アクセスランキング

サッカーコラム J3 Plus+ 

J1リーグ・J2リーグ・日本代表等を幅広くカバーするサッカーコラムです。基本的には毎日更新しています。よろしくお願いいたします。
| トップページ | サッカーアンテナ | 人気ブログランキング | ツイッター(J3+) | 全記事一覧 | お気に入りに追加する |






最近のエントリー (15記事)

 2017/07/15 【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話
 2017/07/16 【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。
 2017/07/16 【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?
 2017/07/17 【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。
 2017/07/17 【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。
 2017/07/18 【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説
 2017/07/18 【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。
 2017/07/19 【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)
 2017/07/20 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)
 2017/07/21 【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)
 2017/07/21 【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~
 2017/07/22 【朗報】 Jリーグの53クラブのうち25クラブが「2016年に過去最高の営業収益」を記録した件

 2017/07/22 全記事一覧(2005年-2017年)


もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 番外編 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | 

#1 万博記念陸上競技場

   所在地:大阪府吹田市
   収容人数:21000人
   アクセス:大阪モノレール彩都線公園東口駅下車で徒歩1分

 → ガンバ大阪のホームスタジアムの万博記念公園陸上競技場は、1970年の日本万国博覧会の開催終了後、記念公園として整備された万博記念公園に1972年にオープンした。太陽の塔は、大阪万博のテーマ館のシンボルとして建造された芸術家の岡本太郎氏の代表作の1つである。

万博公園

2008/04/04 【G大阪×東京V】 遠藤ヤットの存在 (生観戦記 #2)



#2 神戸ユニバー記念競技場

   所在地:兵庫県神戸市須磨区
   収容人数:45000人
   アクセス:神戸市営地下鉄西神・山手線 総合運動公園駅 徒歩約5分

 → 神戸ユニバー記念競技場はヴィッセル神戸の準ホームスタジアムである。最寄駅の総合運動公園駅を降りると、右手にスカイマークスタジアム(オリックスバッファローズのホームの1つ)があり、左に進むと神戸ユニバー記念競技場がある。

ユニバー記念競技場

2007/12/22 【サハラカップ:G大阪ユース×柏U-18】 ファイナルを目指して・・・ (生観戦記 #21)



#3 等々力陸上競技場

   所在地:神奈川県川崎市
   収容人数:25000人
   アクセス:JR南武線・武蔵中原駅より徒歩約15分

 → 1993年のJリーグ発足時には、ヴェルディ川崎がホームスタジアムとして使用していた。しかしながら、全国区の人気チームであるヴェルディ戦を開催するには、あまりにもスタジアムの収容人数が少なく、多くのホーム試合が国立競技場で開催されることとなった。そのため、地域密着を唄うJリーグの理念から大きく外れる。最終的に、2000年を最後にヴェルディは東京に移転した。

等々力公園

2007/06/17 【川崎F×柏】 アウェーの女神 (生観戦記 #10)



#4 九州石油ドーム

   所在地:大分県大分市
   収容人数:40000人
   アクセス:JR大分駅からバスで約25分

 → 九石ドームは、2002年ワールドカップと2008年の大分国体のために建設された九州最大のスタジアムである。上空から見たときのスタジアムが目のように見えることから、「ビッグアイ」という愛称が付けられている。

九石①

2007/02/12 【PSM:大分×上海申花】 日中決戦 (生観戦記 #2)



#5 三ッ沢球技場

   所在地:神奈川県横浜市
   収容人数:15046人
   アクセス:JR横浜駅からバスで約10分

 → 2006年シーズン。高木琢也監督の指揮の下、開幕から、横浜FCは誰も予想のしなかった快進撃を続けていた。キャプテンとしてチームを引っ張るFW城彰二は、43試合に出場して12ゴール。しかしながら、慢性的な靭帯の故障に悩まされて31歳という若さで、このシーズン限りでの現役引退を決断する。その現役ラストゲームとなった最終節の愛媛FC戦の終了後、彼はついにJ2優勝カップを掲げることになる。

城とカズ①

城とカズ②

城とカズ③
2008/01/28 【観戦記】 城彰二選手 引退試合 (生観戦記 #1)


#6 ヤマハスタジアム

   所在地:静岡県磐田市
   収容人数:16879人
   アクセス:JR磐田駅からバスで約15分

 → 2002年日韓ワールドカップのとき、日本代表が大会前から拠点としていたのが、静岡県袋井市にあるヤマハリゾート「葛城・北の丸」。この影響もあるのか、JR磐田駅前には日韓大会にちなんだ展示物がいくつも飾られている。ジュビロ磐田に所属していた選手では、FW中山雅史、MF福西崇史、MF服部年宏の3人が日本代表として戦った。

磐田駅

2007/05/20 【磐田×神戸】 策士の攻防 (生観戦記 #9)



#7 平塚競技場

   所在地:神奈川県平塚市
   収容人数:18500人
   アクセス:JR平塚駅よりシャトルバスで約10分

 → 元ベルマーレ平塚のMF中田英寿は、ローマに移籍した22歳の時、J2に降格して資金的に窮したベルマーレを救済するために自身のHPの"nakata.net"の名で広告を出して出資。以来、ずっとベルマーレをスポンサードしている。ベルマーレ側も感謝の印として、平塚競技場の7番ゲートを「Hideゲート」と名づけている。

#7 HIDEゲート
HIDEゲート

2008/10/19 【湘南×熊本】 菊池大介 17歳 (生観戦記 #13)



#8 日産スタジアム

   所在地:神奈川県横浜市
   収容人数:72327人
   アクセス:JR新横浜駅から徒歩で約15分

 → 言わずと知れた日韓ワールドカップの決勝戦が行われた日本最大のスタジアム。東海道新幹線の主要駅である新横浜駅から徒歩圏内ということでアクセスは抜群。

日産スタジアム

2007/06/17 【横浜FC×磐田】 特別な一戦で・・・ (生観戦記 #11)
2007/08/12 【横浜FM×横浜FC】 横浜の一番熱い夜 (生観戦記 #15)



#9 瑞穂陸上競技場

   所在地:愛知県名古屋市瑞穂区
   収容人数:27000人
   アクセス:地下鉄名城線瑞穂運動場東駅より徒歩5分

 → 鯱(しゃち)とは想像上の生き物で、姿は魚で頭は虎、尾ひれは常に空を向き、背中には幾重もの鋭いとげを持っているという。織田信長が安土城天主の装飾に取り入り使用したことで普及したといわれている。シャチホコには火除けの意味が込められているらしい。

瑞穂

2006/08/13 【名古屋×甲府】 不当な大勝劇 (生観戦記 #4)
2008/05/11 【名古屋×神戸】 印象的なMF吉村圭司 (生観戦記 #6)



#10 味の素スタジアム

   所在地:東京都調布市
   収容人数:49970人
   アクセス:京王線飛田給駅より徒歩約5分

 → FC東京のホームスタジアムの味の素スタジアム。その最寄駅が京王線の飛田給駅である。FC東京の応援歌に「♪ たたかえ 俺の東京 今日も 勝利を信じて はじけよう La Edogawa 負けるわけはないさ。」という歌詞があるが、味スタでのしあいのときは、「La Edogawa」の部分が「飛田給」となり、国立開催のときは、「EL TOKYO」、アウェーゲームでは「田舎でも」等に変形する。

飛田給駅


0364 2006/09/30 【FC東京×新潟】 怪物のデビュー戦 (生観戦記 #7)
2006/11/26 【FC東京×浦和】 情熱の味の素スタジアム (生観戦記 #11)
2007/03/03 【FC東京×広島】 吉本クンの開幕戦 (生観戦記 #3) 



#11 ビッグアーチ

   所在地:広島県広島市
   収容人数:49970人
   アクセス:JR横川駅からシャトルバスで約20分

 → チーム名の「サン」は日本語の「三」、「フレッチェ(複:frecce)」はイタリア語で矢を意味し、戦国大名・毛利元就の「三本の矢」の故事にちなんでいる。ある日、元就は三人の息子(隆元・元春・隆景)を枕元に呼び寄せ、1本の矢を折るよう命じた。息子たちが難なくこれを折ると、次は3本の矢束を折るよう命じたが、息子たちは誰も折ることができなかった。元就は一本では脆い矢も束になれば頑丈になるということを示し、三兄弟の結束を強く訴えかけたというものあるが、フィクションであるという説もある。

サンフレッチェ

2008/07/14 【広島×岐阜】 14年ぶりのビッグアーチ (生観戦記 #8)



#12 西京極総合運動公園陸上競技場

   所在地:京都府京都市西京極
   収容人数:20242人
   アクセス:阪急京都線西京極駅から徒歩5分

 → 1996年から京都サンガのホームスタジアムとなった西京極競技場。このスタジアムは、スタンドの配置が左右非対象となっていてさらに、メインスタンド側から見て右側がホーム席、左側がアウェイ席と、通常のスタジアムと真逆になっている。

西京極

2006/07/24 【京都×清水】 終了間際のドラマ (生観戦記 #2)
2006/09/17 【京都×FC東京】 封印された横断幕 (生観戦記 #5)



#13 岡山県総合グラウンド陸上競技場(桃太郎スタジアム)

   所在地:岡山県岡山市
   収容人数:20000人
   アクセス:岡山駅西口から岡山大学方面へ徒歩約15分。

 → 岡山からJリーグ参入を目指すファジアーノ岡山。その岡山県は、1989年からは、降水量1mm未満の日数が全国第1位である事から『晴れの国 おかやま』を県の標語としている。ホームスタジアムである桃太郎スタジアムには岡山出身の人見絹枝さんの銅像が建てられている。氏は日本人女性初のオリンピックメダリストで、100m、200m、走幅跳の元世界記録保持者である。
桃太郎スタジアム

2008/08/04 【JFL:ファジアーノ岡山×ガイナーレ鳥取】 ファジアーノが羽ばたくとき (生観戦記 #10)



#14 富山県総合運動公園陸上競技場

   所在地:富山県富山市
   収容人数:28494人
   アクセス:JR富山駅からバスで約20分。

 → カターレ富山は、富山県からのJリーグ参入を目指すため、当時日本フットボールリーグ(JFL)所属に所属していたアローズ北陸(北陸電力サッカー部)とYKK APサッカー部が富山県サッカー協会の要請で統合し誕生したチームである。2008年1月にJリーグ準加盟を申請し、翌月承認されている。Jリーグに昇格すると北陸では初となる。

富山(10)

2008/11/03 【JFL:カターレ富山×FC琉球】 元日本代表FW山下芳輝との遭遇 (生観戦記 #17)


#15 豊田市運動公園球技場

   所在地:愛知県豊田市
   収容人数:2500人
   アクセス:名鉄「猿投」で下車、徒歩約15分

 → 「豊田国際ユースサッカー大会」は、毎年夏に、愛知県豊田市で行われるU-16の世界大会である。2003年に行われた第4回大会には、バルセロナユースの一員としてFWメッシが初来日。大会MIPを獲得している。

豊田
2007/08/11 【U-16日本×U-16米国】 君は宇佐美貴史を見たか? (生観戦記 #14)



#16 エコパスタジアム

   所在地:静岡県袋井市
   収容人数:50889人
   アクセス:JR東海道本線愛野駅より徒歩15分


 → エコパスタジアムは2002年の日韓ワールドカップの10会場の1つであり、清水エスパルスとジュビロ磐田の準ホームスタジアムである。愛称「エコパ(ECOPA)」は、小笠山に近いことから「山彦」を意味する「Echo」と、友達・仲間、地域・自然との共生を図るという意味合いを込めて「友」を意味する「Pal」から合成した造語である。

エコパ

2007/07/01 【磐田×浦和】 その価値・再発見 (生観戦記 #12)



#17 長居スタジアム

   所在地:大阪府大阪市
   収容人数:50000人
   アクセス:JR鶴ヶ丘駅から徒歩5分

 → 先日、引退を表明したMF森島寛晃。2002年のワールドカップのチュニジア戦では後半から出場し、ファーストタッチで先制ゴールをマーク。日本の決勝トーナメント進出に大きく貢献した。自国開催のワールドカップで、しかも自らのホームグラウンドでゴールをマークしたのは、サッカー史においても稀有な例であると言える。

長居スタジアム

2007/09/17 【C大阪×愛媛FC】 モリシの復帰を待っている。 (生観戦記 #17)
2008/07/20 【C大阪×広島】 スーパーストライカー佐藤寿人 (生観戦記 #9)
2008/10/26 【C大阪×山形】 フォトギャラリー (生観戦記 #16)



★ 現在の投票数 → 704票

   → 投票したい選手を選択してから左下の「投票」をクリックしてください。
   → 管理人の意見は「(投票 by じじ)」で確認してください。

   → 「コメント」のところは何も書かなくてもOKです。(投票可能です。)
   → 記事内容に関係のないコメント(政治的な内容も含む。)はご遠慮ください。





関連エントリー

 2008/11/20  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 10選
 2008/11/21  もう一度行きたくなる日本のサッカースタジアム 番外編
 2009/02/08  フクアリが生み出す新しいサッカースタジアム像
 2010/02/09  観客目線のスタジアムへ・・・
 2011/02/02  はじめてのサッカースタジアム (上)
 2013/03/15  アルウィンと松本市のホスピタリティ
 2013/04/09  ベアスタで気になったところ
 2013/04/10  ベストアメニティスタジアムの旅 (4月5日-4月6日)




おすすめエントリー (10記事)





| トップページ | 人気ブログランキング | Jリーグブログ村 | 全記事一覧 (2005-2016) | お気に入りに追加 |


ようこそ!

じじ

Author:じじ
FC2ブログへようこそ!


この日記のはてなブックマーク数

Since 2007/4/30






最近のエントリー (30記事)


07月21日
J3+(アンテナ)・・・注目サイトの最新記事 (4つ)

07月21日
【Jリーグ】 53クラブの営業収益(2005年-2016年)について調べてみた。~平均値の1位は浦和、2位は横浜FM、3位は鹿島~

07月21日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (大宮アルディージャ・柏レイソル編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (鹿島アントラーズ・浦和レッズ編)

07月20日
【J1】 2017年の夏の移籍市場のクラブ別の中間評価 (コンサドーレ札幌・ベガルタ仙台編)

07月20日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー実況アナウンサー(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに不人気なサッカー解説者(1位~10位)を書き出してみた。

07月19日
【DAZN限定】 サポーターに人気のサッカー解説者(1位~10位まで)を書き出してみた。

07月18日
【Jリーグ】 「改悪」に思えるJ2の昇格プレーオフのレギュレーション変更について (2018年以降)

07月18日
【サッカー】 もう観たくはない小柳ルミ子さん(歌手・女優)のゲスト解説

07月17日
【サッカー】 上西小百合さん(衆議院議員)に絡んだJリーガーならびにサポーターは反省すべき。

07月17日
【J1】 大熊清チーム統括部長(セレッソ大阪)は正当に評価されるべき。

07月16日
【J1:今後の展望】 ここから浮上するのは横浜Fマリノス・大宮アルディージャ・柏レイソルか!?

07月16日
【Jリーグ】 ドルトムントのユニフォームを着ていたファンについて (vs 浦和レッズ@埼玉スタジアム)

07月16日
【浦和×ドルトムント】 22才のMF関根貴大 チャレンジマッチで輝きを放つ。

07月15日
【Jリーグ】 「実況アナウンサーの倉敷保雄さんは過大評価されているのでは?」という話

07月14日
【Jリーグ】 苦手なサッカー解説者(DAZN限定)を5人だけ挙げてみた。

07月14日
【J3】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月14日
【J2】 DAZNのサッカー配信の実況アナウンサーが酷いという話 (レノファ山口のホーム戦)

07月13日
【J3】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~5位まで)

07月13日
【天皇杯:3回戦】 筑波大がJリーグ勢を3連破!!!主役はFW中野誠也(ジュビロ磐田内定)

07月12日
【J2】 22クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月12日
【Jリーグ】 不可解極まりないMF磯村亮太(名古屋グランパス→アルビレックス新潟???)の移籍話

07月11日
【J1】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 エンターテイメント性の高いサッカーを見せていると思うチーム (1位~10位まで)

07月11日
【J2】 風間監督(名古屋グランパス)の選手起用の基準が分かりにくい・・・。

07月10日
【J2】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編)

07月10日
【J2】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~最有力候補はFW前田大然(水戸)、追うのはDF冨安健洋(福岡)とDF杉岡大暉(湘南)~

07月10日
【J2】 今の風間監督では名古屋グランパスをJ1に復帰させるのは難しいだろう。

07月09日
【J2】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月09日
【J1】 浦和レッズの一部のサポーターのバス囲みについて (vs 川崎フロンターレ戦)

07月08日
【読エ】 パスは2人の共同作業 ~レシーバー地位向上計画~ (徳島ヴォルティスが躍進した理由は?)

07月08日
【J1】 2017年シーズンのベストヤングプレーヤー賞は誰になるだろうか? ~有力候補はDF中山雄太(柏)、MF手塚康平(柏)、DF松原后(清水)~

07月07日
【J1】 2017年の前半戦のベストイレブンを選出してみた。 (サッカーコラム J3PLUS+ 選定)

07月07日
【J1】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで) ~1位に選んだのはGK中村航輔(柏レイソル)~

07月07日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (監督編) ~1位に選んだのは晶煥監督(セレッソ大阪)~

07月06日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月06日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (フォワード編)

07月05日
【J1】 18クラブの中で「夏の移籍市場の勝ち組」はどのチームだろうか? (2017年の夏の移籍市場)

07月05日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

07月05日
【J1】 ポジション別に11位から20位までランキングで評価する。 (アタッカー編)

07月04日
【J2】 2017年シーズンの前半戦のリーグMVPを考える。 (1位~10位まで)

07月04日
【J1】 ポジション別に1位から10位までランキングで評価する。 (ボランチ編)


07月02日
全記事一覧(2005年-2017年)


公式ツイッター


◆ このたび、遅ればせながらツイッターを始めました。フォローしてもらえると嬉しいです。宜しくお願いいたします。


カテゴリー


【日本代表】
 ├ハリルジャパン(観戦記) (17)
 ├ハリルジャパン(投票) (17)
 ├ハリルジャパン(採点) (2)
 ├ハリルジャパン(全般) (12)
 -----川島永嗣 (19)
 -----西川周作 (18)
 -----権田修一 (14)
 -----太田宏介 (19)
 -----森重真人 (46)
 -----吉田麻也 (30)
 -----槙野智章 (15)
 -----長友佑都 (31)
 -----内田篤人 (35)
 -----酒井宏樹 (13)
 -----酒井高徳 (12)
 -----長谷部誠 (16)
 -----青山敏弘 (33)
 -----山口蛍 (55)
 -----柴崎岳 (12)
 -----本田圭佑 (31)
 -----岡崎慎司 (30)
 -----香川真司 (60)
 -----清武弘嗣 (15)
 -----川又堅碁 (29)
 -----永井謙佑 (23)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----武藤嘉紀 (28)
 ├手倉森ジャパン(観戦記) (27)
 ├手倉森ジャパン(全般) (46)
 -----遠藤航 (18)
 -----岩波拓也 (20)
 -----植田直通 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----大島僚太(20)
 -----原川力 (16)
 -----井手口陽介 (9)
 -----野津田岳人 (16)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----浅野拓磨 (14)
 ├森山ジャパン(全般) (7)
 -----久保建英 (8)
 -----喜田陽 (8)

【Division 1】
 ├ベガルタ仙台 (72)
 -----柳沢敦 (22)
 -----梁勇基 (24)
 ├鹿島アントラーズ (110)
 -----アルシンド (7)
 -----植田直通 (15)
 -----遠藤康 (9)
 -----小笠原満男 (22)
 -----金崎夢生 (14)
 -----柴崎岳 (12)
 -----杉本太郎 (14)
 -----中田浩二 (20)
 -----永木亮太 (16)
 ├浦和レッズ (145)
 -----阿部勇樹 (28)
 -----遠藤航 (18)
 -----柏木陽介 (15)
 -----関根貴大 (12)
 -----高木俊幸 (16)
 -----西川周作 (23)
 -----槙野智章 (15)
 -----森脇良太 (16)
 -----李忠成 (23)
 ├大宮アルディージャ (57)
 -----家長昭博 (29)
 -----江坂任 (9)
 -----播戸竜二 (14)
 ├柏レイソル (67)
 -----伊東純也 (26)
 -----工藤壮人 (22)
 -----クリスティアーノ (38)
 -----茨田陽生 (9)
 -----中山雄太 (15)
 -----中村航輔 (35)
 ├FC東京 (106)
 -----石川直宏 (19)
 -----権田修一 (14)
 -----城福浩 (20)
 -----徳永悠平 (26)
 -----中島翔哉 (17)
 -----平山相太 (19)
 -----前田遼一 (25)
 -----丸山祐市 (16)
 -----水沼宏太 (13)
 -----武藤嘉紀 (28)
 -----森重真人 (46)
 -----米本拓司 (29)
 ├川崎フロンターレ (148)
 -----風間八宏 (17)
 -----大久保嘉人 (26)
 -----大島僚太(20)
 -----小林悠(23)
 -----タビナス・ジェファーソン(5)
 -----中村憲剛(25)
 -----原川力 (16)
 -----森本貴幸 (12)
 -----レナト(17)
 ├横浜Fマリノス (83)
 -----齋藤学 (13)
 -----中澤佑二 (19)
 -----中村俊輔 (22)
 ├湘南ベルマーレ (71)
 -----菊池大介 (16)
 -----藤田祥史 (11)
 -----三竿雄斗 (12)
 ├ヴァンフォーレ甲府 (51)
 -----アドリアーノ (17)
 -----黒木聖仁 (10)
 -----ダヴィ (13)
 -----バレー (15)
 -----山本英臣 (20)
 ├アルビレックス新潟 (144)
 -----指宿洋史 (17)
 -----小泉慶 (12)
 -----コルテース (5)
 -----鈴木武蔵 (20)
 -----野津田岳人 (16)
 -----レオ・シルバ (15)
 ├ジュビロ磐田 (102)
 -----小川航基 (14)
 -----川辺駿 (15)
 -----中山雅史 (13)
 -----名波浩 (14)
 -----服部年宏 (10)
 -----藤田俊哉 (14)
 -----松井大輔 (12)
 -----森島康仁 (12)
 ├名古屋グランパス (112)
 -----扇原貴宏 (26)
 -----小川佳純 (14)
 -----小倉隆史 (14)
 -----川又堅碁 (29)
 -----田中マルクス闘莉王 (35)
 -----永井謙佑 (23)
 -----楢崎正剛 (14)
 -----ドラガン・ストイコビッチ (14)
 -----安田理大 (26)
 ├ガンバ大阪 (142)
 -----宇佐美貴史 (40)
 -----遠藤保仁 (24)
 -----今野泰幸 (15)
 -----井手口陽介 (9)
 -----藤本淳吾 (14)
 ├ヴィッセル神戸 (79)
 -----伊野波雅彦 (19)
 -----岩波拓也 (20)
 -----小川慶治朗 (18)
 -----藤田直之 (12)
 -----森岡亮太 (20)
 -----渡邉千真 (20)
 ├サンフレッチェ広島 (120)
 -----青山敏弘 (33)
 -----浅野拓磨 (14)
 -----佐藤寿人 (24)
 -----塩谷司 (20)
 -----千葉和彦 (24)
 -----森保一 (28)
 -----水本裕貴 (22)
 ├アビスパ福岡 (58)
 -----井原正巳 (18)
 -----為田大貴 (16)
 -----駒野友一 (23)
 ├サガン鳥栖 (110)
 -----新居辰基 (12)
 -----鎌田大地 (15)
 -----豊田陽平 (22)
 -----林彰洋 (0)
 -----松本育夫 (10)

【Division 2】
 ├コンサドーレ札幌 (126)
 -----稲本潤一 (22)
 -----小野伸二 (20)
 -----菊地直哉 (10)
 -----都倉賢 (12)
 -----野々村芳和 (12)
 -----深井一希 (16)
 ├モンテディオ山形 (56)
 -----石崎信弘 (16)
 -----大黒将志 (23)
 -----林陵平 (11)
 -----松岡亮輔 (11)
 -----山岸範宏 (11)
 ├水戸ホーリーホック (31)
 -----グエン・コン・フオン (10)
 ├ザスパクサツ群馬 (49)
 -----瀬川祐輔 (11)
 -----松下裕樹 (9)
 ├ジェフ千葉 (128)
 -----鈴木隆行 (12)
 -----関塚隆 (23)
 -----丹羽竜平 (10)
 -----船山貴之 (17)
 -----ピエール・リトバルスキ (8)
 ├東京ヴェルディ (81)
 -----井上潮音 (10)
 -----高木大輔 (20)
 ├町田ゼルビア (14)
 -----秋田豊 (18)
 -----鈴木孝司 (16)
 -----鈴木崇文 (19)
 ├横浜FC (41)
 -----前園真聖 (8)
 -----三浦知良 (25)
 -----南雄太 (15)
 ├松本山雅 (53)
 -----荒田智之 (15)
 -----飯田真輝 (15)
 -----石原崇兆 (13)
 -----岩上祐三 (14)
 -----岩間雄大 (12)
 -----喜山康平 (8)
 -----シュミット・ダニエル (25)
 -----反町康治 (23)
 -----パウリーニョ (19)
 -----松田直樹 (15)
 -----宮阪政樹 (18)
 ├清水エスパルス (86)
 -----大前元紀 (15)
 -----川口尚紀 (19)
 -----北川航也 (17)
 -----白崎凌兵 (11)
 -----村田和哉 (14)
 ├ツエーゲン金沢 (10)
 -----山藤健太 (18)
 ├FC岐阜 (41)
 -----ラモス瑠偉(18)
 ├京都サンガ (92)
 -----岩崎悠人 (14)
 -----堀米勇輝 (20)
 ├セレッソ大阪 (247)
 -----柿谷曜一朗 (60)
 -----喜田陽 (8)
 -----キム・ジンヒョン (18)
 -----レヴィー・クルピ (20)
 -----杉本健勇 (24)
 -----玉田圭司 (22)
 -----フォルラン (22)
 -----丸岡満 (11)
 -----森島寛晃 (16)
 -----山口蛍 (55)
 ├ファジアーノ岡山 (57)
 -----岩政大樹(40)
 -----加地亮 (24)
 -----片山瑛一 (11)
 -----渡邊一仁 (11)
 ├レノファ山口 (27)
 -----岸田和人 (20)
 -----小池龍太 (12)
 -----庄司悦大 (18)
 ├徳島ヴォルティス (51)
 -----内田裕斗 (17)
 ├カマタマーレ讃岐 (10)
 -----我那覇和樹 (25)
 -----仲間隼斗 (9)
 ├愛媛FC (45)
 -----表原玄太 (8)
 -----河原和寿 (17)
 ├ギラヴァンツ北九州 (13)
 -----風間宏希 (15)
 -----小松塁 (17)
 ├V・ファーレン長崎 (14)
 -----坂井達弥 (9)
 -----佐藤洸一 (15)
 -----パク・ヒョンジン (4)
 -----永井龍 (21)
 ├ロアッソ熊本 (56)
 -----上村周平 (10)
 -----清武功暉 (21)
 -----齋藤恵太 (8)
 -----嶋田慎太郎 (12)
 -----平繁龍一 (12)
 -----巻誠一郎 (15)

【Division 3】
 ├ブラウブリッツ秋田 (12)
 ├福島ユナイテッド (8)
 ├栃木SC (32)
 ├長野パルセイロ (10)
 -----塩沢勝吾 (11)
 ├カターレ富山 (29)
 -----岸野靖之 (12)
 -----苔口卓也 (13)
 ├ガイナーレ鳥取 (10)
 ├大分トリニータ (49)
 ├FC琉球 (9)
 ├Jリーグ・アンダー22選抜 (6)

【日本代表】
 ├アギーレジャパン(観戦記) (4)
 ├アギーレジャパン(全般) (12)
 ├アギーレジャパン(採点) (2)
 ├関塚ジャパン(観戦記) (25)
 ├関塚ジャパン(全般) (36)
 ├なでしこジャパン(観戦記) (21)
 ├なでしこジャパン(全般) (9)
 ├鈴木ジャパン(U-19日本代表) (4)
 ├98ジャパン(U-16日本代表) (4)
 ├ザックジャパン(観戦記) (57)
 ├ザックジャパン(全般) (129)
 ├ザックジャパン(採点) (32)
 ├岡田ジャパン(観戦記) (40)
 ├岡田ジャパン(全般) (45)
 ├オシムジャパン(観戦記) (20)
 ├オシムジャパン(全般) (63)
 ├反町ジャパン(観戦記) (16)
 ├反町ジャパン(全般) (24)
 ├吉田ジャパン (11)
 ├牧内ジャパン (1)
 ├城福ジャパン (2)
 ├池内ジャパン (2)
 ├布ジャパン (4)
 ├94ジャパン(吉武ジャパン) (6)
 ├96ジャパン(吉武ジャパン) (11)

メールフォーム

ご意見・ご要望・ご依頼はここからお願いします。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:


サッカーの日程調整ツール 調整さん