アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/15 【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)
 2018/02/16 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)
 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

 2018/02/21 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:526名)
 2018/02/21 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)
 2018/02/21 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)
 2018/02/21 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:18名)

 2018/02/21 全記事一覧(2005年-2018年)


カメルーン戦を終えて・・・。オランダ戦を前に・・・。 (その2) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 「理想主義」と「現実主義」

古くから、サッカーの世界では、「理想主義」と「現実主義」の間で対立が起こる。

サポーターの多くは、「応援するチームがスペクタクルなサッカーで第三者をも魅了できるような素晴らしい内容のサッカーで勝利してほしい」と願うが、同時にそれが簡単ではないことも理解している。美しい勝利をおさめるには、「優れた指導者」と「優れた選手」が必要で、あまりにも「理想主義」に傾き過ぎると、それは「理想」ではなくて「妄想」になってしまう。古今東西、理想に傾きすぎて、現実を見失って崩壊してしまったチームは数え切れない。

難しいのは、「現実主義」のサッカーの方が勝ち点を得られやすく、「理想主義」のサッカーの方が勝ち点を取りこぼしやすい点であるが、サッカーというスポーツが芸術点を争うものではなくて、勝利を目指す戦いであることを考えると、知恵を絞って「勝利」の可能性を高める努力を続ける監督や選手を否定することは出来ない。

■ カメルーン戦の現実路線①

その点で、先日のカメルーン戦は「現実主義」のサッカーであり、「スペクタクル性」には乏しかった。

思い出してみると、以前の岡田ジャパンは<4-2-2-2>もしくは<4-2-3-1>というシステムで、ボランチにはMF長谷部とMF遠藤という攻撃的なタイプを並べるかなり異質なダブルボランチだった。ドイツに渡ってからのMF長谷部は攻守ともにバランスの取れた選手に成長したものの、タイプ的に区分すると、現在のJリーグの中でも、ここまで攻撃的なダブルボランチを形成しているチームはない。現実主義的な岡田監督としては、かなり理想主義に傾いたメンバー起用であったと思う。

「横パスが多い。」、「仕掛けるパスが少ない。」、「ドリブラーがいない。」、「パス・パス・パスで退屈な試合が多い。」とあまり評判は良くなかったが、『ボール扱いに長けた選手を中盤に並べてボゼッション率を高めること』、『安易なボールロストをなくすことで相手のカウンターでの失点のリスクを減らすこと』をチームの根幹とした岡田監督のサッカーは、十分に機能していたとはいい難いが、意図としては分からないわけでもない。

現代サッカーでは、西部氏が語っているように、ボール・ポゼッションを行う目的が変わってきている。以前は、「ボールを回して相手を崩してゴールを奪うこと。」が唯一の目的であったが、現在は、「ボールを回す時間を作ることで守備の時間を減らして、スタミナの消費を抑えること。」がメインの目的になりつつある。

実際、得点の多くは「セットプレー」あるいは「カウンター」からのゴールであり、「横パスが多いこと」は必ずしも悪いことではなく、むしろパスがつながっていることが岡田ジャパンが目指す形が実現出来ていることの証ではあったが、FW陣にワールドクラスのカウンターマスターがおらず、ビハインドになった時の反発力も弱かったため、ワールドカップ仕様とはいえなかった。

■ カメルーン戦の現実路線②

そのため、イングランド戦からアンカーにMF阿部を起用し始める。今シーズンの浦和レッズでは頻繁にゴール前に駆け上がってゴールに絡んでいるMF阿部であるが、日本代表で求められるのは、まずは「守備」であり、イングランド戦とカメルーン戦では期待以上のパフォーマンスを見せた。

付け焼刃的なアンカーでのMF阿部の起用であるが、たまたま上手くいったというわけでもない。「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という野村克也氏の有名な言葉があるが、世界の中の日本の立場で言うと、「勝ちに不思議の勝ちなし」であり、単純に守備に人数をかけただけで勝利を得るのは難しい。偶然の要素もあるが、偶然ではない要素も多くある。その部分を見逃したままであると、確かに、つまらない試合に思えてしまう。

■ カメルーン戦の現実路線③

ワールドカップの初戦だけに限定すると、2006年のオーストラリア戦と、2010年のカメルーン戦は同じように前半に日本が先制ゴールを挙げて1対0のままで終盤を迎えるという似かよった展開になったが、対照的な結果に終わった。対照的な結果となった理由としては、オーストラリアの監督がヒディンクという世界的な名将だったことも挙げられるが、それだけではない。

カメルーン戦を振り返るとき、「カメルーンの猛攻に耐える時間帯でパスがつなげなくなった。意図の感じられないクリアが多くて、アンチフットボールだ!!!」という意見も出てきたが、4年前は、同じように1点リードの場面でボール扱いに長けたMF小野伸二を投入した。この作戦は成功しただろうか?押され気味の展開の中で、「ボール支配率を高めて逃げ切る。あわよくば追加点!!!」というジーコ氏の考えは分からなくもないが、これでチームバランスは崩れて逆転負けを喫した。

その4年後、岡田氏は、交代要員として、FW岡崎、FW矢野を投入。フォワード登録の選手ではあるが、求められたのは前線からの守備であり、献身なプレーである。この交代もあって、終盤はつなぐサッカーは全く出来なくなったし、クリアするのも精いっぱいの状態になったが、あわよくばで追加点を狙いにいって逆転負けを喫したオーストラリア戦と、守備重視で逃げ切ったカメルーン戦。どちらの選択がベターだったか?

■ 日本サッカーの未来は?①

カメルーン戦では<4-1-2-3>という守備重視の作戦が成功したが、同じような戦いがオランダやデンマークに通用するとは限らない。そして、カメルーン戦のサッカーがイコール日本のサッカーというわけでもない。

たぶん、(アンチ・フットボールだったとしても、手放しで喜べるような内容ではなかったとしても、)カメルーン戦の勝利を多くの人が喜んだのは、4年前のオーストラリア戦の失敗から得られた教訓が生かされた勝利であったこと、4年前のトラウマを払しょく出来る可能性のある勝利であったこと、選手たちに戦う姿勢が見られたこと、チームが一丸となって戦う姿が見られたからであり、失っていたもの、失いつつあったものを取り戻すことが大きな勝利となり得るものだったから、という理由があるだろう。「たまたま挙げた勝利」でも、「未来につながらない勝利」でもなかった。

■ 日本サッカーの未来は?②

ただ、勝利した一方で、同時に、「もっといいサッカーが出来るはず」と思うのも、決して間違いではない。むしろ、自然である。この試合は、カメルーンにとっても完ぺきな試合ではなかったが、日本にとっても完璧な試合ではなかった。理想を求め過ぎるとマイナスに働くことがあるが、少し上を見ることはマイナスではない。盲目的に全てを受け入れる必要は全くない。

それでも、(再び、アンチ・フットボールという都合のいいワードを使うと、)「勝利は挙げたものの、アンチ・フットボールだった。アンチ・フットボールではないサッカーを行うべき。」と主張する資格があるのは、カメルーン戦で1点リードした日本代表の姿に精いっぱいの声援を送っていた人であり、真に日本のサッカーの未来を考えている人であり、仮に、後半にカメルーンに同点ゴールや逆転ゴールを奪われていたとき、しばらくの間、立ち直れないくらいのショックを受けてはずの人のみである。繰り返しになるが、自説の正しさを証明するために、「ほれ見たことか!」と言うために、カメルーンの同点ゴールや逆転ゴールを願っていた人にその権利はない。

試合を見ていれば、カメルーン戦で追加点を狙って2点目を奪えた確率と、追加点を狙ったがために同点に追いつかれていた確率のどちらが高かったかは、よく分かるだろう。攻撃的なサッカーには、常に、リスクが付きまとうが、リスクを共有することもせず、やあくもに第三者的な立場からリスクばかりを強要・強制する人はむしろ有害であり、その意見は説得力を持たない。

■ 日本サッカーの未来は?③

今回は守備重視のメンバーの守備重視のサッカーに落ち着いている。が、将来的には、むしろ、ボールを大切に扱ってつなぐサッカーを志す方が日本にとっては可能性が広がるだろうと思う。そのためには、「運動量」や「連動性」は必須条件であるが、「耐えて、耐えて、耐えて」というサッカーは、あまり日本の得意とするところではない。

これまで、「ワールドカップに出場すること」、「ワールドカップでゴールを奪うこと」、「ワールドカップで勝ち点を奪うこと」、「ワールドカップで勝利をつかむこと」、「ワールドカップのグループリーグを突破すること」、「アウェーのワールドカップで勝利をつかむこと」と、順調に一歩一歩、道を進んできた日本サッカーにとって、その次の大きな目標は、『ワールドカップという舞台で「日本のサッカーは面白い。」と世界中のサッカーファンに思ってもらえるような試合が出来るチームを作ること』である。

ブラジルのような、オランダのような、スペインのような、世界中にファンがいるような魅力的なサッカーである。これは本当に夢である。そして、将来的には決して不可能なことではないと思う。しかし、現時点では厳しいのも事実である。




南アフリカワールドカップ

2038  2010/06/12  【W杯:南アフリカ×メキシコ】 いよいよW杯が開幕
2039  2010/06/12  【W杯:フランス×ウルグアイ】 厳しいレ・ブルー 
2040  2010/06/12  【W杯:韓国×ギリシャ】 パク・チソンの存在
2041  2010/06/13  【W杯:アルゼンチン×ナイジェリア】 マラドーナ監督 勝利スタート
2042  2010/06/13  【W杯:イングランド×米国】 ゴールキーパーの差
2043  2010/06/14  【W杯:スロベニア×アルジェリア】 不満足なテレビ朝日の中継
2044  2010/06/15  【W杯:日本×カメルーン】 やった!!!日本勝利スタート
2046  2010/06/17  【W杯:スペイン×スイス】 無敵艦隊敗れる。


岡田ジャパン

2014  2010/05/10  南アフリカ行きの23人のメンバーが決定
2015  2010/05/12  本気(マジ)で落選ジャパン23名を考える。
2022  2010/05/24  【日本×韓国】 グッドバイ 中村俊輔
2023  2010/05/26  ベターな日本代表イレブンを考える。 (GK編、DF編、MF編)
2027  2010/05/28  ベターな日本代表イレブンを考える。 (FW編)
2030  2010/05/30  【日本×イングランド】 少しだけ取り戻した自信
2033  2010/06/03  日本サッカーの偏差値を下げてしまっている人
2035  2010/06/06  【日本×コートジボワール】 等身大の我らが日本代表
2045  2010/06/16  カメルーン戦を終えて・・・。オランダ戦を前に・・・。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

本当のアンチフットボールは今のところメキシコvsウルグアイです。
ともに決勝トーナメント進出が最優先ならキックオフ後ボールに1回も触らないで談笑するのが最もいい戦術ですから。
2010/06/19(土) 12:01:00 | URL | よしお  [編集]
 分析内容が素晴らしい。カメルーン戦の勝利を、06W杯の教訓が生きた勝利だということを外していない。
 98年W杯からはじまった世界との戦い。99年ナイジェリアW杯の準優勝で加速した日本のサッカーは、幾度となく打ち砕かれた世界の壁にようやく足跡を残した。
 確かにカメルーン戦の後半は見るのもひやひやの展開。ディフェンスラインもドン引きのただ耐える時間がつづく。何度も心で叫ぶ。「はじきかえせ!」ドリでぺナに侵入されそうになると何度も思う。「1枚でろ!引くだけじゃだめだ!」
 応援に疲れたのか、試合後は気持ちのいい疲労があった。そしてカイザースラウテルンのことも思いだした。日本のサッカーは進歩しているんだ、カイザースラウテルンから確実に学んでいる、そう思えることがなによりうれしかった。

 オランダ戦も同様に守備から入ってくると思う。オランダは横パスで日本を食いつかして縦パスを狙うだろうから、横パスには丁寧に対応すべきで、簡単につられないのと、各自持ち場を離れないほうがいいと思う。

 あと個人で気になるのは川島。たしかにビッグセーブはあったが、何度かボールを取りに行ってかぶるシーンが目に付いた。これは川口にもいえるがGKとして致命傷だ。確かにカメルーン戦は高地でボールが伸びたのだろうが、気をつけてほしい。オランダ戦は平地での試合なのだからなおさら。

 オランダで注意しなくてはいけないのは、先にも書いたが横パスの守備、そして1枚出ては戻り、また1枚出ては戻るをきちんと。カメルーン戦では出来てなかった。どうしても横パスを見てしまう。そしてきっちりロングボールをはじき返す、セカンドボールの処理、前線でのキープ。たぶん1トップは本田でくるだろうから、本田にはまずキープしてもらいたい。カメルーン戦では無理に前を向いてというシーンがあった。そういう意味では森本が使えそうだが。

 日本の攻撃の最たるものはセットプレーである。流れのなかで得点となると、どうしても守備に力を奪われるので厳しい。ベントナークラスのFWもいない。ではそのセットプレーはどうかというと、カメルーン戦を見る限り脅威とは言えない。カメルーン戦ではトリックプレーもしなかったが、オランダ戦ではぜひしてもらいたい。遠藤の狙いもわかるが、壁にはじかれている。そいう意味では中村俊輔がいるが。。出てくるかな。

 オランダ戦、確かに負けてもまだ望みはつながるが、リスクマネジメントをきちんとできるかどうかだと思う。0-1で前半を終えた場合、1点取りに行くか、0-2にしないか、判断がいる。1-0の場合、引くのか、2点目を狙うのか。僕個人は大量失点は避けたいとは思うが。

 
2010/06/19(土) 09:29:23 | URL | 名もなきリーマン  [編集]
小野を間違えたのではなく代える選手を間違えたのであってばてた選手を替えていれば小野の投入もうまくいっていたでしょう。

ジーコの采配の失敗です。

カメルーン戦については現有戦力ではやむを得ない守備固めだと思いますが、
そうした戦術しかとれないようにしてしまった過去4年間(8年間)が問題だと思います。
少なくともトルシエジャパンのときはもっと高い位置で防御ができたため
幾ら守備に時間賭けても最終ラインから相手のゴールをカウンターで脅かすという陣形が可能でした。日本は8年間で弱体化しています。

トルシエジャパンが続いていれば南アフリカ大会はベスト4が狙えたでしょう。
2010/06/19(土) 02:42:33 | URL | トルシエの日本代表は攻撃的だった  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月20日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月20日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:520名)

02月20日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:214名)

02月20日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:58名)


02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月02日
【J1】 「いい補強だ。」とは感じなかった今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: