アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/18 【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。
 2018/04/18 【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和・柏・FC東京)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/19 【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の序盤戦)
 2018/04/20 【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~
 2018/04/20 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/04/21 【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!
 2018/04/21 【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/21 【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/22 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2018/04/22 【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件
 2018/04/23 【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1912  2018/04/08  山口 vs 大宮、甲府 vs 水戸、清水Y vs 流経大柏、C大阪U-18 vs 福岡U-18
 #1913  2018/04/09  仙台 vs 長崎、群馬 vs 鹿児島、新潟 vs 岡山、金沢 vs 千葉
 #1914  2018/04/11  FC琉球 vs C大阪U-23、盛岡 vs 秋田、長野 vs 沼津、YS横浜 vs 福島
 #1915  2018/04/12  C大阪 vs 湘南、浦和 vs 仙台、湘南 vs 鹿島、磐田 vs 清水
 #1916  2018/04/13  【ACL】 グループリーグの5節終了時点での雑感
 #1917  2018/04/14  C大阪 vs 済州U、札幌 vs 名古屋、長崎 vs FC東京、C大阪 vs 鳥栖
 #1918  2018/04/16  G大阪 vs 神戸、川崎F vs C大阪、長崎 vs G大阪、鹿島 vs 名古屋
 #1919  2018/04/17  C大阪U-23 vs 福島、磐田 vs 鳥栖、仙台 vs 川崎F、柏 vs 札幌
 #1920  2018/04/18  C大阪 vs FC東京、湘南 vs 広島、横浜FM vs 神戸、浦和 vs 清水
 #1921   2018/04/19  ガンバ大阪の問題点はどこにあるのか?

 #0000  2018/04/23 全記事一覧(2005年-2018年)


【JFL:鳥取×長崎】 小さな県の新しい挑戦 (生観戦記 #6) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 新しい4年間

南米のパアグアイを相手にPK戦の末に敗れてワールドカップの舞台から去ることになった日本代表チーム。パラグアイに負けたその翌日から、新しい4年間がスタートしている。サポーターに出来ることは、「観ること」、「感じること」、「語ること」、そして、「応援すること」である。

日本代表メンバー23人のうちの19人が所属しているJリーグが再開する7月14日。もちろん、南アフリカのワールドカップの全日程が終了してからである。ということで、リーグ戦の再開までには少し時間がある。

しかし、JFLがある。初の「鳥取」、初の「山陰」である。

      #1 とりぎんバードスタジアム前
ガイナーレ(1)


■ ガイナーレ鳥取

準加盟クラブの1つであるガイナーレ鳥取は、鳥取県のプロサッカークラブである。2008年は5位、2009年は5位。2年連続で悔しい思いをしてきた。しかし、今シーズンは大きなチャンスを迎えている。ちょうど半分の17節が終了して、2位に勝ち点「6」の差をつけて首位。残り試合で4位以内をキープし、かつ諸条件をクリア出来れば、夢のJリーグ昇格となる。

ホームスタジアムは「とりぎんバードスタジアム」。中国地方では唯一のサッカー専用スタジアムであるという。収容人数は16,033人。鳥取駅からはシャトルバスで約15分ほど。駅からのシャトルバスが「無料」というのが目を引く。

47都道府県の中でもっとも人口が少ない鳥取県の人口は60万人をわずかに下回る。鳥取県というと思い浮かぶのが、「鳥取砂丘」、「らっきょう」、「ゲゲゲの鬼太郎」。ガイナーレ鳥取は新しいシンボルになれるのだろうか?

      #2 鳥取駅の中の鬼太郎商店
ガイナーレ(8)


■ 対戦相手のV・ファーレン長崎

この日の対戦相手はV・ファーレン長崎(ヴィ・ファーレンながさき)。長崎県を本拠地とするチームでJFLに昇格して2年目。こちらもJリーグ準加盟クラブチームである。ここまで7勝7敗3分け。イーブンの成績である。こちらも4位以内を目指しての戦いが続く。

高校サッカー界の雄である国見高校をもつ長崎県。その国見高校のサッカー部のOBが中心となって結成された国見FCと、有明SCが2004年3月に合併し、新生「有明SC」が発足。2005年3月にV・ファーレン長崎が誕生した。数多くの優秀なサッカー選手を輩出している長崎県からJリーグクラブが生まれるのか?

      #3 V・ファーレン長崎のサポーター 
ガイナーレ(5)


■ 後期の開幕戦

梅雨の時期に入っていて、この日の鳥取は朝からだった。キックオフは19:02。

スタメンは、まずホームのガイナーレ鳥取。GK小針。DF尾崎、中山、喜多、冨山。MF服部、実信、小井出、奥山、奥山、美尾。GK小針は元U-17日本代表、MF服部はフランス大会と日韓大会の日本代表メンバー。元U-20日本代表のFW阿部、元日本代表でフランス大会のメンバーであるFW岡野ベンチスタート。コートジボワール出身のFWハメドはベンチ外。DF尾崎は新潟、DF喜多は草津、MF美尾は京都などでプレーした。監督は昨シーズンの途中から東京ヴェルディを指揮した松田氏。

対する長崎はGK近藤。DF杉山、伝庄、藤井、神崎。MF熊谷、山本、川崎、山城。FW宮尾、有光。DF藤井は昨シーズン、ザスパ草津でレギュラーをつかんでいたセンターバック。158cmと小柄なMF山城はJ2のサガン鳥栖でキャリアを積んだ攻撃的MF。GK近藤はFC東京、MF山本はロアッソ熊本、FW有光はアビスパ福岡でプレー経験を持つ。そしてベンチにはモンテディオ山形、FC東京、横浜FMマリノスでも活躍したMF佐藤由紀彦が控える。監督は昨シーズンは草津を率いた佐野氏。

      #4 売店 
ガイナーレ(2)


■ 美尾の決勝ゴール

雨上がりのピッチの中、2019人のサポーターが駆け付けた後期の開幕戦は、前半はアウェーの長崎ペースで進む。昨シーズンまでロアッソ熊本でプレーしていたMF山本翔平を中心に長崎がボールをポゼッションする。鳥取はサンフレッチェ広島や浦和レッズ、湘南ベルマーレでもプレーした185cmのターゲットマンのFW梅田を起点に攻めようとするが、FW梅田のところでボールが落ち着かない。

先制したのは長崎。前半13分にアビスパ福岡でもプレーしたFW有光がドリブル突破から相手を外してからシュート。シュートの威力はそれほどでもなかったが、雨の影響なのか、コースが変わったのか、GK小針が止められずに長崎が先制する。FW有光は7ゴール目。前半は1対0の長崎リードで終了する。

昇格を果たすためには取りこぼしは許されない鳥取だったが、後半開始早々に追い付く。左サイドでボールをもったFW美尾のクロスに対して長崎のディフェンスがハンド。PKとなると、これをミスター・ガイナーレのMF実信が決めて1対1の同点に追い付く。

そして試合のハイライトは後半34分。中央でボールを持ったMF美尾がドリブルで相手をかわしてシュートコースを作って左足で強烈なミドルシュート。これが決まって2対1と逆転に成功する。MF美尾は栃木ウーヴァFCに続く2試合連続ゴールとなった。

結局、2対1で鳥取が勝利。これで13勝1敗4分け。後期も白星スタートとなった。

      #5 サッカー専用スタジアム
ガイナーレ(3)


■ 前半は長崎、後半は鳥取ペース

試合の前半は長崎ペース、後半は鳥取ペースとなった。

これは雨の影響も大きく、試合が始まる頃には雨は止んでいたが、ピッチの右側半分は水がたまっていて、グラウンダーのボールが突然止まったり、バウンドしたボールが急激に伸びたりと、攻撃側は組み立てに苦労した。比較的、雨の影響が少なかった左側に向かって攻めていたチームが優勢になったのは必然だった。

■ 決勝ゴールは美尾敦

前半に1点ビハインドになった鳥取だったが、MF美尾の活躍で2対1の逆転勝利。後半戦も開幕白星スタートとなった。

甲府、京都、甲府とキャリアを積み上げてきたMF美尾は、今シーズンからJFLのガイナーレ鳥取でプレー。さすがに、この中でスピードとテクニックは1つ抜けていて、特に後半になると、相手の右サイドをズタズタにした。

京都サンガのJ1昇格に貢献した後、2008年と2009年は甲府でプレー。レギュラーというわけではなかったが、光るプレーを見せていて、まだまだ、Jリーグの舞台でも十分に出来る選手であることは間違いないところであるが、完全にテクニシャンタイプであり、いいプレーもあるがなかなか続かない部分もある。

波があることがプレーヤーとしての飛躍を阻んできた感もあったが、この日は運動量も多く、守備面での貢献も非常に高かった。いい意味での予想を裏切るプレー内容であり、以前とは別人のような雰囲気があった。この日のゴラッソなゴールで2試合連続ゴール。チーム内での地位も確立されていくだろう。

■ MOM級の働き

決勝ゴールを決めたMF美尾がMOMに選ばれたが、個人的にはMF奥山泰裕でもおかしくはないと思った。

前半は雨のピッチに苦戦したが、後半になると鳥取はMF美尾とMF奥山の二人の動きが目立ちに目立っていた。いちおう、MF美尾はフォワード登録であるが、基本的にはポスト役のFW梅田(or FW阿部)が中央に構えていて、MF小井出、MF美尾、MF奥山の3人が動き回るスタイル。ゴールやアシストはなかったが、最後まで走り続けたMF奥山のプレーは見事だった。

多くの選手がJリーグを経験している鳥取であるが、彼もジェフ千葉の出身。ジェフ・リザーブズにも所属していたが、鳥取では2シーズン目。この辺りの、Jリーグに届きそうで届かない位置にいる選手はたくさんいるが、JFLからJリーグに上がって評価を高めていった選手はカターレ富山のMF朝日、GK中川、栃木SCのDF入江ら少なくない。このまま鳥取でポジションをつかんでJ2に上がれるとしたら、彼のキャリアも好転するはずである。

      #6 岡野雅行(背番号30)
ガイナーレ(4)


■ 阿部祐大朗のキャリア①

鳥取には、MF服部年宏、FW岡野雅行の日本代表経験者がいて、前述のMF美尾やMF奥山、DF喜多といったJリーグ経験者も多い。どちらかというと、Jリーグを経験していない選手を探す方が難しいくらいであるが、この中でもFW阿部祐大朗という選手には注目せざる得ない。

桐蔭学園時代から年代別の日本代表に名を連ねていた世代を代表するストライカーで、2003年に横浜Fマリノスに加入。将来の日本代表のエースと目された時期もあったが、期待通りのキャリアとはならなかった。

思い出されるのが2003年末のワールドユース。MF今野主将を中心に、GK川島、DF菊地、DF徳永、MF山岸、MF小林大、FW坂田といった多彩なメンバーをそろえた日本代表はグループリーグを突破し、決勝トーナメントでも韓国を撃破しベスト8に進出する。このチームのストライカーがFW阿部祐大朗だった。

大熊監督の起用方法にも疑問は残ったが、結局、この大会でFW阿部は期待外れに終わり、代わって、エジプト戦、ブラジル戦でゴールを決めた国見高校3年のFW平山相太が台頭してくる。その大会の直後に行われた高校サッカー選手権でFW平山相太はヒーローとなってアテネ五輪にも出場するが、そのFW平山自身もFW矢野の代役としての選出だった。南アフリカ大会の23人のメンバーに選ばれたFW矢野、選ばれなかったFW平山、そして、JFLでプレーするFW阿部と3者3様のサッカー人生であるが、また、彼らが交わることはあるのだろうか。

■ 阿部祐大朗のキャリア②

そのFW阿部は2007年、2008年に徳島でプレーした後、ガイナーレ鳥取に加入。昨シーズンは30試合で5ゴール、そして今シーズンはここまでチームトップの7ゴール。この日はFW梅田に出番を譲ってスタメンから外れていたが、後半途中から投入。1対1の状況。前期の長崎戦で2ゴールを決めて逆転勝利に貢献した彼に期待する声援は非常に大きかった。

試合途中で彼のやや遠回りしたキャリアを思い出している時、「彼が逆転ゴールを決めて鳥取が勝利」という展開を期待したが、その通りにはいかなかった。ただ、多くの人に絶賛された柔らかいボールタッチとポストプレーは健在だった。

■ 強小弐年

チーム名のガイナーレは、「ガイナ(=出雲伯耆地方の方言で「大きな」という意味)」から来ているが、鳥取県は大きな県ではない。むしろ、全国的に見れば小さな部類である。

その「大きな」チームのチームスローガンは「強小」。去年が「強小元年」、今年が「強小弐年」。今年が2年目のシーズンとなる。「強」とは?「小」とは?

以下が社長の言葉である。


『強小元年』 (2009年1月12日)

強さの魅力と小ささの魅力
その融合がガイナーレ鳥取の価値
新たな価値「強小」の時代が始まる


今ガイナーレ鳥取は 「強」 であることを求められていると思います
我々もそうありたいと思っておりますし とことん追い求める決意です
常々申し上げておりますように 勝敗だけがサッカー/スポーツの魅力とは考えておりませんが
Jリーグ昇格を必達目標とする今 明確にその重要性を掲げたいと考えております

「小」  強大という言葉は辞書に載っておりますが強小はございません
しかし昨シーズン 「小」であるが故の この地方の底力を思い知りました
「小」であるが故の強固な結びつきに支えて頂きました

大が小を兼ねた時代は過ぎ去った と感じています
強と小の融合が新たな価値となる時代が到来しつつあると感じています

小であるからこそ強 強であるからこそ小

とにもかくにも 「全力」で 「創意工夫」のもと
「感謝」の気持ちを忘れず シーズン終了まで戦い抜きます
皆様と共に戦ってまいりたいと願っておりますので
今シーズンも何卒宜しくお願い致します


http://gainare.blog77.fc2.com/blog-entry-76.html


立派なスタジアムと、温かいサポーターを持つ小さな県の小さなクラブは、この秋、夢を叶えることが出来るだろうか?もし、その夢が叶うとしたら、「強」や「大」が支配的なJリーグの中で、別の風を持ったJクラブが誕生することになる。

      #7 試合終了後
ガイナーレ(7)








おすすめエントリー (10記事)

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2010/07/07(水) 16:12:14 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月23日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月23日
【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−

04月22日
【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件

04月22日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月21日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月21日
【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~

04月21日
【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!

04月20日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月20日
【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~5位:高橋諒、4位:藤田直之、3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~

04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 清水エスパルスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 川崎フロンターレの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【J1】 横浜Fマリノスの若手の有望な選手について語ろう。

04月05日
【逸材揃い】 FC東京の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 セレッソ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【逸材揃い】 ガンバ大阪の若手プレーヤーについて語ろう。

04月04日
【東京世代】 「和製・レドンド」と呼びたいMF米原秀亮(ロアッソ熊本)


04月02日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: