸、松田、田中裕。MF清水、小椋、兵藤、中村俊、山瀬功。FW端戸。17歳のFW小野はコンディション不良のためベンチスタート。FW端戸の1トップ気味の布陣。FW渡邉千はベンチスタート。

■ セレッソが完勝

試合は序盤からホームのC大阪が優勢。スタメン復帰したMFマルチネスを起点にチャンスを作ると、前半25分にMFアマラウがロングパス。これをMF乾がうまいトラップから前を向いてドリブルで進むと、中央にラストパス。これを横浜FMのDF波戸がクリアしきれずにオウンゴール。C大阪が先制する。その後もC大阪ペース。FWアドリアーノが前線で強烈な存在感を放つ。しかし、不運な判定もあってゴールならず。前半は1対0で折り返す。

後半開始から横浜FMはDF藤田に代えてMF河合を投入。小椋をボランチからセンターバックに下げて、右サイドバックにDF波戸を回す。すると、リズムが良くなって後半開始から攻め込むが、MF兵藤のシュートが惜しくも枠外になるなど、追いつくことができない。

すると、後半17分に大阪が追加点を挙げる。ロングボールに反応したMF家長がうまいコントロールでディフェンスを外してGKと1対1になってシュート。これが決まって2点目を挙げる。MF家長は2試合連続ゴールで今シーズン4ゴール目。結局、C大阪がボールで横浜FMを圧倒し、4位を守った。一方、横浜FMは痛い敗戦でACL出場権獲得は厳しくなった。

■ 4位を死守

ACL出場権が与えられるのは3位までであるが、3位までに入ったチームが天皇杯を制したら、4位チームにチームが出場権が与えられることになる。

現状では、リーグ制覇を決めた名古屋、2位の鹿島、3位のG大阪のいずれもが天皇杯を勝ち残っていて、ベスト8を決めている。準々決勝で名古屋と鹿島が対戦するが、実力的にも、この3チームのいずれかが天皇杯を制する可能性はかなり高くて、4位チームにも出場権が回ってきそうな雰囲気もある、よって、3位チームと4位以下の差は広がってきているが、まずは4位を目指しての戦いが続いている。直接対決ということで両チームともに気合が入っていたが、C大阪が攻守に上回った。

横浜FMのGK飯倉の再三のファインセーブと、レフェリーの厳しいジャッジもあって、C大阪は2点だけに終わったが、チャンスの数は非常に多くて、もう少し点数が入っていても良かった。試合内容は今シーズンの中でもベストに近いものであった。

■ スタメン出場の酒本

1点目は相手のクリアミスでラッキーな部分もあったが、相手を崩してチャンスを作れていた。秋になってからは攻撃が停滞していて、なかなかゴールが奪えない状況に陥っていたが、山形戦で3ゴール、横浜FM戦で2ゴールと結果が出るようになってきた。

失点も増えてきたのは気がかりであるが、右サイドバックにDF酒本が入って右サイドから仕掛けられるようになったことも大きい。もともとサイドバックの選手ではなくて、サイドハーフがベストポジションであり、普通のサイドバックよりもかなり攻撃的なマインドを持っている。この試合も2点リードを奪って守りに入っても良かったが、右のDF酒本のポジションは高いままであり、アグレッシブだった。

横浜FMの左サイドのDF田中裕の対応もイマ一つであったが、サイドで仕掛けたときにきっちりとコーナーキックを獲得したり、クロスを上げたりと、自分の仕事が出来ていた。オールラウンドな活躍が見込めるDF高橋の方が安定感はあるが、DF酒本のドリブルやクロスといった攻撃力は無視できないものがあり、今後、使い分けていければ大きな戦力になるだろう。

■ 2試合連続ゴールの家長

ここに来てMF家長が2試合連続ゴール。山形戦ではコーナーキックをヘディングで合わせてゴールを決めたが、この日も積極的にシュートを狙っていってたが、後半のビッグチャンスを確実に決めて貴重な追加点を奪った。これでリーグ戦は4ゴール目。MF乾も4ゴール、MF清武も4ゴール。3シャドーは4ゴールずつで並んだことになる。

夏場にハイパフォーマンスを見せたMF家長であるが、ここ最近はパフォーマンスを落としていて、評価を下げていたが、冬が近づいてきて、またコンディションが上がってきたのか、パフォーマンスが上がってきている。彼のキープ力やパス出しのセンスは他の選手には真似できないものであり、この日は同じレフティのMF中村俊との対決となったが、MF家長の圧勝といえた。

フリーキックの精度やロングパスの精度といった部分では大きく見劣りするが、相手にぶつかられたときでも、問題なくプレーできるのがMF家長の長所であり、厳しい展開になってもチームを助けることができる。ムラッ気があるのは気がかりであるが、残り3試合となった今シーズンはMF家長にとってはいいシーズンとなった。

■ キム・ジンヒョンの復帰

C大阪は正GKのキム・ジンヒョンが帰ってきて2試合目。前半は危なっかしいシーンもあったが、後半はミスもなくて、久々に勝利に貢献した。

代役のGK松井も試合を重ねるごとに安定していて、クルピ監督がどう使い分けるのかが注目されていたが、やはりというべきか、GKキム・ジンヒョンが回復したら、GKキム・ジンヒョンに戻してきた。DFラインとの連携や、落ち着きという意味ではGK松井に軍配が上がるが、やはりハイボールの強さでは、GKキム・ジンヒョンが圧倒する。192㎝の長身で、ハイボールに対する強さは見事なものがあって、この日の後半に横浜FMがハイボールを多用してきたときも無難に対応した。

■ 奮闘した飯倉

全体的に動きが悪かった横浜FM。痛い敗戦を喫してしまったが、GK飯倉、DF松田、FW小野の3人のパフォーマンスは良かった。彼らの奮闘がなければ、もっと点差が開いていた可能性がある。

GK飯倉は2失点を喫したものの素晴らしい出来で、飛び出すタイミング、シュートへの反応、ハイボールの処理等、ほとんどミスがなくて、C大阪の決定機を何度も阻んだ。また、DF栗原とMF松田の怪我でセンターバックに入ったDF松田もいい出来で、中央から突破してくるC大阪の個劇をストップさせた。逆に悪かったのは両サイドバック。前半のみで交代した右DF藤田、DF酒本の対応に戸惑ったDF田中裕の守備での対応は非常にまずくて、サイドで起点を作られた。

■ 小野が流れを変えるが・・・

コンディション不良のため先発を外れた17歳のFW小野は後半12分から登場。DF茂庭とマッチアップすることが多かったが、DF茂庭に対しても優勢で、いいチャンスを何度も作って「違い」を感じさせた。まだ高校3年生であるが、非常に楽しみな選手といえる。

26節の神戸戦でJ1初ゴールを決めていて、すでに3ゴール。同級生のMF宇佐美の7ゴールには及ばないが、高校生としては十分な結果であり、ゴールシーン以外も見どころのあるプレーが多い。Mf宇佐美の場合は、まだイージーミスや気合が空回りして沈黙する試合があるが、FW小野はパフォーマンスが安定していて「クレバーさ」を感じる選手である。基本的な技術が高いのはもちろんのこと、判断力が素晴らしくて、自らゴールを奪うだけではなく、味方を生かすプレー上手い。フォワードのポジションでクレバーさを感じさせる選手というのはそれほど多くはない。

■ 小野裕二の時代へ

これで横浜FMは8位。いいのか悪いのか、ちょっと微妙なシーズンになっているが、FW小野という選手が出てきたのは大きい。現在の横浜FMはMF中村俊が中心になっていて、MF中村俊と相性のいい選手や彼をサポート出来るタイプの選手が出場機会を得ることが多い。これはこれで1つのやり方であるが、MF中村俊も32歳になって、いつまでも頼りにしているわけにはいかない。事実、この試合のMF中村俊はイージーなミスが多く、さっぱりの出来だった。

セットプレーでのキックの精度は「さすが」のものがあって、MF中村俊をメンバーから外すことは難しいが、試合によって出来・不出来が大きくなってきていて、全幅の信頼を置くことはできない。もう、FW小野を中心にチームを作ってみたらどうだろうか。その方が効果的な気はする。

■ ストライカー不足

横浜FMで気になるのは、アタッカータイプやチャンスメーカータイプの選手が多くて、「ストライカー」と呼べる選手がスタメンにいないことであり、FW小野はストライカーの要素も持つが、ゴール前では本格派のストライカーがいないので、迫力に欠けてしまう。

本来であれば昨シーズンの新人王のFW渡邉千真がポジションをつかんでいなければならないが、コンディション不良やスランプの影響でずっと出場機会が与えられていない。C大阪もFWアドリアーノが1トップタイプではなくて、ゴール前で力を発揮する「ストライカー」という訳ではないので、サイドからクロスボールが入ってきても得点のにおいはあまり感じずに、ゴール前で迫力を欠くことが多いが、横浜FMも同じようにチャンスがゴールに結びつかないもどかしい試合が増えてきている。



キム・ジンヒョン (きむ・じんひょん)

 2009/02/23  【PSM:C大阪×G大阪】 Jリーグの季節の到来 (生観戦記#2)
 2009/12/06  【J2】 ベストイレブン 2009年版   (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)
 2009/12/07  【J2】 今シーズンのポジション別のベストプレーヤーを考える。
 2009/12/10  2009年 プレーヤー総評 (セレッソ大阪編)
 2010/03/08  【大宮×C大阪】 完敗でのスタート
 2010/05/19  【J1】 ベストイレブン 2010年版 (序盤戦)
 2010/11/09  【J1】 今シーズンのベストプレーヤーを考える。 (GK編)
 2010/11/15  【山形×C大阪】 雪国気質が生んだ実直なサッカー






おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/tb.php/2195-49ff8eb3





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (アルビレックス新潟・清水エスパルス編)

07月25日
【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)

07月25日
【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~


07月05日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん