アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |







カウントダウンタイマー

最近のエントリー (15記事)

 2018/02/14 【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)
 2018/02/14 【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)
 2018/02/14 【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・家長昭博etc.~
 2018/02/14 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)
 2018/02/15 【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)
 2018/02/15 【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)
 2018/02/15 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)
 2018/02/16 【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)
 2018/02/16 【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?
 2018/02/16 【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。
 2018/02/17 【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)
 2018/02/17 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)
 2018/02/18 【ACL】 済州ユナイテッドの度重なるラフプレーにドン引きした件。 (vs セレッソ大阪)

 2018/02/18 【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:483名)
 2018/02/18 【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:197名)
 2018/02/18 【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)
 2018/02/18 【J1・J2・J3】 順位予想バトル エラー投稿の一覧 (現時点のエラー投稿者:17名)

 2018/02/18 全記事一覧(2005年-2018年)


【横浜FM×東京V】 松田直樹というディフェンダー (生観戦記 #18) | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

■ 日産と読売クラブ

日本リーグの最後の時代に覇権を争った日産自動車と読売クラブ。人気と実力を備えた両雄の戦いは、黄金カードとして広く知られていた。

1993年に開幕したJリーグの創成期は、当然のように、この2クラブが中心的存在だった。1993年と1994年に年間王者となったヴェルディ川崎に対して、横浜マリノスも1995年に悲願の年間王者に輝く。

時代は流れて2008年11月29日。42回目を迎えた元祖ナショナルダービーが開催された。過去の対戦成績は、横浜が21勝15敗5分けと優勢である。

■ 横浜開港150年に向けて・・・

ペリー率いるアメリカ海軍が突如として姿を現したのが1853年の7月8日のことである。鎖国を続けていた当時の日本には、近代的なアメリカ軍に対抗すべき力はなかった。1854年3月31日に日米和親条約、1958年7月29日に日米修好通商条約が相次いで結ばれる。

その日米修好通商条約では、「治外法権を認めること。」、「関税自主権がないこと。」など、いくつかの不平等条約が結ばれたが、同時に、日本の5つの港を開港することも決定された。その5つとは、神奈川(横浜)・長崎・函館・新潟・兵庫(神戸)。横浜港が開港されたのは、翌1859年7月1日(旧暦:安政6年6月2日)。2009年中に開港150周年を迎える。

スペイン語で船乗りを意味する「マリノス (Marinos)」。横浜Fマリノスは、港町の横浜の象徴である。

 #1 新横浜パフォーマンス (新横浜駅前)
日産①


■ 日産スタジアムへ

日産スタジアムは1998年3月1日のダイナスティカップの日韓戦がこけら落としとなった日本最大のスタジアムである。収容人数は72327人で、総工費は約603億円。日韓ワールドカップで日本代表がロシア代表を1対0で破って、悲願の初勝利を挙げた思い出深い場所である。

 #2 新横浜駅-日産スタジアムの道のり①
日産②


 #3 新横浜駅-日産スタジアムの道のり② (中央の奥がスタジアム)
日産③


日産スタジアムは、JRの新横浜駅から徒歩で約15分。日本の交通の大動脈である東海道新幹線の主要駅から徒歩圏内の巨大スタジアムはここだけ。国際試合では多くの外国人観光サポーターを迎える必要があることを考えても、このスタジアムの利便性は高い。スタジアム周辺には、横浜アリーナやラーメン博物館もあって、かなりのにぎわいを見せる。

 #4 新横浜駅-日産スタジアムの道のり③ (三角橋)
日産④


 #5 新横浜駅-日産スタジアムの道のり④
日産⑤


 #6 新横浜駅-日産スタジアムの道のり⑤
日産⑥


■ ホーム最終戦

ホーム最終戦を迎える横浜Fマリノス。大混戦の残留争いの中、まだ残留は確定していないが、32節のジェフ千葉戦に3対0で勝利し、安全圏に入った。この試合ですんなりと残留を決めたいところである。

 #7 トリコロール宣言
日産⑦


 #8 スタジアムの外周
日産⑧


 #9 スタジアムの正面
日産⑨


スタジアム周辺では、フリーマーケットが開催されていて、大勢の人が集まっていた。開催日は11月29日と11月30日の2日間。出店店舗は400にのぼる。

 #10 スタジアム周辺① (フリーマーケットの様子)
日産⑩


 #11 スタジアム周辺②
日産⑪


ワールドカップの決勝戦が行われたスタジアムとして名高い日産スタジアム。スタジアム内には、日韓大会のモニュメントがたくさん存在する。右はドイツ代表ゴールキーパーのオリバー・カーンの手形である。

 #12 ワールドカップ記念
日産⑫


 #13 マリノスの横断幕
日産⑬


 #14 マリノスのゴール裏
日産⑮


 #15 バックスタンドからの風景
日産⑯


■ 残留を懸けるヴェルディ

気分的に余裕のある横浜Fマリノスに対して、東京ヴェルディはがけっぷち。32節終了時点で入替戦圏内の16位。ただ15位のジュビロ磐田とは同勝ち点。この試合に勝てば残留への道が大きく開ける。

 #16 ヴェルディサポーター①
日産⑰


 #17 ヴェルディサポーター②
日産⑱


 #18 日産スタジアムのピッチ
日産⑲


これが噂の「トリコロール・ランサーズ」改め「トリコロール・マーメイド」である。2008年6月に改名を発表した「トリコロール・マーメイズ」が目標として掲げているのは、下の3つである。

    (1) さらなる活躍の場をひろげていきます。
    (2) より一層のエンターテイメント性を強めていきます。
    (3) 港町横浜の海のイメージを大事にしていきます。

 #19 トリコロール・ランサーズ
日産⑳


 #20 ホームチームのゴール裏
日産(21)


■ 中澤が復帰したマリノス

ホームの横浜Fマリノスは<3-6-1>。GK榎本哲。DF栗原、松田、中澤。MF河合、小椋、田中隼、田中裕、兵藤、狩野。FW金。MF兵藤とFW金は32節のジェフ千葉戦でJ1初ゴールをマーク。

1トップのFW金は193cmの長身。そのFW金の下にMF兵藤とMF狩野が並ぶ布陣。3バックはDF栗原、DF松田、DF中澤。MF小椋とDF河合がダブルボランチ。

 #21 日産スタジアムのピッチ
日産(22)


 #22 マリノスイレブンの入場
日産(23)


横浜Fマリノスのチームカラーは「青・白・赤」のトリコロール(三色)。青は「冷静さと港町・横浜の海」、赤は「スポーツに触れ合う場をつくり、皆が誇れるクラブを目指すこと」、白は「皆に支えられ、息の長い活動を続ける、自立したクラブを目指すこと」を意味する。

 #23 マリノス側の横断幕
日産(24)


 #24 チームマスコット
日産(25)


■ 苦しいスターティングメンバー

一方のアウェーの東京ヴェルディは<4-4-2>。GK土肥。DF福田、土屋、那須、和田。MF福西、菅原、柴崎、飯尾。FW平本、大黒。MFディエゴは4試合の出場停止中。FWレアンドロは再来日したばかりでコンディション不良。また、左サイドバックのDF服部が怪我で欠場と苦しい陣容。

 #25 アウェー側のゴール裏
日産(26)


 #26 試合前のアップ中
日産(27)


 #27 ゴール裏
日産(28)


 #28 両チームのスタメン
日産(32)


■ 残留決定

試合は終始、横浜FMペースで進むが、東京Vも2トップの働きで決定機をつかむ。

前半7分過ぎに裏へ飛び出したFW平本が相手GKともつれて倒れるがノーファールの判定。さらに前半40分には右サイドのグラウンダーのクロスをニアサイドのFW平本がほぼフリーの状態で合わせるが、シュートは枠を外れる。結果的には、東京Vは、この2つのチャンスに得点できなかったことが響いた。

 #29 ホームゴール裏のフラッグ
日産(30)


 #30 復帰した中澤
日産(31)


0対0で迎えた後半13分。MF福西からボールを奪った横浜FMはDF松田がフィールド中央からゴールに突進。最後は、ループ気味の見事なミドルシュートを決めて横浜FMが先制に成功する。

これで試合の流れは完全に横浜FMに移った。MF狩野を中心に面白いようにパスが回り始めて、逆に東京Vは激しいプレスにほとんどボールを運べなくなる。

後半のロスタイムには途中出場のMF長谷川アーリアジャスールがパスカットから自らゴールを決めて2対0とリードを広げる。どうしても勝ち点「3」が欲しかった東京Vだが、これでジ・エンド。2対0で勝利した横浜FMが残留を決めた。

 #31 歓喜のゴール裏
日産(33)


■ アグレッシブさを発揮したマリノス

横浜Fマリノスは序盤はやや慎重なゲーム運びで、トップ下のMF狩野とMF兵藤が相手ディフェンスを個人技で崩しにかかるが思うように打開できず、孤立するケースも多かった。ただ、後半13分にDF松田のファインゴールで先制すると、その後の時間帯は劇的に試合内容が向上。厳しいディフェンスをベースに、ほとんど東京Vにチャンスを作らせなかった。

横浜Fマリノスのスタメンを見ると、実に11人中7人がセンターバックでプレーできる可能な選手である。もっというと、FW金、MF河合の2人はセンターバックが本職であり、今シーズン、MF小椋やMF田中裕の2人はセンターバックでプレーする機会が多かった。

それでも、守備的なポジションの選手が多いからと言って、そのチームのサッカーが守備的かというとそうともいえないのがサッカーの面白いところであり、守備力に自信のある選手が多いチームであるからこそ、攻撃時に、チーム全体が思い切って仕掛けることが出来る。守備的な選手が多いことが、攻撃面でも優れた循環を生んでいる。

■ 松田直樹というディフェンダー①

決勝ゴールを奪ったのは横浜FMの3バックの中央を務めたDF松田直樹。彼らしい大胆なオーバーラップと思い切りのいいシュートがネットを揺らした。やや膠着しかけていた時間帯だっただけに千金のゴールだった。

それにしてもDF松田直樹という選手は不思議な選手である。サッカー選手としての才能はだれしもが認めるところであり、守備力はもちろん攻撃力も備える未来型のディフェンダーである。18歳で横浜マリノスに加入してすぐに3バックのストッパーのポジションを奪取。高卒ながら、DF井原正巳やDF小村徳男といった日本トップレベルのディフェンダーに引けを取らないプレーを見せて周囲を驚かせた。

その後、飛び級でアトランタ五輪に出場。FWロナウドやFWカヌーといった世界的なフォワードと十分に渡り合った。日本代表入りはすぐ目の前にあるかと思われた。

ただ、そのキャリアは、意外と遠回りすることになる。その要因となったのは、精神的な弱さにあったと言われる。本人の認めているように、飽きっぽいというか、すぐに現状に満足してしまう面があるようで、プレーにムラがあるという欠点は、ついにこの年齢になっても改善されなかった。

 #32 ヒーローインタビュー
日産(34)


 #33 試合後の挨拶
日産(35)


■ 松田直樹というディフェンダー②

彼には、国際Aマッチ40試合の出場経験がある。日韓ワールドカップでは中心メンバーとしてベスト16に大貢献した。Jリーグのベストイレブンにも2度選出されていて、マリノスでも幾多のタイトルを獲得している。実績はトップクラスである。

それでも、もっと出来る選手なのではないか?という疑問はぬぐえない。おそらく、それは、普段、一番よく見ているマリノスのサポーターが強く感じていることだろう。

ただ、それが、彼の魅力の1つにもなっている。日本代表の中心でプレーするDF中澤佑二と比較すると対照的である。DF中澤は、いかにも優等生というタイプであり、プレーも、言動も、誠実な性格も、非の打ちようがない。一方、DF松田には、どことなく危うさが残る。31歳になっても、大人になりきれない印象を受ける。ただ、その危うさは、サポーターから愛される理由にもなる。31歳になってもなお、彼には、まだ、伸びシロがあるようにも感じる。

試合終了後のヒーローインタビューで、DF松田は生涯、マリノスでプレーしたいという意向を示した。若手の台頭が目立つ横浜FMだが、まだまだ、健在である。

 #34 松田の言葉
日産(29)


■ 大島秀夫の退団

華やかな影で、この試合の前日、FW大島秀夫が戦力外のため今シーズン限りでチームを離れることが確実となっていることが報道された。

FW大島は昨シーズン14ゴールで日本人トップスコアラーとなるなど、チームの核として活躍していた。今シーズンもここまで6ゴール。ただ怪我もあって、木村監督の構想からは外れる形となった。いまさらながら、サッカー選手は一年一年が勝負であり、厳しい世界であることを実感する。

そのFW大島はこの日もベンチ外。それでもチームへの貢献度の高さから、試合後のセレモニーでサポーターから大歓声を受けた。残されたリーグ戦は1試合のみであるが、天皇杯が残っている。FW大島のためにも・・・とチームは一致団結している。

 #35 大島秀夫へ送る言葉
日産(36)


■ 新しいシーズンへ・・・

33節で何とか残留を決めた横浜Fマリノス。木村監督の留任は確実視されており、来シーズンこそ、悲願のタイトル奪取しなければならない。ここ数年、期待を裏切ってきただけに、次のシーズンこその思いは大きい。

ただ、その前に忙しいオフを過ごすことになりそうである。シーズン途中にはDF中澤とMF山瀬功の2人にヴィッセル神戸移籍の噂が流れたこともあった。昨シーズンのチーム得点王のFW大島は退団が決定。新外国人選手の獲得の動きもあるだろう。

個人的に興味をひかれるのは、<3-6-1>を維持すると仮定して、1トップにどういう人材を持ってくるのかということである。適任と思われたFW大島は退団し、ターゲット・マンが不在となった。外国人枠に余裕があることを考えて、大物外国人ストライカー獲得の話が流れても不思議では無い。

 #36 セレモニー終了後
日産(37)


■ 追い詰められるヴェルディ

一方の東京Vは、前半に2度訪れたチャンスにゴールを奪えていれば展開は違ったはずだが、運を逃がす形となった。大黒柱のMFディエゴが出場停止で、純国産イレブンで戦わなくてはならない状態である。

幸いにして、ジュビロ磐田とジェフ千葉が敗れたため離されずに済んだが、34節は優勝の可能性を残す川崎Fが相手となる。対戦相手としては3チームの中で一番きびしい。主力の数名の戦力外通告が明らかになるなど、チームのムードは良いとは言えないが、最後までプロとしてひたむきな試合を見せなければならない。

 #37 試合後①
日産(38)


 #38 試合後②
日産(39)



人気エントリー 横浜Fマリノス編 (ベスト15)

第01位 0685  2007/08/12  【横浜FM×横浜FC】 横浜の一番熱い夜 (生観戦記 #15)
第02位 2022  2010/05/24  【日本×韓国】 グッドバイ 中村俊輔
第03位 0930  2008/02/09  ゴール前に中澤佑二がいる幸せ
第04位 1256  2008/12/01  【横浜FM×東京V】 松田直樹というディフェンダー (生観戦記 #18)
第05位 1695  2009/06/24  中村俊輔のエスパニョール入りについて
第06位 2152  2010/10/19  【横浜FM×神戸】 17歳の小野裕二が初ゴール
第07位 2203  2010/11/26  【横浜FM×浦和】 木村和司監督で大丈夫?
第08位 1747  2009/08/24  山瀬功治のシミュレーション
第09位 1971  2010/02/26  中村俊輔のJリーグ復帰について
第10位 0527  2007/03/16  【横浜FC×横浜FM】 ダービー第二章
第11位 1618  2009/04/12  【横浜FM×神戸】 完全に殻を破った狩野健太
第12位 1856  2009/11/07  ミスターマリノス・木村和司氏の監督就任
第13位 1722  2009/08/02  【横浜FM×京都】 金根煥とKリーグ
第14位 2011  2010/05/09  【浦和×横浜FM】 中村俊輔の活躍度っていったい?
第15位 1823  2009/10/18  【横浜FM×名古屋】 ストイコビッチ監督のファンタスティックボレー




おすすめエントリー (10記事)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2018) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (50記事)


02月17日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

02月18日
【J1】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:483名)

02月18日
【J2】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:197名)

02月18日
【J3】 順位予想バトル 2018年版 受付開始 (現時点の参加者:55名)


02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月18日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (1位-6位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (7位-12位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1:順位予想】 18クラブの開幕直前の評価ランキング (13位-18位) (参加者数:457名)

02月17日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (後編)

02月16日
【年俸比較】 「プロ野球選手は高給取り、Jリーガーは薄給」というイメージはもうすぐ古くなる。

02月16日
【最初の10試合は低調】 クルピ監督に対するセレッソ大阪のサポーターの見解は事実か?嘘か?

02月16日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (FC東京・湘南・清水・広島・磐田)

02月15日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (C大阪・G大阪・横浜FM・名古屋・神戸)

02月15日
【J1:順位予想】 躍進候補は名古屋・広島・浦和・FC東京あたり??? (2018年版)

02月15日
【J2:順位予想】 躍進候補は栃木SC・レノファ山口・ロアッソ熊本・ツエーゲン金沢あたり。 (2018年版)

02月14日
【J1】 2018年のアタリ新外国籍選手は誰だろうか? (前編)

02月14日
【ACL】 川崎フロンターレのベストな攻撃陣の組み合わせは?~中村憲剛・小林悠・大久保嘉人・齋藤学・阿部浩之・家長昭博etc.~

02月14日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その36)

02月14日
【ゼロックス】 福島孝一郎主審のPKのジャッジは妥当だったのか? (川崎F vs C大阪)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (浦和レッズ・コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台・サガン鳥栖)

02月13日
【J1】 2018年の「デジっちが行く!」で面白かったのは? (V・ファーレン長崎、柏レイソル、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ)

02月13日
【J2:順位予想】 過小評価されやすいV・ファーレン長崎・松本山雅・ギラヴァンツ北九州

02月12日
【J3:2018年の順位予想】 大本命はブ秋田。追うのは北九州・長野・鹿児島Uなど。

02月12日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月12日
【J1:2018年の順位予想】 本命は川崎フロンターレか?鹿島アントラーズか?セレッソ大阪か?

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月11日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (プレーオフ争い編)

02月11日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (後編)

02月10日
【Jリーグ】 日本テレビ系列のサッカーの扱い方(ACL含む)は酷すぎないか? (前編)

02月10日
【J2】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (自動昇格争い編)

02月10日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (1位-9位)

02月09日
【J1】 2018年の全18クラブの総年俸を計算してみた。 (10位-18位)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (残留争い編)

02月09日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (躍進候補は?)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (上位争い編)

02月08日
【J1】 2018年シーズンの開幕直前の大展望 (優勝争い編)

02月08日
【J1:順位予想】 過小評価されやすいサガン鳥栖・横浜Fマリノス・ベガルタ仙台・アルビレックス新潟

02月07日
【J1:順位予想】 過大評価されやすいガンバ大阪・FC東京・浦和レッズ・名古屋グランパス

02月07日
【J2】 22クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (上)

02月07日
【順位予想】 「横浜Fマリノスが過小評価されすぎている。」という話

02月06日
【日本代表】 MF香川真司(ドルトムント)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 DF内田篤人(鹿島アントラーズ)の代表復帰はあり得るか?

02月06日
【日本代表】 MF本田圭佑(パチューカ)の代表復帰はあり得るか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (後編)

02月05日
【J3】 17クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月05日
【J1】 18クラブの中で「有望な若手が多いクラブ」はどこだろうか? (前編)

02月04日
【J1】 18クラブの監督の中で「最初に解任されそうな監督」は誰だろうか?

02月04日
【J3】 オフの戦力補強の最終評価 (FC東京U-23・G大阪U-23・C大阪U-23) (2017年-2018年のオフ)

02月04日
【J2:2018年の順位予想】 3強が中心となる自動昇格争い。本命は大宮アルディージャか!?

02月03日
【タイ人ブームの到来】 Jリーグがアジア各国のスター選手が集まるリーグになったら・・・。

02月03日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月03日
【J1・J2・J3】 「獲得できたらお買い得」に思える契約満了になった選手(10名) (2018年版)

02月02日
【J1・J2・J3】 12段階のプレーヤー別の戦力補強の評価 (2017年-2018年オフ) (その35)

02月02日
【J3】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月02日
【J1】 「いい補強だ。」とは感じなかった今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)

02月01日
【J2】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (21位~30位まで)

01月31日
【J1】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (1位~10位まで)

01月31日
【現役引退】 FW小松塁(元セレッソ大阪など)に対する大いなる誤解を解きたい。

01月31日
【J1】 「いい補強だ。」と感じた今オフのJリーグの補強 (11位~20位まで)


01月30日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


最近のメルマ (15記事)

カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 ├森山ジャパン(全般) (7)

【Division 1】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----チャナティップ (8)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----庄司悦大 (22)
 -----野津田岳人 (16)
 -----平山相太 (19)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----植田直通 (15)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----永木亮太 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----岩波拓也 (20)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (25)
 -----李忠成 (23)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----江坂任 (9)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----小池龍太 (12)
 -----小泉慶 (12)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----中島翔哉 (17)
 -----永井謙佑 (23)
 -----前田遼一 (25)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----家長昭博 (29)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----齋藤学 (30)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----中澤佑二 (19)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----表原玄太 (13)
 ├清水エスパルス (86)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 -----立田悠悟 (9)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----カミンスキー (16)
 -----川辺駿 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----中村俊輔 (38)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----小倉隆史 (14)
 -----風間八宏 (17)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----片山瑛一 (11)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----杉本健勇 (24)
 -----フォルラン (22)
 -----水沼宏太 (13)
 -----森島寛晃 (18)
 -----山口蛍 (55)
 -----山村和也 (22)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----工藤壮人 (22)
 -----塩谷司 (20)
 -----城福浩 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----権田修一 (14)
 -----豊田陽平 (22)
 -----原川力 (16)
 -----松本育夫 (10)
 -----吉田豊 (10)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----鈴木武蔵 (20)

【Division 2】
 ├モンテディオ山形 (69)
 -----石崎信弘 (19)
 -----中村駿太 (9)
 -----坂井達弥 (9)
 -----松岡亮輔 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 -----齋藤恵太 (8)
 ├栃木SC (32)
 -----大黒将志 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----大前元紀 (15)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----指宿洋史 (17)
 -----清武功暉 (21)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----船山貴之 (17)
 -----為田大貴 (16)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----林陵平 (11)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (21)
 -----鈴木孝司 (16)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----松井大輔 (12)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----バレー (15)
 -----堀米勇輝 (20)
 -----山本英臣 (20)
 ├松本山雅 (53)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----反町康治 (23)
 -----永井龍 (21)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----小川佳純 (14)
 -----川口尚紀 (19)
 -----安田理大 (31)
 ├ツエーゲン金沢 (16)
 -----清原翔平 (13)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (16)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----喜山康平 (8)
 -----齊藤和樹 (16)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----高木大輔 (20)
 -----丸岡満 (11)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 -----杉本太郎 (14)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 ├愛媛FC (45)
 -----河原和寿 (17)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----駒野友一 (23)
 -----森本貴幸 (12)
 ├ロアッソ熊本 (74)
 -----上村周平 (10)
 -----巻誠一郎 (15)
 ├大分トリニータ (49)
 -----宮阪政樹 (18)

【Division 3】
 ├グルージャ盛岡 (8)
 ├ブラウブリッツ秋田 (28)
 -----中村亮太 (9)
 -----藤田祥史 (11)
 ├福島ユナイテッド (12)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----風間宏希 (15)
 -----鈴木崇文 (19)
 -----平繁龍一 (12)
 -----松下裕樹 (9)
 ├Y.S.C.C.横浜 (6)
 -----後藤京介 (6)
 ├SC相模原 (6)
 -----丹羽竜平 (10)
 ├長野パルセイロ (18)
 -----荒田智之 (15)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├藤枝MYFC (9)
 ├アスルクラロ沼津 (12)
 ├ガイナーレ鳥取 (16)
 -----森岡隆三 (14)
 -----加藤潤也 (6)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----小松塁 (17)
 -----山岸範宏 (11)
 ├鹿児島ユナイテッド (8)
 -----藤澤典隆 (10)
 ├FC琉球 (17)
 -----播戸竜二 (14)
 ├FC東京U-23 (0)
 -----久保建英 (8)
 ├ガンバ大阪U-23 (8)
 ├セレッソ大阪U-23 (7)
 -----喜田陽 (8)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご要望やご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: