アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |





thumbnail_sports_tips_728x90_4[1]


最近のエントリー (15記事)

 2018/06/13 【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (上)
 2018/06/13 【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (下)
 2018/06/14 【U-16:日本×パラグアイ】 京都サンガの至宝・MF中野桂太が輝きを放つ。
 2018/06/14 【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (前編)
 2018/06/15 【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (後編)
 2018/06/15 【W杯:ロシア×サウジアラビア】 最弱開催国と言われたロシアが夢スコで大勝スタート
 2018/06/15 【J1】 V・ファーレン長崎の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)
 2018/06/16 【W杯:ポルトガル×スペイン】 いきなりの神試合。FWクリスティアーノ・ロナウドはハットトリック。
 2018/06/16 【J2】 ツエーゲン金沢の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)
 2018/06/16 【U-16:日本×セネガル】 アフリカンパワーの前に持ち味を消されて完敗を喫する。
 2018/06/17 【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。
 2018/06/17 【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ
 2018/06/17 【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。
 2018/06/17 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)
 2018/06/18 【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)
 2018/06/18 【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)
 2018/06/18 【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1953  2018/05/29  FC岐阜 vs 新潟、東京V vs 愛媛FC、水戸 vs 福岡、千葉 vs 熊本
 #1954  2018/05/31  U-21日本 vs U-20トルコ 採点&寸評 (トゥーロン国際:1戦目)
 #1955  2018/06/01  徳島 vs 松本山雅、山形 vs 金沢、甲府 vs 大分、山口 vs 讃岐
 #1956  2018/06/02  日本 vs ガーナ 採点&寸評 (キリンチャレンジカップ2018)
 #1957  2018/06/03  U-21日本 vs U-19ポルトガル 採点&寸評 (トゥーロン国際:2戦目)
 #1958  2018/06/04  千葉 vs 山口、金沢 vs 京都、FC岐阜 vs 水戸、C阪U-23 vs G大阪U-23
 #1959  2018/06/06  U-21日本 vs U-21カナダ 採点&寸評 (トゥーロン国際:3戦目)
 #1960  2018/06/07  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (上)
 #1961  2018/06/08  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (中)
 #1962  2018/06/09  【J1】 15節終了時点でクラブ別の雑感 (下)

 #0000  2018/06/09 全記事一覧(2005年-2018年)


【日本×イングランド】 少しだけ取り戻した自信 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ イングランド戦

オーストリアのグラーツで行われた日本とイングランドの対戦。グラーツというと、前日本代表のイビチャ・オシム監督が指揮してチャンピオンズリーグにも出場したシュトルム・グラーツのホームタウンである。イングランドとは2004年に対戦して、そのときはMF小野のゴールで1対1のドロー。イングランドはワールドカップ前の最終テストマッチとなる。

日本は<4-1-2-2-1>。GK川島。DF今野、闘莉王、中澤、長友。MF阿部、遠藤、長谷部、本田圭、大久保。FW岡崎。GK楢崎がスタメンから外れてGK川島を起用。怪我のMF中村俊はベンチスタート。MF阿部がアンカーに入ってトリプルボランチ気味の布陣。キャプテンマークを巻くのはMF長谷部。

■ 闘莉王の先制ゴール

先日のの韓国戦とは違って気迫が前面に出ていた日本が優勢で前半を進める。前半7分に右コーナーキックを獲得。MF遠藤のグラウンダーのボールをニアサイドに走り込んできたDF闘莉王が右足のダイレクトで決めて日本が先制ゴールを奪う。

その後も日本は、1トップのFW岡崎を起点にした素早いパス回しと積極的な守備で前半20分くらいまでイングランドにほとんど持ち味を発揮させない。イングランドは前半のうちに、MFレノン、MFランパード、FWベントが惜しいシュートを放つが、GK川島の好セーブもあってゴールは奪えず。1対0の日本リードで前半を終了する。

後半はイングランドペース。後半10分にイングランドがゴール正面のフリーキックを獲得すると、フリーキックを防ごうとしたMF本田圭がハンドでPKを献上。大ピンチを迎えるが、MFランパードのキックをGK川島がファインセーブ。さらに、FWルーニーのミドルシュートもGK川島がスーパーセーブ。

GK川島の活躍で何とか耐えてきた日本だったが、後半27分に左サイドを崩されてDF闘莉王がヘディングでクリアを試みるが、クリアミスでオウンゴール。同点に追いつかれる。

さらに後半38分に左サイドのDFアシュリー・コールのクロスに対してDF中澤がクリアしきれずに、再び、オウンゴール。1対2と逆転を許す。日本はFW玉田を投入し同点を狙うと、終了間際にコーナーキックからMF阿部がヘディングシュートを放つが惜しくもクロスバー。結局、追い付く事は出来ずに1対2の敗戦を喫した。

■ 少しだけ取り戻した自信

結果は2つのオウンゴールで敗れたが、日本は前半を1対0で終えることに成功。さらに、GK川島のビッグプレーもあって後半27分まで1対0のリードを保ったが、辛抱していたディフェンス陣に2つのオウンゴールが出て1対2で敗北。しかし、セルビア戦や韓国戦で失った自信を少しだけ取り戻す「立派な試合内容」だった。

「ペース配分を考えるべき」という考えもあるだろうが、それには賛成しかねる。今の日本の総合力では抑え気味で試合に入ったら、その時点でやられる可能性はかなり高く、先制ゴールを奪われたときに跳ね返すことの出来る力は持っていない。「スタミナが切れるまで全力で戦って、後は辛抱する」という戦いが、一番、現実的である。昨年のオランダ戦に続いて、イングランドもはまりかけたが、残念ながら耐えきることは出来なかった。

■ 交代のカード

立ち上がりから飛ばして、リードを奪って後半を迎えるという戦い方はプラン以上といえたが、この試合は後半10分ほどで足が止まり始めた。そのため、FW森本とMF松井を投入したが、大きな手助けにはならなかった。リードした時点でのFW森本とMF松井の投入については、考えてみるとベストな策ではなかったように思う。

ただ、これまで、「イングランドのような相手にリードを奪って逃げ切る」というシミュレーション機会はほどんどなかったので、本大会前にいい経験にはなった。もう少し残り時間が短くなったら、FW矢野を投入して追い回すというのが考えられたし、DF岩政を投入して5バックに変更することもあり得るが、同点ゴールを許したのが後半27分。もう少しだけ耐えられたらそのような作戦を取ることも出来たが、そういう意味でも惜しかったと言える。

ただ、本大会ではもっと上のコンディションになるはずで、もっとスタミナが持つはず。カメルーン戦でも、試合開始から飛ばしていて、試合の主導権を握ろうとする戦い方がいいだろう。この試合の前半のようなサッカーが出来れば、カメルーンにも、オランダにも、デンマークにも対応できなくはない。

■ 立派な戦い

今大会の優勝候補といえるイングランド。どん底の状態だった日本代表にとっては、相手がイングランドというのはあまり大きな意味は持たなかったが、セルビア戦、韓国戦と2試合連続でホームでふがいない戦いを行ったことでバラバラになりかねない状態だったチームは、よくまとまっていた。

雨でピッチコンディションは良くなかったが、現状で出来る範囲の戦いを見せることが出来たという点、非常に良かった。もちろん、イングランド相手に勝利をつかめていれば良かったし、ドローという結果でも良かったが、イレブンが「日本を代表してプレーしている」というプライドを持って強豪を相手に戦ってくれたことが嬉しかったことである。

本大会を前に、悲観論が渦巻いていたが、サポーターやジャーナリスト達よりも、日本代表メンバーとスタッフの方が、強い気持ちを持ってイングランドという強敵に立ち向かうことが出来ていた。彼らは、心が折れてしまったわけではなかった。このようなスピリットで本大会も戦ってくれれば、どんな結果に終わっても、最後まであきらめずにサポートすることが出来る。

■ 勝利をつかむためには

試合開始7分という時間帯に先制ゴールが奪えたことは良かったが、勝利をつかむために、残り83分を守り切らなければならないというのは、かなりしんどい作業である。何度か追加点を奪うチャンスもあったので、そこで決めれていれば良かったが、なかなか2点目を奪うというのは難しい。

「本大会で勝利を挙げること」を想像してみると、やはり0対0で進んで後半半ば頃に先制ゴールを奪って、1対0で勝利するというのが、一番可能性が高そうである。贅沢な注文となるが、あまりに早い時間の先制ゴールは勝ち点「3」を奪うというミッションを成し遂げるには、やや不都合なものになる。

■ グレートな川島

代表では久々の登場となった川崎フロンターレのGK川島。まだまだ、これからキャリアを積み重ねていく選手ではあるが、後々、キャリアを振り返ってみても「ベストゲームの1つ」といえるようなグレートなプレーだった。2失点はいずれもオウンゴール。これは不運としか言いようがなかったが、それ以外のイングランドのシュートを全て防いで見せた。

ハイライトはMFランパードのPKのシーン。この試合ではなぜか、MFランパードの出来が悪くてロングキックのミスが多かったが、MFランパードのキックを読み切ってスーパーセーブ。ピッチ状態も良くない状況で、素晴らしいプレーを見せた。

この試合では、絶対的な存在だったGK楢崎が外れてGK川島を起用。ギャンブルとも思えたが、GK川島がビッグプレーを連発したことで、本番でどちらが起用されるのか分からなくなってきた。これは嬉しい悩みであり、嬉しい誤算といえる。GK楢崎の経験は捨てがたいが、GK川島の勢いも捨てがたい。イングランドの前線は高さが無かったが、カメルーンやオランダ、デンマークの前線には高さがある。と考えると、187cmのGK楢崎が有力なのだろうか。ただ、GK川島の裏のスペースをケアする能力の高さと、この試合でつかんだ「勢い」と「自信」を無視することも出来ない。

■ アンカーの阿部勇樹

日本はMF中村俊輔を外してMF阿部をアンカーで起用。MF長谷部、MF遠藤とトリプルボランチ気味の布陣でスタートしたが、これが予想以上に機能した。MF阿部がボール奪取する回数自体は少なかったが、味方と上手く連動して組織的な守備を見せた。

MF中村俊という攻撃に持ち味のある選手を外して、MF阿部という万能タイプのミッドフィールダーを入れたことで「守備的な布陣」にシフトチェンジしたとも言われたが、守備的な選手の数を増やすことがイコール守備的なサッカーにつながるかと言ったら、そうとは限らないのがサッカーの面白いところ。

MF長谷部とMF遠藤がダブルボランチの時よりも攻撃寄りでプレー出来るようになったことで、むしろ、日本のサッカー自体は攻撃的になった。アンカーはMF稲本という可能性もあるが、MF阿部でも遜色はない。本番でもトリプルボランチの採用が有力となったといえる。

■ 1トップの岡崎

日本はFW岡崎の1トップ。これは韓国戦と同じだったが、Mf遠藤とMF長谷部が前目になったことで、味方のサポートが増えたて、DFテリーやDFファーディナンドというワールドクラスのセンターバックを相手にしてもFW岡崎のプレーは引けを取っていなかった。前半の決定的なシュートが決まっていれば素晴らしかったが、出来としては申し分なかった。

残念だったのは、後半にやや消えてしまったこと。守備での貢献を考えると、FW森本よりもFW岡崎に軍配が上がるが、FW岡崎が消え始めていたため、後半途中にFW岡崎をFW森本と交代せざる得なくなった。1トップは負担も大きいが、怪我等が無かったとしたら、前半から上手く機能していただけに、FW岡崎で90分間、通してほしかったという思いはある。

韓国戦に続いてMF大久保も左サイドハーフでプレーしたが、こちらも非常に良かった。決定的なシュートチャンスはなかったが、イングランドを相手にしてもフィジカル勝負で負けていなかったのは驚きだった。かなりコンディションはいいと見える。こちらも後半にスタミナが切れ始めていたのでMF松井と交代になったが、こちらも出来れば代えたくなかったところ。MF大久保は本大会でもスタメンが有力となってきておりここ2試合はいい感じでプレー出来ている。ゴールも期待したい。

■ 中盤の構成

中盤はトリプルボランチになったが、MF遠藤の守備の負担が減ってなかなかのプレーを見せた。後半に思ったほどボールがキープできなくなったが、特に、前半はMF遠藤が上手く試合をコントロール出来ていて、落ち着きどころになっていた。

MF中村俊輔がスタメンに入ると、この試合でMF遠藤がこなしていたプレーの何割かを負担してくれるのでMF遠藤も少し楽になるが、MF中村俊が入ってMF本田がスタメンから外れると、ゴール前での迫力が失われることになる。この試合をトータルで見ると、MF本田圭のプレー自体は及第点よりも少し下の出来だったが、カメルーン戦でもMF長谷部、MF遠藤、MF本田圭のトライアングルになる可能性が高まった。ただ、右サイドハーフポジションはFW玉田という選択肢も十分に考えられる。

■ サイドバックの人選

ポジション争いが激しいサイドバックであるが、この日は右にDF今野、左にDF長友を起用。韓国戦とはサイドが逆になったが、DF今野も、DF長友も及第点以上のプレーだったと言える。特に、DF長友は対面したのがMFウォルコットであり、スピードに対応出来るのかが心配されたが、大きな問題はなかった。サイドバックは日本のストロングポイントであり、他国に見劣りしないポジションであるが、韓国戦に続いてこの2人が起用されたことで、本戦でもこの二人の起用が濃厚になってきた。

右サイドのDF今野については、本職の右サイドバックでDF駒野とDF内田がメンバーに入っているが、守備力を買っての起用だろう。DF駒野のクロスは大きな武器になり得ると思うが、DF今野の守備力はDF駒野以上で、やみくもにサイドバックが攻撃に参加することは出来ないと見越した上でのDF今野の起用であれば、この起用も納得できるものである。

また、DF今野がスタメンに入ることでセットプレーでのターゲット役が増えるというのも大きいだろう。DF駒野は172cmで、DF今野は178cm。DF今野も身長はそれほど高くはないが、得点感覚は高い。DF駒野とMF中村俊が外れて、DF今野とMF阿部が入ることで、攻守両面でセットプレーでの威力は確実に増すことになる。




岡田ジャパン 人気エントリー(1位-16位)

第1位  2015 2010/05/12 本気(マジ)で落選ジャパン23名を考える。
第2位  1332 2009/02/10 【日本×オーストラリア】 俊輔と決別する時
第3位  1344 2009/02/23 フランスW杯 直前でカズを外した岡田監督の選択は正しかったと思いますか?
第4位  1866 2009/11/17 【南アフリカ×日本】 このままではグループリーグ突破は厳しいと思う
第5位  1924 2009/12/23 MF小笠原満男が岡田ジャパンに召集されない理由
第6位  1956 2010/02/07 今の日本代表に必要な選手を考えると・・・。
第7位  1959 2010/02/12 杉山サンが酷過ぎる
第8位  1923 2009/12/22 菊地直哉(大分)の日本代表入りについて考えること
第9位  0824 2007/11/27 岡田武史氏がベストな人選なのか?
第10位  1685 2009/06/14 岡田ジャパンを見る目が無駄に厳しすぎるのではないかと思う。
第11位  1966 2010/02/18 そもそも日本人で№1の監督は誰なのか?を考える。
第12位  1965 2010/02/16 「岡田監督の続投」を消極的に支持する。
第13位  0921 2008/02/01 こんな選手を岡田ジャパンに・・・
第14位  1020 2008/04/17 こんな選手を岡田ジャパンに・・・(その2)
第15位  1942 2010/01/21 ドイツ・ワールドカップの忘れ物
第16位  1955 2010/02/07 【東アジア選手権:日本×中国】 寒い中でのお寒い試合 (生観戦記 #2)



コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/02(水) 22:21:38 | |   [編集]
コメントするのは・・・初ではないと思います、数か月、数年ぶりでしょうか。

中村俊選手、遠藤選手を軸に考えて、これまできた日本代表いえ、岡田監督は、正直、この布陣は試さないと思ってましたが・・・やはり、阿部選手のアンカー良かったですね!

ただ、以前から気にはなっていましたが、遠藤選手が交代で抜けた後、CKを玉田選手が蹴るのはどうかと? 

後、これは個人的な意見ですが、2トップでトップ下に1人の4-1-2-1-2にして、右サイドバックに中村俊選手を入れるのも、面白いかもしれませんが・・・たぶん、無いですけどね!


後、記事の中盤の構成部分で
>・・・カメルーン戦でもMF長谷部、MF遠藤、MF本田圭のトライアングルになる可能性が高まった。・・・

MF本田圭→MF阿部だと思うのですがどうでしょうか?





2010/06/02(水) 14:24:07 | URL | ていらのすけ  [編集]
僕は10歳です
僕も自分のブログにサッカーのこと書いてます
できれば見てください

http://zileri-katutono.seesaa.net/
2010/06/01(火) 05:49:46 | URL | HORNET208  [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/05/31(月) 18:01:42 | |   [編集]
海外に住んでるという事もあって今回の試合を見逃してしまいました・・・不覚!!

前から阿部をボランチでしっかり試してほしいと思っていましたが、結構成功したみたいですね。
こうなってくると俊輔の処遇が気になってくるところです。
2010/05/31(月) 16:12:48 | URL | はにわ  [編集]
いつも楽しい記事をありがとうございます。初コメントします。

イングランド戦はサポーターにとっても自信を取りもどすことができた試合内容だったと思います。負けは負けですが、久しぶりに見てて楽しい試合でした。
あとは選手交代ですね。森本・松井ではなく前線からプレスをかけられる選手のほうがよかった気がします。矢野あたりかな…。または内田をサイドハーフするとか…。

2010/05/31(月) 01:15:30 | URL | 右サイドの8番  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


06月18日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


06月18日
【日本代表】 GLの初戦のコロンビア戦(6月19日)のスタメン11人を予想してみた。

06月18日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (下)

06月18日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (後編)

06月17日
【ロシアW杯】 「メッシは走らない。」という批判は正当か?否か? (前編)

06月17日
【ロシアW杯】 サッカー番組に小柳ルミ子さんはいらないと思う。

06月17日
【W杯:フランス×豪州】 苦戦をする中で試合を決めたのはMFポグバ

06月17日
【W杯:ウルグアイ×エジプト】 FWスアレス&FWカバー二の最強2トップは不発に終わるも・・・。

06月16日
【U-16:日本×セネガル】 アフリカンパワーの前に持ち味を消されて完敗を喫する。

06月16日
【J2】 ツエーゲン金沢の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月16日
【W杯:ポルトガル×スペイン】 いきなりの神試合。FWクリスティアーノ・ロナウドはハットトリック。

06月15日
【J1】 V・ファーレン長崎の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月15日
【W杯:ロシア×サウジアラビア】 最弱開催国と言われたロシアが夢スコで大勝スタート

06月15日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (後編)

06月14日
【ロシアW杯】 サッカー中継に登場する解説者(27名)を勝手に評価する。 (前編)

06月14日
【U-16:日本×パラグアイ】 京都サンガの至宝・MF中野桂太が輝きを放つ。

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (下)

06月13日
【日本代表】 W杯の本大会のレギュラーはどんな11人がいいと思いますか? (上)

06月13日
【壮行試合:日本×パラグアイ】 セレッソ育ちのゴールデンコンビが躍動する。

06月13日
【投票:親善試合】 日本 vs パラグアイで「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (中)

06月12日
【Jリーグ】 「FW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍の衝撃」を超える移籍を考える。 (上)

06月12日
【J2】 水戸ホーリーホックの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J1】 ガンバ大阪の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【J2】 京都サンガの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月11日
【移籍市場】 FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪)はなぜ泥船に飛び込むのか?

06月10日
【J1】 サガン鳥栖の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【J2】 愛媛FCの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月10日
【移籍市場】 「確率は0%」とは言えないFW柿谷曜一朗のガンバ大阪への移籍

06月9日
【J1】 名古屋グランパスの補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月9日
【J2】 下品なヴァンフォーレ甲府&上野展裕監督にドン引きした件

06月9日
【親善試合:スイス×日本】 それほど悪くはない試合

06月9日
【投票:親善試合】 スイス vs 日本で「出来が良かった。」と思うのは誰ですか?

06月8日
【J2】 カマタマーレ讃岐の補強ポイントについて考える。(2018年夏の移籍市場)

06月8日
【天皇杯:ガンバ大阪×関西学院大】 歴史的な番狂わせ。ヒーローは1年生のFW山見大登

06月8日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

06月7日
【J3】 ガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の試合後のインタビューはそこまで酷かったのか? (vs カターレ富山)

06月7日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

06月6日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月6日
【J3】 理解に苦しむガイナーレ鳥取の森岡隆三監督の解任

06月6日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の前半戦)

06月5日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【C大阪U-23×G大阪U-23】 アタッカーとして覚醒しつつあるMF山根永遠

06月05日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の前半戦)

06月05日
【FC岐阜×水戸ホーリーホック】 J2屈指のアタッカーに成長したFW古橋亨梧

06月04日
【五輪代表】 「伸び悩み気味」に感じる東京世代のエース候補のFW小川航基(ジュビロ磐田)

06月04日
【千葉×山口】 ストライカーとして覚醒しつつあるFWオナイウ阿道

06月04日
【トゥーロン国際:日本×カナダ】 今大会で森保監督にアピールできたのは誰だろうか?

06月03日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

06月03日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (左SB/WB編)

06月02日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (CB編)

06月02日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (右SB/WB編)

06月02日
【ロシアW杯】 西野JAPANの本大会のレギュラーはどんな11人がいいのか?を考える。 (GK編)

06月01日
【五輪代表】 往年のMF本山雅志(鹿島アントラーズ)を彷彿させるドリブラーのMF三笘薫(筑波大)



05月31日
全記事一覧(2005年-2018年)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: