アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/08/12 【J2】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)
 2017/08/12 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2017/08/12 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2017/08/13 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2017/08/13 【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位)
 2017/08/14 【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位)
 2017/08/15 【Jリーグ】 将来が有望な若手のボランチ (1位-10位)
 2017/08/15 【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話
 2017/08/16 【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?
 2017/08/16 【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)
 2017/08/16 【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (下)
 2017/08/17 【J1】 FWポドルスキ(神戸)が活躍できないのは周りの選手のレベルの低さが問題なのか?
 2017/08/17 【J1】 2017年シーズンの優勝争いの展望 (22節終了時点)
 2017/08/17 【J1】 J2への降格予想:新潟→95.3%、広島→57.8%、札幌→52.2%、大宮→40.3%、甲府→34.6%
 2017/08/18 【Jリーグ】 試合中の雰囲気が素晴らしいスタジアム (1位-10位) ~3位:吹田スタジアム、2位:埼玉スタジアム、1位は・・・。~

 2017/08/18 全記事一覧(2005年-2017年)


【名古屋×新潟】 黒崎新監督のスタイルとは? | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 第7節 

J1の第7節。1試合消化が少ないにもかかわらず、勝ち点「12」で4位につける名古屋グランパス。2節の川崎フロンターレ戦に2対3で敗れたが、3節の磐田、5節の神戸、6節の京都にいずれも2対0で勝利し、リーグ戦は3連勝中。全て完封勝利と守備が安定してきた。

対するはアルビレックス新潟。水曜日に行われたナビスコカップのセレッソ大阪戦で1対0の勝利をつかみ、今シーズン、初勝利を挙げたものの、リーグ戦は18チーム中で唯一の未勝利。6試合を終えて3敗3分けで最下位の18位と苦しい状況にある。

ホームの名古屋は<4-1-2-3>。GK楢崎。DF田中隼、増川、闘莉王、三都主。MF吉村、小川、ブルザノビッチ。FW金崎、ケネディ、マギヌン。FW玉田、MF中村は怪我のため欠場。MFブルザノビッチはここまで3ゴールを挙げている。古巣対決となったDF千代反田はベンチスタート。

対するアウェーの新潟は<4-2-2-2>。GK東口。DF西、千葉、永田、酒井。MF本間、小林、マルシオ・リシャルデス、チョ・ヨンチョル。FW矢野、ミシェウ。DF内田が欠場のためコンサドーレ札幌からレンタル中のDF西が右サイドバックに入る。スタメン起用が予想されたMF三門もベンチスタートでMF小林慶がスタメン。FWミシェウがフォワードの位置に入る。

■ 1対1のドロー

試合はホームの名古屋が押し気味で進める。右サイドのFW金崎のドリブルでの仕掛けから多くのセットプレーのチャンスを獲得する。しかしながら、FWマギヌンの蹴ったボールが中央の選手には合わず。高さでは劣勢の新潟の守備陣も踏ん張って前半は0対0で終了する。

後半も名古屋が試合の主導権を握りながらも攻めきれない展開が続く。新潟はFW矢野を中心にカウンターで攻め込むシーンを作るが、こちらも精度を欠いてチャンスに結びつけることが出来ない。スコアレスドローの可能性も膨らんできた後半38分に名古屋が左コーナーキックを獲得。MFマギヌンの蹴ったボールをDF闘莉王を合わせて先制する。DF闘莉王は2試合連続ゴール。

これで逃げ切りたかった名古屋だったが、後半44分にMFマルシオ・リシャルデス→FWファグネル→FW大島とダイレクトでパスがつながって中央からFW大島がシュート。これが決まって1対1の同点に追い付く。FW大島は今シーズンの初ゴール。

結局、試合終了間際に新潟が追い付いて1対1。引き分けに終わった。

■ 追いつかれてドロー

3試合連続で2対0の完封勝利中の名古屋だったが、追いつかれてドロー。4連勝を逃した。後半38分にコーナーキックからDF闘莉王のヘディングシュートで1点を先制し、逃げ切りたかったところだったが、FWファグネルとFW大島という新潟の途中出場コンビに中央を崩されて失点。悔やまれるドローとなった。

思うような試合運びが出来なかった名古屋は、後半にDF阿部、FW杉本、MFダニルソンの3人を投入したが、いずれも機能せず。新潟は途中出場のFWファグネルとFW大島のコンビがドローに貢献したが、それとは対照的だった。特にFW杉本の出来が非常に悪く、クロスの精度が低かった。

有り余る戦力を持つ名古屋は、ようやく主力クラスとスタメンクラスとベンチメンバーの棲み分けが終わった段階である。スタメンから外れた選手はベンチスタートとなり、試合途中から出場してくることが多いが、実力的には問題ない選手であっても、試合途中から起用してすんなりと試合に溶け込めるタイプとそうでないタイプがいて、MFダニルソンあたりは、途中から守備固めのような役割でピッチに送り込んだとしてもあまり効果的とはいえない。

■ 単調な攻撃

名古屋は怪我でコンディションの良くないFW玉田が欠場。FWマギヌンを左ウイングに入れて、MFブルザノビッチ、MF小川、MF吉村のトリオで中盤を組んだが、スムーズな攻撃は出来ず。「FW金崎が右サイドから突破してファーサイドで待つFWケネディにクロスを送るが、FW金崎の右足のクロスは低くてFWケネディまで届かず。DFがクリアする or 相手の足に当たってコーナーキックで終了」というおなじみのシーンが続いた。

今シーズン、DF闘莉王も加わって、セットプレーからのゴールも増えているので、昨シーズンまでと比べるとセットプレーでの期待感は増しているが、この日は、ほとんどセットプレーを生かせないまま。結局、DF闘莉王の先制ゴールもコーナーキックから生まれたが、中央に合うシーンも少なかった。

何だかんだで、FW玉田が欠けると攻撃に変化とスピードが生まれなくて停滞するのはこれまでと同じであり、新潟のGK東口とDF千葉の二人がハイパフォーマンスを見せて中央を固めると、攻め手が無くなってしまった。

ここまで順調に結果を残して、暫定では2位となっているが、思ったほどのチーム力が発揮出来ていないのは事実。序盤は、磐田、神戸、京都、新潟とあまり調子の出ていないチームとの対戦が続いていたが、今後、広島、浦和、鹿島という昨シーズンの上位チームと対戦する。ここで真価が問われる。

■ 追いついてドロー

後半37分に先制ゴールを奪われた新潟だったが、FW大島のゴールで追い付いてドロー。勝ち点「1」を奪った。

リーグ戦では初勝利の遠い新潟にとって、一刻も早く、リーグ戦での勝利が欲しいところであり、引き分けでは満足出来ない部分もあるが、戦力的には新潟を上回っている名古屋とのアウェーゲームということを考えるた場合、ドローでもOKと考えた方がいいと言えるだろう。こういう地味に稼いだ勝ち点「1」がリーグ戦の終盤に効いてくる可能性はある。

これまで、新潟というチームには、FWエジミウソン、FWアレッサンドロ、FWペドロ・ジュニオールとシーズンで15点から20点を期待出来るブラジル人ストライカーがいて、その脇を固める日本人選手が堅実な仕事をこなすことでJ1でも生き延びてきたが、今シーズンは頼りになるストライカーが不在。序盤は苦しんでいる。

■ 奮闘する東口順昭

名古屋が奪ったコーナーキックは前後半合わせて15本。前半からセットプレーでゴールを脅かされた新潟だったが、GK東口が奮闘。名古屋にはFWケネディ、DF増川、DF闘莉王という抜群の高さを誇るターゲット役の選手が揃っていて、高さ勝負では明らかに名古屋に分があったが、事ごとくGK東口が防いでしまった。

184cmということでGKとしては大きくはない選手だが、制空権を握っていて、相手のセットプレーのキックの精度不足にも助けられたが、ハイボールをキャッチして相手の攻撃を防ぐシーンも目立った。

2節のGK黒川が負傷し、いきなりのデビューとなったが、ここまでは非常に安定したパフォーマンスを見せている。GK北野が大宮に移籍した影響はそれほど感じさせない。

■ 噛み合わない攻撃陣

名古屋と同様に新潟の攻撃も単調だった。ナビスコカップのC大阪戦で決勝ゴールを決めたFWミシェウをスタメンで起用し、FW矢野との2トップに近い形で抜擢したが、FWミシェウも持ち味を発揮することは出来なかった。

FWミシェウのキープ力と意外性のあるパスは千葉時代にも威力を発揮したことはあったが、フィジカル的な弱さと得点能力の不足により高い評価は得られなかった。

新潟ではMFマルシオ・リシャルデスという大黒柱がいるが、FWミシェウとMFマルシオ・リシャルデスのプレーエリアは重なるので、FWミシェウが入った場合、MFマルシオ・リシャルデスが消えてしまうことが多く、ブラジル人コンビの相乗効果が生まれていない状況に変わりはない。

■ サイドバックに入った西大伍

新潟は右サイドバックのDF内田が欠場のため、コンサドーレ札幌から加入したDF西がスタメン出場。3試合目の出場であるがスタメンで出るのは初めてということで緊張もあったのか、前半は散々な出来。特に守備に入ったときのGK東口との連携が最悪で、バックパスの処理ミスが3度ほどあり、ブレーキとなった。ただ、後半は吹っ切れたのか、積極的に前に出て相手のサイドを押し込めることに成功。90分間のトータルで見ると及第点の出来だった。

ユーティリティー性が持ち味で、この日はサイドバックでプレーしたが、本来は中盤の選手であり、札幌では攻撃的なポジションでプレーした方がいいプレーを見せることが多かった。新潟ではサブの域を出ていないが、MF本間、MF小林慶、MF三門とボランチ陣のパフォーマンスが十分ではなく、サイドハーフのMFチョ・ヨンチョル、MF河原らも思うような結果を残せていない。そんな中で、周囲の人のためにプレーすることが出来るMF西を中盤で起用するのも打開策の1つといえる。

■ 黒崎新監督のスタイルとは?

新潟はシーズン前にGK北野、DF千代反田、MF松下というセンターラインの選手が抜けて、さらには4年間の間、安定した成績を残した鈴木監督も退任。オフの補強も最低限にとどまったこともあってシーズン前の評価は低いものであったが、これまでのところは前評判通りに低迷している形になっている。

今シーズン、ドーハ戦士であり鹿島アントラーズでフォワードとして活躍した黒崎監督が就任。どのようにチームが生まれ変わるのか注目されていたが、ここまでのところ、予想以上に変化が見られず、前任者とほとんど同じような戦いぶりに見える。

ポジティブに考えるのならば、主力の選手が数名抜けたにもかかわらず、GK東口、DF千葉、MFチョ・ヨンチョルといった選手をレギュラーに抜擢し、チームのクオリティーをそれなりに維持させていることを評価できる。これだけ主力が抜けた状態で、新しいサッカーにチャレンジしようとしていたならば、状況はもっと苦しいものになっていただろうことは容易に想像できるからである。

新監督という立場になると、過剰に自分のカラーを出したくなるものであり、チャレンジして失敗するケースも多い。となると、ある程度の成果を得た鈴木監督のサッカーを踏襲し、後任にコーチだった黒崎監督を選択することで継続性を図った新潟フロントの考え方は理解できる。

ただ、現状、黒崎カラーがほとんど出ておらず、また同時に結果も出ていないとなると、保守的になり過ぎずもっとチャレンジしてもいいのではないかという感じもする。この辛抱強さが黒崎監督の指導者としてのカラーでありスタイルなのかもしれないが、チームとしての停滞感は漂う。


関連エントリー

1973  2010/02/28  【PSM:名古屋×岐阜】 大型補強の効果は??? (生観戦記#3)
1974  2010/03/01  【PSM:清水×新潟】 アルビレックスの2人のキーマン
1980  2010/03/06  【G大阪×名古屋】 誰がムーを止めるのか?
1988  2010/03/28  【湘南×新潟】 3850日ぶりのJ1での勝利
1991  2010/04/03  【名古屋×神戸】 ブルザノビッチの2つのフリーキック



人気エントリー 名古屋グランパス編 (ベスト10)

第01位 1221  2008/10/30  もし、小倉隆史の大怪我がなかったならば・・・。
第02位 1829  2009/10/20  FWダヴィのせつないカタール生活
第03位 0968  2008/03/08  【名古屋×京都】 PIXYが披露した美しいサッカー
第04位 1251  2008/11/25  【京都×名古屋】 ヨンセンは本当に必要ないのか?
第05位 1056  2008/05/11  【名古屋×神戸】 印象的なMF吉村圭司 (生観戦記 #5)
第06位 0288  2006/07/31  【千葉×名古屋】 ヨンセンは間違いなく本物!!!
第07位 0072  2006/01/18  玉田圭司の争奪戦
第08位 0320  2006/08/28  【名古屋×G大阪】 本田圭佑の才能
第09位 0390  2006/10/28  【名古屋×千葉】 日本最高のスタジアムで・・・ (生観戦記 #8)
第10位 0953  2008/02/25  【PSM:岐阜×名古屋】 ブレークを予感させる吉田麻也


人気エントリー アルビレックス新潟編 (ベスト10)

第01位 0767  2007/10/07  【新潟×大宮】 ビッグスワン初体験記 (生観戦記 #18)
第02位 0939  2008/02/16  アルビの成功例に見る「サポーターの高齢化」はむしろ歓迎すべきことだという思い
第03位 1749  2009/08/28  げんなりなペドロ・ジュニオールの移籍
第04位 1855  2009/11/06  【神戸×新潟】 地方の星・アルビレックスの限界点
第05位 0974  2008/03/13  【大宮×新潟】 覚醒するペドロ・ジュニオール
第06位 0894  2008/01/10  坂本将貴のジェフ復帰報道
第07位 0277  2006/07/22  「ニイガタ現象」を読んで
第08位 0618  2007/06/23  【千葉×新潟】 躍進を支えるふたりの充
第09位 0009  2005/11/28  反町康治監督の勇退
第10位 1238  2008/11/12  【検証1】 アルビレックス新潟は本当にホームで強いのか?





おすすめエントリー (10記事)

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2010/04/19(月) 10:05:32 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


08月18日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

08月18日
【Jリーグ】 試合中の雰囲気が素晴らしいスタジアム (1位-10位) ~3位:吹田スタジアム、2位:埼玉スタジアム、1位は・・・。~

08月17日
【J1】 J2への降格予想:新潟→95.3%、広島→57.8%、札幌→52.2%、大宮→40.3%、甲府→34.6%

08月17日
【J1】 2017年シーズンの優勝争いの展望 (22節終了時点)

08月17日
【J1】 FWポドルスキ(神戸)が活躍できないのは周りの選手のレベルの低さが問題なのか?

08月16日
【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (下)

08月16日
【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)

08月16日
【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?

08月15日
【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話

08月15日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のボランチ (1位-10位) ~3位:MF原輝綺(新潟)、2位:MF市丸瑞希(G大阪)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のセンターバック (1位-10位) ~3位:DF野田裕喜(G大阪)、2位:DF杉岡大暉(湘南)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位) ~3位:DF初瀬亮(G大阪)、2位:DF藤谷壮(神戸)、1位は・・・。~

08月13日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位) ~3位:GK廣末陸(FC東京)、2位:GK志村滉(磐田)、1位は・・・。~

08月13日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) ~3位:FW清武功暉(千葉)、2位:FWウェリントン(福岡)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) ~3位:MF島屋八徳(徳島)、2位:MF小塚和季(山口)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) ~3位:MF田口泰士(名古屋)、2位:MF佐藤謙介(横浜FC)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWムルジャ(湘南)、2位:MFガブリエル・シャビエル(名古屋)、1位は・・・。~

08月11日
【J1】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWパトリック(広島)、2位:FWジェイ(札幌)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) ~3位:MFパク・ヒョンジン(岡山)、2位:MF安在和樹(東京V)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) ~3位:DF飯田真輝(松本山雅)、2位:DFヨン・ア・ピン(横浜FC)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) ~3位:MF飯尾竜太朗(長崎)、2位:DF 石櫃洋祐 (京都)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) ~3位:GK佐藤優也(千葉)、2位:GK白井裕人(金沢)、1位は・・・。~

08月10日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (フォワード編) ~3位:FW杉本健勇(C大阪)、2位:FWクリスティアーノ(柏)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (アタッカー編) ~3位:MF小林悠(川崎F)、2位:MF中村憲剛(同)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (ボランチ編) ~3位:MF大島僚太(川崎F)、2位:MFソウザ(C大阪)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (左SB/WB編) ~3位:DF永戸勝也(ベガルタ仙台)、2位:DF吉田豊(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (CB編) ~3位:DF中谷進之介(柏)、2位:DFマテイ・ヨニッチ(C大阪)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (右SB/WB編) ~3位:DF松田陸(C大阪)、2位:MF関根貴大(浦和)、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 次にJ1初昇格を果たすクラブ (1位-10位) ~3位:山口、2位:長崎、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (キーパー編) ~3位:GKカミンスキー(磐田)、、2位:GKチョン・ソンリョン(川崎F)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のアタッカー (1位-10位) ~3位:MF菅大輝(コンサドーレ札幌)、2位:MF高木彰人(ガンバ大阪)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のストライカー (1位-10位) ~3位:FW前田大然(水戸)、2位:FW岩崎悠人(京都)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 ノビシロの大きなクラブ (1位-10位) ~3位:柏レイソル、2位:セレッソ大阪、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 守備力が高いSB (1位-10位) ~3位:DF徳永悠平(FC東京)、2位:DF小林祐三(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 選手補強の上手なクラブ (1位-10位) ~3位:浦和、2位:広島、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 サポーターから信頼されている主審 (1位-10位) ~3位:東城穣さん、2位:家本政明さん、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 新外国人選手の発掘に長けたクラブ (1位-10位) ~3位:コンサドーレ札幌、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 下部組織出身が充実しているクラブ (1位-10位) ~3位:セレッソ大阪、2位:ガンバ大阪、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 フロントが優秀なクラブ (1位-10位) ~3位:サンフレッチェ広島、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ボール奪取力に優れたボランチ (1位-10位) ~3位:MF井手口陽介(ガンバ大阪)、2位:MF今野泰幸(同)、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ビルドアップ能力の高いSB (1位-10位)

08月03日
【Jリーグ】 フィード力に優れたセンターバック (1位-10位)

08月02日
【Jリーグ】 ゴール前での嗅覚に優れた選手 (1位-10位) ~3位はFW興梠慎三(浦和)、2位はFW小林悠(川崎F)、1位は・・・。~

08月02日
【Jリーグ】 クロスの精度が高いサイドバック (1位-10位) ~3位はDF初瀬亮(G大阪)、2位はDF駒野友一(福岡)、1位は・・・。~

08月02日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するミドルシューター (1位-10位) ~3位はFWクリスティアーノ(柏)、2位はMF中村憲剛(川崎F)、1位は・・・。~

08月01日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するプレイスキッカー (1位-10位) ~3位はMF中村憲剛(川崎F)、MF遠藤保仁(G大阪)、1位は・・・。~

08月01日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するドリブラー (1位-10位) ~3位はMF駒井善成(浦和)、2位はMF関根貴大(同)、1位は・・・。~

07月31日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するスピードスター (1位-10位) ~3位はMF藤春廣輝(G大阪)、2位はMF永井謙佑(FC東京)、1位は・・・。


07月30日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん