アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/19 【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)
 2017/10/19 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)
 2017/10/20 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (フォワード編)
 2017/10/20 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)
 2017/10/21 【J1】 強く批判されるべきDF高橋祥平(ジュビロ磐田)の行為 (vs 清水エスパルス)
 2017/10/21 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (レノファ山口編)
 2017/10/21 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジュビロ磐田編)
 2017/10/22 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガイナーレ鳥取編)
 2017/10/22 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪U-23編)
 2017/10/22 【なでしこ】 日本サッカー界の未来を担う10代の有望株 (10人)
 2017/10/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (清水エスパルス編)
 2017/10/23 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC琉球編)
 2017/10/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)
 2017/10/24 【J2】 自動昇格争いの展望 ~日程を考えると最も有利なのは名古屋グランパスだが・・・。~

 2017/10/24 全記事一覧(2005年-2017年)


岡田ジャパンを見る目が無駄に厳しすぎるのではないかと思う。 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 盛り上がりに欠けた出場権獲得

オシム前監督の突然の離脱から急遽、日本代表の監督に抜擢された岡田武史氏。比較的、グループリーグの組み合わせに恵まれたこともあって、2試合を残してウズベキスタンの地で南アフリカ行き決定させた。

1997年のジョホールバルの戦いのようなドラマチックな展開にはならず、したがって、大きなフィーバーにもなっていない。「盛り上がりに欠けたワールドカップ出場権獲得」との報道がされているが、ワールドカップに出場することが当たり前になってしまった今の状況では、仕方のないことといえる。

実際、1993年のドーハの悲劇以降の16年間で、日本代表チームが、U-20、U-23、W杯の世界大会の切符を取り逃したことは、2008年の牧内ジャパンのただ1度しかなく、日本代表が南アフリカ行きを逃した方がニュースとしては、はるかに面白かっただろう。

■ 難しいグループリーグ突破

さて、今後、ワールドカップでベスト4を目指す戦いが始まるわけであるが、現実的には誰がどう考えてもベスト4は厳しい。ベスト4どころか、グループリーグ突破もかなり難しいことは明らかである。

ここで、ここ3大会(フランス、日韓、ドイツ)を振り返ってみると、3大会全てでワールドカップのグループリーグを突破したのは、ブラジル(準優勝、優勝、ベスト8)、イタリア(ベスト8、ベスト16、優勝)、ドイツ(ベスト8、準優勝、3位)、イングランド(ベスト16、ベスト8、ベスト8)、メキシコ(ベスト16、ベスト16、ベスト16)の5チームのみ。

強豪国といわれる国でも、1998年のスペイン、2002年のフランスやアルゼンチンやポルトガル、2006年のチェコのようにグループリーグ突破に失敗した経験を持つ国は少なくない。ワールドカップ出場が当たり前になると、今度は当たり前のようにグループリーグ突破を期待するのはサポーターの1つの心理であるが、たやすいものではない。

■ その他大勢の国々の悩み

ベスト4(グループリーグ突破)が困難に思われる理由は、岡田監督の選手選考がどうとか、試合内容がどうとか、チーム作りがどうとか、そういう問題以前であり、日本サッカーの持つポテンシャル的な問題による。

今の日本には、「○○をチームに加えれば確実にグループリーグを突破できるだけの戦力になる。」と断言できるだけのスーパータレントはおらず、また、日本代表を確実に決勝トーナメントに導くだけの知恵と経験をもった監督を世界中から探そうとしても無駄だろう。

もちろん、それは、日本代表に限ったことではなく、ブラジルやアルゼンチン、イタリアやドイツ、イングランドやスペインといった超大国を除く、その他大勢の国の代表チームに共通する悩ましい事情である。

■ オーソドックスなサッカー

ここまでの戦い方を振り返ってみると、第二次岡田ジャパンが見せているサッカーは非常にオーソドックスなサッカーであるといえる。オシム監督が見せたサッカーは「考えて走るサッカー」と呼ばれたが、岡田ジャパンに明確なキャッチコピーがつかない理由も何となく理解できる。

加茂監督時代は「ゾーンプレス」といった言葉が流行し、トルシエ監督時代は「フラット3」や「ウェーブ」といった言葉が新語として脚光を浴びたが、岡田監督のサッカーは、「攻守の切り替えの早いサッカー」という選手たちの共通認識はあるが、1つのフレーズで明確に「これが岡田サッカーである!!!」と表すのは難しい。攻撃にしろ、守備にしろ、世界のサッカーの流れに沿ったシンプルなサッカーである。

また、メンバー選考も極めてオーソドックスである。

MF中村俊輔、MF遠藤保仁、DF中澤佑二という経験豊富な選手がチームの軸。DF内田篤人、MF香川真司、MF山田直輝といった若く才能のある選手を抜擢することに躊躇しないという特徴はあるが、「もっと自分のカラーを出してもいいのでは?」と思わせるほど、普通の選考である。

過去の代表チームを振り返ってみると、オフト時代の森保一、加茂時代の山口素弘、トルシエ時代の中田浩二や明神智和、オシム時代の羽生直剛や山岸智と秘蔵っ子と呼べるキープレーヤーが存在したが、現在の岡田ジャパンにはそういった存在はいない。

1国の代表チームの監督がどの選手を選出するのかは注目の的であり、「何故、この選手を召集しないのか?」、「何故、この選手を召集するのか?」といった話題は多くのサッカーファンの間で議論される内容であるが、岡田ジャパンの場合、オーソドックスすぎて、突っ込みどころが少ないというのが現状である。現在、代表に選ばれている選手で明らかに代表に呼ばれる資格の無いと思われる選手もいない。

■ 世界で最も過酷なリーグ

18チームの3回戦総当たりでトータル51試合。北は北海道から南は熊本まで、東西に長い日本列島を横断するJ2リーグ。12月、1月、2月をブレーク期間とすると、9か月(約41週間)で51試合を戦うことになる。

34試合+ナビスコカップという試合数であり、交通網の発達した都市圏での試合が多く、J1とは比較にならないくらいタイトなJ2リーグ。『世界で最も過酷なリーグ』と形容されるが、あながち間違いではない。

その中で優勝候補といわれるのが、MF香川真司とMF乾貴士という二人の日本代表を擁するセレッソ大阪。ここまでの14勝3敗4分けで2位を走る。

ここで、今シーズンからJ2に昇格してきたの栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山の3チームと比較してみると、クラブの歴史、設備の充実度、選手層の厚さ、タレント力と全ての面で上回っていて、スタメン表を見ると、相手チームを圧倒しそうなメンバーが揃うC大阪であるが、そう簡単にうまくいかないのがサッカーの面白いところである。

3節で対戦した栃木SC戦は1対0の辛勝。8節のファジアーノ岡山戦は終わってみればMF乾貴士の1ゴール2アシストの活躍もあって4対1で勝利したが、前半から何度も岡山に決定機を作られてスコアほど内容で圧倒出来なかった。そして、10節のカターレ富山戦はアウェーの地でスコアレスドロー。21節のホームのカターレ富山戦は2対3で敗れている。

14勝3敗4分けと申し分ない成績を残すC大阪だが、立ち上がりから相手を圧倒して試合を制したと呼べるゲームはほとんどなく、どの試合も苦戦しているのが現状である。ただ、だからといって、イチイチ大騒ぎしていたら、クラブは成り立たなくなるだろう。Jクラブのどのチームのサポーターも、ひいきチームが全ての試合で素晴らしい内容のサッカーを見せて相手を圧倒するスコアで勝利することを望むが、それが不可能であることを十分に理解している。

■ ベスト/ベターな道のり

1998年のフランスW杯を戦った日本代表、J1昇格を目指したコンサドーレ札幌、2003年と2004年に2年連続で年間王者に輝いた横浜Fマリノス。過去に岡田監督が率いたチームは3チームあるが、どのチームもファンタスティックなサッカーを見せたわけではなく、むしろ、その逆であった。

そのサッカーに好き嫌いがあるのは理解できるが、その嗜好はそれぞれとして、ここまで岡田監督が見せている仕事には十分に合格点が与えられるものであると思う。ある程度はオシム監督の遺産を引き継いだが、準備期間は通常の半分程度であり、苦しむことなく予選を最速で突破したというのは、立派な実績である。岡田監督就任当初、「岡田武史ではワールドカップ出場も難しい。」と語っていた人も少なくなかったが、その予想は裏切られた。

ここ最近の日本代表の試合はあまり後味が良くない。その理由は、全ての試合にパーフェクトな準備をして、パーフェクトなモチベーションで臨んで、パーフェクトなパフォーマンスを見せて、パーフェクトな勝利をおさめないと気がすまないという勢力が増殖しているからであるように思う。

正直、岡田監督の掲げた「ワールドカップベスト4」という到達目標が現在の日本代表にふさわしいものかといわれるとNOであるが、ここまでの岡田ジャパンはベストな道のりではないが、ベターな道をそれなりに順調に進んできているように思える。「このままではベスト4入りは難しい。」というのは事実で、より良い道があるのであれば方向転換することも必要だが、いろいろな障害があって常にベストの道を進めるわけではなく、また、ベストの道を選択していないからイコールダメとも言い切れない。

厳しい目線で日本代表を見守ることが強化への最善の策であるとすれば全てにおいてパーフェクトを求める姿勢が正しいといえるのかもしれないが、現実には、一部のサポーターやジャーナリストの非現実的な見方が、むしろ、足かせになっているように思える。




おすすめエントリー (10記事)

コメント

随分先見性のある内容だった、面白く読めた
2011/03/31(木) 17:01:55 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん  [編集]
>GL突破の可能性を2割に引き上げる可能性のある監督とは誰ですか?

名前を挙げらない程、たくさん居ると思いますよw
無策のジーコでも一割程の可能性はあった思います。
OZにさえ勝っていればその後の戦い方も違い2位も十分にありました。OZと10戦すれば3勝程度は出来たと思ってます。
「岡田よりジーコが優れている」とは思いませんが、今の実験的なサッカーはあんまりです。

トッティタイプ不在の0トップ+ガンバ+バレー不在の大木甲府=現代表

2009/06/23(火) 18:18:40 | URL | ぱん  [編集]
KZ
ぱんさん

真剣勝負で内容まで求めるのはそれこそブラジルレベルの国の話でしょう。

GL突破の可能性を2割に引き上げる可能性のある監督とは誰ですか?
私にはそれは「ないものねだり」に思えます。
2009/06/19(金) 08:04:29 | URL | No Name  [編集]
岡ちゃんで現実を見せられ、トルシエで歓喜し、ジーコで再度現実を突きつけられ、オシムで夢を見させられて、また岡ちゃんで現実に戻される。こんな気がする。
2009/06/18(木) 18:12:40 | URL | だの  [編集]
監督岡田に対し「何をもって合格なんだ!?」って思いました。

W杯出場と言う結果なら不合格ではないものの、あの戦力でアジアA組の2位以内を確保出来ない監督の方が逆に珍しいかと・・・
この結果のみで合格ならば松木安太郎監督でも合格しそうです。

内容で「合格」か?と考えれば、
親善試合以外の真剣勝負ではほぼグダグダ。オールスターメンバーを並べただけで機能性はイマイチ。同じようなタイプを並べたりコンセプト実現の為に選手の持ち味を殺しまくる。現代表の目玉である大木のクローズ戦術にしても、ある程度の国なら当たり前にやってる内の1つにしか過ぎない。等不満タラタラ。

岡田ではグループリーグ突破の可能性は5%程しかないと感じるので2割程度に引き上げてくれる監督にして欲しいと思います。
「中立地W杯での初勝利」を至上命題とするならば、岡田監督でも全く構わないのですが・・・

考えてみれば、ノルマと言うか絶対に達成しなくちゃいけない目標って物が明確になっていないのでサッカーファンの意見にまとまりがないのかもしれませんね。
ベスト4とかベスト8等の非現実的な物でなく、達成できるかもしれないノルマを協会に発表して欲しいです。
発表する事によって、達成する為に本格的に動き始める事ってたくさんあると思います。
2009/06/16(火) 17:38:12 | URL | ぱん  [編集]
「オーソドックスなサッカー」というものを
どう定義づけていらっしゃるのでしょうか?

今の代表のサッカーがそうであるとは
個人的には全く思っていません。
シンプルでもなく手数がかかりすぎるサッカーだと
感じています。
2009/06/15(月) 18:16:40 | URL | naruha  [編集]
遠くアウェイの地でW杯出場を決め、
帰国直後に行われたどーでもよい消化試合で、
試合内容を厳しく問うミーハーサポとマスゴミ。

そうか!
「W杯5大会連続優勝」とか目指してるんだ!

すごいね!さすがサッカー大国だね!ニッポン!
2009/06/15(月) 18:11:40 | URL |    [編集]
テレ朝以外の他の民放各局にとってサッカー日本代表が注目されることは有難迷惑な話なんで、以前のように盛り上げてないのが主な原因にあると思いますがどうでしょうか?
2009/06/15(月) 02:20:41 | URL | つ子  [編集]
岡崎の活躍や本田の成長には頼もしさを感じますが、もっと選手起用に"冒険"があってもよいと思います。たとえば金崎や谷口など。
2009/06/14(日) 21:48:55 | URL | 院長  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月24日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月24日
【J2】 自動昇格争いの展望 ~日程を考えると最も有利なのは名古屋グランパスだが・・・。~

10月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

10月23日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC琉球編)

10月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (清水エスパルス編)

10月22日
【なでしこ】 日本サッカー界の未来を担う10代の有望株 (10人)

10月22日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪U-23編)

10月22日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガイナーレ鳥取編)

10月22日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジュビロ磐田編)

10月21日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (レノファ山口編)

10月21日
【J1】 強く批判されるべきDF高橋祥平(ジュビロ磐田)の行為 (vs 清水エスパルス)

10月20日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)

10月20日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (長野パルセイロ編)

10月20日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (フォワード編)

10月19日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

10月19日
【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)

10月19日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~


10月04日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: