アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/08/11 【J1】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)
 2017/08/12 【J2】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)
 2017/08/12 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)
 2017/08/12 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)
 2017/08/13 【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2017/08/13 【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位)
 2017/08/14 【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位)
 2017/08/15 【Jリーグ】 将来が有望な若手のボランチ (1位-10位)
 2017/08/15 【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話
 2017/08/16 【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?
 2017/08/16 【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)
 2017/08/16 【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (下)
 2017/08/17 【J1】 FWポドルスキ(神戸)が活躍できないのは周りの選手のレベルの低さが問題なのか?
 2017/08/17 【J1】 2017年シーズンの優勝争いの展望 (22節終了時点)
 2017/08/17 【J1】 J2への降格予想:新潟→95.3%、広島→57.8%、札幌→52.2%、大宮→40.3%、甲府→34.6%

 2017/08/17 全記事一覧(2005年-2017年)


【C大阪×京都】 2006年以来のJ1での勝利 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 初勝利を目指す

0勝2敗2分けと4節を終了してまだ未勝利の無いセレッソ大阪。月が変わって桜の季節も到来している。そろそろ勝利が欲しいところ。対するは京都サンガ。開幕戦こそ0対2でヴィッセル神戸に敗れたが、2節で王者の鹿島アントラーズに追いついてドロー。さらに、3節ではベガルタ仙台、4節ではジュビロ磐田に勝利し、2勝1敗1分けと好調のスタート。

この両チームは、ともにJ2に所属した2007年以来の対戦となるが、その最後の対戦は2007年10月14日。西京極で2対2の引き分け。2点ビハインドのC大阪が終了間際にFW柿谷とFW古橋のゴールで追いつくという劇的な展開だった。C大阪としては相性のいい京都を相手に白星をつかみたい。

ホームのC大阪は<3-4-2-1>。GKキム・ジンヒョン。DF茂庭、羽田、上本。MFアマラウ、マルチネス、高橋、尾亦、乾、香川。FWアドリアーノ。FW播戸、MF家長はベンチスタート。4節の浦和戦と全く同じスタメンとなった。一方の京都は<4-2-3-1>。GK水谷。DF増嶋、水本、カク・テヒ、森下。MFチエゴ、角田、渡邊大、中山、ディエゴ。FW柳沢。MFディエゴは3試合連続ゴール中。FW柳沢はJ1で通算100ゴールまであと1つに迫っている。

■ 3対1の勝利

序盤こそイーブンの展開だったが、次第にホームのC大阪がペースを握る。前半7分にMF香川がドリブルからミドルシュート。これが京都のDFカク・テヒに当たってコースが変わりクロスバーに直撃。その跳ね返りのボールをMF乾がドフリーでヘディングで狙うが枠外。C大阪が最初のチャンスを逃す。

その後の10分間ほどは京都がボールを保持して攻め込むが、前半31分にC大阪が素早いカウンターでチャンスメーク。右サイドのタッチライン際でMF高橋が粘ってボールを生かすと、MF香川→MF乾とつないで、MF乾が中央を突破。MFチエゴを外してからMF香川にラストパスを送ると、パスを受けたMF香川が左足のループで決めて先制する。その後も押し込んだC大阪が1対0のリードで前半を折り返す。

C大阪は、さらに後半7分にもDF羽田のインターセプトからカウンターのチャンス。MF香川がドリブルで運んで左サイドに展開すると、左サイドに流れたMFマルチネスがゴール前にループパス。ゴール前でGK水谷とFWアドリアーノが競り合ってこぼれたボールをMF香川が押し込んで2点目を挙げる。左足で2ゴールを決めたMF香川は今シーズン通算で3点目。

2点ビハインドとなった京都は、後半14分に2009年のU-17世界大会の日本代表として活躍した期待の17歳のFW宮吉を投入。そのFW宮吉が後半25分に左サイドからのMFディエゴのクロスを胸トラップから左足のボレーシュートで決めて1点差に迫る。FW宮吉はJリーグ初ゴール。これで1点差に迫る。

その後、京都は「カカー2世」という評判のあるFWドゥトラを投入。初登場となったFWドゥトラに加えて、長身のDFカク・テヒを前線に上げるなどパワープレーで同点を狙う。しかし、C大阪はロスタイムにMF香川とのワンツーで左サイドを抜け出したMF家長のクロスをニアサイドでFW播戸が合わせて3対1とダメ押し。FW播戸は移籍後初ゴール。結局、3対1でC大阪が快勝。久々のJ1での勝利をもぎ取った。

■ 久々の勝利

ガンバ大阪、FC東京、浦和レッズと強豪チームとの対戦が続いたこともあって苦しいスタートとなったC大阪だったが、5試合目でついに初勝利を飾った。今シーズンもJ1は混戦で上位と下位の差は大きくはないが、4節終了時点で16位と降格圏内だっただけにチームが落ち着く上でも、自信を取り戻す上でも、大きな1勝となった。

開幕からほとんどメンバーを固定して戦っているC大阪。FW播戸、MF家長、MF黒木、MF石神、MF酒本、DF藤本といった優秀な選手がバックアッパーとして控えており、悪い流れを変えるためにスターティングメンバーの変更も考えられたが、結局、この日も同じスタメンがピッチに立った。どうなるかと思われたが、この日は3バックの中央に入るDF羽田が積極的なプレー。「4バック+トリプルボランチの布陣」なのか、「従来の5バックの布陣」なのか、判断に迷うほどの高い位置取りで中盤を上手くフォローした。

後半7分の2点目のMF香川のゴールシーンは、まさにDF羽田の積極的な守備と攻撃参加が生んだゴールであり、最後はゴール前にC大阪の選手の方が多く入り込んでいて、分厚いカウンターアタックを実現させた。メンバーもシステムも全く同じではあったが、選手の意識はこれまでの4試合とは全く違っていて、ある意味での危機感がもたらした「3ゴール+勝ち点3」だったと言える。

■ 2ゴールの香川真司

開幕から3試合でノーゴール。4節の浦和戦で初ゴールを記録したものの、まだ本調子とはいえなかったMF香川が3つのゴール全てに絡んで2ゴールの活躍。自らの2ゴールも自分で組み立てた末のゴールであり、5試合目にしてようやく本来の姿をピッチで披露したといえる。1点目のシーンはMF乾と築いてきた見事なコンビネーションからのゴール。MF乾が京都のMFチアゴをドリブルでかわしたことでチャンスが拡大し、優しいMF乾のラストパスを冷静に左足でネットを揺らした。 

2点目はゴール前の混戦から決めたゴール。昨シーズン、J2で27ゴールを挙げたMF香川のゴールシーンというと、ドリブルで切れ込んでのゴールシーンやMF乾との連携からのゴールシーンがクローズアップされがちであるが、実際にはこういったゴール前に巧いタイミングで入り込んで押し込むだけというようなごっつぁんゴールも少なくない。浦和戦のゴールも押し込むだけのゴールだったが、意外とゴール前での嗅覚を持っている。

目前に迫った南アフリカ大会を目指す日本代表メンバーから今回は外れてしまったが、それをバネに成長出来れば、逆転の南アフリカ行きの可能性も残っている。

■ 播戸竜二のゴール

1点差に迫られて、さらにはGKキム・ジンヒョンも負傷で万全ではないという状況。高さのある京都がパワープレーで攻め込んで来ていた苦しい時間帯だっただけに、最後のFW播戸のゴールは非常に大きかった。G大阪でもチームメイトだったMF家長のニアサイドのクロスに対して、素晴らしいタイミングでゴール前に入り込んで、素晴らしいゴールを決めて、勝利をたぐい寄せた。

<3-4-2-1>のC大阪の中でMF香川とMF乾のポジションは不動。新外国人のFWアドリアーノも5試合で2ゴールと結果を残していて、FW播戸にとってはなかなかチャンスが回って来ない状況であるが、サブの選手がモチベーション高く試合に向けての準備をして、結果を残すとなるとチームの士気も上がってくる。

■ 家長の使い方

そのFW播戸のゴールをアシストしたのがMF家長。後半32分にFW播戸と同時に投入されて、途中出場コンビで貴重な3点目のゴール奪った。アシストシーン以外でも落ち着いたプレーでボールをキープし、京都に行きかけた流れを食い止めるという意味でもMF家長投入の効果は絶大だった。

昨シーズン、大分トリニータでも後半戦にスタメンに定着しハイパフォーマンスを見せていたが、これだけ安定したプレーを見せているとなると、スタメンで起用しないのがもったいないという心情になるのは必然である。ポジション的には、ボランチでも、右のウイングバックでも、左のウイングバックでも、シャドーの位置でも問題ないが、スーパーサブとして時間を限定して起用するのは得策とは言えない。

不出来が続いていたMFアマラオもこの日は吹っ切れたように運動量豊富に動き回り、右のMF高橋と左のMF尾亦のプレーも悪くなかったことを考えると、誰に代えて起用すればいいのか悩むところではあるが・・・。

■ 茂庭と上本

慢性的な守備の弱さがあったC大阪は、今オフにFC東京のDF茂庭と大分トリニータのDF上本を獲得。J1での経験も実績も申し分ない2人が加入し、守備力アップを図っている。さっそく、2人は3バックのストッパーでポジションを確保し、5試合連続でスタメン出場を飾っている。中ではDF茂庭のパフォーマンスが上がってきており、さすがにドイツワールドカップ経験者というべきプレーを見せ始めているのは見逃せないところである。

城福監督の目指すサッカーに十分に対応出来ずにここ2年はFC東京でポジションを失っていたが、単純に相手の攻撃を封じる役割だけを任せるならばJ1でも有数の存在。つなぎのミスはあったが、守備面でのミスはほとんどなかった。

■ ミスの目立った京都

対する京都は苦手のアウェーでC大阪に1対3で完敗。前半のシュート数は11本対2本と圧倒されて、後半に盛り返したものの試合の主導権を握るには至らず。連勝は2でストップした。

開幕からあまり上手くボールが回っていないC大阪に対して、もっと厳しくプレッシャーをかけてミスを誘発したかったところであるが、逆に、京都のMFチアゴやMF角田にミスが目立ち、C大阪に何度のカウンターでチャンスを与えてしまい、常にカウンターの恐怖を背負ったままでプレーすることになった。

磐田戦で決勝ゴールを挙げたMF中山も不発で、悪い時の典型的なパターンであるがMFディエゴにボールが集中してしまい、単調な攻撃が目立ってしまった。

■ 新外国人のチエゴとドゥトラ

京都はオフにMFチエゴ、FWドゥトラ、DFカク・テヒを獲得。その中でMFチエゴとDFカク・テヒが5試合連続のスタメン出場する一方で、FWドゥトラは怪我のため開幕から出場することが出来ず、この日が初出場となった。

188cmの高さが魅力のMFチエゴは、センターバックやサイドバックでの起用も考えられたが、加藤監督はアンカーに近い形でボランチでプレーさせている。加藤監督はMFシジクレイをボランチで起用することも多く、屈強なセンターバックタイプの選手をボランチに持ってくることが多いが、MFチエゴのボランチ起用もそれに倣った形である。

ただ、この試合はかなり厳しい出来だったと言える。1点目のMF香川のゴールにつながったMF乾への対応も甘過ぎて、あっさりと飛び込んでかわされるシーンが目立った。フィルター役としての期待がかかるが、あまり気の利くタイプではないので、漏れが生じていた。

■ 4年目の加藤久監督

京都は2勝2敗1分けと悪くないスタートを切っている。ただ、メンバー的にはJ1でも上を狙えるだけの選手が揃っているので、もう少し上を見据えた戦い方が出来てもいいはずであるが、J1に上がって3年目。なかなかチーム力を上積み出来ないままで来ている。

の前のエレベータークラブと揶揄された頃と比べると、2年連続でJ1残留を果たしているので結果としては悪くはないともいえるが、すでに加藤久監督の限界も見えてきており、本気で上を目指すには物足りない状況といえる。





人気エントリー セレッソ大阪編 (ベスト15)

第01位 0572  2007/04/29  【C大阪×草津】 柿谷曜一朗という才能
第02位 1140  2008/07/20  【C大阪×広島】 スーパーストライカー佐藤寿人 (生観戦記 #9)
第03位 0734  2007/09/15  「個の力」というフレーズにだまされるな!!!
第04位 1312  2009/01/19  日本代表MF香川真司を論ずる。
第05位 0726  2007/09/09  【福岡×C大阪】 新しいタイプのドリブラー
第06位 1263  2008/12/07  【C大阪×愛媛FC】 モリシ ラストマッチ (生観戦記 #19)
第07位 1075  2008/05/26  香川真司のA代表デビュー戦に思うこと
第08位 1250  2008/11/24  【C大阪×湘南】 ゴールデンコンビが訴えるモノ
第09位 1903  2009/12/11  プレーヤー総評 (セレッソ大阪編)
第10位 1299  2008/01/10  【G大阪Y×C大阪U-18】 逸材たちの競演
第11位 1343  2008/02/23  【PSM:C大阪×G大阪】 Jリーグの季節の到来 (生観戦記#2)
第12位 0735  2007/09/17  【C大阪×愛媛FC】 モリシの復帰を待っている。 (生観戦記 #17)
第13位 1886  2009/11/29  【C大阪×岐阜】 ストライカー西澤明訓の思い出
第14位 1824  2009/10/18  【C大阪×愛媛】 ついに苔口卓也が覚醒したのか?
第15位 1665  2009/05/24  【C大阪×福岡】 乾貴士と香川真司 二人の未来図 (生観戦記 #5)


人気エントリー 京都サンガ編 (ベスト10)

第01位 0350  2006/09/17  【京都×FC東京】 封印された横断幕 (生観戦記 #5)
第02位 0866  2007/12/01  【入替戦:京都×広島】 勝利のために・・・ (1)
第03位 0869  2007/12/08  【入替戦:広島×京都】 勝利のために・・・ (2)
第04位 1796  2009/09/29  【C大阪×栃木】 星大輔の激動のサッカー人生
第05位 1810  2009/10/11  【天皇杯:京都×V那須】 FW宮吉拓実は柳沢敦になれるのか? (生観戦記#12)
第06位 1014  2008/04/12  【川崎F×京都】 現実味を帯びてきた柳沢敦の代表復帰
第07位 0132  2006/03/13  サンガの現在と未来
第07位 0280  2006/07/24  【京都×清水】 終了間際のドラマ (生観戦記 #2)
第08位 0315  2006/08/26  【福岡×京都】 新進気鋭のサイドアタッカー
第09位 0368  2006/10/04  柱谷幸一監督解任を考える。
第10位 1044  2008/05/03  【京都×札幌】 増嶋竜也のロングスロー




おすすめエントリー (10記事)

コメント

はじめまして。
わたしは数年前に家長のプレープレーを見てガンバサポになったのです。
今日のプレーは良かったですね。今日くらいのプレーをすればスタメンで使っても…とおもいます。今後の期待として、香川・乾・家長の3人同時先発を見てみたいと思うゲームでした。
2010/04/03(土) 23:53:59 | URL | ちょう  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


08月17日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

08月17日
【J1】 J2への降格予想:新潟→95.3%、広島→57.8%、札幌→52.2%、大宮→40.3%、甲府→34.6%

08月17日
【J1】 2017年シーズンの優勝争いの展望 (22節終了時点)

08月17日
【J1】 FWポドルスキ(神戸)が活躍できないのは周りの選手のレベルの低さが問題なのか?

08月16日
【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (下)

08月16日
【J1】 2017年シーズンの残留争いの展望 (22節終了時点) (上)

08月16日
【J1】 呂比須ワグナー監督(新潟)の解任はあるのか?

08月15日
【J1】 「FWポドルスキ(ヴィッセル神戸)の走行距離とスプリント回数がなかなか凄い。」という話

08月15日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のボランチ (1位-10位) ~3位:MF原輝綺(新潟)、2位:MF市丸瑞希(G大阪)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のセンターバック (1位-10位) ~3位:DF野田裕喜(G大阪)、2位:DF杉岡大暉(湘南)、1位は・・・。~

08月14日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のサイドバック (1位-10位) ~3位:DF初瀬亮(G大阪)、2位:DF藤谷壮(神戸)、1位は・・・。~

08月13日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のキーパー (1位-10位) ~3位:GK廣末陸(FC東京)、2位:GK志村滉(磐田)、1位は・・・。~

08月13日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編) ~3位:FW清武功暉(千葉)、2位:FWウェリントン(福岡)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) ~3位:MF島屋八徳(徳島)、2位:MF小塚和季(山口)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) ~3位:MF田口泰士(名古屋)、2位:MF佐藤謙介(横浜FC)、1位は・・・。~

08月12日
【J2】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWムルジャ(湘南)、2位:MFガブリエル・シャビエル(名古屋)、1位は・・・。~

08月11日
【J1】 2017年の夏の移籍市場での「効果的だ。」と思う補強 (1位-10位)~3位:FWパトリック(広島)、2位:FWジェイ(札幌)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) ~3位:MFパク・ヒョンジン(岡山)、2位:MF安在和樹(東京V)、1位は・・・。~

08月11日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) ~3位:DF飯田真輝(松本山雅)、2位:DFヨン・ア・ピン(横浜FC)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) ~3位:MF飯尾竜太朗(長崎)、2位:DF 石櫃洋祐 (京都)、1位は・・・。~

08月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) ~3位:GK佐藤優也(千葉)、2位:GK白井裕人(金沢)、1位は・・・。~

08月10日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (フォワード編) ~3位:FW杉本健勇(C大阪)、2位:FWクリスティアーノ(柏)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (アタッカー編) ~3位:MF小林悠(川崎F)、2位:MF中村憲剛(同)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (ボランチ編) ~3位:MF大島僚太(川崎F)、2位:MFソウザ(C大阪)、1位は・・・。~

08月09日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (左SB/WB編) ~3位:DF永戸勝也(ベガルタ仙台)、2位:DF吉田豊(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (CB編) ~3位:DF中谷進之介(柏)、2位:DFマテイ・ヨニッチ(C大阪)、1位は・・・。~

08月08日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (右SB/WB編) ~3位:DF松田陸(C大阪)、2位:MF関根貴大(浦和)、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 次にJ1初昇格を果たすクラブ (1位-10位) ~3位:山口、2位:長崎、1位は・・・。~

08月07日
【Jリーグ】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (キーパー編) ~3位:GKカミンスキー(磐田)、、2位:GKチョン・ソンリョン(川崎F)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のアタッカー (1位-10位) ~3位:MF菅大輝(コンサドーレ札幌)、2位:MF高木彰人(ガンバ大阪)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 将来が有望な若手のストライカー (1位-10位) ~3位:FW前田大然(水戸)、2位:FW岩崎悠人(京都)、1位は・・・。~

08月06日
【Jリーグ】 ノビシロの大きなクラブ (1位-10位) ~3位:柏レイソル、2位:セレッソ大阪、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 守備力が高いSB (1位-10位) ~3位:DF徳永悠平(FC東京)、2位:DF小林祐三(サガン鳥栖)、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 選手補強の上手なクラブ (1位-10位) ~3位:浦和、2位:広島、1位は・・・。~

08月05日
【Jリーグ】 サポーターから信頼されている主審 (1位-10位) ~3位:東城穣さん、2位:家本政明さん、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 新外国人選手の発掘に長けたクラブ (1位-10位) ~3位:コンサドーレ札幌、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 下部組織出身が充実しているクラブ (1位-10位) ~3位:セレッソ大阪、2位:ガンバ大阪、1位は・・・。~

08月04日
【Jリーグ】 フロントが優秀なクラブ (1位-10位) ~3位:サンフレッチェ広島、2位:川崎フロンターレ、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ボール奪取力に優れたボランチ (1位-10位) ~3位:MF井手口陽介(ガンバ大阪)、2位:MF今野泰幸(同)、1位は・・・。~

08月03日
【Jリーグ】 ビルドアップ能力の高いSB (1位-10位)

08月03日
【Jリーグ】 フィード力に優れたセンターバック (1位-10位)

08月02日
【Jリーグ】 ゴール前での嗅覚に優れた選手 (1位-10位) ~3位はFW興梠慎三(浦和)、2位はFW小林悠(川崎F)、1位は・・・。~

08月02日
【Jリーグ】 クロスの精度が高いサイドバック (1位-10位) ~3位はDF初瀬亮(G大阪)、2位はDF駒野友一(福岡)、1位は・・・。~

08月02日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するミドルシューター (1位-10位) ~3位はFWクリスティアーノ(柏)、2位はMF中村憲剛(川崎F)、1位は・・・。~

08月01日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するプレイスキッカー (1位-10位) ~3位はMF中村憲剛(川崎F)、MF遠藤保仁(G大阪)、1位は・・・。~

08月01日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するドリブラー (1位-10位) ~3位はMF駒井善成(浦和)、2位はMF関根貴大(同)、1位は・・・。~

07月31日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するスピードスター (1位-10位) ~3位はMF藤春廣輝(G大阪)、2位はMF永井謙佑(FC東京)、1位は・・・。

07月31日
【Jリーグ】 現代のJリーグを代表するファンタジスタ (1位-10位) ~3位はMF柿谷曜一朗(C大阪)、2位はMF小野伸二(札幌)、1位は・・・。


07月30日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん