アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/13 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)
 2017/11/14 【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)
 2017/11/14 【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?
 2017/11/15 【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?
 2017/11/15 【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。
 2017/11/15 【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。
 2017/11/16 【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)
 2017/11/16 【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について
 2017/11/16 【J1】 残留を果たすのは清水か?甲府か?広島か?大宮か?
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)
 2017/11/17 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)
 2017/11/17 鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。
 2017/11/18 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)
 2017/11/18 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

 2017/11/18 全記事一覧(2005年-2017年)


【浦和×横浜FM】 中村俊輔の活躍度っていったい? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ メンバー決定直前

ここ2年間のリーグ戦での浦和レッズ戦は4戦全勝と相性のいい横浜Fマリノスが埼玉スタジアムに乗り込んで浦和と対戦。2008年の埼玉スタジアムの対戦では6対1と横浜FMが圧勝している。今シーズンのここまでのリーグ戦は浦和は6勝3敗1分け、横浜FMは4勝4敗2分け。

ホームの浦和は<4-2-2-2>。GK山岸。DF平川、山田暢、坪井、宇賀神。MF細貝、阿部、ポンテ、柏木。FWエジミウソン、田中達。前節の名古屋グランパス戦で1ゴール1アシストのFW原口はベンチスタート。同じ名古屋戦で移籍後初ゴールを挙げたMF柏木が攻撃的なポジションに入る。名古屋戦で途中交代したFW田中達はスタメン出場でメンバー入り前の最後のアピールチャンスとなった。

対するアウェーの横浜FMは<4-2-2-2>。GK飯倉。DF天野、栗原、中澤、田中。MF小椋、狩野、中村俊、兵藤。FW渡邉、山瀬功。ここ2試合はボランチでプレーしていたMF中村俊を攻撃的MFに戻した。

■ 点の取り合い

試合は点の取り合いとなった。前半4分に横浜FMがFW渡邉千が個人から目の覚めるような右足の強烈なミドルシュートを突き刺して先制する。一方の浦和は、前半20分に左サイドを突破したFW田中達のクロスからファーサイドのMFポンテが中央に折り返し、ゴール前のMF柏木がゴール。MF柏木の2試合連続弾で同点に追い付く。

1対1になった後は、追いついた浦和が一方的に攻め込む。浦和はMF柏木、MF阿部、FW田中達のシュートがポストとクロスバーにはじかれる不運もあって逆転は出来ず。すると、前半終了間際に横浜FMがロングボールからFW渡邊千が競り合って流れたボールをMF兵藤が裏のスペースに向け出してゴール。横浜FMが2対1と1点のリードを奪って前半を終える。

後半早々に浦和はセットプレーの流れからMF細貝のクロスをFWエジミウソンが頭で決めて2対2に追い付く。FWエジミウソンは7試合ぶりのゴール。2対2と追いつかれた横浜FMだったが、後半15分にFW山瀬功が左サイドをドリブルで切り崩して、最後はゴール前のFW渡邉千がこの試合2点目のゴールを決めて3対2と勝ち越しに成功する。

リードを許した浦和は、FW原口、FWエスクデロ、DFサヌと投入しゴールを目指すが、結果的には、フィンケ監督の交代策が裏目に出て反撃のパワーを失ってしまう。結局、3対2で横浜FMが勝利。今シーズン5勝目を挙げた。

■ 3ゴールに絡んだ渡邉千真

アウェーで相性のいい浦和を相手に3対2の打ち合いを制した横浜が見事に勝ち点「3」を獲得した。単純なチャンスの機会は浦和の方が多かったが、3つのゴールともにいい時間帯で奪ったゴールであり、特に押され気味だった前半終了直前に縦パスからMF兵藤が決めた2点目のゴールが大きかったといえる。浦和のシュートがクロスバーやポストにはじかれるというシーンも多く、運も横浜FMに味方し、暫定で6位に浮上した。

その3ゴールすべてに絡んだのがFW渡邊千真。特に1人で持ち込んで強烈な右足のシュートで決めた先制ゴールは圧巻だった。彼も1月のイエメン戦で代表に召集されているが、現状では23人のメンバー入りの可能性は非常に低い。とはいえ、可能性はゼロではなく、岡田監督も視察に訪れていた最後のアピールチャンスでこれ以上ない結果を残したと言える。

2トップを組むFW山瀬功や他の中盤の選手とのコンビネーションはそれほど良好ではなく、横浜FMの攻撃はかなり流動性には欠けたが、浦和のウイークポイントといえるセンターバックの隙を付いて見事に3ゴールを奪った。昨シーズンはJリーグの新人王。今シーズンもこれで6ゴールと得点ランキングでもトップタイ。コンスタントに結果を残していて、FW玉田、FW岡崎を除くとフォワード陣で確定といえる選手はいない状況で、かつ、候補の1人とみられていたFW平山も調子を落としており、本当にメンバー入りのチャンスはゼロではない。

■ 決勝アシストの山瀬功治

そのFW渡邊千の3点目をアシストしたのがFW山瀬功。今シーズンはMF中村俊が加入したこともあってフォワードに近いポジションでプレーしているが、11節まで全試合でスタメン出場を果たしており、チームの中心としてプレーしている。木村浩吉監督とはあまり相性が良くなかったようでポジションを失う時期も長かったが、木村和司監督になって状況は良くなってきている。

アシストシーンは浦和のディフェンスに囲まれながらも粘り強くボールをキープしてゴール前でフリーのFW渡邉千に完璧なパスを送ったスーパープレーであった。このアシストは見事であったが、今シーズンのプレーを見ていると、一番良かった頃に感じた「重量感」と表現すべきものなのか、「キレ」と「強さ」を兼ね備えた彼独特のドリブルでの突破が見られていないように感じる。また、結果を残さなければならないという過度な焦りもあるのか、ゴール前で余裕がなくて判断が遅れるシーンも少なくはない。

ドリブルを武器とする選手は、コンディションの影響を受けやすくなかなかパフォーマンスを維持することは難しいが、まだ本調子とは言えないような気がする。もっと出来る選手ではないかと思われる。

■ 自滅したレッズ

2対3とビハインドの浦和は、後半21分にDF宇賀神に代えてFW原口を投入。MF細貝を左サイドバック、MF柏木をボランチに下げて攻撃的な布陣に変更したが、結果としてはうまくいかなかった。

確かに、DF宇賀神はクロスの精度を欠くシーンもあって失点シーンにも絡んだが、サイド攻撃ではポイントになっていた。DF宇賀神を下げたことで攻撃が中央に固まり過ぎて、横浜FMの守備陣を楽にさせてしまった印象が残った。前節の名古屋戦で結果を残したFW原口の投入自体は理解できなくもないが、スタメンの11人でいい形を作れていたので、焦って交代をせずとも追いつくチャンスは高かったように思う。

さらにその後も、DF坪井に代えてMFエスクデロ、MF細貝に代えてDFサヌを投入し、さらに、攻撃的なタレントをピッチ上に増やしたが、交代のたびにバランスは悪くなっていった。「試合途中で攻撃的な選手を次々に投入しても、必ずしも攻撃的なサッカーにはならない。」というサッカーではよく見られる典型の試合になった。

■ 中村俊輔の活躍度っていったい?①

メンバー発表を前に注目されるのはやはりMF中村俊輔であるが、ここ2試合はボランチではなく攻撃的MFでプレー。左サイドでMFポンテとマッチアップすることが多かったが、全体としては、この日も、良くもなく悪くもなく、ごく普通の出来だったといえる。

今シーズンの開幕直前に横浜FMに復帰したMF中村俊であるが、実際のところ、MF中村俊が中盤に入ったことでボールが落ち着くようになって、セットプレーでの得点力も上がっている。それほど前評判は高くなかった横浜FMが6位という高順位に付けている1つの要因であることは間違いないだろう。実際に相手方の目線でプレーを見ていても、その正確な左足のキックは、常にいやらしいところを狙ってくるので厄介な存在であることは確実である。したがって、総バッシングするほどダメダメなプレーではない。

ただ、いくつかのマスメディアが報道するように絶対的な存在というわけでもない。報道では、「先制アシストをマークして復調をアピール!!!」となっているが、FW渡邉千の先制ゴールにつながったパスをアシストと表現するのはやはり無理があるし、消えている時間や守備で穴を作ってしまうケースもあって、ポジティブに考えられる要素はそれほど多くはない。

■ 中村俊輔の活躍度っていったい?②

両極端なメディアの報道を鵜呑みにすると、「中村俊輔はJリーグでどのくらい活躍出来ているのか?」が、よく分からなくなってしまうが、横浜FMに戻ってきてからのMF中村俊のプレーをまとめると、「そこそこのプレーをしている」と表現するのが妥当では無いかと思う。

「いやいや全然ダメだ。」という人もいるだろう。その意見も間違いではないと思う。確かに、キャリアのピークだった頃と比べると、そのパフォーマンスが見劣りしてしまうのは否めないところであり、チャンピオンズリーグで存在感を発揮していた頃のイメージで過剰な期待感を持って横浜FMでのプレーに注目していた人や、ほとんどセルティックでの終わりの頃のプレーを見ていなかった人にとっては、現状を物足りなく映るかもしれない。ただ、現状のコンディション等を考えると、横浜FMでも、日本代表でも、このくらいがノーマルなプレーだと思う。

「それでは、現状で日本代表の不動の10番にふさわしいレベルのパフォーマンスなのか?」と問われるとかなり疑問な部分もあるが、メンバー発表前の最後の試合は終わり、当日、岡田監督は順当にMF中村俊輔を選出してくるだろう。おそらく代表としては最後となる大きな舞台で果たしてどういうパフォマンスが出来るか。




人気エントリー 浦和レッズ編 (ベスト15)

第01位 0899  2008/01/14  金子達仁さんのレッズサポ批判
第02位 0385  2006/10/21  【浦和×川崎F】 お馬鹿なレッズ
第03位 0706  2007/08/26  【浦和×FC東京】 近未来風なレッズサッカー
第04位 0896  2008/01/12  魅力を失いつつある浦和レッズ
第05位 0628  2007/07/01  【磐田×浦和】 その価値・再発見 (生観戦記 #12)
第06位 0812  2007/11/14  【ACL決勝:浦和×セパハン】 Jリーグ新時代へ
第07位 0922  2008/02/02  MF鈴木啓太の存在価値
第08位 0932  2008/02/10  坪井慶介が鳴らす代表チームへの警告
第09位 1240  2008/11/15  【検証2】 Jリーグ史上最高のストライカーはエメルソン(元浦和)で間違いないか?
第10位 0040  2005/12/23  2006年度 期待の選手① 長谷部誠
第11位 0760  2007/09/29  浦和レッズ批判はタブーなのか?
第12位 0177  2006/04/29  【浦和×大宮】 小野伸二と土屋征夫
第13位 0430  2006/11/26  【FC東京×浦和】 情熱の味の素スタジアム (生観戦記 #11)
第14位 1125  2008/07/06  【浦和×FC東京】 やっぱり達也
第15位 1069  2008/05/19  さいたまスタジアムの騒動に関して


人気エントリー 横浜Fマリノス編 (ベスト10)

第01位 0685  2007/08/12  【横浜FM×横浜FC】 横浜の一番熱い夜 (生観戦記 #15)
第02位 0930  2008/02/09  ゴール前に中澤佑二がいる幸せ
第03位 0527  2007/03/16  【横浜FC×横浜FM】 ダービー第二章
第04位 1256  2008/12/01  【横浜FM×東京V】 松田直樹というディフェンダー (生観戦記 #18)
第05位 1618  2009/04/12  【横浜FM×神戸】 完全に殻を破った狩野健太
第06位 1856  2009/11/07  ミスターマリノス・木村和司氏の監督就任
第07位 1722  2009/08/02  【横浜FM×京都】 金根煥とKリーグ
第08位 1823  2009/10/18  【横浜FM×名古屋】 ストイコビッチ監督のファンタスティックボレー
第09位 1115  2008/06/30  【横浜FM×磐田】 明るくない未来
第10位 1003  2008/04/03  【横浜FM×FC東京】 背番号10の差



おすすめエントリー (10記事)

コメント

点が沢山入ったこともあり、見ていて中々楽しい試合でした。
浦和は結果は出ませんでしたが、チームとして着実に成熟しているのが伝わって来ました。
宇賀神、坪井の交代は、攻撃のスイッチを入れるという意味以上に、失点に絡んだことによる、集中力の欠如を指摘する懲罰的な交代と感じました。長い目で見るとチームにプラスになるのかもしれませんね。
いつもブログを拝見していて、洞察の深さに驚いております。
これからも更新楽しみにしております。
久しぶりのコメント、失礼しました。
2010/05/09(日) 21:04:29 | URL | ナーク  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月18日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月18日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿島アントラーズ編)

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC東京編)

11月01日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (GK編) ~3位:GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)、2位:GKカミンスキー(ジュビロ磐田)、1位は・・・。~

10月31日
【J1】 クルピ監督(元セレッソ大阪→ガンバ大阪)が成功するための2つの条件

10月31日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (フォワード編)

10月31日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (下) (アタッカー編)

10月30日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)

10月30日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (アタッカー編)

10月30日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (京都サンガ編)

10月29日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (ボランチ編)

10月29日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (左SB/WB編)

10月28日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (CB編)

10月28日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・10人 (右SB/WB編)


10月27日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: