アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/14 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)
 2018/02/14 【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・家長昭博etc.~
 2018/02/14 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)
 2018/02/15 【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)
 2018/02/15 【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)
 2018/02/15 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)
 2018/02/16 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)
 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)
 2018/02/19 【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

 2018/02/19 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:504名)
 2018/02/19 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:208名)
 2018/02/19 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)
 2018/02/19 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:17名)

 2018/02/19 全記事一覧(2005年-2018年)


【東京V×徳島】 初夏の国立で・・・ (生観戦記#9) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 7月に入って・・・

Jリーグも7月に入ると北海道で行われる試合を除いて、ナイトマッチがほとんどになる。

7月11日の土曜日。そろそろ、梅雨も終わりかけ。雨の心配はほとんどない。本格的に夏の時期に入ると暑すぎて屋外に出るのも億劫になってしまうけれども、ほんのしばらくの期間だけ、サッカー観戦に最適の気候が続く。

この土曜日に行われるカードは8試合。

  ・鹿島アントラーズ - 大宮アルディージャ
  ・浦和レッズ - サンフレッチェ広島
  ・ジェフ千葉 - ヴィッセル神戸
  ・横浜Fマリノス - モンティオ山形
  ・アルビレックス新潟 - 川崎フロンターレ
  ・コンサドーレ札幌 - ロアッソ熊本
  ・東京ヴェルディ - 徳島ヴォルティス
  ・アビスパ福岡 - 栃木SC 

この中で、コンサドーレとロアッソの試合が行われる厚別はさすがに難しい。北海道は未経験なので一度は行ってみたいと思うけれど、そのときは、入念に予定を立てて、漏れなく北海道を堪能したい。

目を引くのは、レッズとサンフレッチェのカード。現在のJリーグの中で、最も攻撃的なサンフレッチェ広島とフィンケ監督が率いる新生・浦和レッズの試合は好ゲーム必至。埼玉スタジアムはしばらくの間、ご無沙汰であり、2006年12月23日の天皇杯のジュビロ戦が最後なので、もう2年半が経過している。「そろそろ。」という気もするが、いい席が残っていなかったので今回は泣く泣く断念。今後の楽しみとして残しておく。

次に考えたのが、マリノスとモンテディオのカード。これもなかなか惹かれるカードである。マリノスの主催試合としては比較的、珍しい三ツ沢での開催というのもポイントが高い。三ツ沢に行ったのは横浜FCの城彰二の引退試合が最後。こちらも1年半が経過している。

ただ、あの時はデイ・マッチ。1月の最終日曜日で極寒の中での試合だった。三ツ沢でのナイト・マッチというと、否が応でも、決戦のムードが高まると思うが、こちらはかなり混雑しそうなのでパス。不慣れなスタジアムで観衆の多い試合はリスクが大きい。

ということで、最終的には、東京の国立競技場で行われるヴェルディとヴォルティスのカードに決定。J2で5位を争うチーム同士の直接対決で、好調なチーム同士の対戦である。

■ 初夏の国立

ヴェルディの試合は今季2試合目の観戦となるが、1試合目はアウェーのザスパ戦。前橋市の敷島で行われた試合は2対0でヴェルディが勝利した。

昨シーズンも、ヴェルディの試合は3試合観ているが、万博、フクアリ、日産スタジアムといずれもアウェーゲーム。ヴェルディのホームゲームの観戦は2006年7月以来となる。

実は、その時も国立での試合。相手は松本育夫監督率いるサガン鳥栖。当時のヴェルディの監督はラモス瑠偉氏であり、控えのフォワードにはカターニャでブレークしつつあるFW森本貴幸がいた。アルビレックスやフロンターレでゴールを量産したMFマルクスもいた。サガンにはFW新居辰基もいた。

初夏の国立競技場のヴェルディ戦。3年前の記憶がオーバーラップする。

■ 東京への道のり

まずは東京駅に向かう。所要時間は2時間あまり。

車中で、西部謙司氏の「偉大なるマントーバ」という単行本を読む。この本は6章構成で、サッカーに関わるフィクションのストーリーが各章1つずつ。特に、第1章のジェブ千葉のDF大山高雄のワールドカップメンバー入りを巡るストーリーは引きつけられる。

ワールドカップ終了後に現役引退を決意するヒデこと上田英雄。セリエAでも活躍するスター選手と32歳のベテランで本大会直前に9年ぶりに代表に復帰したリベロのDF大山高雄。「世界を驚かせたい。」という夢を監督就任時に語った山岡昌治監督。世界基準のチームを目指したはずの山岡ジャパンは、(世界のスタンダードから外れているわけではなかったが、)それでも、出来上がったのが、「こじんまりとした小さな世界基準のチーム(=ヨーロッパのコピー)」であるという現実。

どこかで聞いたような、どこかで見たようなストーリーがベースになっているが、DF大山高雄の存在がチームを異なる方向に導いていく・・・。

読み進めて、第5章の「グッドマンの夜」の読み終えた頃、東京駅に到着する。3ヶ月ぶりの東京は相変わらず、混沌としていたが、その喧噪を通り過ぎて、国立を目指す。

東京駅から国立競技場までは、もうすぐである。一番、分かりやすいのは、中央線を通るルート。東京→神田→御茶ノ水→水道橋→四ツ谷→千駄ヶ谷。約20分間の距離である。

 #1 千駄ヶ谷駅①
国立(1)


■ 千駄ヶ谷へ・・・

国立競技場の最寄り駅の千駄ヶ谷駅。千駄ヶ谷周辺は、国立競技場の他にも、ヤクルトスワローズのホームグラウンドである神宮球場、秩父宮ラグビー場、東京体育館とスポーツ施設が目白押し。上智大学や赤坂御所もこの辺りであるという。

そういえば、前に国立競技場に来た時は、古田敦也の引退試合でごった返していた記憶がある。ヤクルトスワローズの試合と重なると、悲惨なことになる。

 #2 千駄ヶ谷駅②
国立(2)


千駄ヶ谷駅から2・3分歩くと、国立競技場が見えてくる。東京都新宿区の霞ヶ丘にある東京国立競技場。言わずと知れた『サッカーの聖地』である。

少し前の「あのシーン」や「あのシーン」の記憶は、全て、ここ「国立競技場」がその舞台である。東京オリンピックのメインスタジアムなので、築40年以上。老朽化は激しいが、それでも聖地であり続ける少し特別な場所である。

 #3 国立周辺①
国立(3)


■ 国立周辺の様子

ヴェルディとヴォルティスのカード。J2で上位4チームを追う第二グループの雄としてどちらかふさわしいかを決める大切な一戦ではあるが、一般層には受けにくいカード。国立競技場の収容人は約45000人。どう考えてもスタンドが埋まるはずはないので、少し寄り道をしてみる。

 #4 神宮球場
国立(4)


寄り道をしてから、再び、国立に向かう。緑に身を包んだヴェルディサポーターも続々と集まってきている。

とりあえず、千駄ヶ谷門の入り口付近のチケット売り場でチケットを購入。特に指定席を購入する理由もないので、バックスタンドで観戦することにする。席も空いているようなので、スタジアム内を見学。親会社の大塚製薬の社員の集団なのか、ヴォルティスのサポーターも多い。

 #5 国立周辺②
国立(5)


■ 会場入り

千駄ヶ谷門をくぐって坂道を登ると、メインゲートの入り口となる。日本代表の試合やナビスコカップ決勝、天皇杯決勝等、多くの人が集まるビッグゲームのときは、ここが長蛇の列となる。

 #6 千駄ヶ谷門から続く坂道
国立(6)


 #7 コンコース
国立(7)


この日は2016年の東京オリンピック招致のため、オリンピック招致推進アドバイザーに就任した松木安太郎氏が来場していた。松木氏はヴェルディ川崎時代に1993年と1994年の2度、Jリーグの最優秀監督に選ばれている。

 #8 松木氏の栄光
国立(8)


■ スタジアムグルメ

スタジアム内での3番目の楽しみはというと、スタジアムグルメである。その土地独特の食材を使った人気メニューが興味を誘う。

一番、スタジアムグルメが充実しているといわれるのが、『グルメスタジアム』ともいわれるカシマサッカースタジアムである。ここの『モツ鍋』は超有名である。

が、その観点から見ると、残念ながら、国立競技場は最低レベルである。今回、フライドポテトを購入したが、これだけ不味いフライドポテトは初体験である。わざか下手に作っていに違いない、と思うほどの出来である。

 #9 フライドポテト
国立(12)


 #10 ハット
国立(13)


 #11 試合開始前
国立(14)


■ 5連勝達成

18:04にキックオフ。

試合は、終始、ヴェルディがヴォルティスを圧倒する。なぜか、立ち上がりから臆病だったヴォルティスに対して、ヴェルディはFW大黒将志が2ゴールの活躍。4対0でヴェルディが圧勝し、5連勝を達成。

ベテランのDF土屋、MF服部が復帰し、FW大黒も好調。GK土肥という守護神もいて、MFレアンドロが昨シーズンとは比べ物にならないほどコンディションが良くて、攻撃に変化を加える。まだ、上との差は大きいけれども、現在のJ2の中で、トップクラスの戦力を有していることは間違いないだろう。

 #12 7番と13番
国立(17)


■ 高木琢也監督

高木監督は言わずと知れた「アジアの大砲」。188cmの長身を生かした得点力のあるセンターフォワードとして活躍し、オフト・ジャパンのキープレーヤーだった。国際Aマッチ44試合で27ゴール。ゴール数は歴代4位である。

キャリアのピークから少し経ったときにJリーグが誕生したのがドーハ世代。彼らは、現役時代から将来の日本サッカーの中心となるべく大きな期待をかけられていたが、不思議なことに、もっともリーダーシップがあって期待の高かった柱谷哲二がコンサドーレ札幌と東京ヴェルディで監督としての2度の失敗。

また、マスコミ受けも良くて、クレバーな感じのする狂気の左サイドバックこと都並敏史もベガルタ仙台、セレッソ大阪、横浜FCで3度失敗。ラモス瑠偉は2年目のJ2でFWフッキを中心とした爆発力で何とか昇格を果たしたが、指導者としてステップアップしそうな雰囲気はない。

そんな中、ドーハ世代で出世頭といえるのが、が清水エスパルスの長谷川健太とヴェルディの高木琢也というのが皮肉である。正直、現役時代の高木琢也選手を見て、将来、名監督になりそうな予感はほとんどなかったが、実際にはこの通りである。「監督」って何なんだろうか?

 #13 4対0
国立(18)


 #14 ヴェルディのイレブン
国立(19)


■ スタジアムの魅力

 テレビで見るのもいいですが、スポーツはやっぱり【生での観戦】です!
 テレビでみるのとスタジアム生観戦は、全く違います。

 選手の蹴るボールの音、周りのサポーターの声援、吹いている風や季節感なども、すべてが非日常的で、すべてが一つになってサッカースタジアムを彩っています。

 テレビなんて、足元にも及ばない・・・これが【ライブ】の臨場感です。

 スタジアムにいる間は、普段の生活でのいやなこと・つらいことなど、すべて忘れて、サッカーに熱中できます。



これは、サッカースタジアムの歩き方さんの言葉である。

常々、テレビ画面が、サッカーの良さ(本質)を十二分に伝えないことは、1つの不幸だと思うが、ただ、だからこそ、人々の足はスタジアムに向かうのであり、テレビの限界は、逆に幸せなことなのかな、とも感じている。

だから、最近、欧州サッカーが一般人の関心を集めているけれども、これもまた、Jリーグを含めた日本のサッカーの競争相手にはならないような気がする。頻繁に海外まで渡航できるサポーターを除くと、やっぱり別世界のものであり、もっと言うと、別の競技のような感じも受ける。

 #15 ホームゴール裏
国立(20)


 #16 アウェー側のスタンド
国立(21)


試合後、緑色に染まるストリート。ヴェルディの快進撃はまだまだ続くのか・・・。

 #17 帰宅の途
国立(22)





おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月17日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月18日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:504名)

02月18日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:208名)

02月18日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)


02月18日
【J2:順位予想】 22クラブの開幕直前の評価ランキング (12位-22位)

02月18日
【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月02日
【J1】 「いい補強だ。」とは感じなかった今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (21位~30位まで)

01月31日
【J1】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

01月31日
【現役引退】 FW小松塁(元セレッソ大阪など)に対する大いなる誤解を解きたい。

01月31日
【J1】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


01月30日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: