アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/21 【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件
 2017/07/22 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)
 2017/07/22 【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)
 2017/07/23 【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)
 2017/07/23 【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。
 2017/07/24 【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~
 2017/07/24 【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?

 2017/07/25 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)


 2017/07/25 【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?


 2017/07/25 全記事一覧(2005年-2017年)


【W杯:日本×カメルーン】 やった!!!日本勝利スタート | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ カメルーン戦

岡田ジャパンの南アフリカワールドカップの初戦。まずはカメルーンとの対戦。日本は<4-1-2-2-1>。GK川島。DF駒野、闘莉王、中澤、長友。MF阿部、遠藤、長谷部、松井、大久保。FW本田圭。DF今野が怪我のためスタメンから外れてDF駒野がスタメン出場。1トップでFW本田圭佑。MF中村俊はベンチスタート。

日本とカメルーンの試合の前に行われたグループEのもうひとつの試合はオランダがデンマークに2対0で勝利。前評判の高かったオランダが一歩、抜け出した形で試合を迎えた。

■ 本田圭のゴール

前半は静かな展開。カメルーン、日本ともにリスクを冒さずにロングボールが多い展開。日本は1トップに入ったFW本田圭がトップで奮闘し、MF松井の右サイドからのアタックも効果的。しかし、なかなかシュートまで持ち込めない。カメルーンもあまり積極的に攻めては来ずにピンチとなるシーンも少ない。

0対0で折り返すかと思われた前半39分。右サイドでボールを持ったMF松井の左足の精度の高いクロスをファーサイドで待っていたFW本田圭が上手いトラップから左足でシュート。日本が先制ゴールを挙げる。MF本田圭はワールドカップ初ゴール。日本が1対0でリードして後半を迎える。

後半はカメルーンがFWエトーを中心に攻め込むが、DF闘莉王とDF中澤が頑張ってロングボールを跳ね返し続ける。岡田監督はFW岡崎、FW矢野、MF稲本を途中投入。この3人もしっかりと自分の仕事を行って逃げ切りに大きな役割を果たした。

結局、1対0。FW本田圭の素晴らしいゴールを守った日本が勝利し、自国開催だった2002年大会以外では初めての勝利を飾った。これでグループEはオランダと日本が勝ち点「3」で並んだが、得失点差でオランダが首位。日本は2位からのスタートとなった。

■ 素晴らしい勝利

下馬評ではあまり評価の高くなかった日本代表であるが、多くの人を見返す素晴らしい勝利を飾った。確かにカメルーンの出来はあまり良いとはいえず、カメルーンに助けられた面はあったが、90分にわたって、ほぼプラン通りの戦いが出来たといえる。

シュート数は合計で3本ということで、攻撃面ではまだまだ改善の余地はあるが、守備はほぼ完ぺき。終盤のカメルーンのパワープレーもしっかりと跳ね返して無失点の完封勝利。8年前の2002年のチュニジア戦以来、ワールドカップでは通算3勝目を飾った。

■ モデルとなり得る勝利

これまでは、かたくなに自分たちのサッカーをすることだけを考えていた岡田監督であるが、本番直前になってMF阿部をアンカーを起用。賛否両論はあったが、MF阿部の起用は大成功し、岡田監督の采配がズバリとはまった形となった。大会前は、あまりの不出来から、「日本サッカーの今後を考えると3連敗した方がいい。」という主張も少なからずあったが、世界の舞台で勝つことで得られるものは間違いなく多い。

カメルーンは日本にとっては、比較的、相性のいいチームではあるが、世界レベルの強豪であり、チーム力は日本よりも上のチームといえるが、そういった国を相手にどうすれば勝てるのか、世界で戦うためにはどうすればいいのか、1つのモデルケースとなり得る勝利といえる。これは、グループリーグの初戦で勝ち点「3」を奪った以上に、この先の日本サッカーにとっても大きな事であると思う。

「みんなで頑張って相手にプレッシャーをかけてボールを奪って早い攻撃を見せる。」というこの試合で見せたサッカーにプラスして、もっと落ち着いてボールをまわすことが出来ればよりベターであり、アタッカー陣にもっと強力な選手が生まれればよりベターであるが、「日本代表はこういうサッカーをすれば世界でも戦える」という1つのベースが出来たメモリアルな試合といえる。

■ 決勝ゴールの本田圭佑

日本はFW岡崎を外してFW本田を1トップでスタメン。ずっとレギュラーで使い続けてきたFW岡崎を直前で外してFW本田を起用したのはギャンブルではあったが、立ち上がりからFW本田の体の強さを生かしたプレーが効果的で、FW岡崎には無い良さを見せた。

前半39分には右サイドのMF松井のクロスをうまくトラップしてゴール。貴重な先制ゴール。この時間帯まで日本ペースで進んでいたが、シュートにまでつながらずにいたが、最高の時間帯で最高のゴールが生まれた。前半の中ごろにも右サイドからのクロスをMF大久保が競って後ろのFW本田がシュート体勢に入るというシーンがあったが、このときと同じような形で先制ゴールが生まれた。あまり攻撃には絡めなかったMF大久保であるが、右サイドからのクロスに対して左サイドから中に入ってきてゴールを狙うという、岡田監督のMF大久保起用の意図が実ったシーンといえる。

FW本田圭は後半の苦しい時間帯にも落ち着いたキープで時間を稼いで、逃げ切りにも貢献。ゴールも素晴らしかったが、それ以外のプレーでも素晴らしかった。

■ 右サイドの松井大輔

日本はMF松井を右サイドでスタメン。そのMF松井のクロスからFW本田の先制ゴールが生まれた。これまで、右サイドハーフはMF中村俊やMF本田圭が起用されてきたが、ここに来てMF松井がスタメン入り。FW岡崎、MF中村俊といった1ヶ月ほど前までは「レギュラー確実」と思われていた選手を思い切って外して、先発に起用した2人のプレーから先制ゴールが生まれた。

MF中村俊のコンディションが上がってこず、MF松井を右サイドで起用は、ほとんどテストの無い状態だったが、MF松井のキープとドリブルは非常に効果的だった。守備的なDF今野ではなくてDF駒野が右サイドバックに入ったことも右サイドの攻撃を活性化する意味で大きく働き、珍しく右サイドの攻撃が活発だった。

終盤に疲れが見えてきたときに、MF松井を代えてFW岡崎を投入。この交代も非常に的確であり、FW岡崎もオフサイドではあったがポスト直撃のシュートを放つなど、守備でも攻撃でも効果的だった。

■ アンカーの阿部

MOMを選ぶとしたら、FW本田圭か、MF阿部になるだろうか。日本は守備が良かったが、MF阿部の活躍による所が大きかったと言える。アンカーに入ったMF阿部とセンターバックコンビが協力してしっかりとバイタルエリアの監視ができていて、カメルーンの選手がフリーで持ち上がるシーンはほとんどなかった。

少しパスが乱れるシーンもあったが、正確なつなぎと的確な顔出しでも貢献し、イングランド戦の出来も良かったが、そのイングランド戦以上に素晴らしい出来だったと言える。(http://llabtooflatot.blog102.fc2.com/blog-entry-2030.html

もちろん、DF中澤とDF闘莉王のセンターバックコンビも良かった。少しGK川島がハイボールの処理に戸惑っていたが、センターバックコンビはほとんどの場面で空中戦を制した。やはりセンターバックがしっかりとロングボールを跳ね返してくれると、サッカーが楽になる。リードしてからの時間は非常に長く感じたが、あのポストに当たったシュートと最後のヘディングシュート以外は、安心して見ることが出来た。

■ 的確な岡田采配

選手たちの頑張りと同じくらい岡田監督の的確な選手交代も光ったといえる。

ややパワーダウンしていたMF松井に代えて後半24分にFW岡崎を投入。さらに、後半37分にはMF大久保に代えてFW矢野を投入。選手交代を行うとリズムが変わってしまうケースは多く、それまでの間、日本は組織的な守備が出来ていて悪くはなかったので、なかなか選手交代の選択も難しいかと思われたが、岡田監督はスパッと交代選手を投入。FW岡崎も、FW矢野、最後に投入されたMF稲本も見事に期待に応えたと言える。

同じように1点リードで終盤を迎えたドイツ大会のオーストラリア戦では、DF坪井が交代せざる得ない状態となるアクシデントもあったが逃げ切りに失敗。致命的といえる3連続失点を喫して逆転負けを許したが、その嫌なイメージを忘れさせてくれるかもしれない文句のつけようの無い采配だった。FW矢野の召集には賛否両論があったが、ドイツの教訓が生かされたとしたら、決して悪夢のようなドイツ大会も無駄なものではなかったと言える。

■ 次はオランダ戦

次はオランダ戦となる。もちろん、この試合で勝てれば理想的であるが、引き分けでもOKである。初戦で勝ち点「3」を奪ったことはオランダ戦を落ち着いて戦うことが出来るという意味でも非常に大きい。

オランダの攻撃陣の世界屈指であり、守ろうとすると、一気に隙を突いてくるチームである。カメルーンは引いた日本代表の前にアイディアが無くなってしまったが、オランダはもっと個人で仕掛けてくるだろう。サイドアタックは強力であり、難しい試合になることは確実である。

カメルーン戦ではパスをつなぐことはあまり出来なかったが、オランダの攻撃時間をより少なくする意味でもボールキープの時間を増やしたい。この日は後半になるとMF遠藤に上手くボールが集まらなくなって劣勢になったが、MF遠藤を上手く活かして出来るだけボールを失わないようにしたい。厳しい相手であるが、この試合で勝ち取った自信を持って戦えれば、勝ち点が奪えない相手ではない。




南アフリカワールドカップ

2038  2010/06/12  【W杯:南アフリカ×メキシコ】 いよいよW杯が開幕
2039  2010/06/12  【W杯:フランス×ウルグアイ】 厳しいレ・ブルー 
2040  2010/06/12  【W杯:韓国×ギリシャ】 パク・チソンの存在
2041  2010/06/13  【W杯:アルゼンチン×ナイジェリア】 マラドーナ監督 勝利スタート
2042  2010/06/13  【W杯:イングランド×米国】 ゴールキーパーの差
2043  2010/06/14  【W杯:スロベニア×アルジェリア】 不満足なテレビ朝日の中継
2044  2010/06/15  【W杯:日本×カメルーン】 やった!!!日本勝利スタート
2046  2010/06/17  【W杯:スペイン×スイス】 無敵艦隊敗れる。


岡田ジャパン

2014  2010/05/10  南アフリカ行きの23人のメンバーが決定
2015  2010/05/12  本気(マジ)で落選ジャパン23名を考える。
2022  2010/05/24  【日本×韓国】 グッドバイ 中村俊輔
2023  2010/05/26  ベターな日本代表イレブンを考える。 (GK編、DF編、MF編)
2027  2010/05/28  ベターな日本代表イレブンを考える。 (FW編)
2030  2010/05/30  【日本×イングランド】 少しだけ取り戻した自信
2033  2010/06/03  日本サッカーの偏差値を下げてしまっている人
2035  2010/06/06  【日本×コートジボワール】 等身大の我らが日本代表
2045  2010/06/16  カメルーン戦を終えて・・・。オランダ戦を前に・・・。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

水を差すようで申し訳ないですが、これまでのドタバタ、そして今回の急場しのぎのような試合の運び方を見ると素直に喜べません。これまでの積み重ねによって、生まれた勝利なら感慨深いものがありますが、そうではありません。たまたま拾った勝利に意味があるのでしょうか。

勝つことこそ意味があるとよく言われますが、サッカーには、確かに引き分けもありますが、必ず勝者と敗者に分かれます。もし本当に勝利することだけが意味のあるものであるならば、サッカーの要素のおよそ半分が意味のないものになってしまいます。目の前の勝敗に一喜一憂するばかりでは、虚しいだけです。

日本代表は結果を超えた、未来に繋がるサッカーを見せる必要があります。それをオシムさんがやろうとしたのですが残念ながら頓挫してしまいました。

また代表チームは子供たちの憧れでなければなりません。今のサッカー少年が着てるサッカーシャツの大半が海外のクラブチームのものです。この実態を日本のサッカー関係者は憂慮しなければなりません。

殊更に勝敗のみに注目するなんて、ビジネス化されたスポーツ界に毒されている証拠で、不健全だと僕は思います。

出過ぎた真似をして、申し訳ございませんでした。
2010/06/16(水) 01:51:24 | URL | zig  [編集]
とにかく嬉しかったです。 恐らくは寝るとき以外ずっと日本代表がどうやったら勝てるかということを考えていたであろう岡田監督にまず おめでとう と言いたいです。 

ネット上で素人さんにボロクソいわれ マスコミにも 一部評論家等にもひどい言われようでしたが本当によかったです。 

もちろん選手が頑張った事はいうまでもないです。感動をありがとうと言いたいです。

オランダに勝つのは絶対無理などという意見がまだネット上ではずいぶん見られますが、やる前から負け確定と言える程実力差はないと思います。もちろんオランダのほうが強いのは判りきったことですが・・・
ただ地域リーグの上位と下位ほどの差はないのでやる前から負ける等といってる識者には正直テレビ見て欲しくないです。 
2010/06/15(火) 21:46:52 | URL | 21  [編集]
すばらしい勝利。今大会いままでで最大のアップセットは間違いない。
しかしオシム氏がその後のインタビューで
「本田が明日全ての新聞で一面を飾るようだと非常に危ない。」
と危惧していたとおり。
試合翌日からマスコミは手のひらを返したように岡田ジャパンを
絶賛し本田は新聞テレビメディアでスター扱いされ
ちょっと前までスター扱いされた中村俊輔は存在しなかったかのようだ。
そもそもオシムのこのコメントすらほとんどメディアに取り上げられていない。
この勝利で日本サッカーはまた大きな一歩を踏み出した。
しかし日本のスポーツマスコミはこの4年間もまったく進歩していないようだ。

2010/06/15(火) 17:30:28 | URL | No Name  [編集]
日本対カメルーン戦を見ていてNHKの中継にストレスを感じました。無駄に日本選手や岡田監督のドアップ映像が多い。ピッチ上の選手のプレーやポジショニングを見たいのに、ボールが出るたび、プレーが止まるたび、その他意味わからんタイミングでドアップするのやめてほしい。試合の流れがわからなくなる。選手の顔は、輝いたプレーをした時に見せてくれ。
2010/06/15(火) 16:31:03 | URL | No Name  [編集]
初めてコメントをさせていただきます。
僕は、そこまでコアなファンではありませんが、近頃、あまりにも「愛情」が感じられない報道(数日前にヤフーに掲載された杉山氏の記事等)が多かった為、こちらには良くお邪魔させていただいておりました。
じじさんからは、深い知識と何より「愛情」を感じ、心地が良かったので。


さて、昨日の結果は、自国開催以外のW杯での初勝利ということで、
日本サッカー史において重要な1勝になると思います。

終盤はドイツW杯のオーストラリア戦やドーハのことが頭をよぎりましたが、監督も選手もタフでしたね。

カメルーンの出来が悪かった・凡戦だったという、意見も散見されますが、出来の悪い相手にゲームプランをしっかり実行し、勝ちを得られたことは重要な経験だと思います。

チーム作り・組織作りにおいて、「当たり前のことを当たり前にやれる」というのは、実は非常に困難なことです。
実際にはチームの実力にはある程度、振れ幅があるもので、
こういった試合は十分できる範囲内だったということでしょう。

ただ、急に強くなったわけではないですし、マスコミの今後の報道には、
注意をして欲しいのですが…
(オシム氏のコメントが非常に的を射ていると感じています。)

長文、失礼致しました。
2010/06/15(火) 12:54:19 | URL | hukamidori_k  [編集]
自国の勝利は素直に嬉しいです。アウェイで強豪相手ですし。
少なくともデンマーク戦まではW杯を十二分に楽しめるのは幸せですね。
あと下衆な見方ですが、各種サッカーメディアがどう言責をとるのか興味があります。
2010/06/15(火) 12:11:07 | URL | ザスパーク  [編集]
勝てて良かった。今回は、気温が高く無かったこと、本大会前の親善試合で負け続けて逆に開き直れたことが勝因だと思う。この戦い方を続けられれば、日本は世界での強豪国に近づくことが出来る。
2010/06/15(火) 09:43:27 | URL | ジェドGO師  [編集]
諦めてただけに 素直に本当に嬉しい。
自分も岡田バッシングはかなりしたが結局、1つの結果を出した形になった。
フランス大会では「カズ切り」、今大会では「俊輔切り」と今までチームの「顔」というべき選手を本番前に切るのが成功のカギだったのか?
これこそ、「岡田マジック」だw
本田も岡田も持ってるなぁ~。

今日はとにかく勝利をありがとう、岡田ジャパン!!!
2010/06/15(火) 03:49:52 | URL | 日本大好き7  [編集]
やりましたね!!
本田がゴール決めた瞬間、理屈抜きで感動しました。まだまだこれからだけど、こういうW杯は最高です!
2010/06/15(火) 02:13:43 | URL | 右サイドの8番  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月25日
【J1】 ペトロヴィッチ監督(浦和レッズ)の解任はあり得るのか?

07月25日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (横浜Fマリノス・ヴァンフォーレ甲府編)

07月25日
【J2】 風間八宏監督(名古屋グランパス)の解任はあり得るのか?

07月24日
【J2】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はFWウェリントン(福岡)、4位はMF石津大介(同)、3位はDF石櫃洋祐(京都)、1位と2位は・・・。~

07月24日
【J1】 「ラストパスの本数の1位~30位まで」を書き出してみた。~5位はMF天野純(横浜FM)、4位はDF福森晃斗(札幌)、3位はMF柏木陽介(浦和)、1位と2位は・・・。~

07月23日
【J1】 FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)はどのくらいの活躍ができるだろうか・・・。

07月23日
【Jリーグ】 「日本を代表するサッカースタジアム」というと・・・。 (1位~10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「サポーターが温かいクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【Jリーグ】 53クラブの中で「応援が凄いクラブ」というと・・・。 (1位-10位まで)

07月22日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (FC東京・川崎フロンターレ編)

07月22日
【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~


07月05日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん