欲しいものリスト
アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







最近のエントリー (15記事)

 2018/08/10 【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/11 【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/11 【名古屋グランパス×ガンバ大阪】 裏天王山を制したグランパス。FWジョーがハットトリック。
 2018/08/11 【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/12 【J2】 ポジション別に01位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)
 2018/08/12 【カンボジア代表】 驚きだった本田圭佑の監督就任(?)について
 2018/08/13 【レノファ山口×徳島ヴォルティス】 久々の先発の22才のFW丸岡満が移籍後初ゴールをゲット。
 2018/08/13 【DAZN中継】 苦手なサッカー解説者の1人・幸谷秀巳さん (レノファ山口のホーム戦)
 2018/08/13 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その10)
 2018/08/14 【女子U-20W杯:日本×パラグアイ】 Wエースが躍動。FW宝田沙織(セレッソ大阪堺L)は3ゴール1アシスト。
 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島・山形・山口・京都あたり~
 2018/08/14 【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~福岡・横浜FC・東京Vも勝ち組候補~
 2018/08/15 【J3】 初のJ2昇格なるか!?上位争いの中心となるFC琉球と鹿児島ユナイテッド。
 2018/08/15 【アジア大会:日本×ネパール】 MF三笘薫(筑波大)が決勝ゴールも・・・。最悪の試合。
 2018/08/15 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その11)

J3+(メルマ)のエントリー (10記事)

 #1992  2018/07/17  サウジアラビア×エジプト、パナマ×チュニジア、イングランド×ベルギー、フランス×クロアチア
 #1993  2018/07/18  大事な国際大会が続く日本サッカー界
 #1994  2018/07/19  【ロシアW杯】 全64試合を観終えた今、思うこと。
 #1995  2018/07/21  札幌×川崎F、柏×FC東京、浦和×名古屋、長崎×神戸
 #1996  2018/07/22  湘南×鳥栖、磐田×鹿島、仙台×横浜FM、千葉×金沢
 #1997  2018/07/23  清水×C大阪、徳島×大宮、愛媛FC×岡山、町田×金沢
 #1998  2018/07/24  海外でプレーする日本人選手の動向について
 #1999  2018/07/26  名古屋×広島、鳥栖×仙台、沼津×C大阪U-23、千葉×甲府
 #2000  2018/07/27  徳島×福岡、大分×愛媛FC、大宮×松本山雅、東京V×新潟
 #2001  2018/07/28  G大阪×清水、熊本×山口、C大阪U-23×盛岡、札幌×磐田

 #0000  2018/07/28 全記事一覧(2005年-2018年)


【PSM:C大阪×G大阪】 Jリーグの季節の到来 (生観戦記#2) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ あと2週間で開幕

Jリーグの開幕まであと2週間。

次の土曜日には新シーズンの到来を告げるゼロックス・スーパーカップが行われ、そして、その翌週からは、いよいよ2009年のJ1/J2のリーグ戦が開幕する。各クラブともキャンプの終盤にさしかかっており、仕上げの最終段階に入っている。

この日、大阪の長居スタジアムでは、「J:COM CUP 大阪ダービー2009 モリシ メモリアルマッチ」と題して、大阪ダービーが行われた。C大阪がJ2に降格した2006年シーズン以来、約2年半ぶりのダービーである。

 #1 大阪ダービー
ダービー⑭


■ 大阪の2つのクラブ

西日本最大の都市で、政治・経済・交通・経済などあらゆる分野で中心となる大阪市が府庁所在地となる大阪府の人口約880万人。この数字は、東京都、神奈川県に次いで全国3位である。

その大阪府をホームタウンに持つのが、ガンバ大阪とセレッソ大阪である。

昨シーズン、ACLを制したG大阪のクラブの前身は1980年創部の松下電器産業サッカー部。このクラブは、Wikipediaによると、「日本サッカーリーグ(JSL)2部所属のヤンマークラブ(ヤンマーディーゼルサッカー部の下部組織)が1979年に解散した事を契機に、同クラブの指導者と選手を受け入れる形で結成された。 」という。

一方、昨シーズンJ2で4位のセレッソ大阪の前身は、「ヤンマーディーゼルサッカー部」。1970年代に、日本サッカー史上最高のストライカーである釜本邦茂が所属し、全盛期を築き上げた。1995年からJリーグに参戦している。

ともに大阪のクラブではあるが、G大阪のホームタウンは吹田市であり、C大阪のホームタウンは大阪市となる。したがって、同じダービーでも、横浜Fマリノスと横浜FCのような同じ街の両チームの対戦というわけではない。

 #2 試合前のサポーターの行列
ダービー③


■ モリシ&名波

この日は開幕前2週間という大事な時期ではあるが、昨シーズン限りで現役を引退したMF森島寛晃とMF名波浩の引退試合を兼ねている。

セレッソ一筋のMF森島は、J1で318試合に出場して94ゴール。J2で42試合で12ゴール。国際Aマッチ通算で64試合で12ゴール。2002年ワールドカップのチュニジア戦で決めた地元の長居スタジアムでの先制ゴールが印象深いクラブのレジェンドである。

また、2006年に半年間、セレッソ大阪に所属したMF名波浩。残念ながら、J1残留請負人として磐田からレンタルで加入したMF名波が所属したときにクラブがJ2に降格してしまったが、繊細なレフティの姿はC大阪サポーターも強く印象に残っているだろう。J1通算で301試合で34ゴール。日本代表でも67試合で9ゴール。フランスワールドカップでは背番号「10」を背負った。

 #3 森島&西澤&名波
ダービー⑤


■ 注目のスタメン

2年続けてJ1昇格に失敗したC大阪。今シーズンは、もう絶対に昇格を逃すことは許されない。

この日のシステムは<3-6-1>。GKキム・ジンヒョン。DF前田、チアゴ、江添。MFマルチネス、黒木、酒本、石神、乾、香川。FWカイオ。特別ゲストのFW森島寛晃とMF名波浩がベンチ入り。両者とも、ラスト5分からの出場予定となっている。また、清水から復帰したFW西澤がベンチ入り。

一方のガンバ大阪は<4-5-1>。GK藤ヶ谷。DF佐々木、山口、中澤、安田。MF明神、橋本、遠藤、寺田、ルーカス。FW山崎。注目の新戦力のFWレアンドロとFWチョ・ジェジンはコンディション不良のため共にベンチ外。さらには、DF高木和道とDFパク・ドンヒョクの新戦力センターバックもベンチスタート。

結局、G大阪のスタメンは、全て、昨シーズンに同クラブに所属したメンバーとなった。

 #4 試合開始前
ダービー⑨


■ 香川真司の先制ゴール

試合は、今キャンプ中の練習試合での成績が4敗1分けと調子の上がっていないG大阪を相手にホームのC大阪が押し込む展開となる。

FWカイオ、MF乾、MF香川の前線のトライアングルの破壊力は健在で、前半7分にMF乾の右サイドへの大きな展開を起点に中央へクロス。相手GKが処理しきれなかったボールをファーサイドにいたMF香川が落ち着いて決めてC大阪が先制する。

背番号「8」を引き継いだMF香川のゴールで勢いに乗るC大阪は、その後も、ダブルボランチのMFマルチネスとMF黒木の左右への大きな展開からG大阪を揺さぶってチャンスを作り続ける。しかし、GK藤ヶ谷の好セーブもあって、前半は1対0のまま。C大阪リードで折り返す。

■ 守備陣が奮闘

思い通りの前半ではなかったG大阪は、後半開始からFW播戸を投入し2トップに変更。すると、FW播戸の運動量と裏へ抜ける動きがC大阪のディフェンスに脅威を与えて、ペースを取り戻す。

C大阪はダブルボランチの動きが落ちて、G大阪のパスワークに翻弄されるようになるが、C大阪は最終ラインが踏ん張って得点を許さない。唯一の決定的なピンチだったG大阪のミドルシュートもGKキムがファインセーブで防いでゴールを許さず。

ラスト5分でC大阪はMF森島とMF名波を投入。最後はなかなかボールを奪えない苦しい展開となったが、なんとか守り切って1対0でC大阪が勝利。開幕に向けて弾みのつく試合となった。

 #5 背番号「8」
ダービー④


■ 動きの良かったセレッソ
 
1週間後にタイトルマッチであるゼロックスを控えるG大阪と比べると仕上がりが遅くて普通のC大阪であったが、むしろ、セレッソイレブンのほうが動きは良かった。攻撃力ばかりに目がいきがちだが、前線のFWカイオ、MF香川、MF乾の3人の運動量も相当なもので、前線からのプレスが効果的だった。

対するG大阪は、「なかなか調子が上がっていない。」という報道通りで、特に前半の動きは最悪で、前半終了と同時にガンバサポーターからもブーイングが出る始末だった。

ゼロックスと長丁場のリーグ戦はともかくとして、3月10日から2連覇のかかる大事なACLのグループリーグがスタートする。ホームで山東魯能(中国)との対戦となるが、少なくとも、この試合までにはコンディションを上げていかなければならない。そうでないと取り返しのつかないことになる。

■ 新戦力のMFマルチネスの評価

MFジェルマーノに代わってC大阪の背番号「10」を背負うのが新外国人のMFマルチネス。ブラジルの名門クラブのクルゼイロやパルメイラスでプレーした185cmの大型ボランチであるが、ポジティブな印象を残すホームでのデビュー戦となった。

リーチの長さを生かしたボールキープと正確なパス、さらには体格を生かした守備の強さが魅力的で、この試合では、よくボールに絡んで攻撃をリードした。残念ながら、直接フリーキックのチャンスでは壁に当たってしまったため、フリーキッカーとしての能力を計ることはできなかったが、中盤のフィルター役とゲームメイクの中心の両面で重要な戦力になりそうだ。

ただ、前任のMFジェルマーノと比べると、運動量や機動性といった意味では劣るのは間違いなく、どれだけチームにフィットして、継続的に安定したプレーができるかがポイントになるだろう。

 #5 新外国人MFマルチネス
ダービー⑪


■ 新加入の石神

怪我から回復途上のDF尾亦のコンディションがまだ十分ではないこともあって左ウイングバックで先発起用されたのが、鹿島からレンタルでやって来たMF石神。選択肢としてMF平島を起用する可能性もあったが、クルピ監督はMF石神を選択した。

そのMF石神のプレーは及第点以上といえる。積極的にゴール前に入っていって、惜しいシュートを2本放ったのは好印象で、G大阪のディフェンスが逆サイドへのケアが甘かったという理由もあるが、右サイドからのクロスに対して中に入ってシュートを狙う姿勢は良かった。

また、守備面でもうまくスペースをケアし、全く破たんはなかった。運動量も申し分なかったが、その一方で、サイドでボールを持った時に相手をかわしたり正確なクロスを上げるといったサイドプレーヤーに求められる部分での仕事の質は高くなかった。

C大阪のサイドプレーヤーの層は決して厚くはない。レギュラー有力候補のMF尾亦にしても故障がちであり、そのバックアッパーとして堅実なプレーを見せられればC大阪としては戦力的に大きいが、左サイドの専門家のMF尾亦が帰ってくれば、今の段階ではポジションを守るのは難しく、また交代枠が5つしかないJ2では左右のウイングバックをこなせるDF平島のほうが使い勝手がいい。

C大阪で多くの出番をつかむためには、MF尾亦がいないと思われる序盤戦でいかにアピールできるかがである。

■ 2年目の黒木聖仁

日章学園高出身で2年目となるMF黒木聖仁がボランチでスタメンの座を射止めた。昨シーズンは44節の草津戦の1試合のみの出場に終わったが、今シーズンは、MFジェルマーノとMFアレーの二人のボランチが退団したことで、大きなチャンスが巡ってきた。

この日はMFマルチネスとコンビを組んだが、前半のコンビネーションは良く、ボールを多く受けて捌きたいタイプのMFマルチネスの隣でうまく彼を操縦し、自身も得意の強くて正確なミドルパスで攻撃の幅を広げることに成功した。後半になるとスタミナの問題なのか、ボールに絡むプレーが極端に減ってしまったことは残念でマイナスポイントであるが、全体的な評価は悪くなかった。

ボランチのユニットとして見ても、昨シーズン後半のMFジェルマーノ&濱田のコンビよりも、中盤での守備力や左右への展開力といった部分では、この日のMFマルチネス&MF黒木の方が可能性を感じさせた。ただ、MFジェルマーノ&MF濱田のコンビほど、細かい中盤でのつなぎに関与できるコンビではなさそうなので、しっかりと相手に守られた時に攻撃が単調になる危険性はある。

■ 新守護神のキム

1987年生まれで韓国の若年層の代表として活躍してきたという新外国人のGKキム・ジンヒョンがスタメンのゴールキーパーに起用された。GK相澤とGK山本が抜けたことで正GKの不在のC大阪だが、おそらく、開幕からGKキムをメインに起用するのだろう。

その注目のデビュー戦だが、前半に一度、大きなミスを犯してしまった。レフェリーの笛に救われたが、足元でボールをキープしていたときに不注意で相手フォワードに奪われそうになった。完全に1点もののプレーであり、ラッキーな笛で事なきを得たが、印象的には良くない。

ただ、そのシーンを除くと悪くなかった。G大阪の攻撃がなかなか枠に飛ぶシュートを打てなかったこともあって、セービングの部分での判断は難しいが、クロスに対する処理能力は、190cmと高さもあって比較的安心して見ていられるタイプなのかもしれない。また、フィードの面では、最終ラインから丁寧につなぐチーム戦術もあってなかなかゴールキックで大きく蹴りだすシーン自体がなかったが、後半にクロスをキャッチした後に、前線に送った2つのキックは強くて正確で、好印象を持った。

GKというポジションなので、とりあえずはボーンヘッドをすることなく、味方の信頼を勝ち得てポジションをつかんでいってほしいと思う。GKのポジションはC大阪のウイークポイントの1つであるが、GKキムの潜在能力を考えると、逆にストロングポイントになる可能性もあるだろう。

■ チアゴが加入したディフェンスライン

課題の守備陣はアジアチャンピオンのG大阪を相手に無失点に抑えた。後半はパスを回されるシーンも多かったが、ディフェンスラインはよく辛抱して、決定的なシュートシーンはほとんど作らせなかった。

3バックの中央に入ったDFチアゴの評価は1試合だけなのでまだ保留としたいが、後半に見せた大胆な攻撃参加など見るべきプレーは多く、つなぎの部分でも安心して見ていられた。

この日は、右にDF前田、左にDF江添が入ったが、特にDF前田のプレーが抜群に良かった。後半から投入されたG大阪のFW播戸に対して、投入直後はやや悩まされたが、徐々にプレッシャーを強めていってクリーンにボールを奪うシーンが多かった。

その一方で、つなぐサッカーを目指すクルピ体制では、DF前田の足元の技術ではやや不安であるのは否めない。前線にFWカイオしかいないこともあって、ゴールキックになっても大きく蹴り出すことはほとんどなく、確実に味方につなぐショートパスで攻撃をスタートさせるが、この試合でも何度かボール扱いに戸惑って相手に渡してしまうシーンがあった。

守備力(特に高さや強さ)を考えるとDF前田は外し難いが、つなぐサッカーとの相性は良くないので、継続的な不安材料となりうる。

■ 背番号「7」の乾貴士

この試合でもっとも多くのチャンスを作ったのが、C大阪のMF乾貴士。FWカイオやMF酒本らの決定的なシュートが相手GK藤ヶ谷のファインセーブに阻まれたこともあって奪った得点は1点のみであったが、C大阪のチャンスの数は多く、中盤で組むMF香川のコンビネーションも抜群であった。

とにかく、この二人は、ボールを持った時に、前を向くための動作が巧みである。

正確な技術で相手に囲まれていてもしっかりと前を向くことができるので、その次の瞬間の動作で、前を向いた状態でドリブルに入ることができる。よって、無駄なロスの時間がなく、相手の準備が整う前にドリブルで仕掛けることができる。

 #6 背番号「7」の乾貴士
ダービー⑩


■ 2トップの離脱と疲労

超大型補強を行って優勝候補筆頭と目されるG大阪であるが、この日はその片鱗を見せることはできなかった。何といっても、得点力アップの切り札であるはずのFWレアンドロとFWチョ・ジェジンの離脱が痛い。FWバレーの抜けた後、得点力不足に喘いでいたG大阪にとっては救世主であり、シーズン前に何としてもコンビネーションを確立しておきたかったが、思わぬ誤算となった。

また、それ以外の選手にしても、元日まで試合を行った前シーズンの疲れが残っているのか、全体的な動きも重く、今後を不安にさせる出来だったことは間違いない。

 #7 ガンバ大阪のイレブン
ダービー⑧


■ 右サイドの佐々木

この日のスタメンは全て昨シーズンからのメンバーであったが、1つ目を引く起用となったのが、右サイドバックの佐々木。DF加地が怪我という理由もあってサイドバックでの先発であり、スピードを生かしたサイドアタックを期待されたが、思うような効果は出せなかった。

DF佐々木自体のコンディションも良くなかったこともあって前半のみで交代し、後半は左サイドから移ったDF安田が右サイドバックに入ったが、こちらも出来は今一つだった。サイドバック、特に右サイドバックの控えはいまだに適任者が見つかっていない。

■ 優勝候補の筆頭

この日の観衆は16,602人。雨模様の天候であり、プレシーズンマッチということを考えると上出来と言えるが、50,000人収容の長居スタジアムは、まだまだ、スペース的に余裕があって、もっとスタンドが埋まってもおかしくなかった。

J1とJ2でカテゴリーは異なるが、幸いにして、共に優勝候補の筆頭と目されており、リーグ戦で好成績を残してリーグを引っ張っていくことが予想される。ともに代表選手を抱えており、スケジュールも過密であるが、成績のみならず、魅力的なサッカーを見せていってほしいところである。

そして、何よりも、来シーズンこそは、J1の舞台で大阪ダービーを見たいものだと、多くの観衆が感じたことだろう。

 #8 モリシとともに・・・
ダービー⑫

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30







最近のエントリー (50記事)


08月15日
全記事一覧(2005年-2018年)

08月15日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)


08月15日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その11)

08月15日
【アジア大会:日本×ネパール】 MF三笘薫(筑波大)が決勝ゴールも・・・。最悪の試合。

08月15日
【J3】 初のJ2昇格なるか!?上位争いの中心となるFC琉球と鹿児島ユナイテッド。

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(後編) ~アビスパ福岡・横浜FC・東京ヴェルディも勝ち組候補~

08月14日
【J2】 夏の補強に成功したのかどこだろうか?(前編) ~勝ち組は徳島ヴォルティス・モンテディオ山形・レノファ山口・京都サンガあたり~

08月14日
【女子U-20W杯:日本×パラグアイ】 Wエースが躍動。FW宝田沙織(セレッソ大阪堺L)は3ゴール1アシスト。

08月13日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その10)

08月13日
【DAZN中継】 苦手なサッカー解説者の1人・幸谷秀巳さん (レノファ山口のホーム戦)

08月13日
【レノファ山口×徳島ヴォルティス】 久々の先発の22才のFW丸岡満が移籍後初ゴールをゲット。

08月12日
【カンボジア代表】 驚きだった本田圭佑の監督就任(?)について

08月12日
【J2】 ポジション別に01位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編) (2018年の中盤戦)

08月11日
【名古屋グランパス×ガンバ大阪】 裏天王山を制したグランパス。FWジョーがハットトリック。

08月11日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【J2】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編) (2018年の中盤戦)

08月10日
【女子U-20W杯:日本×スペイン】 欧州女王の壁は打ち破れず。エースのFW植木理子(日テレ・ベレーザ)は不発。

08月10日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その9)

08月09日
【J2】 ポジション別に01位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月09日
【J2】 ポジション別に11位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (左SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月08日
【新10番】 レノファ山口のMF池上丈二の「ラストパス/90分」が異次元な件。

08月08日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (CB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (右SB/WB編) (2018年の中盤戦)

08月07日
【女子:U-20W杯】 初の世界一に向けて好発進。決勝ゴールを決めたのはMF林穂之香(セレッソ大阪堺レディース)

08月07日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (GK編) (2018年の中盤戦)

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (後編)

08月06日
【京都サンガ×モンテディオ山形】 JFLのFC大阪から加入したFWジュニーニョが相当に凄い。

08月06日
【J2】 今夏の移籍の中で「特に効果的な補強」になりそうなのは・・・。 (前編)

08月06日
【日本代表】 新生・ポイチJAPANは3バックを採用するのか?4バックを採用するのか?

08月05日
【ジェフ千葉×松本山雅】 脅威のスピードスターのMF前田大然が輝きを放つ。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (MF/FW編)

08月04日
【ヴィッセル神戸×柏レイソル】 スペイン代表のMFイニエスタはさすがのプレーを見せる。

08月04日
【アジア大会】 超・本気モードのU-23日本代表メンバー・20名を考える。 (GK/DF編)

08月03日
【五輪代表】 アジア大会のメンバー20名が発表~初代表はDF舩木翔(セレッソ大阪)とDF岡崎慎(FC東京)~

08月03日
【FC琉球×Y.S.C.C.横浜】 輝かしい未来を予感させる22才のMF富樫佑太

08月03日
【降格危機】 フィッカデンティ監督(サガン鳥栖)の解任はあり得るのか?

08月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その8)

08月02日
【長野パルセイロ×ブラウブリッツ秋田】 期待外れの両チーム。浮上のきっかけを掴めるか?

08月02日
【J2】 J1のクラブが注目しているだろう有望な若手プレーヤー・14名 (守備編)

08月01日
【J2】 J1のクラブが注目しているだろう有望な若手プレーヤー・14名 (攻撃編)

08月01日
【サガン鳥栖×ジュビロ磐田】 FWフェルナンド・トーレス&FW金崎夢生の夢の2トップは不発

08月01日
【移籍話】 FW小野瀬康介の移籍について (レノファ山口→ガンバ大阪)

07月31日
【京都サンガ×東京ヴェルディ】 現実味を帯びてきたまさかのJ3降格

07月31日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2018年・夏の移籍市場) (その7)



公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: