アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/09/19 【J2】 自動昇格争いの展望 (33節終了時点) ~8強の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~
 2018/09/20 【J2】 残留争いの展望 (33節終了時点) ~4弱の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~
 2018/09/20 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)
 2018/09/21 【U-16アジア選手権:日本 vs タイ】 FW荒木遼太郎(東福岡高)が2ゴール1アシスト。大量5ゴールで白星スタート。
 2018/09/21 【U-16アジア選手権】 日本 vs タイ 各選手の採点&寸評 (10点満点) (GL:1戦目)
 2018/09/21 【ファジアーノ岡山×京都サンガ】 価値あるドロー。FWカイオの「ひょっとこシュート」は衝撃的。
 2018/09/21 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)
 2018/09/22 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)
 2018/09/22 【清水エスパルス×ガンバ大阪】 やっと降格圏脱出!!!相手の脅威となるFWファン・ウィジョ。
 2018/09/22 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)
 2018/09/23 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)
 2018/09/23 【柏レイソル×サガン鳥栖】 大一番はドロー。神がかり的な活躍を続けるGK権田修一。
 2018/09/23 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)
 2018/09/24 【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)
 2018/09/24 【ジュビロ磐田×横浜マリノス】 DF山中亮輔の左足は新生・日本代表の武器になるか。

J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #2029  2018/09/01  新生・日本代表のメンバー・23名について
 #2030  2018/09/02  U-21日本 vs U-23韓国 採点&寸評 (アジア大会:決勝)
 #2031  2018/09/03  C大阪×広島、横浜FM×柏、長崎×湘南、愛媛FC×新潟
 #2032  2018/09/04  浦和×C大阪、G大阪×川崎F、FC東京×鳥栖、山口×千葉
 #2033  2018/09/06  U-16アジア選手権のメンバー・23名について
 #2034  2018/09/07  C大阪U-23×鹿児島、仙台×清水、日本×中国、FC今治×Ho nda FC
 #2035  2018/09/08  「J1の18クラブの残り9試合 or 10試合の対戦相手の平均順位」を計算してみた。
 #2036  2018/09/09  「J2の22クラブの残り11試合 or 12試合 or 13試合の対戦相手の平均順位」を計算してみた。
 #2037  2018/09/11  【J1】 18クラブの得点パターンについて調べてみた。
 #2038  2018/09/12  【J2】 22クラブの得点パターンについて調べてみた。

 #0000  2018/09/12 全記事一覧(2005年-2018年)


【U-19日本×U-19韓国】 布ジャパンの歴史的な惨敗  | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 準々決勝

2011年のU-20世界大会の出場権獲得がかかった準々決勝の韓国戦。勝てば世界大会の切符を獲得できるが、敗れると世界大会に出場する可能性がなくなる。10月11日にU-19代表戦、12日にはA代表戦と、韓国代表との戦いが続くが、本当に大事なのはU-19の方の戦いであり、この試合に敗れると日本サッカーに大きな空白が空くことになる。

日本は<4-2-3-1>。GK中村。DF岡本、遠藤、平出、阿部巧。MF藤田、六平、菊池、宇佐美、酒井。FW指宿。FW杉本がベンチスタートでFW指宿がスタメン。UAE戦とベトナム戦に出場したGK川浪ではなくモンテディオ山形のGK中村がスタメン。

■ 2対3で逆転負け

試合は少し昔の日韓戦を思い起こさせる展開。ひたすらロングボールを放り込む韓国に対して、平均身長差で5㎝ほど劣る日本が全く抵抗できない。日本のCBは176cmの二人で跳ね返すどころが相手のフォワードにプレッシャーすら与えられない。

しかしながら先制したのは日本。前半14分に左サイドからクロスを送ると、裏のスペースに流れたボールをFW指宿がうまいコントロールを見せて右足で強烈なシュートを決める。さらに日本は前半31分にもFW指宿がペナルティエリア内で粘ってPKを獲得。最初のキックはGKに止められたが、やり直しのキックを決めて2対0とリードを奪う。しかし、韓国がすぐに1点を返すと、前半の終了間際に2失点。韓国に逆転されて2対3で前半を終える。

後半も韓国ペースは変わらず。ロングボールに対して何も対応できない日本はゴール前でたびたびピンチを招く。しかし、後半はGK中村が再三にわたってファインセーブを見せてゴールを許さない。

ビハインドの日本はMF加藤、FW永井、FW杉本を投入。後半35分あたりでMF宇佐美のパスからFW永井が左足で強烈なシュートを放つが惜しくもクロスバー。決定的なチャンスを逃した日本は、その後はMF宇佐美が個人技から見せ場を作る程度。中盤でイージーミスが続出して反撃ムードも出せず。結局、2対3で終了。2大会連続で準々決勝で韓国に敗れてU-20世界大会の切符を逃した。

■ まさかの完敗

幸運にも2点リードを奪ったが、内容的に見ると完敗。歴代でも最低レベルの試合だった。2対3という最終スコアだけ見ると「いい勝負」だったかのように思えるが、実際には韓国の一方的な試合であり、もう少し韓国代表に落ち着きがあったならば、「0対5」とか「1対6」とか衝撃的なスコアになっていた可能性も十分にあった。ラッキーな形で2点リードを奪ったまでは良かったが、その直後に1点を返されてしまったのが痛くて、前半のうちに3連続失点を喫して逆転されてしまった。

試合運びも雑であったが、おそらく、この両チームが「このスタメン」と「この監督」で対戦したら、10回中9回は韓国が勝利するだろう。MF宇佐美を筆頭に、タレント力だけを見ると日本も負けていないはずであるが、総合力の差はいかんともしがたいものがあった。選手たちがピッチ上で闘えていればまだ良かったがそれもなし。順当な敗戦だった。

2対1となった段階で、試合を見ていた人のほとんどは、追いつかれたり、逆転されるのは時間の問題だと思ったはず。この段階で何か手を打てなかったのだろうか?この試合は日本を圧倒した韓国であるが、MFキム・ボギョンやMFキム・ミヌ、FW曹永哲といったタレントの宝庫だった前回のチームと比べると小粒なチームであり、ロングボール以外で何か攻撃の手があったかというと疑問である。無策だったのが悔やまれる。

■ 致命的だった高さ不足

これで日本は前回大会に続いてU-20世界大会の出場はならず。致命的だったのは、やはり高さ不足。日本のセンターバックは176㎝のDF遠藤と176㎝のDF平出の二人。90分間、ロングボールを蹴り続けてきた韓国だったが、ほとんどの場面で韓国が競り勝って攻撃の主導権を奪った。これではもう試合にならない。

もちろん、イタリア代表のDFカンナバーロや、アルゼンチン代表のDFアジャラのように高さがなくてもロングボールに強い選手は何人もいるので、「身長」だけがすべてではないが、普通に185㎝のフォワードと176㎝のセンターバックが競り合ったら、185㎝のフォワードが競り勝つ可能性が高いのは明らか。また競り合いの場面でもしっかりと競るだけの技術があれば問題なかったが、競り合うことすらできていない場面も多かった。

2009年のU-17世界大会でも同じような問題があって、グループリーグのスイス戦でも2対0から逆転負けを喫した。U-17代表が1992年生まれ以降が対象で、今回のU-19代表は1991年生まれが対象なので、世代もかぶっており、すぐに対応できないのは仕方がないとはいえ、同じような失敗を繰り返すのはいかがなものだろうか?

確かにセンターバックからのビルドアップは大事である。そして、身長があって、かつ、ビルドアップの能力があるセンターバックがほとんどいないという現状はは理解できる。が、それでは、1試合目、2試合目、4試合目と、このセンターバックのコンビが、どれだけ前線に効果的なパスが出せただろうか?中途半端につなごうとしてカットされた場面がほとんどだった。

■ 布監督のチーム作り①

1993年のJリーグ発足以降、U-20世代、U-23世代、フル代表のうち、日本代表が世界大会の切符を逃したのは史上3度目。1回目がドーハの悲劇(1993年)であり、2回目が前回のU-19チーム(2008年)、3回目が今回のU-19チーム(2010年)。若い世代から世界大会を経験することで実力をつけてきた日本サッカーにとっては大きな痛手であり、明らかに異常事態である。この状況となれば布監督に批判の声が集まっても仕方がない。

今大会は4試合目であるが、UAE戦、ベトナム戦もひどい内容であり、スタメンを大幅に入れ替えたヨルダン戦こそ3対0で快勝だしたが、結局、GK中村以外を元のメンバーに戻して惨敗となった。スタメン選びに間違いはなかっただろうか?確かに後半のGK中村のプレーは良かったが、3失点目のフリーキックはセーブしなければならないシュートであり、スタメン組と連携の取れていたはずの192㎝のGk川浪を外して、183㎝のGK中村を起用した意図はなんだったのか?前半はGK中村の飛び出すタイミングが悪くてピンチになっていた。

また、キャプテンマークをつけていたボランチのMF六平にこだわった理由も理解できない。この試合で何度、MF六平が軽率なミスでボールを奪われただろうか?ボランチの位置でボールを失うと、即、ピンチになってしまうが、少なくとも5回・6回は軽率なプレーでボールを奪われた。確かにキャプテンを任しているので代えにくかったと思うが、大学生のMF六平にこだわる必要はあったのだろうか。味方のサポートが少なかったという気の毒な面もあるが、これだけボランチの位置で体を張れない選手がいると、中盤で主導権を握るのは難しい。3戦目で好プレーを見せていたMF風間やMF加藤を先発で起用するアイディアはなかったのだろうか。

■ 布監督のチーム作り② 

布監督は市立船橋での十分な実績を残していてアマチュアで最高レベルの指導者かもしれないが、やはりプロの選手と高校生では全く異なる。本当に布監督に任せてよかったのだろうか?南アフリカ大会で岡田監督が退任した後、協会はザッケローニ監督と契約するまで、原博美さんを中心に懸命になって監督選びを行ったが、この世代の監督をこれまで安易に決めすぎていなかったか?若年層の監督こそ、真剣になって探さなければならなかったのではないだろうか?

ピッチコンディションの問題や本当に招集したい選手を召集できなかったという幾つかの不運もあったとは思うが、これだけ流動性もなく、ピッチ上で戦っていない日本代表を見るのは初めてといっていいくらいであり、結果は残念であったが、このチームは世界大会に出場するレベルにはなかったし、その資格もなかったといわざる得ない。

明らかにタレントが不足していたのならば諦めもつくが、むしろタレントは史上最高レベルのものがあった。全力で戦って敗れたわけではなくて、余力を残したままの、何とも言えない悔しさが残る試合となった。これでロンドン世代となる1989年-1992年組は飛び級で2007年のカナダ大会に出場しているMF香川を除くと、ワールドユースの経験者なしでロンドン五輪を目指すことになる。異常事態である。

■ 考えなくてはならない協力体制 

ただ、擁護しなければならないのはベストメンバーで大会に挑戦できなかったこと。幸いにも、MF宇佐美は召集できたが、高木兄弟、原口、小野といったJリーグでも出場機会を得ている選手は召集されず、MF宇佐美も直前までチームに合流できるかどうかもわからなかった。よって、確実に招集できそうなメンバーを軸にするしかなかった。

そもそもとして、アジアユースがリーグ戦の日程とかぶっていることが問題であるが、今後、ユース世代で世界を目指すのであれば、協会側で何か召集に関するルールを決めていかないといけない。前回大会では、C大阪のMF香川は予選リーグだけの参加で準々決勝の前に帰国してしまったし、ナビスコカップがあったMF金崎はナビスコ優先で召集されなかった。

今回は、G大阪側の配慮もあってMF宇佐美が招集できたが、チームで主力のMF宇佐美が招集されて、他のチームは選手の召集を拒否できたとするならば、少し不公平な感じも受ける。タレント力だけでアジアを勝ち抜けるのであれば問題ないが、そうでないなら、何か対策を打たなければ、今後も同じ失敗を繰り返しかねない。この敗戦のダメージは2014年まではそれほど効いてこないだろうが、2014年からの4年間の強化を考えると致命的なものになりうる。


日本代表 (採点)

GK 中村隼 5.0 
 → 前半は最悪の出来だった。ただし後半のパフォーマンスは見事だった。
DF 岡本拓也 5.5 
 → DFラインの4人の中では唯一の及第点。 
DF 平出涼 4.5 
 → 初戦からつなぎでのミスが多すぎた。
DF 遠藤航 5.0 
 → UAE戦とベトナム戦は悪くなかったが、この日は相手の高さに苦しんだ。
DF 阿部巧 5.0 
 → 攻撃は悪くはなかったが、ハイボールで相手に狙われた。
MF 藤田息吹 5.5 
 → 後半はよかった。中盤では唯一、闘っていた。上を目指すならばパスミスは減らしたい。
MF 六平光成 3.5 
 → ほとんどのシーンでミス。厳しい評価をせざる得ない。
MF 菊池大介 5.0 
 → 何度かチャンスは作ったが、トラップが不正確だった。
MF 酒井高徳 4.5 
 → ほとんどの時間で消えていた。 
MF 宇佐美貴史 5.5 
 → 5年前から期待していた宇佐美貴史の世界大会への挑戦がこんな形で終わるとは・・・。あとは五輪とW杯だけか。(クラブレベルを除くと。)
FW 指宿洋史 6.5 
 → 雑な部分はあるが2ゴールと結果を残した。今後に期待したい。

MF 加藤大 5.5 
 → 後半19分から出場。惜しいシュートもあった。
FW 永井龍 6.0
 → 後半29分から出場。もっともゴールの可能性を感じさせたが、出場時間が短すぎた。
FW 杉本健勇 なし 
 → 後半34分から出場。見せ場は作れず。

布啓一郎 3.5
 → なし。



関連エントリー

2137  2010/10/04  【U-19日本×U-19UAE】 反日ブーイングを乗り越えよう
2138  2010/10/06  【U-19日本×U-19ベトナム】 宇佐美貴史 ハットトリック&アシスト
2141  2010/10/08  【U-19日本×U-19ヨルダン】 永井龍の2ゴールで3連勝
2145  2010/10/11  【U-19日本×U-19韓国】 布ジャパンの歴史的な惨敗 





コメント

国際経験を積まなければいけないのは実は監督だったというオチ。
2010/10/12(火) 15:22:22 | URL | よしお  [編集]
仰るとおり、メンバー選考の不自由さが監督から戦略・戦術的
選択肢を狭めていますね。
バックラインはヴェルディのキローラン兄弟を呼べば高さ的に
は何とかなりましたし、攻撃を担うボランチは柴崎、鮫島あた
りを呼べば、10番の大学生クンよりは判断良くプレーできたか
と思われます。
桜の扇原君が怪我もアンラッキーでした。

が、それよりも以下の疑問が残ります。かぶりますけど。
1.前線を何故、宇佐美とのコンビネーションが期待できるセレッソ
  コンビにしなかったのか。
2.同様に左サイドは何故、同じ新潟でのコンビネーションが期待で
  きる加藤、酒井にしなかったのか。
3.一番の問題は、何故、国際経験の乏しい10番の大学生クンにチー
  ムの心臓を任せたのか。

そして韓国戦では、同じくかぶりますが、
1.何故、好調で、しかもDFとコンビネーションがとれている川浪
  から中村をスタメンにしたのか。
2.何故ミエミエの縦ポンサッカーに対しての対策を採っていなかっ
  たのか。スカウティングをサボっていた?あれだけロングボール
  を通されたのに一度もオフサイドをとっていなかったように思う。
  ロングボールに対しては、前線から相手DFにチェック&勇気を
  出してラインを上げることがセオリー。となるとスタメンの1人
  は永井にして、宇佐美を2列目に下げる、バックに杉本を入れる
  など方法はあったはず。

ボランチが判断悪く、ボールを失えばサイドバックも上れないし、と
言いつつ、そのサイドバックも何でもないつなぎのパスをミスして、
逆襲をくらうし、完敗でしたね。
サッカーの組織はディフェンスから作り上げるものですが、この代表
については、全くと言っていいほど組織的なものを感じることができ
ませんでした。
これなら、まだ選手をスキルのある順番からセレクトして、放任して
いた池内氏の方がマシなような。

とりあえず、この試合を見たサッカー関係者は、二度とこのチームの
監督を務めた人物を信頼することはないと思われます。
2010/10/12(火) 10:29:58 | URL | jijii  [編集]
テキスト実況を見ただけなので詳しくはわかりませんでしたが、圧倒されている感じはしてました。

しかし、そこまでひどかったとは。

テレビではA代表が敵を討つとかどうでもいいコメントで締められてました。

本当に大事なのはどちらなのかは言うまでもないことなのに。
2010/10/12(火) 08:13:35 | URL | 宴  [編集]
悲しいの一言です。
2010/10/11(月) 22:04:56 | URL | pon  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30







最近のエントリー (50記事)


09月24日
全記事一覧(2005年-2018年)

09月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


09月24日
【ジュビロ磐田×横浜マリノス】 DF山中亮輔の左足は新生・日本代表の武器になるか。

09月24日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

09月23日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

09月23日
【柏レイソル×サガン鳥栖】 大一番はドロー。神がかり的な活躍を続けるGK権田修一。

09月23日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

09月22日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)

09月22日
【清水エスパルス×ガンバ大阪】 やっと降格圏脱出!!!相手の脅威となるFWファン・ウィジョ。

09月22日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

09月21日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

09月21日
【ファジアーノ岡山×京都サンガ】 価値あるドロー。FWカイオの「ひょっとこシュート」は衝撃的。

09月21日
【U-16アジア選手権】 日本 vs タイ 各選手の採点&寸評 (10点満点) (GL:1戦目)

09月21日
【U-16アジア選手権:日本 vs タイ】 FW荒木遼太郎(東福岡高)が2ゴール1アシスト。大量5ゴールで白星スタート。

09月20日
【移籍市場】 2018年-2019年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月20日
【J2】 残留争いの展望 (33節終了時点) ~4弱の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~

09月19日
【J2】 自動昇格争いの展望 (33節終了時点) ~8強の中で有利なのはどこか?不利なのはどこか?~

09月19日
【中学サッカー:青森山田中×日章学園中】 U-15日本代表のMF松木玖生は号泣。5連覇ならず。

09月19日
【高校サッカー】 青森山田高の10番のMF檀崎竜孔のコンサドーレ札幌への内定について

09月18日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その4)

09月18日
【モンテディオ山形×ヴァンフォーレ甲府】 覚醒中のMF小林成豪。今シーズン11ゴール目。

09月18日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その3)

09月17日
【18-19:ストーブリーグ】 DF車屋紳太郎の移籍(川崎フロンターレ)は実現するのか?

09月17日
【事実上の解任】 肯定できないヴィッセル神戸の吉田孝行監督の交代

09月16日
【J2】 2018年のMVPは誰だろうか?~有力候補はMF平戸太貴(町田ゼルビア)、GK守田達弥(松本山雅)など~

09月16日
【サガン鳥栖×サンフレッチェ広島】 充実のGK権田修一。日本代表の定位置確保を期待。

09月16日
【J2】 2018年のMIP賞(最も成長した選手)は誰だろうか?~こちらもほぼ一択の状況~

09月15日
【J2】 2018年のベストヤングプレーヤー賞は誰だろうか?~こちらは迷う必要なく一択~

09月15日
【J1】 2018年のMIP賞(最も成長した選手)は誰だろうか?~最有力候補に挙げられるのは・・・。~

09月15日
【J1】 2018年のMVP賞は誰だろうか?~最有力候補はFWパトリック(サンフレッチェ広島)、次点はGK林卓人(同)~

09月14日
【J1】 2018年のベストヤングプレーヤー賞は誰だろうか?~有力候補は東京五輪世代の4人~

09月14日
【日本代表】 ポイチJAPAN入りが期待されている未招集選手 (21位-30位)

09月13日
【日本代表】 ポイチJAPAN入りが期待されている未招集選手 (11位-20位)

09月13日
【日本代表】 ポイチJAPANに生き残ったのは誰だろうか? (当確と言えるのは・・・。)

09月12日
【日本代表】 日本テレビ系列の実況&解説は、近年、最低レベルだった。 (vs コスタリカ)

09月12日
【日本代表】 FW南野拓実とセレッソ大阪のエースナンバー8番のお話

09月12日
【日本×コスタリカ】 新しい4年間のはじまり。「8番」を背負ったFW南野拓実が躍動。

09月12日
【ポイチJAPAN】 日本 vs コスタリカ 各選手の採点&寸評 (10点満点)

09月11日
【投票】 日本 vs コスタリカで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

09月11日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年・秋)

09月11日
【アルビレックス新潟×FC岐阜】 チームを救ったのは点取り屋のFW河田篤秀。自身初のハットトリック達成。

09月11日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年・秋)

09月10日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年・秋)

09月10日
【徳島ヴォルティス×栃木SC】 J2最強の2トップ。FWピーター・ウタカ and FWバラル。

09月10日
 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年・秋)

09月09日
【J1】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年・秋)

09月09日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年・秋)

09月08日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その2)

09月08日
【日本代表】 こんな選手をポイチJAPANに・・・ (その1)

09月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年・秋)

09月07日
【SBS杯:U-18日本×静岡ユース】 ジェフ千葉内定。193センチのGK相澤ピーターコアミ(日本文理高)が大活躍。

09月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年・秋)

09月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年・秋)

09月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年・秋)

09月05日
【JFL:FC今治×Honda FC】 強すぎる門番。37才のFW古橋達弥はまだまだ健在。

09月05日
【愛媛FC×アルビレックス新潟】 新天地で水を得た魚のように躍動するFW藤本佳希

09月05日
【日本代表】 ほぼ初代表の197センチのGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)に期待したい。

09月04日
【V・ファーレン長崎×湘南ベルマーレ】 年代別代表での活躍も期待される19才のMF石原広教

09月04日
【浦和レッズ×セレッソ大阪】 MFソウザはまだまだ過小評価されすぎている。

09月04日
【体操界:暴力&パワハラ騒動】 「本当に100対0で塚原夫妻が悪いのか?」と思った。

09月03日
【2020年の東京五輪】 森保JAPANのメンバーについて考える。 (フォワード編)

09月03日
【2020年の東京五輪】 森保JAPANのメンバーについて考える。 (アタッカー編)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: