アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)
 2018/02/19 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)
 2018/02/20 【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~
 2018/02/20 【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌
 2018/02/21 【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/21 【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)
 2018/02/21 【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)
 2018/02/22 【J2】 2018年に注目されているJリーガー (1位-10位)
 2018/02/22 【重要なお知らせ】 順位予想バトル(J1編・J2編)の締切日当日になりました。

 2018/02/22 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:530名)
 2018/02/22 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:222名)
 2018/02/22 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:60名)
 2018/02/22 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:20名)

 2018/02/22 全記事一覧(2005年-2018年)


【京都×山形】 小林伸二日本代表監督の可能性 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ J1の第8節

第3節のベガルタ仙台戦、4節のジュビロ磐田戦で連勝。好調なスタートを切ったかと思われたが、第5節のセレッソ大阪戦、第6節の名古屋グランパス戦に連敗。第7節のFC東京戦は1対1で引き分けに終わったため、3試合勝利の無い京都サンガ。7節を終えて2勝3敗2分けという成績を残している。

対するは開幕4試合で2敗2分けとスタートダッシュには失敗したものの、第5節のサンフレッチェ広島戦、第6節のヴィッセル神戸と連勝。第7節の横浜Fマリノス戦は0対1で敗れたものの2勝3敗2分けとまずまずの出だしとなっているモンテディオ山形。共に勝ち点で「8」を稼いでいながら、上昇中のチームと下降気味のチームと好対照の両チームの激突。

ホームの京都は<4-2-3-1>。GK水谷。DF増嶋、水本、カク・テヒ、森下。MF片岡、角田、西野、ディエゴ、中山。FW柳沢。コンディションが万全ではないMF渡邊はベンチからも外れた。DF登録のMF西野が右サイドハーフで2試合連続スタメン。FW柳沢はリーグ戦100ゴールに王手をかけている。

対する山形は<4-2-2-2>。GK清水。DF宮本、石井、西河、石川。MF佐藤、秋葉、北村、宮沢。FW古橋、田代。鹿島からレンタル中のFW田代はここまで3ゴールを挙げている。FWハン・ドンウォンとMFキム・ビョンスクがベンチスタートで出番を待つ。

■ 田代の逆転ゴール

試合の前半はイーブンの展開で進む。ホームの京都はMFディエゴを起点に攻め込み、アウェーの山形は積極的なミドルシュートで応戦する。0対0のまま迎えた前半42分に京都が左サイドからフリーキックを獲得。MFディエゴがファーサイドに蹴ったボールをMF角田がうまく頭で合わせてゴールイン。MF角田の2試合連続ゴールで京都が先制し、1対0のリードで折り返す。

後半の立ち上がりから京都が何度か決定機をつかむ。しかし、ラストの精度を欠いて追加点はならず。そのまま試合は1対0で京都が逃げ切るかと思われた後半37分に山形はこぼれ球を拾った右サイドバックのDF宮本のミドルシュートから最後は途中出場のFWハン・ドンウォンがヘッドで決めて同点に追い付く。FWハン・ドンウォンはJリーグでのデビュー戦でゴールをマーク。

追いつかれた京都はFW柳沢に代えてFW宮吉を投入。勝ち越しを狙うが、山形は後半47分に右サイドからこれまた途中出場のMF下村のアーリークロスをFW田代がボレーで合わせて逆転に成功する。FW田代は今シーズン4ゴール目。結局、2対1で山形が鮮やかな逆転勝利。今シーズン3勝目を挙げた。対する京都はまさかの逆転負けで4敗目を喫した。

■ 鮮やかな逆転勝利

スッキリとした展開にはならなかったが、京都が前半にセットプレーから1点を先制し、後半もたびたびチャンスを作った。試合の流れ的にも京都がそのまま1対0で勝利を収めるのかと思われた後半37分にFWハン・ドンウォンのゴールで山形が追いつくと、後半ロスタイムに新しいエースストライカーのFW田代が値千金の逆転ゴール。ホームで強い京都相手に見事な勝利を飾った。

前半はミドルシュートしか得点の可能性を感じさせるシーンはなかったが、後半開始からMF宮沢に代えて長身のMFキム・ビョンスクを投入。FW田代の他に、もう1枚ゴール前に高さを加えて京都DFにプレッシャーをかけると、後半32分にMF秋葉とMF北村に代えてFWハン・ドンウォンとFW下村を投入。この3枚の交代策が見事に当たって、FWハン・ドンウォンが同点ゴール、さらにMF下村が決勝アシストを記録。小林監督の選手交代が見事にはまって、「負けゲーム」を「勝ちゲーム」に持っていくことに成功した。

最低限としてJ1残留を目指す山形にとっては、この勝ち点「3」は大きく暫定で8位に浮上。着実なステップで勝ち点を「11」まで持ってきた。

■ 決勝ゴールの田代有三

ロスタイムに決勝ゴールをマークしたFW田代はこれで4ゴール目。今シーズンの山形の3勝はすべてがFW田代の決勝ゴールでもぎ取ったものであり、コンディションが整っていないFW長谷川の穴を埋める以上の働きを見せている。

この日は韓国代表経験のあるFWカク・テヒとマッチアップすることが多かったが、186cmと高さのあるDFカク・テヒを相手にしても高さで負けておらず、しっかりと前線で起点になった。山形のサッカーは中盤でキレイにつなごうとするサッカーではないのでフォワードの役割が非常に大きいが、これまでの所、期待以上の働きと言ってもいいほどのパフォーマンスを見せている。

■ 好プレーを見せる宮本卓也

FW田代と並んで山形の中で目に付いた選手は右サイドバックのDF宮本。C大阪から山形に移籍して3年目。豊富な運動量を武器にユーティリティプレーヤーとして評価を高めてきたが、今シーズンは右サイドバックでプレーし、好プレーを見せている。

サイド攻撃が生命線の山形にとって、これまでMF宮沢とDF石川のいる左サイドがクローズアップされてきたが、この日は左サイドのDF石川よりも右サイドのDF宮本の方が積極的で目立っていた。その積極性は後半のミドルシュートからの同点ゴールにも結びついた。守備力には定評がある中、攻撃でも関与してチャンスを演出することが出来るようになると、その評価はさらに高まることになる。

■ 痛い敗戦

一方の京都は勝てそうな試合を逆転負け。厳しい結果となってしまった。好調のMF角田のゴールで先制したが、ディフェンスのマークが緩んだ隙を突かれて2失点。大事な場面でマークが外れてしまっては、リードを守って逃げ切ることは出来ない。

追加点が奪えなかったことが敗因の1つであるが、加藤監督の交代策にも疑問が残った。後半16分に右サイドハーフで起用されていたMF西野に代えてFWドゥトラを投入。カカー2世という評判もあるFWドゥトラはJリーグ2試合目の出場でサイドからのドリブル突破を見せるなど、前回のC大阪戦よりも印象的なパフォーマンスを見せたが、FWドゥトラの投入によりFW柳沢を1トップの位置から右サイドにポジションをスライドさせる必要が出てきて、それなりに機能していた布陣を自らで変える必要が出てきた。

試合をクローズさせてもいい状況で、アクシデントのためのDF染谷の投入と、同点に追いつかれてからのFW宮吉の投入は妥当ではあったが、小林監督の積極的でかつ的確なメンバーチェンジと比べると、FWドゥトラ投入の意図は不明確でかつ結果にも結び付かなかった。慣れない右サイドハーフというポジションでの先発となったがMF西野のプレーは悪くはなかったため、わざわざ機能していたメンバーを自らで諦めてしまったという印象となった。

■ 新戦力のドゥトラ

京都は開幕前の怪我で戦線を離脱していたFWドゥトラが2試合目の出場。後半16分から出場し1トップを務めた。京都が押していた時間帯での投入であり、追加点を期待されての登場であったが、結果は残せなかった。ただ、前述のようにほとんどインパクトのあるプレーは見せられなかったC大阪戦と比べて、ドリブルで持ち味を発揮して見せた。

188cmという長身であるが、持ち味はやはりドリブルやショートパスということになるのだろう。スピード感はそれほどでもないが、細かい足技を持っていて高さもあるということで相手にとっては守りにくい選手であることは間違いない。ただ、京都の中でポジションを探すのは難しい。この運動量や守備意識では中盤で起用するのは難しく、MFディエゴとFWドゥトラを中盤で並べると言うのは現実的ではない。

前評判が高くいい選手という評判のFWドゥトラの加入が決まった時、MFディエゴの後釜としての獲得であってMFディエゴは移籍するのかと思ったが、とりあえずMFディエゴの移籍はなさそうで、加藤監督も使いどころが難しいだろう。

■ 100ゴールならず

4節のジュビロ磐田戦でゴールを決めてリーグ戦で99ゴール目をマークしたFW柳沢であるが、後半41分までプレーしてシュートはわずかに1本だけ。今シーズンは怪我もなくて開幕から8試合連続でスタメン出場を果たしているが、8試合で合計9本のシュートを放っただけ。もともとシュートへの意識はそれほど高くはない選手ではあるが、1トップとしてはかなり物足りない数字が残っている。

高校時代から注目を集めたFW柳沢も32歳になって、キレという点ではもう一つになってきている。1トップを継続するなら、その選択肢はFW柳沢以外に有効な選択肢がないので仕方がないが、上位を狙うのならばエースの活躍は不可欠であるが・・・。

■ 覚醒しつつあるMF角田誠

敗れたものの、ここ最近のMF角田のプレーは以前とは違っていて非常に雰囲気を感じさせるプレーを見せている。この日はなったシュートは4本。前節のFC東京戦でも4本のシュートを放っているが、ボランチの一角としてプレーしている選手としては目立つ数字であり、すでに今シーズン3ゴールを記録している。

この日も、何故かMF角田のところにいいボールが多く回ってきて、ゴールシーン以外でも見せ場は多かった。終わってみれば、「MF角田がチャンスに決めていれば・・・。」という試合にはなったが、シュートへの意欲やゴールへの嗅覚を見ると並の選手とはいえない。

■ 小林伸二日本代表監督の可能性①

2009年シーズンは下馬評を覆す開幕ダッシュを見せて、ほとんど残留争いに巻き込まれることなく15位でJ1残留を果たした山形の小林監督。大分トリニータのJ1昇格、2005年のセレッソ大阪の躍進、山形の昇格と残留とインパクトのある仕事を続けている。

少し気の早い話になるが、2006年と同じような過程をたどるとすると、2010年7月下旬には新しい日本代表の監督が決定することになる。岡田監督の後任候補として、鹿島アントラーズのオリベイラ監督、元浦和レッズのブッフバルト監督、名古屋グランパスのストイコビッチ監督、ガンバ大阪の西野監督らの名前が挙がっていて、現段階では誰が次の日本代表監督に就任するのか分からない。

クラブと代表の監督を兼任することはないと仮定すると、シーズン途中でのJリーグクラブからの監督引き抜きは2006年のイビチャ・オシム監督の時に騒動になったので現実的ではないが、契約の問題を抜きにして「誰が今の日本代表の監督にふさわしいのか?」を考えてみると、小林伸二監督のその上位にランクされる監督といえる。C大阪時代の2006年シーズンのように行き詰った時の打開力に対する不安はあるが、「世界のサッカーにおける日本代表の立ち位置」と「J1におけるモンテディオの立ち位置」はよく似ていて、それほど戦力を持たないチームを戦う集団に変身させる術を持っている。

■ 小林伸二日本代表監督の可能性②

ただ、もし小林ジャパンが実現したとしても、まず間違いなく「地味」と評価されるだろうし、マスコミ向けに気の利いた発言もないだろう。また、ピッチ上で見せるサッカーもスペクタクルとはいい難いサッカーなので、「つまらないサッカー」という評判も広がるだろう。そういう意味では全くマスコミ受けしない監督である。そういう意味では代表人気回復の起爆剤になるとはいえない。

それでも、いつも山形の試合では、中継マイクから小林監督の大きな声が聞こえてきて、(本人にその気があるのかは全く分からないが、)その情熱的な姿勢は魅力的であり、その情熱こそ、今の日本代表にもっとも必要なものといえるのではないだろうか?

人気、期待感をアップさせるためには外国人のビッグネームの招へいが一番いいのは事実だが、すでに実績のある有名な外国人監督を連れてきたとして果たしてどれだけの情熱を持って日本代表の強化を進めてくれるのか?という疑問もある。また、そもそも、協会も、マスコミも、代表サポーターも十分に成熟していない中で、スペクタクルなサッカーで万人の支持を得られるようなネームバリューと実績のある外国人監督を招へい出来る可能性はゼロに近い状態であるという事情もある。

もちろん、小林監督はモンテディオ山形との契約が残っており、2010年7月に「小林ジャパン」が誕生する可能性はゼロである。空想の話となるが、こういうタイプの監督が岡田監督の後任としてはベストではないかな、と考えられる。




人気エントリー 京都サンガ編 (ベスト10)

第01位 0350  2006/09/17  【京都×FC東京】 封印された横断幕 (生観戦記 #5)
第02位 0866  2007/12/01  【入替戦:京都×広島】 勝利のために・・・ (1)
第03位 0869  2007/12/08  【入替戦:広島×京都】 勝利のために・・・ (2)
第04位 1796  2009/09/29  【C大阪×栃木】 星大輔の激動のサッカー人生
第05位 1810  2009/10/11  【天皇杯:京都×V那須】 FW宮吉拓実は柳沢敦になれるのか? (生観戦記#12)
第06位 1014  2008/04/12  【川崎F×京都】 現実味を帯びてきた柳沢敦の代表復帰
第07位 0132  2006/03/13  サンガの現在と未来
第07位 0280  2006/07/24  【京都×清水】 終了間際のドラマ (生観戦記 #2)
第08位 0315  2006/08/26  【福岡×京都】 新進気鋭のサイドアタッカー
第09位 0368  2006/10/04  柱谷幸一監督解任を考える。
第10位 1044  2008/05/03  【京都×札幌】 増嶋竜也のロングスロー


人気エントリー モンテディオ山形編 (ベスト10)

第01位 1257  2008/12/02  モンテディオ山形のJ1昇格について
第02位 1222  2008/10/31  【山形×湘南】 夢のJ1に近づいた日
第03位 1352  2008/03/07  【磐田×山形】 衝撃のJ1デビュー戦
第04位 0573  2007/05/01  【湘南×山形】 脱帽のモンテディオのサッカー
第05位 1142  2008/07/22  【徳島×山形】 豊田陽平と長谷川悠
第06位 1846  2009/10/31  【柏×山形】 過小評価され続けてきた男・古橋達弥
第07位 1782  2009/09/20  【山形×清水】 J1残留に黄色信号
第08位 1112  2008/06/28  【湘南×山形】 切り札の宮崎光平
第09位 1217  2008/10/26  【C大阪×山形】 フォトギャラリー (生観戦記 #16)
第10位 0203  2006/05/20  【東京V×山形】 手遅れになる前にラモスを・・・




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月22日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月22日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:530名)

02月22日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:222名)

02月22日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:60名)


02月22日
【重要なお知らせ】 順位予想バトル(J1編・J2編)の締切日当日になりました。

02月22日
【J2】 2018年に注目されているJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J1】 2018年にブレイクが期待される若手のJリーガー (1位-10位)

02月21日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (下)

02月20日
【史上最攻シンドローム】 勝負の1年に挑むコンサドーレ札幌

02月20日
【J1】 2018年の得点王は誰だろうか?~本命はFWジョー(名古屋グランパス)か?~

02月20日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (1位-9位)

02月19日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」の面白さの評価ランキング (10位-18位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-11位)

02月19日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


02月01日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: