アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/17 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2018/04/18 【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (札幌・仙台・鹿島)
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和・柏・FC東京)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/20 【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/04/21 【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!
 2018/04/21 【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/22 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1912  2018/04/08  山口 vs 大宮、甲府 vs 水戸、清水Y vs 流経大柏、C大阪U-18 vs 福岡U-18
 #1913  2018/04/09  仙台 vs 長崎、群馬 vs 鹿児島、新潟 vs 岡山、金沢 vs 千葉
 #1914  2018/04/11  FC琉球 vs C大阪U-23、盛岡 vs 秋田、長野 vs 沼津、YS横浜 vs 福島
 #1915  2018/04/12  C大阪 vs 湘南、浦和 vs 仙台、湘南 vs 鹿島、磐田 vs 清水
 #1916  2018/04/13  【ACL】 グループリーグの5節終了時点での雑感
 #1917  2018/04/14  C大阪 vs 済州U、札幌 vs 名古屋、長崎 vs FC東京、C大阪 vs 鳥栖
 #1918  2018/04/16  G大阪 vs 神戸、川崎F vs C大阪、長崎 vs G大阪、鹿島 vs 名古屋
 #1919  2018/04/17  C大阪U-23 vs 福島、磐田 vs 鳥栖、仙台 vs 川崎F、柏 vs 札幌
 #1920  2018/04/18  C大阪 vs FC東京、湘南 vs 広島、横浜FM vs 神戸、浦和 vs 清水
 #1921   2018/04/19  ガンバ大阪の問題点はどこにあるのか?

 #0000  2018/04/13 全記事一覧(2005年-2018年)


【ナビスコ決勝:磐田×広島】 前田遼一の大活躍でジュビロがタイトル獲得 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ ナビスコ決勝

ナビスコカップの決勝戦。リーグ戦で9位のサンフレッチェ広島と、リーグ戦で11位のジュビロ磐田のカード。関東のチームが決勝に進出しなかったのは、大分トリニータと清水エスパルスが対戦した2008年以来で2回目。舞台は東京の国立競技場である。

1993年のJリーグ開幕に先駆けて、その前年の1992年にスタートしたナビスコカップ。第1回大会から第3回大会までは黄金時代のヴェルディ川崎が3連覇を成し遂げたが、その後は、群雄割拠の時代に入った。リーグ戦で3連覇中の鹿島アントラーズが1997年、2000年、2002年とヴェルディと同じく最多タイの3度のナビスコ制覇を達成していて、この2チームに続くのが、ジェフ千葉とFC東京。ともに2度のナビスコ制覇を達成している。

複数回のチャンピオン経験があるのは、この4チームのみで、清水、磐田、柏、横浜FM、浦和、G大阪、大分が各1回ずつ。決勝に進んできた広島は初制覇、磐田は1998年以来となる2度目のナビスコカップ獲得を目指す。

■ スタメン

準決勝で川崎フロンターレを下して決勝戦に進んできたジュビロ磐田は<4-2-2-2>。GK川口。DF山本康、古賀、イ・ガンジン、山本脩。MF那須、上田、西、船谷。FWジウシーニョ、前田。MF岡田、MF成岡、FW山崎らがベンチ入り。DF駒野、DFパク・チュホは欠場。MF上田がスタメンに復帰。

一方、清水エスパルスを下して決勝進出を果たした広島は<3-6-1>。GK西川。DF森脇、中島、槙野。MF森崎和、森崎浩、ミキッチ、山岸、高萩、高柳。FW李忠成。怪我から回復してきたFW佐藤寿がベンチ入り。DFストヤノフ、DF横竹、MF青山敏、FW山崎らがベンチスタート。

■ 2対2で後半終了

試合はファイナルらしく、両チームとも慎重に試合に入って静かな展開となる。双方ともになかなかシュートチャンスを作れないままで迎えた前半36分に磐田は相手のGK西川のキックミスをMF船谷が拾って右サイドに開いたFW前田に展開。FW前田が右足でクロスを上げると、ゴール前でドフリーになっていたMF船谷がヘディングで決めて先制する。

ビハインドになった広島だったが、前半43分に右サイドからMFミキッチがドリブルで仕掛けて相手DF二人を外してペナルティエリアに侵入。ニアサイドへのクロスをFW李忠成が合わせて同点に追いつく。リーグ戦でも絶好調のFW李忠成のゴールが生まれて前半は1対1で終了する。

後半3分に広島はミドルエリアからのパスに反応したMF山岸が裏のスペースに抜け出すと、落ち着いて右足で決めて2対1とリードを奪う。そのままのスコアで試合は進んで、広島が逃げ切るかと思われた後半44分に、磐田がコーナーキックを獲得すると、最後はゴール前のFW前田が押し込んで土壇場で同点に追いつく。試合は30分間の延長戦に突入する。

■ 磐田が突き放す

延長戦は土壇場で追いついた磐田が勢いに乗る。延長前半12分に再びコーナーキックからチャンスを作ると、最後は途中出場のMF菅沼が押し込んで3対2。その直後にもFW前田のパスからFW山崎が決めて4点目。一気に2点リードを奪う。あきらめない広島も、延長の前半ロスタイムにDF槙野が直接フリーキックを決めて3対4と迫る。

延長後半の立ち上がりは広島が攻め込むが、延長後半4分に、またしても磐田のFW前田が個人技から鮮やかなシュートを決めて5対3と2点差をつける。終了間際に広島はDF槙野がPKを得るが失敗。結局、そのまま5対3で磐田が勝利。2004年の天皇杯以来となる7年ぶりのタイトルを獲得した。一方の広島は悲願のタイトル獲得はならなかった。

■ 死闘を制したジュビロ

5対3という最終スコア。延長になってから4つのゴールが決まるという稀に見る壮絶な死闘となったファイナルは、磐田のFW前田が2ゴール2アシストの大活躍でチームをタイトルに導いた。ポイントになったのは、後半終了間際の同点ゴール。

後半に逆転された後の磐田は慎重なサッカーを見せた前半とは打って変わって前に出てきて、広島を押し込んでいく。なんとか耐えていた広島は後半32分にサイドから突破でチャンスを作っていたMFミキッチに代えてDF横竹を投入し、DF森脇との連携で右サイドを守って2対1のままで逃げ切ろうと試みたが、結局、追いつかれてしまった。その前にも、MF青山敏、FW山崎を投入していて、交代カードを使いきった広島としては、延長戦のことは頭から外してなりふり構わずに1点を守ろうとしたが、守備を重視して早めの選手交代を行って3枚のカードを使いきったため、延長戦では、守備的な布陣になって延長で攻め手が磐田と比べると、少なくなってしまった。

バランスを重視して、MF青山敏、FW山崎、MF横竹を投入した広島と、MF菅沼、FW山崎というアタッカーを投入した磐田。結局、磐田は、MF菅沼とFW山崎が延長戦で3点目と4点目のゴールを決めたが、完全に中盤がなくなって行ったり来たりの展開になった中で、アタッカーに元気(=余力)が残っていた磐田が力で押し切った形となった。

■ 前田遼一がMVP

FW前田遼一は2ゴール2アシストの活躍。誰が見てもMVPといえるほどの活躍を見せた。前半から広島のDF槙野とマッチアップすることが多く、DF槙野に抑えられるシーンもあったが、後半になるとリズムをつかんで大事な同点ゴールと5点目のゴールを奪った。120分間、フル出場で最後までスタミナが落ちずに、決定的な仕事ができたことが素晴らしかったといえる。

黄金時代が過ぎて、黄金時代の後のチームを引っ張ってきたFW前田であるが、なかなかチームが浮上することが出来ずに苦しんでいた。日本代表へアピールするためには、「もっと強いチームへ移籍した方がいいのでは?」という声もあって、いくつか移籍の噂も出ていたが、ずっとジュビロ磐田でプレー。ようやく、実を結んだといえる。

黄金時代にはタイトルの常連で、「強すぎる」とイメージしかなかった磐田であるが、何とタイトルは7年ぶりということで、空白の期間は長かった。FW中山、MF名波、MF藤田、MF福西、DF田中といった選手もチームを去って、代わりに期待されていたMF成岡やFWカレンといった選手も、なかなか殻を破れずにいたが、この日、タイトルをつかんだことで、何かが変わるかもしれない。

■ 光ったダブルボランチ

磐田の選手は、A代表クラスは少なくなったが、若年層の代表でプレーした選手が多く、ポテンシャルは低くはない。しかしながら、ナイーブというか、消極的というと、大事なところで凡ミスが出たり、精神的にタフではない選手が多いというイメージがあったが、この日はタイトルがかかった決勝戦ということで気持ちが入っていて、いい戦いを見せた。

本職ではない左サイドバックに入っていたDF山本脩、途中からセンターバックに入ったDF大井といった半レギュラークラスの選手が気持ちの入ったプレーを見せて、最後まで集中してプレーしていたことも印象的だったが、何と言ってもダブルボランチのMF上田とMF那須のプレーが見事だった。

ここ数試合はスタメンを外れることも多かったMF上田は、この試合も先発から外れるのではないか?という予想が多かったが、スタメンの座を勝ち取って、セットプレーで抜群の精度のキックを見せて勝利に大きく貢献した。MF上田は北京五輪代表チームでプレーした経験を持っているが、タフな試合になると消えてしまうことが多く、ゲームを作る能力が高いにもかかわらず、ここ数年、飛躍できずにいたが、この試合は非常に良かった。

また、MF那須のアテネ五輪代表。本職がセンターバックなのか、ボランチなのか、どちらなのか分からなくなるほど、センターバックでも、ボランチでも起用されていて、彼も所属クラブでレギュラーになりきれずにチームを移ったが、この試合に限らず、今シーズンのパフォーマンスは非常に高くて、この試合はザッケローニ監督も見に来ていたが、代表に招集されたとしても全く不思議ではないほどである。

1点ビハインドの後半に追いつくためにギアをチェンジした磐田はサイドが積極的に駆け上がってチャンスを作ったが、その時にMF那須がしっかりと前線まで上がって行って、攻撃に絡もうとしていた。キャラクター的にはMF上田の方が攻撃センスがあって、MF那須は守備に定評のある選手であるが、この日は、MF那須がうまく攻撃に絡んでいった。

■ 逃げ切りに失敗

一方の広島は逃げ切りに失敗して3対5の敗戦。ナビスコ制覇はならなかった。やはり、逃げ切りに失敗したことがすべてであり、後半32分にMFミキッチに代えてDF横竹を入れたのは間違いではなかったと思うが、逆に、もう少し段階でDF横竹を投入していても良かったかもしれない。

2対1とリードを奪ってからは磐田に攻め込まれていて、最終ラインとボランチが苦しくなってきていた。20分ほどの間、磐田の猛攻をしのいできたが、この時間は結果的に失点はしなかったが、MF西の惜しいシュートなど、危ないシーンが多くて、ここで体力を消費してしまったように印象がある。全ては結果論になってしまうのが交代策は難しいが、一部の交代は早すぎたと思われるし、一部の交代は遅すぎたように感じてしまうペトロビッチ監督の交代の選択だった。

■ 槙野の奮闘は実らず

延長前半終了間際のスーパーフリーキックを含めて両チーム最多の6本のシュートを放ったのが広島のDF槙野。ビハインドになってからは積極的に攻め上がってシュートを狙っていった。しかし、最後はPK失敗。ほとんど時間がなかったので、もしPKが決まっていても、そのまま5対4で試合は終了しただろうが、DF槙野にとっては悔しい試合となってしまった。

ここ最近はゴールパフォーマンスにばかり注目が集まっているが、フリーキックを武器にしつつあるなど、プレーヤーとしての幅を広げていて、見逃せない選手になってきている。磐田は前半からDF槙野の攻撃参加を過剰と感じるほどに警戒していたが、それだけの価値のある選手になってきている。

貴重な若手の代表クラスのディフェンダーであり、J1の中で争奪戦になっているという話もあって、また、一部では本人はブンデスリーガへの移籍を望んでいるとされている。独特なプレースタイルであり、ずっとペトロビッチ監督の元でプレーしてからこそ、自由にプレーできている部分もある。ノーマルなサッカーをするチームへ移籍すると、ゴールパフォーマンスが目立つ「普通のセンターバック」になってしまう可能性もある。移籍先を探しているのであれば、慎重に考えないといけないだろう。


関連エントリー

 2007/10/25  ナビスコカップ決勝は関西圏で開催すべき!!!
 2008/06/05  フジテレビのナビスコカップ軽視の酷さ
 2008/10/27  DF槙野智章が破壊する既成概念と常識
 2009/09/16  「ベストメンバー規定」と「ナビスコ改革」について
 2009/11/04  日本のサッカー解説者(25名)を勝手に評価する (2009年版)
 2010/01/19  「Jリーグ史上最強のチームはどこか?」を考える。






おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月22日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月22日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月21日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月21日
【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~

04月21日
【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!

04月20日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月20日
【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~5位:高橋諒、4位:藤田直之、3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~

04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 清水エスパルスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 川崎フロンターレの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 横浜Fマリノスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【逸材揃い】 FC東京の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 セレッソ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 ガンバ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【東京世代】 「和製・レドンド」と呼びたいMF米原秀亮(ロアッソ熊本)


04月02日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: