アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/14 【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)
 2018/02/14 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)
 2018/02/14 【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・家長昭博etc.~
 2018/02/14 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)
 2018/02/15 【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)
 2018/02/15 【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)
 2018/02/15 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)
 2018/02/16 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)
 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

 2018/02/18 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:502名)
 2018/02/18 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:205名)
 2018/02/18 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)
 2018/02/18 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:17名)

 2018/02/18 全記事一覧(2005年-2018年)


【C大阪×山形】 ドリブラー 乾貴士 (生観戦記 #7) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 第14節

J1の第14節。再開後はアウェーで1勝1分け。5位まで順位を上げてきたセレッソ大阪が久々にホームゲームを戦う。対戦相手は13節の「みちのくダービー」でベガルタ仙台に3対1で快勝したモンテディオ山形。2008年以来の顔合わせとなるが、2008年シーズンの対戦成績は1勝1敗1分けとイーブンだった。

C大阪は長居スタジアムのすぐ隣にある長居球技場の改修作業が終わりに近づいていて、次のホームゲームからキンチョウスタジアムがメインのホームスタジアムになるため、長居スタジアムとはしばらくお別れとなる。勝って最後を飾りたい試合である。

盛り上がりを見せたワールドカップ明けということもあって、この試合の観衆は19,880人。バックスタンドはソールドアウトとなった。

 #1 KINCHOスタジアム前 

長居(1)


■ 両チームのスタメン

ホームのC大阪は<4-2-3-1>。GKキム・ジンヒョン。DF高橋、茂庭、上本、丸橋。MFアマラウ、羽田、乾、家長、清武。FWアドリアーノ。新潟戦で出場停止だったDF上本がスタメンに復帰し、DF藤本がベンチスタート。怪我から回復してきたMFマルチネスがベンチ入り。DF石神がベンチ外。

対する山形は<4-1-2-3>。GK清水。DF宮本、前田、石井、石川。MF佐藤、秋葉、増田。FW北村、田代、宮沢。「みちのくダービー」で2ゴールを挙げたFW田代は今シーズン6ゴールをマークしている。FW長谷川はベンチスタート。C大阪から移籍してきたDF前田が2試合連続のスタメン出場。久々の長居スタジアムとなった小林監督、DF宮本、DF前田、FW古橋の4人だけは、ホームチームのサポーターからも暖かい声援が送られた。

 #2 小林伸二監督

長居(2)


■ 3対0の快勝

試合は開始早々にC大阪がMF乾のスルーパスからFWアドリアーノが裏のスペースに抜け出す。GK清水もかわして決定的なシュートを放つが山形のDF石井がスーパークリアで防ぐ。その後は山形もDF石川の直接FKやMF秋葉の左足のミドルシュートなど、何度かチャンスを作る。C大阪もMF家長のミドルシュートなどいくつか決定機を作るが、全体的には山形のリズムで前半を終了する。

しかし、後半になると一転してC大阪ペースとなる。まず後半5分。左サイドでボールを持ったMF家長がFWアドリアーノにラストパスを送ると、FWアドリアーノがペナルティエリア内で躍動。相手DFを外して右足でシュートを放つとこれがネットに突き刺さった。FWアドリアーノは今シーズン5ゴール目。

これでペースを握ったC大阪は、後半13分にMF乾が中央をドリブルで突破。シュートコースを作って右足でミドルシュートを放つと、これがゴール隅に決まって追加点。MF乾は待望のJ1初ゴール。後半21分には、再び、MF家長のパスからMF清武が左足でボレーシュート。これも決まって3対0とリードを広げる。MF清武は移籍後初ゴールとなった。

C大阪は後半30分にFWアドリアーノが2枚目のイエローカードを受けて退場となるが、そのまま3点リードを守り切って今シーズン6勝目。暫定で4位に浮上した。一方の山形は0対3の完封負け。暫定で11位となった。

■ 4位まで浮上

4年ぶりのJ1でのシーズン。開幕前は「残留」が最大の目標になっていたが、再開後の3試合で9得点1失点で勝ち点「7」を荒稼ぎ。4位まで順位を上げてきた。

その原動力となっているのは「堅い守備」。土曜日の試合を終了した時点で失点数は14試合で14失点のみ。これは13失点で並んでいる鹿島アントラーズとFC東京の13失点に次ぐ少なさでリーグ3位である。

ゲームメーカーのMFマルチネスを負傷で欠いていて、ダブルボランチを組むのがDF羽田とDFアマラウの二人。ともに攻撃的なタイプではないが、前線の4人がいずれも個の力で打開できるので、守備力に目を瞑って攻撃的なボランチを起用する必要性が少ない。そのため、更に守備が安定するという好循環が生まれている。これから、またアウェーの2連戦で清水エスパルス、ジュビロ磐田と対戦するが、この結果いかんではさらに上の順位も見えてくる。

■ 2アシストの家長

攻撃の中心はもちろんMF家長。MF家長がスタメンに起用されるようになった7節の湘南戦以降、リーグ戦は8試合で5勝1敗2分け。8試合で16ゴールと攻撃陣が爆発している。MF香川がドルトムントに移籍しても(得点力という意味では不安要素は残っているが、)攻撃力が落ちていないのはMF家長による部分が大きい。

とにかくMF家長がボールを持てばボールを失わないので、味方は安心して前方に走り込むことが出来るし、そこにいいタイミングでいいパスが出てくる。もちろん、MF家長のラストパスだけを警戒していると、MF家長がドリブルで仕掛けてミドルシュートを放ってくる。この日も前半に鮮やかな中央突破から強烈なミドルシュートを放ったシーンがあった。

欲を言うと運動量がもう少し増えてくればという気がするし、疲れてくると急に存在感が無くなってしまう試合もいくつかあるが、新しい攻撃の中心として申し分ないプレーを続けている。新しい日本代表の監督が誰になるかは分からないが、MF家長がメンバーに入ってくるのは確実ではないだろうか。

■ ドリブラー 乾貴士①

一方、MF乾がようやくJ1での初ゴールを記録。この試合では、MF乾らしい中央からドリブルで突破するシーンが多くて、「運動量」も「キレ」も今シーズンの中で上位だったと言える。ここまでも、ほとんどの試合で、1試合に1回か2回はゴール前の「大チャンス」を迎えていて、「あとは決めるだけ」という状態であったが、なかなか初ゴールが決まらないことで無用なプレッシャーがかかっていたが、これで吹っ切れることだろう。

「中央からドリブルで仕掛けていくプレー」はMF乾の最大の武器であったが、一方でリスクも伴う。鮮烈なJリーグデビューを果たした2007年の第2節の横浜FCとのダービーマッチでのプレーが印象的であるが、J2時代のC大阪に加入した2008年シーズンも、そういった中央からドリブルで仕掛けていくプレーが多く見られた。しかし、次第に長距離のドリブルは見られなくなっていった。MF乾のようにテクニックがあって、いつでもドリブルで仕掛けられるようなタイプのドリブラーは、どのタイミングでドリブルを使えばいいのかの見極めが難しくて、「自己中」と「消極的」の評価の波の中で苦しむことになるが、見るからに悩みやすいタイプのMF乾がプロに入ってからずっと「ドリブルの使いどころ」で悩んできたのは十分に想像出来る。

■ ドリブラー 乾貴士②

ただ、ドリブルは使わないとすぐに錆ついてしまう。

パサータイプの選手であれば、1試合に何度か好パスを出せば「ナイスパス」ということで、目立った活躍が出来なくても活躍したように見せかけることも出来るが、ドリブラーの場合はそうはいかない。プロのDFを相手にするのであるからそう簡単に相手を抜いていくことは出来ずに、「コンディション」と「判断力」が一定以上でないとドリブラーとしての活躍は出来ない。難しいポジションであり、本当の意味での旬の時期は非常に短いが、MF乾には「ドリブラー」として生きていくだけの才があるはず。中途半端なプレーに終始するくらいならば、「自己中なプレー」に徹してもいいかもしれない。

C大阪に移籍してきて約2年。明らかに当初よりも「運動量」と「守備意識」が向上していて、この2点が向上したからこそ、たびたび日本代表にも召集されるようになって、J1でもレギュラーになることが出来たのは間違いないが、やはり、MF乾の魅力はドリブル。

しかし、ここ1年ほどのMF乾のプレーからは「ドリブラー」というイメージはすっかりと消えてしまっていて、どちらかというと「ダイナモ」的なプレースタイルにチェンジし、むしろ裏のスペースに飛び出すシーンとレフェリーの判定に異議を唱えてイエローカードをもらうシーンが目立つようになっていたが、この日のMF乾のプレーは「MF乾らしかった」ような気がする。

 #3 乾貴士

長居(3)


■ 清武も初ゴール

大分トリニータからやってきたMF清武もボレーシュートで移籍後のリーグ戦初ゴール。新3シャドーはワールドカップの中断前まで3人共ノーゴールだったが、サンフレッチェ広島戦でMF家長、モンテディオ山形戦でMF乾とMF清武が揃ってリーグ戦初ゴールを記録。C大阪にとっては最高のリスタートになった。

得点力という意味では、3人ともにMF香川には劣るが、3人のユニットとしてみると、MF家長、MF乾、MF清武のトライアングルも大きな可能性を秘めている。MF香川よりもMF清武のほうが周りを生かすプレーがうまいので、トライアングル+アドリアーノの連携は、以前よりも良くなったように思える。

C大阪には、この3人の他にも、大分にレンタル中の現役韓国代表のMFキム・ボギョン、徳島にレンタル中のMF柿谷曜一朗という選手がいるが、<4-2-3-1>で「3」の位置に入る選手がサイドアタッカータイプではなくて、自由にポジションチェンジを行って相手を惑わすスタイルというのは、あまり見ない戦い方であり、はまったときの爆発力はすさまじいものがある。

■ アドリアーノ

先制ゴールははFWアドリアーノ。広島戦、新潟戦も好プレーを見せたが、この日のハイパフォーマンスを見せた。後半30分に2枚目のイエローカードを受けて退場になったことは次節の清水エスパルス戦を考えると非常に痛いが、それまでのプレーは素晴らしく、「凄いプレー」が多かった。

開幕前の期待度はそれほど高くはなく、この選手も1トップ型の選手ではなくセカンドストライカータイプではあるが、ドリブルでボールを持ち運んだときのパワーとスピードはJ1の中でも最上位のストライカーといえる。「チャンスを確実にゴールに沈める力」という面ではやや欠ける部分があるが、2列目の3人とのコンビネーションも試合を重ねるごとに良くなってきている。

■ 田代 vs DF

この試合の最大のポイントは、山形のセンターフォワードのFW田代をC大阪のDF上本とDF茂庭がどのように止めるかという点。身長は同じくらいであるが、ジャンプ力があるFW田代に対してどこまで頑張れるかが興味の対象になったが、この点では、C大阪のセンターバックコンビがうまく守ってFW田代を封じた。

<4-1-2-3>にシステムを変更している山形にとっては、FW田代が最前線で相手とのマッチアップで優位に立つことが「いい勝負」を行う上での大前提である。仙台戦ではFW田代が頑張ってチームの勝利を呼び込んだが、この日は劣勢。チームの勝敗はFW田代の出来による部分が大きくなっている。

もちろん、ベンチには、FW長谷川やFW古橋というフォワードもいるが、FW長谷川とのツインタワーはあまり効果を発揮しておらず、FW田代にかかる負担は大きい。

■ <4-1-2-3>の弊害

山形は、<4-1-2-3>を採用。岡田ジャパンも南アフリカ大会で<4-1-2-3>を採用していて、Jリーグでも清水や名古屋
も<4-1-2-3>を採用。最近のトレンドといえるが、どんなシステムでもプラス面とマイナス面があって、この試合は山形は<4-1-2-3>のマイナス面が表立ったになった。

さすがにアンカーのMF佐藤だけでM乾、MF家長、MF清武の3人を相手にするのは難しく、どうしても、MF増田、MF秋葉が下がり目になってしまうすると、3トップの両サイドに位置するFW北村とFW宮沢が孤立してしまって、3トップが分断されて、中央のFW田代も孤立してしまう。ドリブルが得意な選手の多いC大阪を相手にした場合、<4-1-2-3>はあまり有効ではなかったと言える。

後半になると、ダブルボランチに移行したが、基本的には「攻撃的なシステム」と言われる<4-1-2-3>も機能しないと、攻守ともに劣勢になってどうしようもなくなってしまう。

■ 真夏の試合

日本列島が梅雨が終わって本格的な夏に入って1週間。この試合のキックオフは18:04。数日前よりは少しましだったとはいえ、スタンドで座っているだけで汗が出てくるような気候の中での試合ということで、やはり選手にとっては厳しい条件である。

わざと頓珍漢な発言を行うことで、秋春制移行に対する各チームのサポーターの反発力を高めて、秋春制移行のムードを全力で阻止しようとしたと思われる犬飼会長の心得もあって、秋春制への移行の予定はないままであるが、夏場の試合というのは、サポーターはともかくとして、選手にとってはタフなものになってしまっている。では、真冬の試合であれば試合の質が上がるかというとそうとも言えず、怪我のリスクも増えるし、設備的な面での各チームの負担も大きい。

現状では「秋春制移行」は不可能であるが、「サマーブレークの是非」「J1あるいはJ2のチーム数」等は、新しいチェアマンの元、継続して議論すべきことだろう。そろそろ、J2もリミットの「22チーム」になろうとしているが、J1のチーム数が「18」が最適なのかという議論もあってもいい。

 #4 ピッチ
長居(5)






乾貴士 (いぬい・たかし)

0407  2006/11/11  【高校サッカー:野洲×膳所】 U-21日本代表戦士 乾貴士
0413  2006/11/14  【U-21韓国×U-21日本】 収穫のあったドロー
0424  2006/11/21  【U-21日本×U-21韓国】 可能性を感じさせた両翼
0527  2007/03/16  【横浜FC×横浜FM】 ダービー第二章
1127  2008/07/06  【C大阪×鳥栖】 乾貴士のデビュー戦
1214  2008/10/23  【鳥栖×C大阪】 成長を続ける乾貴士と香川真司
1250  2008/11/24  【C大阪×湘南】 ゴールデンコンビが訴えるモノ
1282  2008/12/22  2008年 プレーヤー総評 (セレッソ大阪編)
1314  2009/01/20  【日本×イエメン】 ボランチ青木剛の貢献度
1343  2009/02/22  【PSM:C大阪×G大阪】 Jリーグの季節の到来 (生観戦記#2)
1665  2009/05/25  【C大阪×福岡】 乾貴士と香川真司 二人の未来図 (生観戦記 #5)
1775  2009/09/15  【岡山×C大阪】 復調気配の乾貴士
1857  2009/11/09  【C大阪×草津】 4年ぶりの昇格決定!!!
1875  2009/11/21  【J2】 今シーズン、もっとも成長を遂げた選手は誰だと思いますか? (2009年版)
1896  2009/12/07  【J2】 ベストイレブン 2009年版   (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)
1903  2009/12/11  プレーヤー総評 (セレッソ大阪編)
1956  2010/02/07  今の日本代表に必要な選手を考えると・・・。


人気エントリー モンテディオ山形編 (ベスト10)

第01位 1257  2008/12/02  モンテディオ山形のJ1昇格について
第02位 1222  2008/10/31  【山形×湘南】 夢のJ1に近づいた日
第03位 2006  2010/04/22  【京都×山形】 小林伸二日本代表監督の可能性
第04位 1352  2008/03/07  【磐田×山形】 衝撃のJ1デビュー戦
第05位 0573  2007/05/01  【湘南×山形】 脱帽のモンテディオのサッカー
第06位 1142  2008/07/22  【徳島×山形】 豊田陽平と長谷川悠
第07位 1846  2009/10/31  【柏×山形】 過小評価され続けてきた男・古橋達弥
第08位 1782  2009/09/20  【山形×清水】 J1残留に黄色信号
第09位 1217  2008/10/26  【C大阪×山形】 フォトギャラリー (生観戦記 #16)
第10位 0203  2006/05/20  【東京V×山形】 手遅れになる前にラモスを・・・




おすすめエントリー (10記事)

コメント

どれだけサッカーが好きか伝わってきますね~
2010/07/27(火) 15:09:27 | URL | 主婦  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月17日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月18日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:502名)

02月18日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:205名)

02月18日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)


02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月02日
【J1】 「いい補強だ。」とは感じなかった今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (21位~30位まで)

01月31日
【J1】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

01月31日
【現役引退】 FW小松塁(元セレッソ大阪など)に対する大いなる誤解を解きたい。

01月31日
【J1】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


01月30日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: