アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:526名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


【天皇杯:名古屋×新潟】 グランパスがPK戦を制す (生観戦記 #11)  | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 天皇杯

天皇杯は4回戦。勝てばベスト8進出となる。初のリーグ優勝に王手をかけている名古屋グランパスと、アルビレックス新潟の対戦。会場は名古屋のホームの瑞穂陸上競技場である。

数年前から優勝チームにACL出場権が与えられるになって、本気モードで取り組むチームも多くなったように感じる天皇杯であるが、リーグ戦が大詰めを迎えている時期に寒い中で試合をしなければならない点や、すでに戦力外通告を受けている選手も出場しなければならない微妙な時期である点などなど、いくつもの問題点を抱えている。しかし、「元日決勝」というのは、すべてのサッカー選手の憧れであり、目標の1つでもある。

■ 瑞穂競技場

瑞穂競技場は1941年2月に完成した古いスタジアムである。日韓ワールドカップの時に「瑞穂競技場を改修する」という案も出たが、結局、そのまま。Jリーグのホームスタジアムの中では、年季の入ったスタジアムである。

公共機関を利用する場合、市営地下鉄を使うことになる。駅は、桜通線の瑞穂運動場西駅、名城線の新瑞橋駅、名城線の瑞穂運動場東駅のいずれか。ちょうど、スタジアムが3つの駅の真ん中付近に位置しているので、利用者が分散するため混雑が解消されやすいという利点があるが、どの駅からも5分から10分程度は歩かなくてはならない。駅の目の前にスタジアムがあると便利なのであるが、少し不便な位置にある。JR名古屋駅からは乗り継いで約30分程度である。

 #1 瑞穂競技場
瑞穂①


平日のナイトマッチということで集まった観衆は3540人。かなりさびしい部類であるが、新潟のサポーターも少なくない。新潟→名古屋というと、新潟から上越新幹線で東京まで出て、そこから東海道新幹線で名古屋に向かうのが一番、早いのだろうか?新潟から富山まで行って北陸を回って名古屋に向かうというルートや、岐阜の高山方面を経由して名古屋に向かうというルートも考えられるが、かなり時間がかかりそうで、サポーターも大変である。

 #2 アルビレックスサポーター

瑞穂②


■ スタメン

20日(土)の湘南戦でリーグ優勝が決まる可能性のある名古屋はリーグ戦を重要視してメンバーを落としてきた。システムは<4-1-2-3>。GK高木。DF松尾、千代反田、竹内、三都主。MF吉村、田口、花井。FW杉本、巻、橋本。GK楢崎、DF闘莉王、DF阿部、FWケネディ、FW玉田といった主力はベンチ外。GK高木、DF松尾、MF田口、MF花井、FW橋本は今シーズンのリーグ戦は未出場。サブもMF小川が入ったが、それ以外はリーグ戦の出場機会に恵まれていないメンバーが中心である。

対する新潟は<4-2-3-1>。GK東口。DF西、千葉、永田、内田。MFジョン・パウロ、本間、三門、ミシェウ、木暮。FW大島。MFマルシオ・リシャルデスは欠場。MFチョ・ヨンチョルもアジア大会に出場しているため欠場。DF酒井はベンチスタートとなったが、それ以外はベストメンバーといえる布陣である。

■ PK戦で名古屋が勝利

試合は開始7分に名古屋が先制する。新潟のDFがクリアに失敗してこぼれたボールをゴール前にいたDF三都主が決める。その後は、アウェーの新潟がボールを支配して攻め込む。しかし、ゴールは奪えずに前半は1対0で終了。

新潟は後半開始からMF木暮に代えてMF田中亜を投入。これで流れが良くなると、さらに後半7分にFW大島に代えて21歳のFW川又を投入。前線にパワーを与えると、後半23分に左サイドからFW川又が仕掛けて、最後はFW田中亜がヘディングで押し込んで1対1の同点に追いつく。試合は1対1のまま後半終了。

延長戦は15分ハーフ。その延長戦は新潟が一方的に攻め込む。名古屋は出場経験の少ない選手が多く、試合勘が失われている選手が多いためか、延長になると足が吊る選手が続出し、ほとんど中盤で守備が出来なくなる。新潟は途中出場のMF田中亜とFW川又が好調で、何度もゴール前に迫ってシュートを放つが、これがなかなか決まらない。

結局、試合はPK戦に突入。PK戦でヒーローになったのは名古屋のGK高木。4本目で新潟のU-19代表のMF加藤をストップ。結局、5対4で名古屋がPK戦を制してベスト8に進出決定。新潟はベスト16で敗退することになった。

■ 若手が躍動

フルメンバーに近いメンバーで試合に挑んだ新潟は、シュート33本を放ったが奪ったゴールは1つのみ。特に延長に入ってからは何度も決定機がありながらも、ネットを揺らすことが出来なかった。リーグ戦で13ゴールのMFマルシオ・リシャルデス、11ゴールのMF曹永哲を欠いたのは大きかった。

ただ、途中出場したMF田中亜、FW川又、MF加藤の3人が好プレーを見せたのが収穫といえる。途中出場ながらMF田中亜が7本、FW川又が6本、MF加藤が3本のシュートを放った。FW矢野がドイツに移籍し、FW大島がセンターフォワードに入っているが、FW川又も面白い存在であり、リーグ戦は途中出場が4試合あるだけであるが、183㎝と体格も良くて、今後、チャンスが増えるかもしれない。

 #3 試合前
瑞穂③


■ 守った高木

名古屋はリーグ優勝が目前に迫っており、さらには、すでにリーグ戦3位以内も決定しており、ACLの出場権も得ている。ということで、他のクラブと比べると、天皇杯に対するモチベーションは低い。よって完全にメンバーを落としてきた。「リーグ優勝 > 天皇杯」となるのは仕方がないことであり、ACLという人参のないチームのモチベーションをどうやって高めていくかは新たな問題であるが、代わった選手が活躍を見せて、勝利をおさめた。

ヒーローはGK高木。PKストップも見事だったが、延長戦はピンチの連続であり、やられてもおかしくないシーンが続いたが、ことごとくストップし、その勢いのままPK戦に突入し、チームに勝利をもたらした。

 #4 試合終了直後
瑞穂⑤


■ 寒い中での試合

試合が熱戦になったのは幸いだったが、さすがに11月の夜なので気温も下がっていて、非常に寒かった。帽子、手袋、マフラーとフル装備をしていたが、寒くてどうしようもなかった。

普通に家にいても、暖房をしなかったら、寒くて仕方がない季節になっているが、外にいるとなおさらである。「だから秋-春制はダメ」という訳ではないが、寒いよりは暑い方が我慢できる人は多いので、「秋-春制」を主張する人は、体験してほしいところである。(ただ、雨が降らなかったのは幸いだった。)

思ったのは、天皇杯では延長戦はいらないのではないだろうか?コンディションが悪い中で、120分間の戦いを強いるというのは、非常に厳しいものがあり、この試合の名古屋は多くの選手が足を攣っていて、延長戦はパフォーマンスは落ちてしまった。観客も同様で、中立的な立場の人は、「どちらが勝ってもいいので、延長にならないで欲しい。」と思ったのではないだろうか。延長戦は見どころが多くて面白い試合になったのは良かったが、この環境でさらに30分耐えなければならないというのは厳しいものがある。

■ ベストメンバー規定

名古屋のスタメンは「ベストメンバー」とは言い難いメンバーであった。犬飼会長がいれば、ひと悶着あっただろうが、もともと天皇杯にはベストメンバー規定もなくて、問題視されるべきものではなかったが、2008年の天皇杯で当時の犬飼会長がルールにないことを言い出してメンバーを落としたチームに苦言を呈するという「ルール違反」を犯してサポーターの反発を受けた。ひと悶着の末、2009年大会から天皇杯にもベストメンバー規定が導入されることになったが、罰則規定はなく、曖昧なままである。

この日の名古屋のスタメンは、リーグ戦に全く出ていない選手も多くて、観ていて戸惑う部分もあったが、それはそれで面白い。確かに、初めて瑞穂競技場に来て、名古屋の試合を観戦した人にとっては、DF闘莉王、FW玉田、GK楢崎らがいないのは残念だっただろうが、それはそれで仕方がない。

 #5 スタジアム
瑞穂④



名古屋グランパス

GK 高木義成 7.5

 → ビッグセーブを連発して勝利を呼び込んだ。若いDFラインをうまくまとめて1失点のみ。延長戦のパフォーマンスは圧巻だった。

DF 松尾元太 5.5

 → リーグ戦は未出場。前半は空回りしたが、時間が経つにつれて安定していった。MFミシェウとマッチアップすることが多かったが、安易に飛び込まずにMFミシェウにいいプレーをさせなかった。

DF 千代反田充 6.0
 
 → 古巣の新潟との対戦となった。闘莉王のいない中、リーグ戦の出番も増えてきており、温存させるためか、前半のみで交代となった。

DF 竹内彬 7.0

 → 2008年は右SBで起用されていたが、この日はセンターバック。攻め込まれた後半は若いDF新井と組んで体を張った守備で最少失点に抑えた。気迫がみなぎっていた。

DF 三都主アレサンドロ 6.0

 → 驚きのポジショニングで先制ゴールをマーク。相変わらず守備のときの1対1の対応では軽さを見せるが、しっかりとボールをつないでビルドアップでも貢献した。

MF 花井聖 5.5

 → インパクトのあるプレーは見せられずに十分なアピールは出来なかった。守備面は悪くはなかった。

MF 吉村圭司 5.5

 → 怪我から復帰してスタメン出場。後半途中までプレーし、攻守に無難なプレーを見せた。試合をこなせたことが収穫か。

MF 田口泰士 5.5

 → 清水のFW大前の1学年下で、流経大付属高の2年のときに全国制覇。各年代の日本代表に選ばれた期待の若手であるが、選手層の厚さに阻まれて、今季のリーグ戦出場はゼロ。アピールしたかったところであるが、平凡なプレーに終始した。

FW 杉本恵太 5.0

 → 右ウイングでプレーしたが、なかなかボールが回って来なくて、右サイドで孤立した。サイドに張っているだけでは持ち味のスピードは生かせない。

FW 巻佑樹 5.0

 → センターフォワードとしてフル出場も得点チャンスはほとんどなかった。前線からの守備でも貢献していたが、後半になると疲れてきたのか、相手と競ることが出来なくなった。

FW 橋本晃司 6.0

 → 左ウイングでプレー。序盤からスピードに乗ったドリブルでチャンスを作った。後半に入ると勢いは落ちてしまったが、まずまずのプレーでアピールには成功した。

DF 新井辰也 6.0 

 → 後半開始から登場。クリアの場面で危ういシーンもあったが、DF竹内とのコンビもまずまずで、空中戦も負けていなかった。

MF 磯村亮太 5.0

 → 後半途中から出場したが、テクニック面で不安があって、危ないシーンが多かった。また、もう少し守備でも頑張りたかった。しかし、最後はPKを決めて勝利を呼び込んだ。

FW 久場光 6.0

 → 後半途中から出場。相手も疲れていたが、果敢なドリブルでリズムを生み出す。可能性を感じさせるプレーを見せた。


アルビレックス新潟

GK 東口順昭 5.5

 → 名古屋の決定機自体が少なかったので見せ場は多くなかった。PK戦は、試合中に好セーブを連発していたGK高木との勢いの差が出たか。

DF 西大伍 6.5

 → 対面したDF三都主に対して優勢。裏のスペースを突く意識が高く、前半から何度もチャンスを作る。つなぎも安定している。

DF 千葉和彦 6.0

 → 得意のフィードで攻撃の基点となる。ボールを持ってもあわてないので、相手もプレスに行きにくい。

DF 永田充 5.5

 → FW巻にほとんど仕事をさせなかった。ビルトアップはDF千葉が担当することが多かった。

DF 内田潤 6.0

 → 本職ではない左サイドだったが、攻め上がりのタイミングも良くて、好プレーを見せた。

MF ジョン・パウロ 5.0

 → 運動量は少なめだったが、さばくプレーはまずまず。フリーキックも蹴っていて、惜しいシュートもあった。ただ、助っ人としては物足りない。悪くは無いがインパクトは少ない。

MF 本間勲 6.0

 → 押し込んだ後半から延長にかけて、積極的に攻め上がってチャンスに絡んだ。

MF 14 三門 雄大 6.5

 → 何度もシュートチャンスを作ったが、惜しくも決めきれず。ただ、決定機の場面に顔を出していることは評価できる。ボランチよりも攻撃的なポジションの方が合っているか。

MF 木暮郁哉 4.5

 → 前半のみの出場。左サイドでテクニックを見せるシーンもあったが、チャンスにつなげることは出来ず。怖さを与えられなかった。

FW 大島秀夫 5.0

 → 前半から基点にはなったが、シュートへの意識が乏しくて消極的なプレーだった。持ち味を発揮しきれないままで後半早々に途中交代。

FW ミシェウ 5.5

 → 最後まで運動量は落ちずにチャンスに絡んだが、難しいパスを狙いすぎてカットされるシーンも多かった。

FW 田中亜土夢 7.5
 
 → 後半開始から投入されて同点ゴール。キレキレの状態で何とシュートは7本。見事な同点ゴールを決めた。

FW 川又堅碁 7.0

 → 同じく途中から出場してシュート6本。同点ゴールにも絡んだ。セレクションでミスがあったが、強引さも持ち合わせており、今後に期待したいタレントである。

MF 加藤大 6.0
 
 → 後半38分から登場し、落ち着いたプレーで見せ場を作るも、決定機に決めきれず。PKも失敗してしまった。



関連エントリー

 2007/09/27  誰のためのベストメンバー規定なのか?
 2008/07/23  秋-春制にはNO!!!(その1)
 2008/07/25  秋-春制にはNO!!!(その2)
 2008/11/13  あなたは犬飼基昭日本サッカー協会会長を支持しますか?しませんか?
 2008/11/22  犬飼基昭日本サッカー協会会長はいったい何を考えているのか?
 2009/10/12  天皇杯での波乱について思うこと
 2010/08/13  改めて「秋-春制」について考えてみる。



人気エントリー 名古屋グランパス編 (ベスト10)

第01位 2008/10/30  もし、小倉隆史の大怪我がなかったならば・・・。
第02位 2009/10/20  FWダヴィのせつないカタール生活
第03位 2008/03/08  【名古屋×京都】 PIXYが披露した美しいサッカー
第04位 2010/01/30  【Jリーグ】 歴代の偉大だと思う外国人選手 (1位-15位)
第05位 2007/01/12  J史上最も魅力的なチーム
第06位 2010/09/09  楢正剛選手の代表引退
第07位 2008/11/25  【京都×名古屋】 ヨンセンは本当に必要ないのか?
第08位 2008/05/11  【名古屋×神戸】 印象的なMF吉村圭司 (生観戦記 #5)
第09位 2010/02/28  【PSM:名古屋×岐阜】 大型補強の効果は??? (生観戦記#3)
第10位 2010/03/06  【G大阪×名古屋】 誰がムーを止めるのか?


人気エントリー アルビレックス新潟編 (ベスト10)

第01位 2007/10/07  【新潟×大宮】 ビッグスワン初体験記 (生観戦記 #18)
第02位 2008/02/16  アルビの成功例に見る「サポーターの高齢化」はむしろ歓迎すべきことだという思い
第03位 2009/08/28  げんなりなペドロ・ジュニオールの移籍
第04位 2009/11/06  【神戸×新潟】 地方の星・アルビレックスの限界点
第05位 2008/03/13  【大宮×新潟】 覚醒するペドロ・ジュニオール
第06位 2008/01/10  坂本将貴のジェフ復帰報道
第07位 2006/07/22  「ニイガタ現象」を読んで
第08位 2010/10/17  【新潟×名古屋】 三門雄大 1ゴール1アシストの大活躍
第09位 2010/10/24  【FC東京×新潟】 脅威のマルシオ・フリーキック
第10位 2008/11/12  【検証1】 アルビレックス新潟は本当にホームで強いのか?




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月21日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月21日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月21日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: