アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/20 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)
 2017/11/20 【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。
 2017/11/20 【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)
 2017/11/21 【Jリーグ】 契約満了になった選手について (金沢・岡山・大分)
 2017/11/21 【J2】 「主力の大量流出」を覚悟せざる得ない徳島ヴォルティス
 2017/11/21 【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (前編)
 2017/11/22 【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (後編)
 2017/11/22 【毎年恒例:J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMVPに選出したのは・・・。
 2017/11/22 【Jリーグ】 契約満了になった選手について (横浜FC・北九州・山口)
 2017/11/23 【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のベストヤングプレーヤーに選出したのは・・・。
 2017/11/23 【J3+アウォーズ】 2017年のJ2の優秀監督に選出したのは・・・。
 2017/11/23 【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMIPに選出したのは・・・。
 2017/11/24 【J2】 「名古屋グランパスフィーバー(鯱ノミクス)」は巻き起こったのか?
 2017/11/24 【J2】 理解に苦しむ反町監督(松本山雅)の続投だが・・・。

 2017/11/24 全記事一覧(2005年-2017年)


【ナビスコ:仙台×名古屋】 ユアテックスタジアム初体験記 (生観戦記 #5) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 杜の都・仙台

J1とJ2の全37クラブのホームスタジアムを巡る旅は、36スタジアムのうちの26スタジアムをクリアし、残りは10スタジアムになった。今回はベガルタのホームスタジアムであるユアテックスタジアムである。初の仙台どころか、初の東北地方への上陸である。

「杜の都」という呼ばれるように、仙台市は自然豊かな街であり、人口100万人を超える東北地方で最大都市である。東北新幹線の「はやて」を利用すると、東京駅からはわずかに1時間40分弱。あっという間である。

ベガルタ仙台のホームスタジアムであるユアテックスタジアム(=ユアスタ)は地下鉄南北線の泉中央駅から徒歩で約4分。仙台駅から泉中央駅までは9駅のところにあって約15分。したがって仙台駅からユアテックスタジアムまでは合わせても約20分ほど。アクセス抜群の都市型のスタジアムである。

 #1 泉中央駅

ユアスタ①


■ ベガルタ
 
「ベガルタ」とは、織り姫(ベガ)と彦星(アルタイル)の2つを合わせた造語である。仙台の夏の風物詩である「七夕まつり」の伝説(天の川を挟んで光り輝く織り姫と彦星が、年に1度、七夕の日にだけ出会うことができる)にちなんでいる。

クラブのマスコットであり、人気者の「べガッ太君」。ユアスタの正面には、背番号「10」を身に付けたべガッ太君の石像が置かれている。これはかなり大きくて、見事な石像である。ロングシュートを決めたわけではない。

 #2 べガッ太君

ユアスタ④


2006年にネーミングライツを売却し、「仙台スタジアム」から「ユアテックスタジアム」となったユアスタ。ユアテックという会社は、東北6県と新潟県を事業範囲とする電気工事会社で、旧称は東北電気工事株式会社。約20,000人収容の球技専用スタジアムであり、JFLのソニー仙台もホームスタジアムとして利用している。

■ ナビスコカップ

2つのグループに分かれてリーグ戦を行うナビスコカップのグループリーグは終盤戦に入っている。7チーム中2位以内に入ったチームが決勝トーナメント(=ベスト8)に進出することが出来るが、グループAの仙台は4試合を終えて2勝2分けの勝ち点「8」。この試合に勝って、日曜日の試合でFC東京が敗れるとグループリーグ突破が決定する。一方の名古屋は4試合で2敗2分け。2位以内の可能性はわずかに残すが、この試合で勝たないと突破の可能性が無くなる。

ホームの仙台は<4-2-3-1>。GK林。DF菅井、鎌田、エリゼウ、朴柱成。MF千葉、富田、太田、高橋、フェルナンジーニョ。FW平瀬。北朝鮮代表に帯同しているMF梁勇基、怪我のMF関口は欠場。FW中原はベンチスタート。C大阪戦で決勝ゴールを決めたMF高橋がスタメン出場。

対するアウェーの名古屋は<4-1-2-3>。GK高木。DF田中隼、千代反田、増川、阿部。MF吉村、中村直、ダニルソン。FW小川、橋本、杉本。こちらは、日本代表のGK楢崎、DF闘莉王、FW玉田、オーストラリア代表のFWケネディが欠場。MFブルザノビッチは累積警告で出場停止。MF金崎、MFマギヌンも欠場し、3トップの中央に入るのはMF本田圭と星稜高校時代の同級生であるFW橋本晃司。

 #3 ユアスタ正面

ユアスタ③


■ 前半は仙台ペース、後半は名古屋ペース

前半はホームの仙台ペース。FW平瀬の1トップ気味の布陣で、その下に入るMFフェルナンジーニョ、MF太田、MF高橋の連携がスムーズで名古屋の守備陣を困惑させる。名古屋の「攻」から「守」の切り替えが遅い部分を突いて、何度か素早いカウンターでチャンスを作る。しかし、DF朴柱成のロングシュートがクロスバーに直撃するなどゴールは生まれず。前半は0対0で終了。

後半は一転してアウェーの名古屋ペース。仙台も何度かはMF太田の突破からでチャンスを作るが、名古屋がDF阿部を起点にしたサイド攻撃で試合の主導権を握る。途中出場したMF三都主とFW巻も機能し、終盤は押せ押せの展開となる。しかし、この日はFWケネディとD闘莉王といったストライカー不在。GK林の奮闘もあって、何度かあった決定機を決め切れない。

試合終了間際に仙台もセットプレーを獲得。劇的な決勝ゴールを期待するベガルタサポーターの大声援に後押しされてスタジアムの盛り上がりは最高潮に達するが、シュートまで持っていけず。結局、試合はスコアレスドローに終わった。仙台は勝ち点「9」、名古屋は勝ち点「3」となって、名古屋のグループリーグ敗退が決定した。

■ 押し込んだ前半

前半の仙台は非常に良くて、攻撃は非常にダイナミックだった。

MF関口が欠場して、MF梁もいなかったが、MF太田の長距離のドリブルがいいアクセントになっていて、左サイドハーフで起用されたMF高橋も効果的に攻撃に絡んだ。MFフェルナンジーニョはどちらかというと、この日は「悪いフェルナンジーニョの日」で持ち過ぎるシーンもあったが、MF梁とMF関口という2枚看板がいない中で、その不在の影響を感じさせないくらいの出来だった。

MFフェルナンジーニョを除くと、特別、ボール扱いに優れた選手はいないが、各選手のポジション二ングも良くて、前半のうちはボール回しの時のスムーズさで名古屋を上回っていた。「ボールも人も動くサッカー」という点では前半に見せたサッカーはレベルも高かった。

■ 失速した後半

ただ、後半になると急に失速してしまった。前半に見せていた緩急を織り交ぜたダイナミックな攻撃はなりを潜めて、最後は防戦一方となった。最終的に、勝ち点「1」が取れただけでも、ラッキーだったと言える。

ポイントになったのは、後半17分のFW平瀬とFW中原の交代か。1トップとしてうまくボールがおさめられていたFW平瀬はスタミナ的な不安があるので、もともとフル出場は考えにくくて、点を取って勝ち点「3」を奪ういうミッションを果たすために得点力のあるFW中原の投入する、というのは十分に想定できたことであるが、FW平瀬からFW中原に代わって全くボールが収まらなくなった。

もちろん、FW中原だけが原因ではないが、結果としては、幅の広い動きでチームメイトのために献身的にプレーていたFW平瀬がいなくなったことは、逆に、FW平瀬の存在の大きさを感じさせることになった。フォワードとしてはFW中島という駒もあるが、MFフェルナンジーニョ、MF太田が加わって熾烈なポジション争いが続く攻撃的MFのポジションに人数をかけた方がチームとしては有効であり、「1トップ+3人」という形が今後も続きそうであるが、その中で、FW平瀬なのか、FW中原なのか。現時点では、FW平瀬が上回っていると言える。

■ 守備重視の采配

仙台は、さらに後半26分にドリブルでの突破が光っていたMF太田に代えてMF田村を投入。この交代は「攻撃」というよりも「守備」を考えた交代であり、勝ち点「3」を狙うには消極的な采配にも思えたが、DF阿部を起点に左サイドを崩されていたので、仕方のない交代といえた。

改めて考えてみると、MF太田のサイド攻撃が無くなったことは得点を奪うという意味では非常にマイナスに働いたが、残り20分ほどの時間で右サイドのMF太田がきっかけとなって仙台のゴールが生まれる確率よりも、右サイドを崩されて失点を喫する確率の方がはるかに高かったように思う。消極的な采配ではあったが、結果的には手倉森監督のファインプレーだったと言えるのかもしれない。

仙台の手倉森監督は、J2時代からよくこういった守備を考えた選手交代を行うが、攻撃のカードを優先して切りたがる監督が多い中では異質といえる。リードしている状況で守備的な選手を投入することは良くあるが、試合の流れを考えて、同点の状況でも失点をする喫する前に守備力を強化する(=先手を打つ)交代策を取ることが多く、面白い交代が出来る監督といえる。

■ 新天地の高橋義希

オフにサガン鳥栖からやってきたMF高橋義希はこの試合は左サイドハーフでスタメン出場。前の試合のセレッソ大阪戦で途中出場ながらも決勝ゴールを決めているがこの日は先発出場。ボランチが本職であるが、左サイドハーフでプレーし、ゴールやアシストという結果は見せられなかったが、出来としては及第点以上だったといえる。

鳥栖時代にも前のポジションでプレーする機会も少なくはなかったが、それほど得意とはしていない攻撃的なポジションでの起用になったが、運動量を生かしてうまく前線とボランチの中継役となっていた。前半終了間際に「ブレ球」でシュートを狙うシーンがあったが、これは大きく枠外となったが、フリーキックを蹴れるチャンスが回ってきた、ということを見ても自体が好転している様子がうかがえる。

フィジカル的な強さが特徴であるが、攻撃にしても、守備にしても、トータルバランスの取れた選手である。逆にいうと、特出した部分が無いので、ここまでリーグ戦はわずかに12分間の出場のみ。新天地の仙台では苦労してきたが、チームメイトも、MF高橋をなじませようといろいろと努力している。仙台は2009年からほとんどメンバーは変わっておらず、J2で戦ってきたメンバーをベースにJ1でも戦ってきたが、J1では3勝5敗4分けの勝ち点「13」と残留を目指しての戦いが続いていく。新しい力の出現が求められている中で、彼にかかる期待は大きい。

 #4 ベガルタサポ

ユアスタ⑥


■ 今後の可能性

勝たないとグループリーグ敗退が決定する名古屋。ただ、他力本願の部分が大きく、可能性はほとんど残っていない中で、モチベーション的にも難しい試合だと思われたが、後半の出来は非常に良かった。いつ、名古屋の先制ゴールが決まってもおかしくはない試合だったと言える。

MF金崎、MFマギヌン、MFブルザノビッチがおらず、FWケネディ、FW玉田も不在。ほとんど前線の選手はレギュラー格がいない中だったが、逆にそれが良かったのか、ストイコビッチ監督が意図したサイドを重視する攻撃なサッカーが後半に関しては出来ていた。

昨シーズン中盤にFWケネディ、MFブルザノビッチ、MF三都主を獲得し、さらにオフにもMF金崎、MFダニルソン、DF闘莉王を獲得。戦力値を見ると、2008年のストイコビッチ監督就任時よりもはるかにグレードアップしているが、そのサッカーの質は反比例して、年々、悪化しているような状況である。これまでの名古屋の補強は、チームの目指すサッカーに合った選手を連れてくるというよりも、とにかく能力の高い選手を連れてくるというのが、コンセプトのようで、「いったい、どのポジションで使うのだろうか???」という補強も少なくない。

もちろん、チームコンセプトに合った選手ばかりを探して、合わない選手を排除していると、チーム全体がスケールダウンする心配があるので、バランスが難しいところであるが、MF金崎、MFブルザノビッチ、DF闘莉王の3人がいなかったから、目指すサッカーが出来たようにも考えられる。リーグ戦はここまで2位なので、結果的だけ見ると非常にいい位置につけているので大きく変える必要はないともいえるが、中断期間にストイコビッチ監督がどう考えているのだろうか?
 
■ ケネディ不在の中

名古屋はFWケネディ不在。ということで、明治大学出身のFW橋本を3トップの中央で起用。ターゲットタイプのFW巻ではなく、もともと中盤の選手でありFW橋本を抜擢したが、今一つ、存在感は示すことは出来なかった。

FWケネディがいない中で、FWケネディと同じタイプのFW巻を起用することがこれまでは多かったが、荒さのあるFW巻では厳しい部分もあって、FW橋本を試してみたが、成功とはいえなかった。

後半28分にはFW橋本とFW巻が交代。リズムが名古屋に来ていた時間帯の交代だったので割引いて考える必要もあるが、この試合での比較で言うと、FW橋本よりもFW巻の方がパフォーマンスは出来は良かった。センターフォワード的ではないFW橋本は頻繁に中盤まで下がってきてボールを受けようとするが、FW巻がゴールに近いところでプレーして、空中戦でもイーブン以上に競り勝つことが出来る。

FW平瀬に代えてFW中原を投入してボールが収まらなくなった仙台と、FW橋本からFW巻に代えて前線が活発になった名古屋。センターフォワードの交代は、この試合では好対照に働いた。ただ、FW巻がフリーで放った決定的なヘディングシュートを外してしまったのは大きなマイナス。これを決めないと、評価は上がって来ない。

■ MOM級のダニルソン

この日のMOMを選ぶとしたら、名古屋のMFダニルソン。MF吉村、MF中村直と組んで中盤に入ったが、これまでのプレーとは一味違った好プレーを見せた。アンカーにはMF吉村が入ってMFダニルソンは少し前のポジションになったが、それが良かったのか、良くボールに絡んでいい感じでボールを展開することが多かった。左足のロングキックもアクセントを加える役割を果たしていた。

若くて経験に乏しいためか、繊細さには欠けるのでアンカーの位置でプレーさせるには怖い部分もあるので、今後も、この試合のように少し前のポジションで起用するのがベターではないだろうか。身体能力はJ1の中でもトップクラスであり、1対1の勝負では高い確率で制することが出来る。開幕から期待されながらもフィットしきれなかったMFダニルソンに目処がついたということが、この試合の名古屋の一番の成果だろう。

■ ユアテックスタジアム

初めてのユアテックスタジアム。仙台駅からも近くて、ほどよく緑にも囲まれていて、確かに、噂どおりに日本でもトップクラスのスタジアムである。当たり前ではあるが、印象は完全に「フクアリ」であり、チームカラーも良く似ていて、フクアリにいるような感覚になった。

フクアリがユアスタをモデルに作られたということは良く知られているが、ユアスタは1997年、フクアリは2005年にこけら落としが行われている。あまりにも良く似ているので、逆に、「フクアリとユアスタの違いはどこなのだろうか?」という感じたを受けた。もし、ユアスタに不都合な部分があればその部分はフクアリで改善されているはずであるが、このユアスタを見る限り、試合の見やすさ、音の反響、施設の充実などなど、マイナスポイントは見つからない。

宮城県内には、日韓ワールドカップのトルコ戦を行った宮城スタジアムもあるが、「ユアスタ」があるのに「宮城スタジアム」を使う理由は、キャパを除くと全くないと言えるだろう。

 #5 牛タン弁当

ユアスタ⑤


■ まとめ

長かった旅も、これであと「9」となった。


  ・NDソフトスタジアム山形
  ・NACK5スタジアム

  ・札幌ドーム or 札幌厚別公園競技場 
  ・ケーズデンキスタジアム水戸 or 笠松運動公園陸上競技場
  ・日立柏サッカー場
  ・栃木県グリーンスタジアム(宇都宮市)
  ・ニンジニアスタジアム(松山市)
  ・北九州市立本城陸上競技場 (北九州市)
  ・熊本県民総合運動公園陸上競技場(= KKWING)

なんとか、2010年以内に・・・と思っていたが、かなり厳しい状況となっている。予定を変更して、2011年以内には・・・と今は考えている。

 #6 試合終了後

ユアスタ⑧





人気エントリー ベガルタ仙台編 (ベスト10)

第01位 1270  2008/12/13  【入替戦:磐田×仙台】 踏みとどまった常勝軍団
第02位 1267  2008/12/10  【入替戦:仙台×磐田】 5年間の思い
第03位 0920  2008/01/31  柏バカ一代 岡山一成の思い
第04位 1684  2009/06/14  【福岡×仙台】 レベスタ初体験記 (生観戦記 #6)
第05位 1821  2009/10/18  【富山×仙台】 永井篤志の投入は果たして効果的なのか?
第06位 1218  2008/10/28  【C大阪×仙台】 ベガルタの大逆転劇!!!
第07位 1234  2008/11/09  【仙台×広島】 得点感覚が光る菅井直樹
第08位 1358  2009/03/09  #1 札幌 - 仙台 (J2/第1節)  by イ☆チョンスさん
第09位 1672  2009/05/31  【水戸×仙台】 大黒柱の梁勇基
第10位 1837  2009/10/25  【仙台×札幌】 切り札は中原貴之


人気エントリー 名古屋グランパス編 (ベスト10)

第01位 1221  2008/10/30  もし、小倉隆史の大怪我がなかったならば・・・。
第02位 1829  2009/10/20  FWダヴィのせつないカタール生活
第03位 0968  2008/03/08  【名古屋×京都】 PIXYが披露した美しいサッカー
第04位 1251  2008/11/25  【京都×名古屋】 ヨンセンは本当に必要ないのか?
第05位 1056  2008/05/11  【名古屋×神戸】 印象的なMF吉村圭司 (生観戦記 #5)
第06位 0288  2006/07/31  【千葉×名古屋】 ヨンセンは間違いなく本物!!!
第07位 0072  2006/01/18  玉田圭司の争奪戦
第08位 0320  2006/08/28  【名古屋×G大阪】 本田圭佑の才能
第09位 0390  2006/10/28  【名古屋×千葉】 日本最高のスタジアムで・・・ (生観戦記 #8)
第10位 0953  2008/02/25  【PSM:岐阜×名古屋】 ブレークを予感させる吉田麻也



おすすめエントリー (10記事)

コメント

ユアスタとフクアリの見た目での最も分かりやすい違いは、スタンドの形でしょうか。
ユアスタは長方形でピッチの四辺に並行に座席が配置されていますが、フクアリは全体が楕円形になっています。
コーナー付近の死角に配慮してこの形になったとの事ですが、その分ピッチから若干遠くなるので一長一短のようですね。
地元びいきはあるでしょうが、ユアスタはあのコンパクトさも含めて好きです(コンパクト故の問題も多々ありますが)
2010/06/15(火) 04:09:44 | URL | 裏葉  [編集]
昨年僕もユアスタへ行ったのですが、本当に素晴らしいスタジアムでした。

僕にとっての唯一の欠点は、ドリンクホルダーがないことでしょうか。この点が改善されれば本当の意味で欠点が見つからなくなると思います。
2010/06/07(月) 11:10:55 | URL | カフィ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月24日
【J2】 理解に苦しむ反町監督(松本山雅)の続投だが・・・。

11月24日
【J2】 「名古屋グランパスフィーバー(鯱ノミクス)」は巻き起こったのか?

11月23日
【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMIPに選出したのは・・・。

11月23日
【J3+アウォーズ】 2017年のJ2の優秀監督に選出したのは・・・。

11月23日
【J3+アウォーズ】 2017年のJ2のベストヤングプレーヤーに選出したのは・・・。

11月22日
【Jリーグ】 契約満了になった選手について (横浜FC・北九州・山口)

11月22日
【毎年恒例:J3+アウォーズ】 2017年のJ2のMVPに選出したのは・・・。

11月22日
【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (後編)

11月21日
【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (前編)

11月21日
【J2】 「主力の大量流出」を覚悟せざる得ない徳島ヴォルティス

11月21日
 2017/11/21  【Jリーグ】 契約満了になった選手について (金沢・岡山・大分)

11月20日
【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)

11月20日
【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。

11月20日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)

11月19日
【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)

11月18日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)

11月18日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?


11月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: