アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/21 【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件
 2017/09/21 【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。
 2017/09/22 【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由
 2017/09/22 【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)
 2017/09/23 【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)
 2017/09/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)
 2017/09/24 【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源、次点はGK中村航輔とMF中村憲剛~
 2017/09/24 【J3】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はFW田中智大、次点はDF尾崎瑛一郎~
 2017/09/24 【J2】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~有力候補はGK秋元陽太とDFアンドレ・バイアの2人~
 2017/09/25 【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。
 2017/09/25 【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

 2017/09/25 全記事一覧(2005年-2017年)


【PSM:名古屋×岐阜】 大型補強の効果は??? (生観戦記#3) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 恒例のプレシーズンマッチ 

J2で3年目。1年目の10勝20敗12分けから、16勝21敗14分けとステップアップしたFC岐阜が、J1の名古屋グランパスと対戦。このカードは3年連続でプレシーズンで対戦しているおり、開幕前の恒例となっている。

同じ東海地方をホームとする両チームの対戦であるが、過去、全てのシーズンをトップリーグで過ごした名古屋グランパスに対して、FC岐阜はJ2で3年目の若いチーム。FC岐阜が名古屋の胸を借りる形となる。

 #1 プレシーズンマッチ
瑞穂(3)

■ 瑞穂陸上競技場

毎年3月に行われる名古屋国際女子マラソン大会の発着点としても知られる瑞穂陸上競技場は、名古屋グランパスのホームスタジアムである。オープンしたのが第二次世界大戦の真っ最中の1941年ということで、非常に息の長いスタジアムである。収容人は、約20,000人とされている。

JR名古屋駅からは最寄り駅へ行くには、地下鉄で約25分ほど。桜通線の瑞穂運動場西駅か、名城線の新瑞橋駅か、名城線の瑞穂運動場東駅で降りて、歩いてスタジアムに向かうことになるが、いずれにしても、JR名古屋駅から35~40分ほどでスタジアムに着くことが出来る。

 #2 瑞穂公園
瑞穂(1)

■ 注目のスタメン

シーズンオフに、DF田中マルクス闘莉王、MFダニルソン、MF金崎夢生らを獲得。大型補強に成功し、タイトル獲得が期待されている名古屋グランパスは<4-1-2-3>。GK楢崎。DF田中隼、闘莉王、増川、阿部。MF吉村、ブルザノビッチ、マギヌン。FW金崎、巻、玉田。FWケネディはオーストラリア代表の活動のためチームを離れていて欠場。

注目の新戦力の中では、DF闘莉王とFW金崎がスタメン出場を果たしたが、DF千代反田、MFダニルソンはベンチスタート。他にも、MF小川、MF中村直、MF三都主、DF竹内といった実力者がベンチスタートとなった。

対するアウェーの岐阜は<4-4-2>。GK野田。DF冨成、吉本、秋田、野垣内。MF橋本、山内、菅、西川。FW佐藤、押谷。不動の左SBだったDF秋田がセンターバックに回り、大卒2年目のDF野垣内が左SBでスタメン。また、MF西川がFWから攻撃的MFにポジションを下げてMFとしてスタメン。ジュビロ磐田からのレンタル移籍中のFW押谷がスタメンに抜擢されて、昨シーズン16ゴールを上げたエースストライカーのFW佐藤洸一と2トップを組む。

 #3 FC岐阜のスタメン
瑞穂(4)

■ 劇的な同点弾でドロー

13;00にキックオフされた試合の前半は、ホームの名古屋ペース。右ウイングに入ったFW金崎の突破から何度もゴール前できわどいシーンを作る。なかなか、先制ゴールは奪えなかったが、前半32分にFW巻のポストプレーから裏のスペースに抜け出した日本代表のFW玉田が、ディフェンダーをぶっちぎって左足でゴールゲット。前半は名古屋が1対0のリードで終了。

名古屋は、後半開始からMF吉村に代えてMFダニルソンを投入。さらには、MF小川、MF三都主らベンチスタートの選手を次々に投入していくが、後半25分過ぎからリズムを崩して、ビルドアップでのミスが増えていく。GK楢崎らの活躍で何とかリードを保っていたが、後半のロスタイムに、またしても高い位置でボールを奪った岐阜がボールをつないで、最後は左サイドに待っていたMF西川がコントロールされた見事なシュートを決めて同点に追い付く。

結局、対名古屋としては、5試合目にして初めてのゴールを奪った岐阜が劇的な形で1対1のドローに持ち込んだ。開幕戦で名古屋はアウェーでガンバ大阪と対戦し、FC岐阜はホームでカターレ富山と対戦する。

 #4 価値のある引き分け
瑞穂(5)

■ ビルドアップのミスの多さ 

名古屋は、後半は途中からメンバーが大きく入れ替わったとはいえ、MF小川、MF三都主、MFダニルソンといったスタメン組と遜色の無い選手がピッチに立っていて、激しいポジション争いの中でアピールのチャンスであったが、後半途中から、ビルドアップのミスが続出し、結局、ロスタイムに同点ゴールを許してしまった。

FC岐阜は、中盤の要となるMF橋本にボールを集めて、MF橋本から攻撃をスタートさせようとする意図が感じられるが、名古屋はチームとしてどういう組み立てを行っていくのか、全く見えなかった。幸いにして、DF闘莉王、DF阿部、DF三都主といった後ろからゲームを組み立てることの出来る選手がいるので、彼らから、偶発的な感じで前線に好パスが渡った時は、高い確率でチャンスにつなげることは出来ていたが、後方からのパスもリスキーなパスが目立ち、パス回しにスムーズさは全く無かった。そのため、時間が進むにつれて質を上げていったFC岐阜のプレスの餌食となっていった。

FC岐阜の中盤も、新人のMF山内とコンバートして間もないMF西川という2人の新顔が入っていて、コンビネーション的にはまだまだのはずであるが、あまりにも名古屋のビルドアップはお粗末すぎた。ボールを奪ったFC岐阜が上手くカウンターに移れないシーンも多く、ピンチに至らないケースもあったが、カウンターの得意なチームを相手にしたときは、大きな不安要素となる。

MF小川、MF中村、MF三都主といった選手がサブに回るほどの豪華メンバーであるが、それ故にメンバーを確定できないままでシーズンを迎えることになりそうだ。もちろん、噛み合えば、爆発的な力を発揮しても不思議ではないメンバーが集まっているが、序盤は苦しむだろうと予想する。序盤戦で名古屋と対戦するチームは、ラッキーといえる。

 #5 グランパスイレブン
瑞穂(7)

■ 注目の新戦力

DF闘莉王とFW金崎は、共に日本代表として東アジア選手権に出場しており、チームへ合流して間もない中での試合となったが、両者ともに存在感を示した。

特に、右ウイングでプレーしたFW金崎はキレキレの状態で、1対1となれば、ほとんどのシーンでサイドを突破し、中央に鋭いクロスを送った。対面したDF野垣内のサイドバックとしての経験がやや不足していた面もあって、その影響もあったが、スピードとフィジカルの勝負で、常に優位に立っていた。

大分からの移籍1年目。開幕スタメンは確実となっているが、あえて言うと、あれだけのチャンスを作りながら、ゴールもアシストもなかった点が不満となる。結局のところ、アタッカーというポジションであれば「得点数」が大きな評価ポイントになるが、現時点では、MF金崎がゴールを量産するシーンは描くことが出来ない。昨シーズンも1ゴールのみに終わったが、サイドを突破していいクロスを送るのも1つの仕事ではあるが、ゴールに直結するプレーが増えていかないと、本当の意味で恐い選手とはいえなくなる。

■ 難しい<4-1-2-3>

大型補強を行った名古屋であるが、この日は、移籍組では、DF闘莉王とFW金崎の2人だけが先発で出場。結局、その他の9人は、昨シーズンから所属するメンバーに落ち着いたが、コンビネーションは今一つだった。

2008年の就任当初は<4-2-2-2>を採用しコレクティブなサッカーで3位にまで躍進した名古屋であるが、2009年はシーズン途中から<4-1-2-3>で戦う試合が増えてきている。MFブルザノビッチやMF三都主らを獲得し、アタッカー陣が充実してきたという理由もあって、(2010年の戦いを見据えて、)かなり計画的に<4-2-2-2>から<4-1-2-3>への移行を推し進めてきた感じは受けるが、今一つ、機能していない。

<4-2-2-2>では、MF中村とMF吉村のダブルボランチがパスワークの中心となって、両サイドバックが積極的に上がるスタイルを確立させてリーグに旋風を巻き起こしたが、<4-1-2-3>になった途端に、個人に頼るプレーが目立ち始めて、上手くチームとして機能していないような感じを受ける。

<4-1-2-3>にこだわるのか、<4-2-2-2>に戻すのか、それとも他のシステムにチャレンジするのか。メンバーが揃っているだけにストイコビッチ監督は難しい判断を迫られることになる。

 #6 ゴール裏①
瑞穂(8)

■ 新監督のスタイル

一方、新監督を迎えたFC岐阜は、格上の名古屋を相手に1対1のドロー。1週間後に迫った開幕に向けて、弾みのつく試合となった。オフに、松永監督が退任し、倉田監督が就任したFC岐阜。新監督が、どういったサッカーを見せるのかが注目されたが、メンバーは大きく変わっていないが、昨シーズンとは少し違ったテイストのサッカーとなりそうだ。

特に、攻撃面はその傾向が顕著に表れていて、昨シーズンは、大型2トップを前に置いて、MF高木のテクニック、MF嶋田とMF菅の運動量を生かした「がんばるサッカー」で勝ち点を積み上げていったが、総パス数でいうとJ2の中でも下の下だった。しかし、今シーズンは、つなぐ意識が向上しており、ボールを大切にして、つないで崩すサッカーに発展させようとする意図が、強く感じられるものとなった。攻撃の仕掛けの中心となるMF高木和正が栃木SCに移籍してしまったのが本当に痛いが、中盤の底に入るMF橋本の「パス能力」と「戦術眼」がより生きるサッカーとなるといえる。

「つないで崩すサッカー」は完成度を高めるのは、かなり難しくて、なかなか勝ち点に結びつかないケースも多いが、運動量や最後まであきらめない姿勢といったもともとのチームの長所を失わせることなく、その上に積み上げていくことが出来たら、10位以内に食い込む可能性も高くなる。

■ ロスタイムでの同点弾

劇的な同点弾を決めたのが、MF西川優大。昨シーズンは2トップの一角として、41試合で11ゴールの結果を残したが、攻撃の中心だったMF高木が移籍したこともあって、今シーズン、大型フォワードを左の攻撃的MFで起用するという大胆な作戦を採用している。こういったイレギュラーな起用が、どういう効果を生み出すのかは、今シーズンのFC岐阜の大きな注目ポイントであり、チームの特徴といえるだろう。

MF高木のようなテクニックは無いが、186cmの大型選手にしては動きがスムーズで、洗練されていない分、予想のつかないプレーを見せるので、相手にとっては嫌な存在といえる。今シーズン、左サイドバックは攻撃力にも定評のあったDF秋田ではなく、本来はセンターバックのDF野垣内を起用。かなり守備を重視した布陣となっていて、MF西川にとっては、それほど、後ろのカバーの心配はしなくても済むだろう。

サイドのポジションで、昨シーズンと同様の得点力を発揮できれば、大きなストロングポイントとなる。

 #7 ゴール裏②
瑞穂(6)


名古屋グランパス:採点

 GK:楢崎正剛 6.5
   → 貫禄のプレーを見せていたが、最後はシュートコースが良過ぎた。

 DF:田中隼磨 5.5
   → 積極性はあったが、金崎とのコンビネーションはまだまだ。

 DF:田中マルクス闘莉王 6.0
   → 加入して間もないとは思わせない上々の出来。

 DF:増川隆洋 5.5
   → 千代反田が加入したがとりあえずスタメンを保持。速い選手への対応は不安いっぱいだが・・・。

 DF:阿部翔平 5.0
   → あまり見せ場は無く、三都主と途中で交代。

 MF:吉村圭司 5.5
   → 前半のみの出場。悪い出来ではなかった。

 MF:ブルザノビッチ 5.0
   → 彼の「消極性」と闘莉王の「積極性」でちょうどバランスがとれるかも。

 MF:マギヌン 5.5
   → 序盤は良かった。後半はミスが増えていった。

 FW:金崎夢生 7.0
   → キレキレで右サイドを制圧したが、ゴールには絡めず。

 FW:巻佑樹 5.0
   → アシストは見せたが、不安定なプレーで、落ち着きがなかった。

 FW:玉田圭司 6.0
   → ゴールシーンは彼のスピードが生きた見事なゴールだった。それ以外は普通。


 サブ:ダニルソン 4.5
   → 局面での強さは見せたが、いろいろと不安定だった。

 サブ:小川佳純 5.0
   → スタメン落ち。積極性はあったが、あまり絡めなかった。

 サブ:三都主アレサンドロ 4.5
   → 途中出場するが、安易にボールを失うシーンが多過ぎた。

 サブ:中村直志 5.5
   → 途中出場。決定機は惜しかった。

 サブ:竹内彬 5.0
   → 右サイドバックで出場するも、全くボールに絡めず。

 サブ:千代反田充 なし
   → 後半23分から出場。闘莉王とセンターバックコンビを組んだ。


FC岐阜:採点

 GK:野田恭平 7.5
   → キックは不安定だったが、数々の素晴らしいセービングで1失点のみ。

 DF:冨成慎司 5.5
   → オーバーラップは控えめ。攻守に無難な出来だった。

 DF:吉本一謙 5.5
   → 玉田には振り切られたが、巻には仕事はさせず。

 DF:秋田英義 6.5
   → CBでも問題なくプレー。攻撃力が生かされないのは惜しいが・・・。

 DF:野垣内俊 4.5
   → 左サイドバックで出場も金崎の対応に苦しむ。

 MF:山内智裕 5.0
   → 大卒ルーキー。運動量は多かったが、パスミスも多かった。

 MF:橋本卓 7.0
   → 誰よりも判断が早くて、誰よりも正確な判断が出来る。

 MF:菅和範 5.5
   → 運動量はあったが、あまり効果的には働かなかった。

 MF:西川優大 6.5
   → 不慣れなポジションで奮闘。値千金の同点ゴール。

 FW:佐藤洸一 4.5
   → びっくりするほど、存在感が無かった。

 FW:押谷祐樹 5.0
   → スピードが生きるシーンはあったが、決めなければいけないシーンが2度あった。


 サブ:野本泰崇 5.0
   → 右サイドで出場も、パスの精度を欠く。

 サブ:田中秀人 なし
   → 大卒2年目。秋田に代わって途中から出場。

 サブ:嶋田正吾 5.5
   → ダイナミックな動きでチャンスを作る。

 サブ:村尾龍矢 6.0
   → 途中出場でファインセーブを見せた。

 サブ:染矢一樹 なし
   → あまりスピードが生きるシーンは無かった。





人気エントリー 名古屋グランパス編 (ベスト10)

第01位 1221  2008/10/30  もし、小倉隆史の大怪我がなかったならば・・・。
第02位 1829  2009/10/20  FWダヴィのせつないカタール生活
第03位 0968  2008/03/08  【名古屋×京都】 PIXYが披露した美しいサッカー
第04位 1251  2008/11/25  【京都×名古屋】 ヨンセンは本当に必要ないのか?
第05位 1056  2008/05/11  【名古屋×神戸】 印象的なMF吉村圭司 (生観戦記 #5)
第06位 0288  2006/07/31  【千葉×名古屋】 ヨンセンは間違いなく本物!!!
第07位 0072  2006/01/18  玉田圭司の争奪戦
第08位 0320  2006/08/28  【名古屋×G大阪】 本田圭佑の才能
第09位 0390  2006/10/28  【名古屋×千葉】 日本最高のスタジアムで・・・ (生観戦記 #8)
第10位 0953  2008/02/25  【PSM:岐阜×名古屋】 ブレークを予感させる吉田麻也


人気エントリー FC岐阜編 (ベスト10)

第01位 1349  2009/03/05  FC岐阜の5年目の挑戦
第02位 1781  2009/09/20  【岐阜×水戸】 吉本一謙の満点デビュー戦 (生観戦記#11)
第03位 1716  2009/07/28  【岐阜×C大阪】 快進撃は止まらない・・・
第04位 1752  2009/08/29  【岐阜×横浜FC】 MF橋本卓を知っていますか?
第05位 0953  2008/02/25  【PSM:岐阜×名古屋】 ブレークを予感させる吉田麻也
第06位 1136  2008/07/14  【広島×岐阜】 14年ぶりのビッグアーチ (生観戦記 #8)
第07位 1247  2008/11/23  【岐阜×横浜FC】 三浦知良 41歳で走り続ける日々
第08位 1651  2009/05/13  【岐阜×岡山】 西川優大 ハットトリック
第09位 1690  2009/06/20  【岐阜×湘南】 片桐淳至 ラストゲーム
第10位 1362  2009/03/14  【栃木×岐阜】 生まれ変わったFC岐阜




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


09月25日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

09月25日
【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月25日
【J1】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月24日
【J2】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~有力候補はGK秋元陽太(湘南)とDFアンドレ・バイア(同)の2人~

09月24日
【J3】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はFW田中智大(秋田)、次点はDF尾崎瑛一郎(沼津)~

09月24日
【J1】 「2017年のシーズンMVPは誰なのか?」を考える。~最有力候補はDF昌子源(鹿島)、次点はGK中村航輔(柏)とMF中村憲剛(川崎F)~

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪編)

09月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サガン鳥栖編)

09月23日
【U-17日本代表】 日本サッカー史上屈指のタレント軍団はファイナリストになれるか?

09月22日
【J1】 全18クラブの歴代のベストイレブンをまとめてみた。 (1993年-2017年)

09月22日
【J2】 V・ファーレン長崎が快進撃を見せている3つの理由

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーをあと10人だけ挙げてみた。

09月21日
【年代別代表】 徳島・熊本・山形・FC琉球の下部組織から代表選手が生まれている件

09月21日
【J2】 今、注目すべき若手プレーヤーを10人だけ挙げてみた。

09月20日
【J2】 「MF平戸太貴(町田ゼルビア)の90分あたりのラストパスの本数」が物凄いことになっている件

09月20日
【女子サッカー】 中学3年生のMF木下桃香(日テレ・メニーナ)という選手が相当に凄いらしい。

09月20日
【外国人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月19日
【J2】 自動昇格の切符を勝ち取るのは長崎か?松本山雅か?名古屋か?徳島か?

09月19日
【Jリーグ】 徳島ヴォルティスの歴代ベストイレブンを考える。 (2005年-2017年)

09月19日
【日本人限定】 Jリーグ全体の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 ヴィッセル神戸の歴代ベストイレブンを考える。 (1997年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 大宮アルディージャの歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月18日
【Jリーグ】 柏レイソルの歴代ベストイレブンを考える。 (1995年-2017年)

09月17日
【Jリーグ】 FC東京の歴代ベストイレブンを考える。 (1999年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 アビスパ福岡の歴代ベストイレブンを考える。 (1996年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 ロアッソ熊本の歴代ベストイレブンを考える。 (2008年-2017年)

09月16日
【Jリーグ】 サンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 湘南ベルマーレの歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 レノファ山口の歴代ベストイレブンを考える。 (2015年-2017年)

09月15日
【Jリーグ】 横浜Fマリノスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 ジュビロ磐田の歴代ベストイレブンを考える。 (1994年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 愛媛FCの歴代ベストイレブンを考える。 (2006年-2017年)

09月14日
【Jリーグ】 清水エスパルスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 アルビレックス新潟の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 松本山雅の歴代ベストイレブンを考える。 (2012年-2017年)

09月13日
【Jリーグ】 浦和レッズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 鹿島アントラーズの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 ジェフ千葉の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月12日
【Jリーグ】 名古屋グランパスの歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ガンバ大阪の歴代ベストイレブンを考える。 (1993年-2017年)

09月11日
【Jリーグ】 ファジアーノ岡山の歴代ベストイレブンを考える。 (2009年-2017年)


09月09日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: