アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/04/22 【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件
 2018/04/23 【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−
 2018/04/23 【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)
 2018/04/23 【絶不調】 名古屋グランパスの低迷の理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/24 【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (GK編)
 2018/04/24 ハリルホジッチ監督解任は妥当だが・・・。~問題なのは日本サッカー協会の長期的戦略の無さ~
 2018/04/24 【4連敗中】 アルビレックス新潟の低迷の理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/25 【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (右SB編)
 2018/04/25 【10試合無敗】 東京ヴェルディの強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/25 【快進撃】 レノファ山口の強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/26 【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (CB編)
 2018/04/26 【好調】 ファジアーノ岡山の強さの理由をスタッツから考えてみた。
 2018/04/26 【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (前編)
 2018/04/27 【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (後編)
 2018/04/27 【アウェイ全敗】 ジェフ千葉の低迷の理由をスタッツから考えてみた。


J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1919  2018/04/17  C大阪U-23 vs 福島、磐田 vs 鳥栖、仙台 vs 川崎F、柏 vs 札幌
 #1920  2018/04/18  C大阪 vs FC東京、湘南 vs 広島、横浜FM vs 神戸、浦和 vs 清水
 #1921  2018/04/19  ガンバ大阪の問題点はどこにあるのか?
 #1922  2018/04/21  【J1】 「90分あたりの走行距離のワースト20」を計算してみた。~5位:大井健太郎、4位:昌子源、3位:アダイウトン、2位:ジョー、1位は…~
 #1923  2018/04/22  群馬 vs 藤枝MYFC、日本 vs 豪州、愛媛FC vs 甲府、東京V vs 水戸
 #1924  2018/04/23  金沢 vs 大分、横浜FM vs 湘南、神戸 vs 名古屋、川崎F vs 鹿島
 #1925  2018/04/24  清水 vs FC東京、岡山 vs FC岐阜、徳島 vs 讃岐、京都 vs 熊本
 #1926  2018/04/26  広島 vs 鳥栖、広島Y vs 神戸Y、仙台 vs 磐田、福岡 vs 千葉
 #1927  2018/04/27  【J3】 7節終了時点でクラブ別の雑感 (前編)
 #1928  2018/04/28  【J3】 7節終了時点でクラブ別の雑感 (後編)

 #0000  2018/04/28 全記事一覧(2005年-2018年)


【JFL:刈谷×北九州】 アマラオ 42歳の現役復帰 (生観戦記 #8) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ JFLの後期4節

全18チームの2回戦総当たり方式で行われるJFLは後半戦に入っている。後期4節のこの日は、17位のFC刈谷と3位のニューウェーブ北九州が愛知県刈谷市のウェーブスタジアムで対戦。JFLの生観戦は、岡山と富山に次いで3回目となる。

FC刈谷の前身はデンソーサッカー部。2001年には、現在、徳島ヴォルティスでプレーするFW徳重隆明がMVPと得点王を獲得する大活躍を見せて5位に食い込むが、翌年、FW徳重がセレッソ大阪に移籍。その後はチーム成績も低迷し、2005年には休部となった。

チーム存続の危機が訪れたが、2006年に刈谷市の市民が中心となって、市民のクラブとして生まれ変わり、「FC刈谷」が誕生する。現在は、Jリーグの準加盟クラブではないため、Jリーグ昇格の可能性はないが、将来的なJリーグ加盟も視野に入っているという。

 #1 富士松駅のホーム
刈谷(1)


■ ホームタウンの刈谷市

FC刈谷のホームタウンである刈谷市は愛知県のほぼ中央に位置し、人口は約14万人。豊田自動織機、デンソー、トヨタ紡織、トヨタ車体、アイシン精機等、トヨタグループの中心企業の多くが本社や主力工場を構える日本有数の自動車工業都市である。

JRの刈谷駅はJR名古屋駅から快速電車で約20分。ただ、ホームスタジアムのウェーブスタジアムの最寄り駅は名鉄本線の富士松駅になる。富士松駅からスタジアムまでは徒歩で約20分。刈谷駅から富士松駅までは名鉄で4駅である。

 #2 富士松駅前
刈谷(2)


■ 徒歩で20分

キックオフ2時間前にあたる16時の少し前に富士松駅に到着。

富士松駅からウェーブスタジアムまでの道のりは、予想以上の田園風景であったが、雨も上がって天気の心配はなさそう。しばらくすると、逢妻川の向こうにスタジアムが見えてきた。

 #3 スタジアムまでの道のり
刈谷(3)


 #4 逢妻川とスタジアム
刈谷(4)


■ ウェーブスタジアム

ホームスタジアムのウェーブスタジアムは、1994年のわかしゃち国体のサッカー競技で使用されることを目的に球技専用グラウンドとしてオープンしたが、その後、1999年に全面改修が行われて陸上競技場兼用として生まれ変わったという。

1996年からはJFLに昇格を果たしたデンソーのホームグラウンドとして使用されてきて、2007年に『ウェーブスタジアム』という名称がつけられた。収容人数は約4000人。メインスタンドは屋根付きの比較的、きれいなスタジアムである。

 #5 スタジアム周辺
刈谷(5)


■ JFLの現状

実力的には、「J1」、「J2」の下に位置し、3部リーグに相当する「JFL」であるが、チーム事情はピンキリである。プロのサッカークラブとしてJリーグ昇格を目指しているクラブもあれば、ジェフ・リザーブズのようなクラブもあり、流通経済大のような大学のクラブも存在する。

「日本サッカーのレベルアップのため、JFLをJ2のすぐ下のJ3に置き換える。」という構想もないわけではないが、JFLの現状を見ると、かなり難しいことは良く分かる。

FC刈谷もホームの観衆は数百人規模であることがほとんど。この日は、土曜日の夜ということもあって1000人をオーバー。大観衆がスタジアムに集まったものの、人を集めるのはなかなか難しいものである。

 #6 スタジアム内
刈谷(6)


■ アマラオの現役復帰

低迷するFC刈谷にとって、ここ最近のビッグニュースというと、コーチのアマラオ氏が現役に復帰したことである。

東京ガス(FC東京)時代には、JFLで165試合で101ゴール、J2で26試合で15ゴール、J1で101試合で49ゴールを記録。「キング・オブ・トーキョー」と愛されたFWアマラオの現役復帰はサッカー界全体にとっても、大きな話題であった。

42歳のストライカーは、さっそく、7月5日のアルテ高崎戦でFC刈谷の一員としてデビュー。7月11日のSAGAWA戦でホームデビュー。この日もベンチから出番を待つ。

 #7 キング・アマラオ
刈谷(7)


■ ニューウェーブ北九州について

この日の対戦相手はニューウェーブ北九州。

2010年からのJリーグ参戦を目指す準加盟クラブの1つである。昨シーズンはリーグ10位。しかし、今シーズンはここまで3位と好位置につける。昇格のための最低条件である平均観客動員3000人以上という数字もクリアしそうな勢いであり、あとは順位だけである。

3位の北九州としては下位に沈むFC刈谷との試合はアウェーとはいえ、絶対に落とせない試合である。北九州からも10数人程度、黄色のユニフォームをまとったサポーターが駆け付ける。

 #8 ニューウェーブのイレブン
刈谷(8)


■ 18:00にキックオフ

試合は18:00にキックオフ。

アウェーの北九州はGK水原。DF重光、川鍋、伊藤、冨士。MF関、桑原、日高、小野。FW宮川、長谷川。

GK水原は名古屋、横浜FC、東京Vでのプレー経験があるベテラン。四中高トリオの1つ下の学年になる。チームの要であるMF桑原は広島、新潟で長く主力として活躍してきた経験豊富なボランチで2006年から北九州でプレー。横浜FCでの活躍が印象深いMF小野信義も2006年から北九州でプレーする。彼が攻撃の中心の1人である。

2トップを組むのはFW宮川大輔とFW長谷川太郎。C大阪でプロデビューを果たしたFW宮川は1999年5月22日のジェフ市原で初出場で初ゴールを挙げているが、J1での出場経験はこの1試合のみ。2002年からはザスパ草津、2006年から北九州でプレーしている。

 #9 アップの様子
刈谷(9)


FW長谷川は言うまでもなく2005年の甲府で17ゴールを挙げてJ1昇格に大貢献した小柄なゴールハンター。北九州に移籍してきた今シーズンは、リーグ3位の9ゴールを記録している。サブのフォワードにはヴェルディ川崎でプレーした人気者のFW藤吉信次が名を連ねる。

また、この日はベンチからも外れたが早熟の天才として注目を集めた清水商出身のMF佐野裕哉もチームの一員である。FW佐野は昨シーズン、28試合で7ゴールをマークしている。

監督は与那城ジョージ氏。「ミスター・ヨミウリ」といわれた日系ブラジル人選手で、1985年には日本に帰化して日本代表でのプレーしている往年の名プレーヤーである。ということで、ややヴェルディ色の強いメンバー構成である。

 #10 ニューウェーブのスタメン
刈谷(10)


■ 北九州が3対0で勝利

試合の前半はやや硬さがあったのか、北九州の動きがイマひとつ。実力的には劣るはずの刈谷に何度か攻め込まれてチャンスを作られる。刈谷も決定的なシュートを外してゴールは奪えずに前半は0対0で終了する。

しかし、後半になると、北九州が準加盟クラブの実力を発揮。後半7分に左サイドを突破したDF冨士のクロスからFW宮川が押し込んで先制。さらに、後半16分に、右サイドのMF関のドリブルからMF日高が決めて2対0とする。

前半はサイド攻撃が不発に終わった北九州だが、後半は両サイドからの突破が効果的。刈谷のサイドバックの対応ミスもあって、サイド攻撃から2つのゴールが生まれた。精神的にも優位に立つ北九州は後半29分にFW宮川がドリブルで相手をかわしてから見事なシュートを決めて3対0。

意地を見せたい刈谷は、残り10分の段階で切り札のFWアマラオを投入。FWアマラオは卓越した技術を見せて前線で起点になるが、シュートは1本のみ。復帰ゴールを奪うことは出来ず、そのまま3対0で北九州が勝利。昇格に向けて貴重な勝ち点を奪った。

 #11 試合前の整列
刈谷(11)


■ 貫禄の勝利

前半は不出来だったが、後半に3ゴールを奪って勝利を勝ち得た北九州。大混戦になっているJFLの昇格争いの中で大きな白星であり、暫定で2位に浮上した。アマチュアであるFC刈谷と比べると練習量は大きな差があるはずで、刈谷のイレブンが後半に足がとなってしまったのに対して、北九州のイレブンは最後までスタミナを維持した。

前述のようにヴェルディカラーも強く、FW宮川を起点にダイレクトでパスが回るシーンもあって、攻撃力はさすがに刈谷のイレブンでは太刀打ちできないだけの威力があった。

後半のようにサイドをうまく使うと中央からの攻撃も機能するはずで、今シーズンの昇格だけでなく、来シーズン、J2で戦うことも視野に入れて強化を進める必要がある。

 #12 歓喜のイレブン
刈谷(14)


■ 2ゴールの宮川大輔

北九州のFW宮川大輔が2ゴールの活躍で勝利に貢献。J1時代のC大阪では出場機会はほとんどなかったが、2006年に北九州に加入すると、2006年に16試合で7ゴール、2007年に8試合で4ゴール、2008年に32試合で9ゴールを記録している。

前半は181cmの高さを生かした空中戦で強さを見せて、後半はスピードと決定力を見せて先制ゴールとダメ押しのゴールをマーク。相方のFW長谷川が何度か訪れた決定機を逃したのに対して、確実にネットを揺らした。

■ 39歳の藤吉信次

北九州には元Jリーガーが少なくない。前半から左サイドで存在感を発揮したDF冨士は昨シーズンまで徳島でプレーした選手であり、ドリブル突破が光ったMF関は元ロアッソ熊本の選手である。

そんな中で、懐かしい顔は元ヴェルディ川崎のFW藤吉。ユニークなキャラクターで人気を集めたFW藤吉はスタメンではなかったが後半途中から出場。左サイドでのプレーとなったが、さすがに技術の高さはうかがい知れた。

1970年生まれで、あの若かったFW藤吉も現在、39歳。川崎から京都に移籍し、更に仙台でもプレー。2003年には中国リーグにも移籍したが、2007年から北九州でプレーしている。もう、現役を退いていてもおかしくない年齢にも関わららず、真摯にプレーし続ける姿は、若い頃のパフォーマーとしてのFW藤吉だけを知っている人からすれば、想像出来ないだろう。頭の下がる思いである。

 #13 藤吉信次
刈谷(12)


■ 注目のアマラオ

2009年の4月から元チームメイトの浮氣哲郎が監督を務めるFC刈谷にコーチとして加入したFWアマラオだったが、7月3日に現役復帰を発表。「選手と同じ目線に立てるということで決意した。」ということだが、すでに42歳。1966年10月16日ということで、横浜FCのカズと同学年にある。

どの程度のプレーが出来るのか、というのは楽しみであったが、42歳とはいえ、さすがにテクニックがあって空中戦も迫力がある。この日は3点ビハインドの状態での投入であったが、FWアマラオが投入されると、スタジアムのムードと試合展開は一変した。

スタミナの問題があってスタメンというのは難しいだろうが、スーパーサブとしては打ってつけの存在といえる。「Jリーグでプレーする。」というのはさすがに難しいだろうが、少しレベルの下がるJFLであれば、十分に戦力になりそうだと感じた。

守備力に問題のある刈谷がそういうシチュエーションを作れるかどうかは別にして、相手チームにとっては、残り時間が少ない状態で同点あるいは1点リードの場面でFWアマラオが出てきたら、非常に厄介ではないかと思う。

 #14 アマラオ登場
刈谷(13)


■ JリーグとJFL

昨今、不況の影響もあって、J1のチームでも、J2のチームでも、経営に苦しんでいるチームがある。ただ、それでも、Jリーグは華やかであって、サポーターも多いし、テレビ中継もあって、メディアでも取り上げられる。改めて、JリーグとJFLとでは、状況が大きく違っているということを実感する。

この日、ウェーブスタジアムに集まった観衆は1000人。与那城ジョージやアマラオといったサッカー人が、(間違いなく金銭的にも過酷な状況の中で、)それでも、後輩たちのために(もちろん、自身のためにも)懸命に仕事をしている姿は、強く印象に残った。

先日、後藤健生さんは自身のコラムの中で、「JFLを見れば、日本サッカーが理解できる」と書いている。それも真であるが、逆に、「JFLのことをカバーできていなければ、『日本サッカーのことを真に理解できている』とはいえないのではないか。」とも思った。

新鮮な気持ち、なつかしい感情、驚きの思い・・・。いろいろな感情が交じった刈谷の夜であった。


 #15 ジョージとアマラオ
刈谷(15)


 #16 試合終了後のスタジアム
刈谷(16)




■ スタジアム観戦記(2008年)

0916 2008/01/28 城彰二選手 引退試合 (生観戦記 #1)
0998 2008/04/04 【G大阪×東京V】 遠藤ヤットの存在 (生観戦記 #2)
0999 2008/04/01 【神戸×磐田】 まさしく夢空間 (生観戦記 #3)
1015 2008/04/13 【千葉×大宮】 きっと新居辰基が救世主になる!!! (生観戦記 #4)
1036 2008/04/26 【神戸×G大阪】 どうして大久保嘉人は愛されるのか? (生観戦記 #5)
1056 2008/05/11 【名古屋×神戸】 印象的なMF吉村圭司 (生観戦記 #6)
1081 2008/06/03 【鳥栖×福岡】 いつかの夢に向かって・・・ (生観戦記 #7)
1136 2008/07/14 【広島×岐阜】 14年ぶりのビッグアーチ (生観戦記 #8)
1140 2008/07/20 【C大阪×広島】 スーパーストライカー佐藤寿人 (生観戦記 #9)
1158 2008/08/03 【岡山×鳥取】 ファジアーノが羽ばたくとき (生観戦記 #10)
1187 2008/08/11 【名古屋ユース+愛知県・豊田市選抜×ブラジルU-16】 王国相手にあわや・・・(生観戦記#11)
1188 2008/08/12 【U-16日本×U-16ルーマニア】 天才・宇佐美貴史の未来 (生観戦記#12)
1210 2008/10/19 【湘南×熊本】 菊池大介 17歳 (生観戦記 #13)
1211 2008/10/28 【千葉×東京V】 巻誠一郎という男 (生観戦記 #14)
1212 2008/10/20 【鹿島×川崎F】 フォトギャラリー (生観戦記 #15)
1217 2008/10/26 【C大阪×山形】 フォトギャラリー (生観戦記 #16)
1226 2008/11/03 【富山×琉球】 元日本代表FW山下芳輝との遭遇 (生観戦記 #17)
1251 2008/12/01 【横浜FM×東京V】 松田直樹というディフェンダー (生観戦記 #18)
1263 2008/12/07 【C大阪×愛媛FC】 モリシ ラストマッチ (生観戦記 #19)
1272 2008/12/15 【クラブW杯:G大阪×アデレード】 世界の舞台 デビュー戦 (生観戦記 #20)
1283 2008/12/23 【C大阪U-18×FC東京U-18】 ユース年代の熱き闘い (生観戦記#21)




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


04月27日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


04月27日
【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (後編)

04月26日
【J2】 2018年にJ1昇格を果たす2チーム or 3チームはどこか?を考える。 (前編)

04月26日
【好調】 ファジアーノ岡山の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月26日
【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (CB編)

04月25日
【快進撃】 レノファ山口の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月25日
【10試合無敗】 東京ヴェルディの強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月25日
【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (右SB編)

04月24日
【4連敗中】 アルビレックス新潟の低迷の理由をスタッツから考えてみた。

04月24日
【ロシアW杯の本大会】 新生・西野JAPANのメンバーを予想する。 (GK編)

04月23日
【絶不調】 名古屋グランパスの低迷の理由をスタッツから考えてみた。

04月23日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月23日
【Kリーグ挑戦】 異国で戦う背中−豊田陽平選手(前サガン鳥栖)の今を見る−

04月22日
【J1】 GK飯倉大樹(横浜Fマリノス)の走行距離が物凄いことになっている件

04月22日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月21日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

04月21日
【J1】 「90分あたりのスプリント回数のベスト30」を計算してみた。~5位:翁長聖と山中亮輔、4位:大槻周平、3位:藤春廣輝、2位:高山薫、1位は…~

04月21日
【なでしこジャパン】 見事なアジア制覇!!!ヒロインになったのはクミーニョ!!!

04月20日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月20日
【J1】 「90分あたりの走行距離のベスト30」を計算してみた。~5位:高橋諒、4位:藤田直之、3位:高山薫、2位:野津田岳人、1位は…~

04月20日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

04月19日
【J1】 2018年シーズンの序盤戦の雑感 (上位争い編)

04月19日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月19日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の序盤戦)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (浦和レッズ・柏レイソル・FC東京)

04月18日
【J1】 全18クラブの長所や課題や問題点をスタッツから考える。 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・鹿島アントラーズ)

04月18日
【J1】 「18クラブの中でここから浮上していく可能性が高いチーム」をいくつか挙げてみた。

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月17日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月16日
【絶好調】 コンサドーレ札幌の強さの理由をスタッツから考えてみた。

04月16日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (下)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「面白いサッカーを見せているチーム」はどこだろうか? (上)

04月15日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりもヤバそうなチーム」をいくつか挙げてみた。

04月14日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (下)

04月14日
【なでしこジャパン】 松木安太郎さん&大竹七未さんの解説が不十分過ぎた件

04月14日
【なでしこジャパン】 「無気力試合」という批判は正しいのか? (vs オーストラリア)

04月13日
【J1】 18クラブの中で「前評判よりも良さそうなチーム」をいくつか挙げてみた。 (上)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編)

04月13日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編)

04月12日
【日本代表】 MF遠藤保仁(ガンバ大阪)の代表復帰はありか?なしか?

04月12日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編)

04月12日
【J1】 V・ファーレン長崎の若手の有望な選手について語ろう。

04月11日
できなかった答え合わせ ~私は今回のハリルホジッチ監督解任に反対だ。~

04月11日
【J3】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の序盤戦)

04月11日
【J1】 サガン鳥栖の若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【J1】 浦和レッズの若手の有望な選手について語ろう。

04月10日
【日本代表】 「新生・西野JAPANの中心メンバーは誰なのか?」を考える。

04月09日
【日本代表】 大事な男・西野朗監督の就任について思うこと。

04月09日
【J1】湘南ベルマーレの若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ベガルタ仙台の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 コンサドーレ札幌の若手の有望な選手について語ろう。

04月08日
【J1】 ジュビロ磐田の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 柏レイソルの若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 ヴィッセル神戸の若手の有望な選手について語ろう。

04月07日
【J1】 鹿島アントラーズの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 名古屋グランパスの若手の有望な選手について語ろう。

04月06日
【J1】 サンフレッチェ広島の若手の有望な選手について語ろう。


04月05日
全記事一覧(2005年-2018年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: