アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/10/18 【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について
 2017/10/19 【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)
 2017/10/19 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)
 2017/10/20 【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (フォワード編)
 2017/10/20 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)
 2017/10/21 【J1】 強く批判されるべきDF高橋祥平(ジュビロ磐田)の行為 (vs 清水エスパルス)
 2017/10/21 【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (レノファ山口編)
 2017/10/21 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジュビロ磐田編)
 2017/10/22 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガイナーレ鳥取編)
 2017/10/22 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪U-23編)
 2017/10/22 【なでしこ】 日本サッカー界の未来を担う10代の有望株 (10人)
 2017/10/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (清水エスパルス編)
 2017/10/23 【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC琉球編)
 2017/10/23 【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

 2017/10/23 全記事一覧(2005年-2017年)


【日本×オーストラリア】 俊輔と決別する時 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 首位攻防戦 

3連勝で勝ち点「9」とグループ首位を走るオーストラリアと2勝1分けで勝ち点「7」の日本の対戦。オーストラリアがこの試合に勝利すれば、ワールドカップ出場が限りなく近づくが、対する日本は、ホームで勝てばオーストラリアを逆転してグループ首位に立つことができる。

日本は<4-4-1-1>。GK都築。DF内田、闘莉王、中澤、長友。MF遠藤、長谷部、中村俊、松井。FW田中達、玉田。MF岡崎、FW巻、FW大久保らがベンチスタート。

■ スコアレスドロー 

立ち上がりからグループ首位の攻防戦らしく緊張感のある試合となった。

引き分けでもワールドカップ出場が大きく近づくオーストラリアはやや引き気味で、日本はオーストラリアの裏のスペースを積極的に狙って、FW田中達とFW玉田を走らせる。前半5分には、右サイドの裏のスペースに出たFW田中達のグラウンダーのクロスにニアでFW玉田が合わせるがヒットできず。前半は0対0で終了。

後半12分にMF松井に代えてFW大久保を投入。後半の半ばからは日本がセットプレーを中心にクロスボールをゴール前に送り、シュートチャンスを作ろうと試みるが、黄色い壁に阻まれて、なかなかチャンスは作れない。

残り20分になると、試合後半やや疲れの見えるオーストラリアに対して、MF遠藤、FW玉田、MF長谷部が決定的なシュートを放つが、相手GKの堅守もあってゴールは奪えず。

そのまま0対0のスコアレスドローに終わった。

■ 遠かったゴール

やや日本有利の判定の影響もあって、前半から何度もセットプレーを得たが、最後まで、ゴールは遠かった。日本にとっても、ワールドカップ出場を考えるとドローでもOKであったため、「無理攻め」はしなかったという理由もあったが、ホームでもう少しいい形を作れてもよかった。

岡田ジャパンになってから、FW玉田の1トップが基本であり、それなりに成熟してきているが、やはりオーストラリアのようなチームを相手にすると、簡単にはいかない。もう少し、FW玉田が中央でボールを受けて突破するなり、ポストに入るなりすることができれば攻撃の幅は広がったと思うが、うまくいかなかった。

FW玉田の1トップというアイディアは悪くないが、行き詰った時にどう変えるのか、バリエーションが全くない状態である。試合中盤にフォワードの枚数を増やすことはあったが、試合開始から2トップあるいは3トップを採用する可能性を探るなど、幅を広げる必要がある。

■ 合格点の守備

一方で、戦前に不安視された守備陣は、中盤の協力もあって、オーストラリアにほとんどシュートチャンスを与えなかった。これは、大きな収穫であり、自信につながるものである。両センターバックが相手のロングボールを確実に跳ね返し続けた点は、2006年とは異なるものであり、中でも、この日のDF中澤の出来は出色だった。

また、センターバックだけではなく、両サイドのDF内田とDF長友も、攻守に標準以上の出来だった。特に、右サイドバックのDF内田の突破は、この試合の一番の武器となっていた。得点にはつながらなかったが、アタッキングエリアでもっともアイディアのあるプレーを見せたのは、ピッチ上では最年少のDF内田であった。

■ オーストラリア恐怖症からの脱却

ドイツW杯の初戦でショッキングな敗戦を喫したこともあって、日本サッカー界にはオーストラリア恐怖症のようなものが蔓延しているが、思い起こすと、あれだけ散々な内容だったドイツでの戦いでも、後半の終了間際まで日本が1対0でリードしていたというもの事実であるし、近年、大事な試合でオーストラリアに負けたのはあの1試合のみである。

この日の日本代表の試合内容は十分ではなかったが、それでも、オーストラリアに全くと言っていいほど、決定機を与えず、無失点に抑えることに成功した。確かに相手は大きい選手がそろってはいるが、今後、必要以上にオーストラリアを恐れる必要はないかもしれない。

■ 左サイドの松井の起用

京都時代にピム監督の指導を受けた経験を持つMF松井を左サイドで起用。左サイドMFは、FW大久保、MF香川の可能性も考えられるが、岡田監督はMF松井を抜擢。立ち上がりから、MF松井のプレーは意欲的で守備面での貢献は光ったが、次第に埋没していった。

松井に期待されるのは、左サイドでボールを持って起点を作る仕事と、サイドを駆け上がってゴール前にいいボールを供給することであるが、なかなかサイドでボールを持つ機会も少なく、たとえ、サイドを突破したとしても中央の枚数が少ないので、効果的なチャンスにつながる確率は非常に低かった。

右サイドのMF中村俊との兼ね合いもあるが、代わりに入ったFW大久保の方が自由にプレー出来ており、相手側からすると危険であった。MF松井のドリブルとキープは武器であるが、この日の相手や中盤の構成を考えると、ミスマッチであり、気の毒な使い方であった。

■ サイドの人選

コンディションの問題なのか、思うようにプレーできないことへの不安感からなのか、MF中村俊輔の出来も非常に悪かった。イエメン戦やフィンランド戦では、右サイドMFの位置にMF岡崎が起用されて、3得点を挙げるなど、はつらつとプレーしていたことと比べて対照的だった。

この日の日本代表は、サイドを崩しかけてももゴール前の枚数が少なく、チャンスにつながらないというシーンが多かったが、右にMF中村俊、左にMF松井という配置では、それも致し方ないといえる。

切り札のMF岡崎が起用されたのは後半38分であり、ほとんど仕事は出来なかった。なぜ、FW岡崎を先発で起用しなかったのかは、1つ悔やまれる点である。

■ 俊輔と決別する時①

ジーコジャパンが誕生した2002年以降、長期にわたって日本代表の10番を背負い、数々のスーパープレーを見せてきたMF中村俊輔だが、30歳を迎えており、常に、かつてのようなスーパーマン的な活躍を求めるのは酷となってきているのかもしれない。

2003年~2007年当たりのMF中村俊輔であれば日本代表の攻撃が膠着した時、技巧とインテリジェンスで打開してきたが、ここ最近は、難しくなってきてる。

もちろん、キープ力やフリーキックの威力は現代表でも№1であり、貴重な戦力の1人であるのは間違いないが、岡田監督が使い方を誤ると、今後、残りの予選や本大会で致命傷となるかもしれない。

■ 俊輔と決別する時②

残念ながら、今のマスコミや代表サポーターを含めた日本サッカー界の成熟度を考えると、もし、俊輔を外して思うような結果が出なかったとき、とてつもない世間の反発が起こる危険性はあるが、アンタッチャブルな存在にしないことは大事である。

この日のように出来が悪かったら途中交代させるのも1つの策であるし、怪我等のコンディション不良のときや相手チームとの兼ね合いを考えて、別の選手の方が持ち味を発揮できる場合、スタメンから外してやることも必要である。

ワールドカップの本大会まで、あと1年半の時間がある。日本代表は、1997年のカズ、2005年の中田英のときと似た問題を抱えていくことになる。


中村俊輔 (なかむら・しゅんすけ)

0067  2006/01/15  【セルティック×キルマーノフ】 パーフェクトなプレーを見せた中村俊輔
0348  2006/09/14  【CL:セルティック×マンU】 中村俊輔が鮮やかな同点FK
0425  2006/11/22  【CL:セルティック×マンU】 おとぎ話のような試合
0502  2007/02/18  【CL:セルティック×ミラン】 俊輔とカカー
0926  2008/02/05  【日本人限定】 セットプレーのキッカー10傑
1332  2009/02/10  【日本×オーストラリア】 俊輔と決別する時
1334  2009/02/12  【Jリーグ】 史上最高のフリーキッカーは誰だと思いますか?
1695  2009/06/24  中村俊輔のエスパニョール入りについて
1971  2010/02/26  中村俊輔のJリーグ復帰について
1993  2010/04/07  【日本×セルビア】 酷い試合
2011  2010/05/09  【浦和×横浜FM】 中村俊輔の活躍度っていったい?
2022  2010/05/24  【日本×韓国】 グッドバイ 中村俊輔
2050  2010/06/19  【W杯:日本×オランダ】 悔しいが、しかし、立派な戦い
2076  2010/08/01  【横浜×名古屋】 復調気配の中村俊輔




おすすめエントリー (10記事)

コメント

>アンタッチャブルな存在にしないことは大事

まさに!
俊輔は大事な選手ではあるが、もちろん絶対的な選手ではないし決定力不足を解決できうる人材でもない。

>FW岡崎を先発で起用しなかったのかは、1つ悔やまれる点である。

これも同意!
達也を切り札にし岡崎を先発というのも良かったのではないかと思う。
2009/02/16(月) 12:36:55 | URL | 入江スタ  [編集]
はじめまして 大胆な意見だなぁと 楽しく読ませて頂きました

要は日本人のミットフィルダーに対する考え方を根本的に考え直す時期なのかなと 私は考えます

サイドで人数をかけて相手守備陣を崩すことを優先するとパサーばかりの構成ではフィニッシュが弱くなるのは必然ですね
外からの崩し+フィニッシュへの対応+ディフェンスへの貢献 全てをクリアする選手こそ モダンサッカーのミッドフィルダーですね(ジェラードのような)


そう考えると 中村俊輔選手は所属するクラブでは右ウイング FWの仕事に専念してるように見えるし セルティックのミッドフィルダーは見事に崩しもターゲットにもなっています

やはり リスクを犯してでもチャンスにはゴール前に顔を出さなければ点には繋がらないということで選手が誰だからという問題ではないとおもわれるのですが・・・
2009/02/12(木) 18:42:40 | URL | k  [編集]
守備は良かったんですが、攻撃が右サイドに少し偏っているのが気になりました。

もう少し左サイドをうまく使えればと思ったので、前回のフィンランド戦で長友といい連携を見せていた安田をベンチに入れて後半半ばからでもいいので使って欲しかった。

後は海外組の扱い方がジーコジャパンほどではないですが、選手のコンディションに関係なく森本を除いて代表に呼んで、試合に使っているのも気になりました。

稲本に至ってはドイツから呼ばれても使われませんでしたから。
2009/02/12(木) 17:16:49 | URL | デリン  [編集]
いつも楽しく拝見させて貰ってます。
ですが、今回のテーマにはまったく賛同できないです。
現状の日本代表のポゼッションは、複数の司令塔タイプを共存させることで成り立っています。
親善試合等国内組だけで行われる試合ではコンディションや日程等の問題で遠藤或いは中村憲の内ひとりが起用され右サイドにアタッカータイプが起用されることがありますが、その場合ある程度以上のレベルの相手にはポゼッションが著しく低下し相手に攻撃の機会を多く与えることに繋がっています。2度の敵地バーレーン戦での敗戦はいずれもスタメンが中村憲ひとりです。

俊輔の調子が悪ければ替わりに中村憲という選択肢はあると思いますが、その場合前線の枚数不足という問題はなんら解消しないですし、
かといって岡崎のような選手を替わりに使ったとすると、豪州のような相手をあそこまで押し込むことは恐らく難しくなり、失点の危険を大きく増やすことになると思います。試合展開がまったく違うものになっていただろうと思います。

やはり焦点は俊輔のサイドではなく反対サイドの人選ではないかと自分は思いますけどね。
考えてみれば、前線はFWの選手をふたり起用していて、さらに大久保も起用すればFWが三人ということになるわけです。
いまの日本代表は4-5-1のように表記されることが多いですが、起用されている選手の資質からすれば4-3-3のようなイメージにもなりうる。
左サイドに起用される選手が「サイド」という概念に縛られずもっとゴール前への意識を強く持てば良いのではないかと個人的には思います。
松井の場合は難しいですが、大久保はもっとFW然に振舞って良いし、香川も「左サイド」ではなく「シャドー」として振舞えば戦力になりそうなのになあ・・・と。
2009/02/12(木) 15:51:48 | URL | nanami  [編集]
現状、日本代表のサッカーは中村俊輔選手のFKやアイデアのあるパス、流れを分けるところでのキープなどに頼る部分は大きく、日本が試合を支配できる重要な要因になってると思う。
一方で、プレッシャーの強い試合では、中村選手中心のサッカーに、手詰まり感や中村選手自身の打開力に限界を感じたりすることもある。
私が思うに中村選手がチームの一つの駒として機能すれば、日本代表は2010年WCで世界を驚かせることもできると思う。しかしその存在の大きさから考えて、それは簡単なことではないでしょうね。
2009/02/12(木) 15:28:52 | URL | sawaki  [編集]
0-0で残念でしたね!
ホームだかろこそ勝って欲しかったですが!
松井に期待してたけど突破力なかったな・・。
次回のバーレーン戦で日本の進化が問われますね。
2009/02/12(木) 14:16:13 | URL | No39  [編集]
スタメンに長谷部が二人いますよ
2009/02/12(木) 14:09:39 | URL | キーポJ  [編集]
中村選手のキープ力やテクニックや経験やキック能力は日本チームにとって貴重な戦力だと見てもいいと思います。中村選手云々ではなく監督が監督の責任を果たすというのがポイントだと個人的には思います。
2009/02/12(木) 09:09:50 | URL | ケロヨン  [編集]
惨敗→解任→外国人新監督就任 と描いたのですが・・。岡ちゃん就任当初から、もっとよい監督に率いさせてみたい思いが止まらない。オシムラインで紹介してもらえなかったのか。アマル以外で。
2009/02/12(木) 00:41:29 | URL | ワッキーリグ  [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


10月23日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

10月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ベガルタ仙台編)

10月23日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (FC琉球編)

10月23日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (清水エスパルス編)

10月22日
【なでしこ】 日本サッカー界の未来を担う10代の有望株 (10人)

10月22日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (セレッソ大阪U-23編)

10月22日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガイナーレ鳥取編)

10月22日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジュビロ磐田編)

10月21日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (レノファ山口編)

10月21日
【J1】 強く批判されるべきDF高橋祥平(ジュビロ磐田)の行為 (vs 清水エスパルス)

10月20日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ヴィッセル神戸編)

10月20日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (長野パルセイロ編)

10月20日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (フォワード編)

10月19日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (浦和レッズ編)

10月19日
【ACL】 興ざめだった上海上港&FWフッキのマナー違反 (vs 浦和レッズ)

10月19日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (東京ヴェルディ編)

10月18日
【Jリーグ】 ザスパクサツ群馬のサポーターが出したSOSの横断幕について

10月18日
【U-17W杯】 DF喜田陽(セレッソ大阪U-18)がPK失敗。ベスト8進出はならず。

10月18日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを42人だけ挙げてみた。 (アタッカー編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを32人だけ挙げてみた。 (ボランチ編)

10月17日
【J3】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (栃木SC編)

10月17日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを23人だけ挙げてみた。 (CB編)

10月16日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (横浜マリノス編)

10月16日
【U-17W杯:日本 vs ニューカレドニア】 散々な内容・・・。収穫はMF椿直起(横浜FMユース)のみ。

10月16日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (左SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (右SB編)

10月15日
【東京五輪】 森保JAPANの代表候補メンバーを18人だけ挙げてみた。 (GK編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (コンサドーレ札幌編)

10月14日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アルビレックス新潟編)

10月13日
【J1】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ガンバ大阪編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (V・ファーレン長崎編)

10月13日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (アビスパ福岡編)

10月12日
【サッカー】 フジテレビ系列は解説者の清水秀彦さんをいつになったら諦めるのか・・・。

10月12日
【U-17W杯:日本 vs フランス】 スコアは僅差だったが・・・。苦手とするフランスに完敗。

10月12日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ザスパクサツ群馬編)

10月11日
【投票:U-17W杯】 vs フランス戦(2戦目)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月11日
【日本代表】 DF槙野智章のスタメン起用は(流行りの)排除のためだったのか? (vs ハイチ)

10月11日
【国際親善試合:日本 vs ハイチ】 大きな戦力になり得る187センチのFW杉本健勇(セレッソ大阪)

10月10日
【国際親善試合】 ハイチ戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。

10月10日
【投票:親善試合】 vs ハイチ戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ツエーゲン金沢編)

10月10日
【U-17日本代表】 DF菅原由勢(名古屋U18)は「日本サッカー史上最高の右SB」になれるか?

10月10日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ファジアーノ岡山編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (名古屋グランパス編)

10月09日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (愛媛FC編)

10月09日
【U-17W杯】 圧巻のゴールラッシュ!!!MF中村敬斗(三菱養和SCユース)はハットトリック達成!!!

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (モンテディオ山形編)

10月08日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (ジェフ千葉編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (徳島ヴォルティス編)

10月07日
【J2】 2017年-2018年オフの補強ポイントについて考える。 (湘南ベルマーレ編)

10月07日
【国際親善試合:日本 vs ニュージーランド】 大きな存在感を発揮したプラチナ世代のMF小林祐希

10月06日
【国際親善試合】 ニュージーランド戦(H)の日本代表プレーヤーを採点しよう。 (2017年10月6日)

10月06日
【投票:親善試合】 vs ニュージーランド戦(H)で「出来が良かった。」と思う日本代表の選手は誰ですか?

10月06日
【移籍市場】 ヴィッセル神戸は「Jリーグの嫌われ者」になる覚悟はあるのか?

10月05日
【日本代表】 2022年のカタールW杯での活躍が期待される日本人選手 (1位-10位) (フォワード編)~2位:FW鈴木優磨、1位:FW久保裕也~

10月05日
J3初観戦に想う。 (ブラウブリッツ秋田 vs ガンバ大阪U-23@あきぎんスタジアム)

10月05日
【J3】 自動昇格争いの展望 ~有利なのは栃木SC、ダークホースは鹿児島ユナイテッド~

10月04日
【サッカー】 いい解説者になれそうな現役選手 (1位-10位)~5位:遠藤保仁、4位:小野伸二、3位:岩政大樹、2位:中村俊輔、1位は・・・~


10月04日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----岩上祐三 (14)
 -----江坂任 (9)
 -----大前元紀 (15)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----城福浩 (20)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----小泉慶 (12)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (22)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----風間宏希 (15)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----林陵平 (11)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----藤田祥史 (11)
 -----表原玄太 (8)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----ダヴィ (13)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 -----鈴木武蔵 (20)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----佐藤洸一 (15)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----永井龍 (21)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 -----庄司悦大 (18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----大黒将志 (23)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----喜山康平 (8)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----丸岡満 (11)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (5)
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 -----平繁龍一 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 -----山藤健太 (18)
 ├鹿児島ユナイテッド (5)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: