欲しいものリスト
アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/08/10 【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/11 【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/11 【名古屋グランパス×ガンバ大阪】 裏天王山を制したグランパス。FWジョーがハットトリック。
 2018/08/11 【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/12 【J2】 ポジション別に01位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/12 【カンボジア代表】 驚きだった本田圭佑の監督就任(?)について
 2018/08/13 【レノファ山口×徳島ヴォルティス】 久々の先発の22才のFW丸岡満が移籍後初ゴールをゲット。
 2018/08/13 【DAZN中継】 苦手なサッカー解説者の1人・幸谷秀巳さん (レノファ山口のホーム戦)
 2018/08/13 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その10)
 2018/08/14 【女子U-20W杯:日本×パラグアイ】 Wエースが躍動。FW宝田沙織(セレッソ大阪堺L)は3ゴール1アシスト。
 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島・山形・山口・京都あたり~
 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~福岡・横浜FC・東京Vも勝ち組候補~
 2018/08/15 【J3】 初のJ2昇格なるか!?上位争いの中心となるFC琉球と鹿児島ユナイテッド。
 2018/08/15 【アジア大会:日本×ネパール】 MF三笘薫(筑波大)が決勝ゴールも・・・。最悪の試合。
 2018/08/15 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その11)

J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1992  2018/07/17  サウジアラビア×エジプト、パナマ×チュニジア、イングランド×ベルギー、フランス×クロアチア
 #1993  2018/07/18  大事な国際大会が続く日本サッカー界
 #1994  2018/07/19  【ロシアW杯】 全64試合を観終えた今、思うこと。
 #1995  2018/07/21  札幌×川崎F、柏×FC東京、浦和×名古屋、長崎×神戸
 #1996  2018/07/22  湘南×鳥栖、磐田×鹿島、仙台×横浜FM、千葉×金沢
 #1997  2018/07/23  清水×C大阪、徳島×大宮、愛媛FC×岡山、町田×金沢
 #1998  2018/07/24  海外でプレーする日本人選手の動向について
 #1999  2018/07/26  名古屋×広島、鳥栖×仙台、沼津×C大阪U-23、千葉×甲府
 #2000  2018/07/27  徳島×福岡、大分×愛媛FC、大宮×松本山雅、東京V×新潟
 #2001  2018/07/28  G大阪×清水、熊本×山口、C大阪U-23×盛岡、札幌×磐田

 #0000  2018/07/28 全記事一覧(2005年-2018年)


【U-17日本×U-17ブラジル】 日本には明るい未来はあるはず | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ U-17ワールドカップ開幕

U-17のワールドカップが開幕。ブラジル、スイス、メキシコと同じグループに入った日本代表は、FW宇佐美、FW宮吉といったすでにJリーグデビューを果たしているタレントを擁して、まずは、グループリーグ突破を目指す。

日本は<4-2-3-1>。GK嘉味田。DF松原、内田、岡本、廣木。MF柴崎、小島、堀米、高木、宇佐美。FW杉本。京都サンガのFW宮吉はベンチスタート。セレッソU-18のFW杉本が1トップでスタメン。注目のMF宇佐美は1.5列目に入る。右のMFに甲府ユースのMF掘米。左のMFは東京ヴェルディユースのMF高木善朗。MF高木善朗は元プロ野球選手で大洋ホエールズで活躍した高木豊氏の二男である。

■ ロスタイムでの失点

前半26分にロングシュートで先制された日本だったが、前半35分にMF小島のサイドチェンジから右サイドバックのDF松原が粘って、最後はMF高木が豪快に決めて同点に追い付く。前半は1対1で終了。

後半は引き続いて日本ペースで進むが、後半22分に一発のスルーパスで抜け出されて勝ち越しを許す。しかし、日本は後半39分にロングボールを受けたFW杉本が見事なトラップから同点ゴールを奪う。これで2対2となる。

しかし、ロスタイムにブラジルが左サイドからフリーキックのチャンスを獲得。これを日本のGK嘉味田が痛恨のパンチングミス。これがGK嘉味田のオウンゴールとなって三度、リードを許す。この直後に試合終了のホイッスル。

結局、ロスタイムの残り1分という段階でゴールを許して2対3で惜敗。日本は黒星スタートとなった。第2戦はメキシコ代表を2対0で下したスイス代表と対戦する。

■ 先制を許した後・・・

立ち上がり3分に前線の連携からMF柴崎のミドルシュートでリズムをつかんだ日本だったが、前半10分を過ぎるとブラジルが猛攻を仕掛ける。何度かピンチを迎えた後の前半26分に左サイドから強烈なロングシュートを決められて失点を喫する。

これで慌ててしまうのかと思われたが、日本の選手は落ち着いていて、先制点を奪われてからの60分間ほどは、ずっと日本ペースで進んだ。先制ゴールを奪ったブラジル代表がややテンポを落としたということも1つの要因であるが、日本のディフェンダーが吹っ切れて、相手のアタッカーに対するチェックが厳しくなったことも、試合の流れを引き寄せて、ポジティブに作用した要因だった。

ブラジル国内のビッグクラブから選りすぐられた百戦錬磨のブラジル代表の選手といえども、U-17世代では幼さを見せて、一度、リズムを崩すとこうなってしまう。サッカーの怖い要素である。

■ 明るい未来はあるのか?①

この試合の前に、グループリーグ突破の可能性を考えていたとき、「引き分けることが出来れば最高であるが、グループリーグで3位になっても決勝トーナメント進出の可能性が残るということで、敗れたとしても、2点差以内であれば許容範囲かな。」と保険をかけていたが、日本代表の選手たちは勝つ気満々だった。

猛攻にさらされて後半25分にロングシュートを決められた時は、大量失点での敗戦も覚悟したが、日本の選手たちは精神的にもタフで強かった。2対2に追いついた後は完全に日本に流れが移っていて、MF高木のループシュート、MF柴崎の飛び出しからのシュート、こぼれ球を拾ったMF宇佐美の右足のシュートと、合計で3度、決定的なシュートを放っており、(試合をクローズさせて2対2の引き分けでも良かったようにも思うが、)果敢に決勝ゴールを奪いに行った姿は、非常に頼もしかった。

これまでの日本代表の歴史を振り返ってみても、王国のブラジル相手の試合では委縮してしまうのか、1996年のアトランタ五輪と2005年のコンフェデレーションズカップを除くと、ほとんど試合でブラジルの個人技にやられてしまって、ブラジル代表との対戦は楽しみではあるが、いつも、チーム力と個人力の差を感じさせられた。

個人的にも、どの世代であっても、「ブラジル代表」と「アルゼンチン代表」には勝てる気はしなかったが、U-17の選手たちのメンタリティは違っていた。日本の選手はブラジルの看板にビビってはいなかった。一番、ビビっていたのはサポーターだったのかもしれない。

■ 明るい未来はあるのか?②

MF宇佐美を筆頭に優れたタレントが集まっていて、この世代は「プラチナ世代」と呼ばれている。1992年と1993年に生まれた早生まれの高校3年生と高校2年生が中心で構成されており、もっとも遅く生まれたJFAアカデミー福島の高校1年生のMF幸野でも1993年の5月4日生まれということで、彼がギリギリでJリーグ開幕以前に生まれた選手ということになる。

今のA代表の中心であるMF中村俊やMF遠藤、MF中村憲といった選手は、Jリーグが誕生したとき、すでに中学生だった。当たり前のようにサッカーの情報が溢れていなかった時代である。

今後、赤ちゃんの頃から当たり前のようにJリーグが存在した世代と、それ以前の世代とでは、あらゆる面で差が生まれるはずであり、選手の質も劇的に変わるはずだと思う。もちろん、観る側もそうであり、物心がつく前からスタジアムに通っているサポーターと、そうではないサポーターでは差が出るはず。観る側も危機感を持たないと若い世代に飲み込まれてしまう。

■ 痛恨のパンチミス

2対2でロスタイムも残り1分。最後のプレーになったかもしれないセットプレーからの失点。なんでもないようなボールであったが、ヴィッセル神戸ユースのGK嘉味田がまさかのパンチングミス。それほど難しいボールではなかったはずで、キャッチをしても良かったように思うが、安全にパンチングで行って、それが逆に仇となった。

おそらく、練習中はこんなにもイージーなミスはしないはずで、ここ一番の大事な場面で出てしまったというのは不運といえば不運であるが、明らかな個人のミスなので、GK嘉味田は次の試合で取り返さなくてはならない。

もし、グループリーグ敗退に終わるようだと、痛恨のミスになるので、他の選手達はGK嘉味田のキャリアを守るためにも、死に物狂いで残り2試合に挑む必要がある。ミスしてしまったのは、もう仕方が無いが、まだ取り返すチャンスはある。

■ 杉本健勇のポジションは?

セレッソU-18ではセンターバックがメインポジションになりつつあるFW杉本健勇が、1トップでスタメン。FW宮吉という選択肢もあったが、高さのあるFW杉本を起用。この池内監督の選択は大成功した。

試合途中にシュートへの意識が欠けているようなシーンもあったが、後半39分に同点に追い付く値千金のゴールをマーク。シュートシーンも見事だったが、何よりもその前のトラップが見事で、トラップをしてシュートコースを作った時点で本人はゴールを確信しただろう。

187cmの長身でボールタッチも柔らかくて、ポストプレーにセンスがある大型フォワードということで、大きな期待がかかるが、センターバックで生きていくのか、フォワードとして生きていくのか、近い将来、難しい選択を迫られることになる。今年の夏に行われた日本クラブユースサッカー選手権では基本的にはセンターバックでプレーしチームを日本一に導いていて大会のMVPにも選ばれている。フォワードだけではなく、センターバックとしても魅力がある。

広島のDF盛田のようにフォワードからセンターバックにコンバートされた選手もいるが、どちらかというとフォワードで勝負するのが難しくなった長身選手が後ろにポジションを下げるという例が多く、FW杉本のようにフォワードのポジションでも年代別の代表でポジションを取れる選手がセンターバックとフォワードを兼任するのは、レアケースである。

個人的には、センターバックよりもフォワードでのプレーに魅力を感じるが、セレッソU-18の中谷監督は「最終的にはセンターバックだと思う。」と語っている。その決断にも注目される。

■ やや不本意な宇佐美

この年代の絶対的なエースであり、世代の顔であるMF宇佐美はフォワードに近い位置でプレー。前半は乗り切れなかったが、後半は得意のドリブルを披露するシーンが増えていった。

後半ロスタイムの2対2の場面で、ゴール前で決定的なシュートを放ったが左にそれてしまったシーンがあった。あれが決まっていれば、「さすが宇佐美」となったはずであるが、全体的には、不本意な出来だった。

今シーズンはG大阪のトップチームでプレー。出場機会がほとんどなく、試合勘不足も心配されたが、そういった影響は感じさせなかったとは思うが、得意のドリブル突破の回数はやや少なめだった。彼がこの世代のエースなので、勝ち点が取れないと相手がブラジルであっても批判されるのは仕方ない。残りのグループリーグでの活躍を期待したい。

■ 同点弾の高木善朗

高木三兄弟の二男で東京ヴェルディユースのMF高木善朗が前半35分に同点弾。試合の流れを大きく変える貴重な一発だった。

兄で1つ上のFW高木俊幸は先日の水戸ホーリーホック戦でJリーグデビューを果たしたばかり。前途洋々の三兄弟の中でも、今のところ、一番、期待されている選手であるが、見事に大舞台でもゴールを決めた。

MF宇佐美のようなテクニックがあるわけでもなく、FW杉本のようなフィジカルがあるわけでもないが、非常に実戦力のある選手で、前半はMF高木がチームのキープレーヤーになっていた。2対2の場面ではなったループシュートは惜しくも相手GKにファインセーブされてしまったが、これが決まっていたら大変なことになっていた。


U-17日本代表:採点


GK 嘉味田隼 (神戸ユース)  → 4.0

 → 最後のミスは言い訳の出来ないほどのイージーミス。試合を通して、ゴールキックを蹴るのに時間を使い過ぎている部分も不満に感じた。

DF 松原健 (大分U-18)  → 5.5

 → スタメンの中では、唯一、観たことの無い選手だったが、大分で期待されている理由は良く分かった。攻撃参加の回数は多くなかったが、1点目のプレーにつながったシーンは見事。

DF 内田達也 (G大阪ユース)  → 5.5

 → このチームの中心選手。結果的には3失点となったが、センターバックは上手く相手に対応していた。つなぐ場面とクリアする場面の判断も良かった。

DF 岡本拓也 (浦和ユース)  → 5.5

 → 173cmということで高さ不足が心配されたが、高さでやられるシーンは無かった。両センターバックは高さはないがクレバーさと対応力がある。

DF 廣木雄磨 (FC東京U-18)  → 4.5

 → 相手の左サイドからの攻撃に苦戦し、サイドを破られるシーンが目立った。攻撃では単純に前に蹴り出さず、ドリブルで上手く相手をかわして行くシーンは良かった。

MF 柴崎岳 (青森山田高校)  → 6.0

 → 何度かゴール前に飛び出してチャンスをつかんだ。MF宇佐美のパスを受けてDFラインの裏に抜け出たシーンは決めたかったが、彼がボールを持つとチームが落ち着く。

MF 小島秀仁 (前橋育英高校)  → 5.5

 → MF柴崎が前に飛び出して行ったので、その裏でバランス取りを行った。ボールを持った時は安定していて、守備面でも破たんは無かった。

MF 堀米勇輝 (甲府ユース)  → 5.5

 → 右サイドハーフでプレー。サイドでタメを作りたかったが、なかなかボールに触れられなかった。

MF 高木善朗 (東京Vユース)  →7.0

 → 値千金の同点ゴール。後半はやや疲れたのか動きが落ちたが、前半は上手くボールに絡んでチャンスを作った。

MF 宇佐美貴史 (ガンバ大阪)  → 5.0

 → 何度かチャンスを作ったが、本来のプレーではなかった。次の試合に期待したい。

FW 杉本健勇 (C大阪U-18)  → 7.0

 → 安定したポストプレーと冷静な同点ゴール。高さ勝負でもう少し勝てていれば申し分なかった。

MF 小川慶治朗 (神戸ユース)  → 5.0

 → MF堀米に代わって出場も流れに乗り切れず。





関連エントリー

0684  2007/08/11  【U-16日本×U-16米国】 君は宇佐美貴史を見たか? (生観戦記#12)
0877  2007/12/22  【サハラカップ:G大阪ユース×柏U-18】 ファイナルを目指して・・・ (生観戦記 #21)
1188  2008/08/12  【U-16日本×U-16ルーマニア】 天才・宇佐美貴史の未来(生観戦記#12)
1283  2008/12/23  【C大阪U-18×FC東京U-18】 ユース年代の熱き闘い (生観戦記#21)
1299  2009/01/10  【G大阪Y×C大阪U-18】 逸材たちの競演
1301  2009/01/12  【高校サッカー:鹿児島城西×前橋育英】 ストライカー大迫勇也
1661  2009/05/21  【ACL:G大阪×ソウル】 宇佐美貴史 プロデビュー戦



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30







最近のエントリー (50記事)


08月15日
全記事一覧(2005年-2018年)

08月15日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


08月15日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その11)

08月15日
【アジア大会:日本×ネパール】 MF三笘薫(筑波大)が決勝ゴールも・・・。最悪の試合。

08月15日
【J3】 初のJ2昇格なるか!?上位争いの中心となるFC琉球と鹿児島ユナイテッド。

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~アビスパ福岡・横浜FC・東京ヴェルディも勝ち組候補~

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島ヴォルティス・モンテディオ山形・レノファ山口・京都サンガあたり~

08月14日
【女子U-20W杯:日本×パラグアイ】 Wエースが躍動。FW宝田沙織(セレッソ大阪堺L)は3ゴール1アシスト。

08月13日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その10)

08月13日
【DAZN中継】 苦手なサッカー解説者の1人・幸谷秀巳さん (レノファ山口のホーム戦)

08月13日
【レノファ山口×徳島ヴォルティス】 久々の先発の22才のFW丸岡満が移籍後初ゴールをゲット。

08月12日
【カンボジア代表】 驚きだった本田圭佑の監督就任(?)について

08月12日
【J2】 ポジション別に01位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【名古屋グランパス×ガンバ大阪】 裏天王山を制したグランパス。FWジョーがハットトリック。

08月11日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【女子U-20W杯:日本×スペイン】 欧州女王の壁は打ち破れず。エースのFW植木理子(日テレ・ベレーザ)は不発。

08月10日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その9)

08月09日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月09日
【J2】 ポジション別に11位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【新10番】 レノファ山口のMF池上丈二の「ラストパス/90分」が異次元な件。

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【女子:U-20W杯】 初の世界一に向けて好発進。決勝ゴールを決めたのはMF林穂之香(セレッソ大阪堺レディース)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の中盤戦)

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (後編)

08月06日
【京都サンガ×モンテディオ山形】 JFLのFC大阪から加入したFWジュニーニョが相当に凄い。

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (前編)

08月06日
【日本代表】 新生・ポイチJAPANは3バックを採用するのか?4バックを採用するのか?

08月05日
【ジェフ千葉×松本山雅】 脅威のスピードスターのMF前田大然が輝きを放つ。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (MF/FW編)

08月04日
【ヴィッセル神戸×柏レイソル】 スペイン代表のMFイニエスタはさすがのプレーを見せる。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (GK/DF編)

08月03日
【五輪代表】 アジア大会のメンバー20名が発表~初代表はDF舩木翔(セレッソ大阪)とDF岡崎慎(FC東京)~

08月03日
【FC琉球×Y.S.C.C.横浜】 輝かしい未来を予感させる22才のMF富樫佑太

08月03日
【降格危機】 フィッカデンティ監督(サガン鳥栖)の解任はあり得るのか?

08月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その8)

08月02日
【長野パルセイロ×ブラウブリッツ秋田】 期待外れの両チーム。浮上のきっかけを掴めるか?

08月02日
【J2】 J1のクラブが注目しているだろう有望な若手プレーヤー・14名 (守備編)

08月01日
【J2】 J1のクラブが注目しているだろう有望な若手プレーヤー・14名 (攻撃編)

08月01日
【サガン鳥栖×ジュビロ磐田】 FWフェルナンド・トーレス&FW金崎夢生の夢の2トップは不発

08月01日
【移籍話】 FW小野瀬康介の移籍について (レノファ山口→ガンバ大阪)

07月31日
【京都サンガ×東京ヴェルディ】 現実味を帯びてきたまさかのJ3降格

07月31日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その7)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: