アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/11/16 【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について
 2017/11/16 【J1】 残留を果たすのは清水か?甲府か?広島か?大宮か?
 2017/11/17 鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。
 2017/11/18 【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)
 2017/11/18 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)
 2017/11/19 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)
 2017/11/19 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)
 2017/11/19 【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)
 2017/11/20 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)
 2017/11/20 【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。
 2017/11/20 【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)
 2017/11/21 【Jリーグ】 契約満了になった選手について (金沢・岡山・大分)
 2017/11/21 【J2】 「主力の大量流出」を覚悟せざる得ない徳島ヴォルティス
 2017/11/21 【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (前編)

 2017/11/21 全記事一覧(2005年-2017年)


【FC東京U-18×広島ユース】 強かったFC東京 (生観戦記#14) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ サンスタートニックカップ

ユースチームの日本一を決める「Jユース・サンスタートニックカップ」の決勝は、FC東京U-18とサンフレッチェ広島ユースの対戦となった。

17回目となる今大会は、予選リーグにJ1、J2の34クラブ(カターレ富山とファジアーノ岡山は不参加)が参加。8つのグループに分かれて予選リーグを戦い、各グループで2位以内になった16チームと、日本クラブユースサッカー連盟代表の4チーム(三菱養和ユース、横河武蔵野ユース、Honda FC、アミーゴス鹿児島U-18)を加えた合計20チームで決勝トーナメントを行い、日本一を決める。

FC東京は2007年以来で4度目の決勝進出。ここ3年間の成績は、優勝1回、準優勝1回、ベスト4が1回と素晴らしいものであり、近年、最も好成績を残しているクラブの1つである。対するサンフレッチェ広島は2006年以来で、何と7度目の決勝進出である。

2006年大会は、この両チームが決勝戦で対戦してるが、FW平繁龍一、MF横竹翔、MF岡本知剛らを擁した広島が2対0で勝利。このときのFC東京U-18には、GK権田修一、DF吉本一謙、DF椋原健太、FW森村昂太らが在籍した。

 #1 サンスタートニックカップ
ユース(5)


■ 試合の前に・・・

アクセスが良好なスタジアムとして知られる大阪の長居スタジアムは、大阪市の東住吉区にある。新幹線を利用する場合は、JR新大阪駅で地下鉄の御堂筋線に乗り換えて28分。この場合は最寄り駅が地下鉄の長居駅となるが、大阪駅を起点にする場合は、JR鶴ケ丘駅かJR長居駅で下車することになる。駅から歩く距離は、どの駅でも大差は無く、2分ほど歩くと巨大なスタジアムが現れてくる。

 #2 長居スタジアム
ユース(4)


準決勝と決勝は、セレッソ大阪のホームである長居スタジアムで行われる。キックオフ予定時間は13:33だったので、少し寄り道をしてみる。目的地は「仁徳天皇陵」。中学校の社会(歴史)の授業の最初の最初で習うはずであるが、「仁徳天皇陵」は、世界最大の前方後円墳であると言われている。(ただし、本当に「仁徳天皇」が祀られているのか、微妙になって来たので、最近は「仁徳天皇陵」ではなく、「大仙陵古墳」と言われている。)

「仁徳天皇陵」を見物するには、JR三国ヶ駅か、JR百舌鳥 (もず)駅のどちらかで降りることになる。JR三国ヶ丘駅は、前述のJR長居駅から和歌山方面に5駅。同じく、JR百舌鳥 (もず)駅は6駅のところに位置する。JR長居駅から電車で10分から15分ほどの距離となる。

この辺り一帯にはたくさんの古墳があって、「百舌鳥古墳群」と呼ばれている。「仁徳天皇陵」は、クフ王のピラミッド(エジプト)、始皇帝陵(中国)とともに、世界三大陵墓の1つとされている。その周囲は「2718m」。1周歩くと45分ほどである。ということで、来シーズン、長居スタジアムを訪問する方は、是非。(ただし、内部には入れないので、ご注意を・・・。)

 #3 仁徳天皇陵
ユース(1)


 #4 前方後円墳
ユース(2)


■ 13:33にキックオフ

12:00ごろにJR百舌鳥 (もず)を発って、キックオフ時間の約1時間前となる12:30ごろに長居スタジアムに到着。入場は無料で、バックスタンドとゴール裏は解放されていない。

グループリーグの8試合で46得点で4失点。草津ユースに21対0という衝撃的なスコアで勝利し、7勝1分けという好成績で決勝トーナメントに進んできた。決勝トーナメントに入っても、三菱養和に4対1、名古屋ユースに7対1、ガンバ大阪ユースに5対1と圧倒的なスコアで勝ち上がって来たFC東京U-18。

スタメンは、GK崔創喜。DF廣木雄磨、平出涼、松藤正伸、阿部巧。MF三田尚央、年森勝哉、山崎直之、梅内和磨。FW山口潤、重松健太郎。DF廣木はU-17の日本代表として先日のナイジェリアU-17世界大会にも出場している。DF阿部、DF平出、FW重松が来シーズン、トップチームに昇格することが発表されている。右サイドハーフのMF三田尚央は今大会、ここまでの11試合で20ゴール。得点王が確実となっている。

対するサンフレッチェ広島ユースは、GK田村昇大。DF宗近慧、越智翔太、森保翔平。MF宮本徹、中山雄登、茶島雄介、大崎淳矢、早瀬良平、水頭廉。FW砂川優太郎。トップチームと同じ<3-6-1>のシステム。FW大崎はトップチームでの出場経験もあって、6月7日のナビスコカップのアルビレックス新潟戦でもゴールをマークしているU-18日本代表選手である。こちらも来シーズンはトップチームでプレーすることが決定している。DF森保翔平はアルビレックス新潟のヘッドコーチに就任することが発表されたばかりの元日本代表MF森保一氏の息子である。森保一氏も長居スタジアムに観戦に訪れていた。

 #5 決勝戦
ユース(6)


■ 3年ぶりの日本一

試合は序盤から予想通りというべきか、前評価の高かったFC東京が攻め込む。積極的に前からプレッシャーをかけて広島に自由を与えず。広島はMF大崎がドリブルで打開しようとするも、すぐに囲まれてしまう。

優勢のFC東京は前半26分に直接FKのチャンスを獲得。これを、背番号「10」を背負うFW重松が直接決めて先制する。無回転気味の強烈なシュートだったが、広島のGK田村は正面のボールをはじいてしまった。

先制したFC東京の勢いは衰えず、FW重松やMF三田が果敢に仕掛けて、広島DFにプレッシャーをかける。劣勢の広島は、前半36分にDF森保が2枚目のイエローカードで退場となる。これで10対11人となってしまう。前半は、FC東京が1対0でリードして終了。

後半になると、一人少ないことを感じさせないほどの動きで広島も決定機を作るようになるが、FC東京のGK崔創喜のファインセーブもあってゴールを奪えず。何度か決定機を逃したFC東京だったが、後半35分にMF三田がGKとの1対1から確実に決めて2対0とリードを広げる。今大会の得点王のゴールで、突き放した。

結局、2対0で勝利したFC東京が勝利。3年ぶりの日本一となった。

 #6 試合前
ユース(7)


■ 強かったFC東京

ここまでの圧倒的なスコアでの勝ち上がりを証明するように、FC東京は決勝でも強さを見せつけた。後半になると、ラストゲームということもあって、広島も素晴らしいファイティングスピリットを見せて、好ゲームとなったが、それでも、ゴール前に迫った回数ではFC東京が圧倒的に多かった。スコアは2対0だったが、もう少し得点差がついていても、おかしくない内容だった。

FC東京はここ4年間で3度目の決勝進出で、2度目の日本一。FC東京には目立って背の高い選手はおらず、特別、フィジカルに恵まれているような感じは受けないが、実際には、一人一人のフィジカルが強くて、1対1の勝負では、決して当たり負けしなかった。イーブンのボールは、ほとんど、FC東京が競り勝って、拾っていたような印象さえ受けた。

前半から飛ばしていたので、いつかスタミナが切れるのではないかという心配もあったが、結局、最後までスタミナは落ちなかった。いい時間帯に2つのゴールが決まって精神的にも有利になったとはいえ、最後まで落ちない運動量は驚異だった。

 #7 歓喜のイレブン
ユース(10)


■ エースストライカーの重松

攻撃面では、トップチームへの昇格が決まっているFW重松が先制ゴールを決めて優勝に貢献した。同じくU-18日本代表で背番号「10」の広島のMF大崎と対決が注目されたが、この日はFW重松のプレーが上回った。22人の中でも、存在感は際立っていた。

173cmということで大きな選手ではないが、相手を背負っても難なくプレー出来るし、ほとんどボールを奪われない。ドリブルの時は、完全に自分の間合いを持っているので、広島のDFは飛び込むことも出来ず、確実にボールをキープした。

FC東京は、2007年大会の優勝の立役者だったMF大竹洋平が即戦力となって、1年目からJ1のピッチに立ってゴールを決めたが、同じように1年目から出てきても全く不思議ではない選手である。

■ 貫いたスタイル

一方の広島は苦しい試合となった。立ち上がりからFC東京に圧倒されて、簡単にはボールキープも出来ない状態。前半26分に先制ゴールを許して、さらに、前半36分にDF森保が退場。絶体絶命となったが、ここから意地を見せた。

失点シーンは、GK田村のミスといっていいものであり、この年代ではチーム全体がパニックになってもおかしくは無かったが、彼は、ここから巻き返して見せた。結局、ゴールは奪えなかったが、彼らは、逆境になればなるほど進化を発揮する「美しい敗者」だった。

広島ユースのスタイルは、トップチームでペトロビッチ監督が目指すスタイルと非常に良く似ている。パス回しのリズムや、タイミングや、選手の距離感は、そっくりといっていいレベルである。危ない横パスもあって、強烈なプレスをかけてくるFC東京の餌食になるシーンもあったが、それでも、最後までスタイルを貫いた姿勢は見事だった。

ペトロビッチ監督が就任したのは2006年の途中。このサッカーで2009年は4位に入った。トップチームとユースチームが同じサッカーを志すことが、必ずしも正しいとはいえないかもしれないが、身近にお手本があって、どういうサッカーをすればいいのかの1つのモデルがあるということは、大きなことである。

 #8 対照的なイレブン
ユース(8)


■ 2人のゴールキーパー

試合終了後、力の限りを尽くした広島のイレブンの多くは、ピッチに倒れ込んで、立ち上がることが出来なかった。歓喜するFC東京のイレブンとは対照的だった。

その中でも、2人のゴールキーパーの姿が印象的だった。スタメンで出場したGK田村昇大はFW重松の(ブレ球とはいえ、)正面ともいえるシュートを防ぎきれず、後ろにはじいてしまった。彼は、試合終了後、無情のホイッスルを聞いたその場所で、仲間達がやってくるまで、立ち上がることが出来なかった。

そのGK田村のプレーをベンチから見ていたのが、控えのGK大森圭悟。ピッチに立てなかったという悔しさと、大舞台で大きなミスをしてしまったライバルを思う気持ち。その胸の中には、いろいろな思いの混ざった複雑な感情があったことだろう。彼は号泣していた。

Jリーグの試合でも、両チームの選手はそれぞれの思いを胸に100%の気持ちで熱い戦いを見せてくれる。が、3年分の思いのつまったユース年代の最後の戦いは、それとは違った熱いものと切なさを感じさせる。試合終了後、この試合に出場した選手と、この試合に出場できなかった選手のみんなが、悔いのないサッカー人生を送ることが出来たら・・・と思った。本当にいい闘いだった。

 #9 2人のゴールキーパー①
ユース(9)


 #10 2人のゴールキーパー②
ユース(11)





■ スタジアム観戦記(2009年)

1323  2009/02/02  【鹿島レジェンド×磐田レジェンド】 秋田豊選手 引退試合 (生観戦記 #1)
1343  2009/02/23  【PSM:C大阪×G大阪】 Jリーグの季節の到来 (生観戦記#2)
1576  2009/03/22  【徳島×熊本】 渦の国のプロサッカークラブ (生観戦記#3)
1630  2009/04/27  【草津×東京V】 雨の中のスタンドで・・・ (生観戦記 #4)
1665  2009/05/24  【C大阪×福岡】 乾貴士と香川真司 二人の未来図 (生観戦記 #5)
1684  2009/06/14  【福岡×仙台】 レベスタ初体験記 (生観戦記 #6)
1711  2009/07/05  【神戸×FC東京】 アフリカン・サッカーのテイスト (生観戦記 #7)
1714  2009/07/26  【JFL:刈谷×北九州】 アマラオ 42歳の現役復帰 (生観戦記 #8)
1726  2009/08/05  【東京V×徳島】 初夏の国立で・・・ (生観戦記#9)
1750  2009/08/28  【C大阪×水戸】 ポゼッションサッカーは死語なのか? (生観戦記#10)
1781  2009/09/20  【岐阜×水戸】 吉本一謙の満点デビュー戦 (生観戦記#11)
1810  2009/10/11  【天皇杯:京都×V那須】 FW宮吉拓実(17歳)は柳沢敦になれるのか? (生観戦記#12)
1877  2009/11/22  【甲府×湘南】 夢のJ1が遠ざかった日 (生観戦記#13)
1878  2009/11/22  【甲府×湘南】 夢のJ1に近づいた日 (生観戦記#13)




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


11月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

11月21日
【J2】 22クラブの中で気になったチームの監督人事について (前編)

11月21日
【J2】 「主力の大量流出」を覚悟せざる得ない徳島ヴォルティス

11月21日
 2017/11/21  【Jリーグ】 契約満了になった選手について (金沢・岡山・大分)

11月20日
【J1】 「後任監督の最有力候補は柱谷哲二監督???」について (アルビレックス新潟)

11月20日
【昇格プレーオフ】 最も有利なのはジェフ千葉(6位)のような気がするが・・・。

11月20日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (藤枝MYFC編)

11月19日
【国際親善試合】 勝者と敗者の間にある"適切なメンタリティ" (日本 vs ブラジル)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (Y.S.C.C.横浜編)

11月19日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (グルージャ盛岡編)

11月18日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (SC相模原編)

11月18日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜FC編)

11月18日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (MF/FW編) (2017年版)

11月17日
鹿島アントラーズの山本脩斗選手について語ってみる。

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ギラヴァンツ北九州編)

11月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪U-23編)

11月16日
【J1】 残留を果たすのは清水エスパルスか?ヴァンフォーレ甲府か?サンフレッチェ広島か?大宮アルディージャか?

11月16日
【Jリーグ】 DAZNによる「金曜開催の要望」の是非について

11月16日
【Jリーグ&日本代表】 1997年は暗黒の時代だった。 (ジョホールバルの歓喜から20年)

11月15日
【J1】 残留か?移籍か?MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の移籍先候補について考える。

11月15日
【国際親善試合:ベルギー×日本】 「第1ポット相手の1点差負け」は悪くない結果だが・・・。

11月15日
【投票:国際親善試合】 vs ベルギー戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月14日
【J2】 プレーオフに行くのは徳島ヴォルティスか?東京ヴェルディか?松本山雅か?ジェフ千葉か?

11月14日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大分トリニータ編)

11月14日
【J1】 「2017年のベストイレブンに選ばれる選手が予想しにくい。」という話 (MF部門)

11月13日
【J3】 「J2のクラブへの個人昇格」がありそうな選手というと・・・。 (GK/DF編) (2017年版)

11月13日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ブラウブリッツ秋田編)

11月13日
【J2】 優秀監督賞は曹貴裁監督か?高木琢也監督か?

11月12日
【J1昇格】 V・ファーレン長崎はどんな補強が出来るだろうか?

11月12日
【J1昇格】 2017年のV・ファーレン長崎のチーム内MVPは誰だろうか?

11月11日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (町田ゼルビア編)

11月11日
【日本代表】 MF浅野拓磨への「笑うな批判」は正当なのか?否か?

11月11日
【国際親善試合:日本 vs ブラジル】 「劣勢の前半」と「やや持ち直した後半」

11月10日
【投票:国際親善試合】 vs ブラジル戦で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

11月10日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (下)

11月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (水戸ホーリーホック編)

11月10日
【J1】 DF福森晃斗(コンサドーレ札幌)はベストイレブンに選出されるのか?

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (中)

11月09日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきフォワード (14名) (上)

11月09日
【J1】 2017年の優秀選手賞に選ばれるキーパー(3人)は誰になるのか?

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (下)

11月08日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (大宮アルディージャ編)

11月08日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (中)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきアタッカー (21名) (上)

11月07日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴァンフォーレ甲府編)

11月07日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきボランチ (7名)

11月06日
【Jリーグ】 「J1の中規模以下のクラブ」が狙うべきサイドバック (7名)

11月05日
【ルヴァン杯】 MF中村憲剛(川崎フロンターレ)がカップを掲げているところを見たい。

11月05日
【J1】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月05日
【J1】 ビッグクラブへの道を歩み始めたセレッソ大阪

11月05日
【ルヴァン杯決勝:C大阪×川崎F】 ついに掴んだ初タイトル!!!セレッソ大阪が歴史を変える!!!

11月04日
【J2】 ベストヤングプレーヤー賞に選出されるのは誰だろうか?~ (2017年版)

11月04日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (サンフレッチェ広島編)

11月04日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のボランチ (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のサイドバック (7名)

11月03日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のセンターバック (7名)

11月03日
【J1】 優秀監督賞に選出されるのは誰だろうか?~候補は尹晶煥監督(C大阪)、大岩剛監督(鹿島)、鬼木達監督 (川崎F)など~

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のストライカー(7名)

11月02日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属のキーパー(7名)

11月02日
【J1】 DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の去就はどうなる?最有力候補は浦和レッズか?

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (鹿島アントラーズ編)

11月01日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC東京編)

11月01日
【J1】 ポジション別の個人ランキング (1位-10位) (GK編) ~3位:GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)、2位:GKカミンスキー(ジュビロ磐田)、1位は・・・。~

10月31日
【J1】 クルピ監督(元セレッソ大阪→ガンバ大阪)が成功するための2つの条件

10月31日
【J1・J2・J3】 オフの移籍市場で動向が注目される選手・20人 (上) (フォワード編)

10月31日
【Jリーグ】 J2の貧乏クラブが狙うべきJ1所属の若手アタッカー(7名)


10月30日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: