アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |





thumbnail_sports_tips_728x90_4[1]


最近のエントリー (15記事)

 2018/06/13 【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (上)
 2018/06/13 【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (下)
 2018/06/14 【U-16:日本×パラグアイ】 京都サンガの至宝・MF中野桂太が輝きを放つ。
 2018/06/14 【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (前編)
 2018/06/15 【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (後編)
 2018/06/15 【W杯:ロシア×サウジアラビア】 最弱開催国と言われたロシアが夢スコで大勝スタート
 2018/06/15 【J1】 V・ファーレン長崎の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)
 2018/06/16 【W杯:ポルトガル×スペイン】 いきなりの神試合。FWクリスティアーノ・ロナウドはハットトリック。
 2018/06/16 【J2】 ツエーゲン金沢の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)
 2018/06/16 【U-16:日本×セネガル】 アフリカンパワーの前に持ち味を消されて完敗を喫する。
 2018/06/17 【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。
 2018/06/17 【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ
 2018/06/17 【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。
 2018/06/17 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)
 2018/06/18 【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)
 2018/06/18 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)
 2018/06/18 【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1953  2018/05/29  FC岐阜 vs 新潟、東京V vs 愛媛FC、水戸 vs 福岡、千葉 vs 熊本
 #1954  2018/05/31  U-21日本 vs U-20トルコ 採点&寸評 (トゥーロン国際:1戦目)
 #1955  2018/06/01  徳島 vs 松本山雅、山形 vs 金沢、甲府 vs 大分、山口 vs 讃岐
 #1956  2018/06/02  日本 vs ガーナ 採点&寸評 (キリンチャレンジカップ2018)
 #1957  2018/06/03  U-21日本 vs U-19ポルトガル 採点&寸評 (トゥーロン国際:2戦目)
 #1958  2018/06/04  千葉 vs 山口、金沢 vs 京都、FC岐阜 vs 水戸、C阪U-23 vs G大阪U-23
 #1959  2018/06/06  U-21日本 vs U-21カナダ 採点&寸評 (トゥーロン国際:3戦目)
 #1960  2018/06/07  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (上)
 #1961  2018/06/08  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (中)
 #1962  2018/06/09  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (下)

 #0000  2018/06/09 全記事一覧(2005年-2018年)


カメルーン戦を終えて・・・。オランダ戦を前に・・・。 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ カメルーン戦を終えて

前半41分にFW本田圭佑が挙げたゴールを守った日本代表が1対0でカメルーン代表に勝利した試合から少し経ったが、岡田ジャパンに無関心だったはずの世間一般の人々の関心も巻き込んで、久々に「代表フィーバー」が起こっている。

2008年の北京五輪、2009年のU-17世界大会と3戦全敗に終わる大会が続いていたが、初戦で格上と思われていたチームを相手に見事な勝利。視聴率も40%をオーバーし、人気低迷が叫ばれていたサッカー界だったが、「日本代表ブランド健在」を大いにアピールした。

キレイなサッカーではなかったが、キレイなサッカーだけが評価されるわけではない。むしろ、23人のメンバーが全精力を捧げて一丸となって戦ったことが十分に伝わってきたからこそ、一般の人々の共感を得ることが出来たのだろう。

マスコミの手のひら返しは相変わらずという気もするが、ただ、「手のひら返し」が出来るだけ、まだ救いがあると言える。

■ 日本の勝利を望まなかった人たち

やはりというべきか、カメルーン戦後も、「カメルーンは本調子ではなかった。」、「カメルーンの監督が無能だった。」、「カメルーンの選手のモチベーションが低かった。」、「ゴールシーンはラッキーだった」、「アンチ・フットボールだった」、「こんなにも悲しい勝利があるなんて・・・。」と素直に勝利を評価出来ない人も存在する。

こういった人たちは、日本対カメルーン戦を、日本の負けを願いながら試合を見ていたのだろうか?全く不思議である。

確かにカメルーンは出来は良くなかったが、そもそもとして、「100%の状態のチーム」と「100%の状態のチーム」が真っ向勝負で相まみえる機会はどれだけあるだろうか?ワールドカップでも、普段のJリーグでも、そんな機会は稀であるというか、ほとんどない。

彼らは、すでに、ちっぽけなプライドを保つために、「母国の代表チームがワールドカップで勝利することの喜びを(素直に)味わうことができなかった。」というサッカーファンにとっては、これ以上ないほどの耐えがたき制裁を受けているともいえるが、岡田ジャパンに対して必要以上のネガティブな主張を繰り返すことで利益を得てきた人は、さらなる代償を払うべきだろう。

■ 現実的な戦い

振り返ってみると、5月24日の韓国戦に敗れたことが1つの転機になった。

イングランド戦から、アンタッチャブルな存在だと思われていたMF中村俊輔をスタメンから外し、MF阿部勇樹をボランチで起用。これは、これまでの<4-2-3-1>あるいは<4-2-2-2>からの転換を意味し「ブレている」という評価もあったが、岡田監督の決断がカメルーン戦の勝利につながったことは間違いない。

そもそもとして、「ブレている」という表現はあまり的確ではないと思う。何かの対象に対して「ブレている」としたり顔で評価を下している人がいるが、実際には、その人の評価基準こそが「ブレブレ」であり、どちらかというと、その評価者の目線がブレているが故に、ブレていない対象がブレているかのように錯覚していることが多いと思う。そのため、「ブレている」という表現を使う人は疑ってかかるのが適切だと思うが、「アジアの中の日本」と「世界の中の日本」の立場が大きく違う今の状況では、仕方がない面はある。

「それならば、もっと早い時期からアンカーを使ったシステムを試しておくべきだった。」というのは1つの意見であり、これはもっとも意見ではあるが、アジア予選から同じようなアンカーを使った<4-1-2-3>あるいは<4-1-4-1>を使ったとしたら、ほぼ間違いなく、「守備的過ぎる」という批判が出てくるだろう。アジア予選と世界大会を同じ戦い方でいければチーム作りもスムーズに進むが、現状では、「アジア予選」と「世界大会」は別のチームを作った戦うのが現実的で、遅すぎた感もあるが、方針転換したのは得策だった。

■ 次はオランダ戦①

さて、次はオランダ戦である。

日本代表がワールドカップの初戦で勝利したのは初めてである。オランダが3戦全勝で首位で通過するとすれば、勝ち点「3」のままでも勝ち抜けの可能性は残っている。1分け1敗であっても、勝ち点「4」になればさらに突破の可能性は高まる。もちろん、勝ち点「6」でもグループ3位の可能性はあるが、有利な立場であることは間違いない。

問題は、2戦目がオランダということである。グループリーグの中では図抜けた実力を持つチームであり、勝ち点「1」でも御の字、得失点差を考えると1点差負けでも許容範囲といえるが、カメルーンとデンマークの試合結果も含めて、いろいろなアイディアが浮かんでくる。

まず、カメルーンとデンマークの試合であるが、この試合が引き分けに終わってくれると、日本にとっては非常にありがたいことである。最終節を前に、カメルーンもデンマークも勝ち点「1」のみ。日本がオランダに勝っていれば、2戦目を終了した時点でグループ2位以内が決定する。ただ、カメルーンがデンマークに勝利して、デンマークが2連敗で最終戦の日本と戦うというシチュエーションも悪くはない。もし、日本とオランダが引き分けたとすると、デンマークは敗れた時点でグループリーグ敗退が決定する。

■ 次はオランダ戦②

それでは、オランダ戦の日本のスタメンはどうなるだろうか?

カメルーン戦の勢いをそのままに、同じイレブンで戦うのも1つの策である。また、大一番となるデンマーク戦に全精力を捧げるために、メンバーを落として戦うことも十分に考えられる。FW玉田、MF中村俊、MF中村憲、MF稲本といったサブメンバーも控えている。

個人的には、流れを変えないためにも、カメルーン戦と同じイレブンで試合をスタートさせるのがベストだと思うが、代えるとしたらカメルーン戦でイエローカードをもらっているMF阿部か。同じポジションにはMF稲本もいるが、アンカーのMF阿部を大一番であるデンマーク戦で欠いた状態で戦うことだけは避けたい。オランダのアタッカー陣を考えるとアンカーの位置でファール覚悟で止めざる得ない場面もあるだろう。そこで、カードをもらえない状況のアンカーだと少し不安である。

2000年のアジアカップの日本代表がグループ3戦目のカタール戦でメンバーを大幅に入れ替えたことが思い出されるが、岡田監督はどういう決断をするだろうか。もちろん、得失点差もかかわってくるので、難しい面もあるが、果たして。こう考えると、大会前は「カメルーン戦は引き分けでもOK」という論調だったが、やっぱり、引き分けだと苦しい状況だった。勝ち点「3」で本当に良かった。



南アフリカワールドカップ

2038  2010/06/12  【W杯:南アフリカ×メキシコ】 いよいよW杯が開幕
2039  2010/06/12  【W杯:フランス×ウルグアイ】 厳しいレ・ブルー 
2040  2010/06/12  【W杯:韓国×ギリシャ】 パク・チソンの存在
2041  2010/06/13  【W杯:アルゼンチン×ナイジェリア】 マラドーナ監督 勝利スタート
2042  2010/06/13  【W杯:イングランド×米国】 ゴールキーパーの差
2043  2010/06/14  【W杯:スロベニア×アルジェリア】 不満足なテレビ朝日の中継


岡田ジャパン

2014  2010/05/10  南アフリカ行きの23人のメンバーが決定
2015  2010/05/12  本気(マジ)で落選ジャパン23名を考える。
2022  2010/05/24  【日本×韓国】 グッドバイ 中村俊輔
2023  2010/05/26  ベターな日本代表イレブンを考える。 (GK編、DF編、MF編)
2027  2010/05/28  ベターな日本代表イレブンを考える。 (FW編)
2030  2010/05/30  【日本×イングランド】 少しだけ取り戻した自信
2033  2010/06/03  日本サッカーの偏差値を下げてしまっている人
2035  2010/06/06  【日本×コートジボワール】 等身大の我らが日本代表



コメント

久しぶりに我を忘れるほど興奮した。
やっぱり日本代表が大好きなんだと再確認した。

評価したいのは勝つための戦略、意図したこと(それが効率的だったかとか、戦略自体の質は考えないとして)をワールドカップという舞台で表現できたこと、その上でちゃんと勝利したこと。
そこに相手の出来とか美しいかどうかなんて関係ない。
確かに金子氏の言うアンチフットボール的な戦い方だったのは事実だろうとは思う。
ただ現在の日本代表が美しいサッカーなんて出来るレベルにない事はとっくに覚悟できてた。
そもそも「出来るのにやれない」のではなく「出来ない事はやれない」のだと。
そんな日本代表でも「今出来る事」をしっかり遂行すればワールドカップでも勝てるレベルにある事が証明された。

当たり前の事のようで実は確信を持てない事だったと思う。
自分としてはそれだけで十分お腹いっぱい。
これを成長と言わずになんと言うだろう。

これでようやく日本代表が理想のサッカーを語れるスタートラインに立ったのだと思う。

今日はオランダ戦。
また発狂したいなぁ。

2010/06/19(土) 12:26:51 | URL | よっくん  [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/06/18(金) 23:11:11 | |   [編集]
金子 杉山 加部 越後 ラモスあたりですね。
勝っても批判、負けても批判。たぶん優勝しても批判です。

やっている選手や監督はきっと気にしていないし、まあ記事を見てもいないだろうけど、誰に何も言われても、精根尽きるまで走り、体を張り、そして勝った。この事実より説得力のあるものは、無いです。

ここは日本で、われわれは日本人。
ヨーロッパ人でも、南米人でもない。

またサッカーにも、流行り、廃りがあって、その流行りに当てはめて日本サッカーを評論(ケチをつける)するから、ブレるのだと思う。
そして、必ず相手のあるものです。

誰が出ても、日本人で、そのチームは日本代表です。
決して、流行りのチームでもないし、強くもないけど、
単純に最後まで応援したいと思います。
2010/06/18(金) 18:28:26 | URL | みんな応援しよう  [編集]
あなたの意見には全く持って同感だ。
自分も昨今の代表に対する記事や発言を数多く読んできたが、
その時々に感じた嫌悪感や違和感、悲しさがスッキリした。
不要な批判や論調で金儲け出来る立場に居る方々は、自らが裸の王様であり
自分たちの事やお金のこと優先であったりと、随分とイイご身分だと思う。
そういう批判者たちは概ね「やりっぱ」だ。
他人のことは分析して批判するだけ。決して自らの発言を後に検証したり省みない。

なんだかなぁ。。。

カメルーン戦後に、オシム前監督がメディアに対して語った発言も心に響いた。
インフラがココまで発展した今、影響や将来についてもっと深く考えた上での発言が、もっと必要に思う。



日本人は無難さを良しとし、キャッチーな事や流行事に弱く飽き性で、
変なところで他人の意見に流され易かったり、同調したりするところがあると個人的に感じるが、
こんな国民性も、好くない論評に踊らされがちになってしまっている一因であろうと思う。

発信する側にはより責任を、受け取る側は無用に踊らされない様、半歩引いて捉える事が大切。
踊らされてはいけない。
何故なら、現場の事は現場の本人たちにしか分かり得ないのだから。

日本人ほど、自国スクワッド以外のところを応援する国民は他にいないように
常々感じるが、
悲しく思うし、他国から見られた時、ある意味恥ずかしくも思う。

競合国より弱いと何故応援するのも恥ずかしく思う必要があるのか??
国々の対抗戦というこのW杯において、ドコが強い弱いを軸に応援するかしないかを決める事はズレていると思うし、一緒にすべきではないように思う。


代表も自分も同じ日本国民である。
自国に対しもっと愛情とプライドを持って、自国代表応援して欲しいと思う。

上手く行かない、下手、弱い、負けた...。
それは過程であり事実であったりするが、応援する事とは別の話だ。

応援は、理屈抜きで、只々応援してあげたらいいじゃないか。
2010/06/18(金) 05:53:21 | URL | ヒラヲカ  [編集]
その通りだと思います。
「苦しくて悲しくて手放しで喜べない勝利」??
彼らは日本がスペインのように圧倒的なボールポゼッションサッカーをした上でカウンターで負ければこの上ない喜びなのでしょうか。
スイスも日本と同じように将来につながらないつまらないアンチサッカーをした国と糾弾するのでしょうか。

彼らは夢を見ています。
いつか日本も世界を相手にチリのような攻撃的サッカーで魅了できるはずだ、と。
だから現実とのギャップに耐えられないのでしょう。
だから日本の勝利が悲しくつまらなく感じるのでしょう。

常に現実と向き合い、目の前の1勝に向けてベストを尽くそうとしている岡田監督、選手に対してなんと夢見心地でお気楽で失礼なことでしょうか・・・。

「グッドルーザーたれ」などという人はスポーツを論じなくていいです。
2010/06/18(金) 00:49:51 | URL | ミック  [編集]
カメルーンは100パーセントのコンディションであったのか?
自らの主張をするのにちっぽけなプライドは必要ではないのか?
手のひら返しの様子は救いのある内容か?
脱中村、超守備的システムの移行にギャンブル性はなかったか?
岡ちゃんニッポンはぶれていないのであろうか?
W杯アジア予選において守備的布陣を試す機会はなっかったのか?

カメルーン戦に勝利した岡ちゃん。
その岡ちゃんを支持する者へ反論は今となっては不可能。

しかし、本当に岡ちゃんニッポンは日本化を進めたのか。
ファンに希望を与えたのか。
未来を先取りしたのか。

時として、一瞬の快楽ほど恐ろしい。

歓喜を味わった。
しかし、その先にある協会の体制維持に末恐ろしさを拭えない。

すでにアウェイW杯に最高の結果を出した岡ちゃんの総括は最高の称賛をしなくてはならないのか。。。
すくなくともちっぽけなプライドはどんな代償を払ってもそれを許さない。
2010/06/17(木) 23:45:21 | URL | no  [編集]
カメルーンvsデンマーク戦が日本戦の後に行われるということを知らない人が多すぎる。
デンマークが星勘定をするならともかく、日本は目の前の敵のことだけ考えるべき。
2010/06/17(木) 15:57:58 | URL | よしお  [編集]
デンマーク対カメルーンの試合は、日本対オランダが終わってからなんですね。
ということは、日本は1点差以内での敗戦であれば、デンマークはその後、カメルーンに2点差以上で勝利しないと、日本に勝たなくてはいけなくなります。
「手負いのライオン」が、そこで前がかりになったデンマークを喰うこともあり得るでしょう。しかし、あの状態のカメルーンが3戦目でオランダに勝利することは考えにくい。となると、2戦目の結果次第では、日本戦を待たずしてデンマークの敗退が決まり、日本のグループ突破がほぼ確実になる。
ということでオランダ戦、非常に大事だと思います。
とても捨てられる試合ではないと考えます。
2010/06/17(木) 09:50:15 | URL | おおたあ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


06月18日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


06月18日
【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。

06月18日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)

06月18日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)

06月17日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)

06月17日
【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。

06月17日
【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ

06月17日
【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。

06月16日
【U-16:日本×セネガル】 アフリカンパワーの前に持ち味を消されて完敗を喫する。

06月16日
【J2】 ツエーゲン金沢の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月16日
【W杯:ポルトガル×スペイン】 いきなりの神試合。FWクリスティアーノ・ロナウドはハットトリック。

06月15日
【J1】 V・ファーレン長崎の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月15日
【W杯:ロシア×サウジアラビア】 最弱開催国と言われたロシアが夢スコで大勝スタート

06月15日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (後編)

06月14日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (前編)

06月14日
【U-16:日本×パラグアイ】 京都サンガの至宝・MF中野桂太が輝きを放つ。

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (下)

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (上)

06月13日
【壮行試合:日本×パラグアイ】 セレッソ育ちのゴールデンコンビが躍動する。

06月13日
【投票:親善試合】 日本 vs パラグアイで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (中)

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (上)

06月12日
【J2】 水戸ホーリーホックの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J1】 ガンバ大阪の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J2】 京都サンガの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【移籍市場】 FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪)はなぜ泥船に飛び込むのか?

06月10日
【J1】 サガン鳥栖の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【J2】 愛媛FCの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【移籍市場】 「確率は0%」とは言えないFW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍

06月9日
【J1】 名古屋グランパスの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月9日
【J2】 下品なヴァンフォーレ甲府&上野展裕監督にドン引きした件

06月9日
【親善試合:スイス×日本】 それほど悪くはない試合

06月9日
【投票:親善試合】 スイス vs 日本で「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月8日
【J2】 カマタマーレ讃岐の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月8日
【天皇杯:ガンバ大阪×関西学院大】 歴史的な番狂わせ。ヒーローは1年生のFW山見大登

06月8日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J3】 ガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の試合後のインタビューはそこまで酷かったのか? (vs カターレ富山)

06月7日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

06月6日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月6日
【J3】 理解に苦しむガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の解任

06月6日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月5日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【C大阪U-23×G大阪U-23】 アタッカーとして覚醒しつつあるMF山根永遠

06月05日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【FC岐阜×水戸ホーリーホック】 J2屈指のアタッカーに成長したFW古橋亨梧

06月04日
【五輪代表】 「伸び悩み気味」に感じる東京世代のエース候補のFW小川航基(ジュビロ磐田)

06月04日
【千葉×山口】 ストライカーとして覚醒しつつあるFWオナイウ阿道

06月04日
【トゥーロン国際:日本×カナダ】 今大会で森保監督にアピールできたのは誰だろうか?

06月03日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

06月03日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (左SB/WB編)

06月02日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (CB編)

06月02日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (右SB/WB編)

06月02日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (GK編)

06月01日
【五輪代表】 往年のMF本山雅志(鹿島アントラーズ)を彷彿させるドリブラーのMF三笘薫(筑波大)



05月31日
全記事一覧(2005年-2018年)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: